社長ブログ 社長が日々考えていることを思いついたときに・・・

« 桜 | メイン | レトルトカレー »

昼 寝

桜が過ぎて、期替わりの気忙しさも落ち着きを取り戻してきた休日の遅い朝、半覚醒の焦点の定まらぬ目をふと表に向ける。突然にまた季節が進んでいた。
木々がいっせいに新芽を吹いている。


花水木、紗羅などは、冴えた黄緑の「萌黄色」の新芽を付けている。
まず赤や赤茶色で芽吹いて、葉が大きくなるにつれて緑へと変わっていく種類。
常緑樹は経年の葉の濃い緑の上にそれらの色が重なる。
お隣の垣根の紅カナメは真っ赤に染まっている。
桜は花芯だけが残り、若葉の中に褪せた赤い色が滲んで少し物悲しい。


眺める近くの丘や山は、常緑樹の濃い緑の山肌に、新緑というより白っぽいクリーム色の帯がわずかな濃淡を含んで、不規則な広がりでふっくらと見える。
寄って見る葉のみずみずしさは感じられず、さらさらと少し乾いた感じだ。
遅咲きの山桜か、ところどころに薄いピンクの斑が入る。
更にこれを黄砂混じりの春霞が覆って、彩度を弱め、遠近感も少なく、煙ったような水彩画の風情。
緩んだ空気の中を、時折少し冷たい風が吹いてゆく。
時間が眠そうにゆっくりと流れる。


空気も景色も時間も私もみんな間延びして、なんとも心地よい。
家の掃除は取り止めて、甘い物でも食べて昼寝にしよう。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




社長ブログ

カテゴリー

エントリー

バックナンバー

Copyright