社長ブログ 社長が日々考えていることを思いついたときに・・・

・・・続き

FIFAクラブワールドカップ ジャパン2006はSCインテルナシオナルの優勝で終了した。
大方の期待と予想に反して? 今年も南米大陸代表クラブが世界一となった。
さすがに各大陸代表チーム。トップクラスの技術とゲームセンスとプライドを十分に披露してくれた。
こんなイベントが日本で開催されるとは、なんと素晴らしく誇らしいことではないだろうか。

ところで試合終了後の表彰式。
あの表彰台、というより大型の“ステージ”を見ていただいたと思うが、あれも弊社でお手伝いさせていただいたもの。
間口16m、奥行き9.5m、高さは6段のひな壇状で最低部0.25最高部1.5m。
実はあれだけのステージを僅か6分以内で設置しなければならなかったのである。
世界中に生中継されている中で遅れは許されない。
運営サイドから設置開始のキューを受けて作業開始。弊社ディレクターから設置終了のサインが出るまで私の時計で5分30秒。やり遂げた!

では、どのようにしてそんな短時間で設置できたのか?
競技場に居た方はご覧になったであろうが、TV観戦の方はおそらくCM中での出来事。
その仕組みは・・・、ゴメンナサイ!そこは内緒とさせていただきたい。
経験とチームワークと訓練の結果とだけお話ししておく。

世界的なイベントを支えることに参画できた自負。
祭りの後の充足と虚脱。
実にいいものだ。

皆さん本当にお疲れ様。感謝!

100_0461_5.jpg

富士山

通勤電車に防虫剤の匂いが充満しコート姿が一気に増えだす頃、車窓からわずかな区間だが富士山がくっきり見えるようになる。
冷たく引き締まった大気の彼方に、弱い朝日を受けてほのかにピンク色に染まる姿は、女性的で可憐な美しさをたたえる。
退屈な通勤の冬の楽しみである。
今年もそんな季節になった。なんと一年の早いことか。


つい先日、天皇杯決勝(元旦サッカー)に行ったと思っていたら、もうまもなく2007の元旦。
弊社はサッカー天皇杯の会場作りのお手伝いをさせていただいている関係もあり、また個人的にもサッカーが大好きなので、趣味と実益を兼ね、公私混同甚だしく国立競技場に行くのだが。
今度の決勝戦はどういう組み合わせか。楽しみである。


その前に「FIFAクラブワールドカップ ジャパン2006」がある。
これも弊社でお手伝いさせていただいている。
6大陸のクラブチャンピオンによるトーナメント。きっとすばらしい試合が見られるはず。
今年はあのバルサが来る。ロナウジーニョがやって来る。
是非皆さんも会場に行って感動していただきたい。

社長ブログ

カテゴリー

エントリー

バックナンバー

Copyright