社長ブログ 社長が日々考えていることを思いついたときに・・・

ムラヤマ文化祭

090221_1.jpg

2月21日、第二回ムラヤマ文化祭を開催した。

今回のテーマは「感動することってなに!?」
社内各部署及びグループ会社が、ブース展示部門と感動創造ステージのパフォーマンス部門で覇を競う。
ご家族のお子様向けには、日比野克彦氏プロデュースのワークショップ。
YAKUIN‘S BAR では役員がとっておきの酒をふるまう。
 
今回は、特にパフォーマンス部門を充実させたことで昨年以上の盛り上がりを見せた。
予算的制限がきついので完成度は?もあるが、参加作品全てが実にアイデアに富んでいるし、何よりも制作者の思いが熱く伝わってくる。
グループ会社を含め、我が社は個性豊かな社員揃いであるが、それにしてもこれだけのタレント性を秘めているとは。改めて再確認の日となった。

ブース出展部門の優勝は大阪支店。内容は・・・長くなるのでここでは省くが、なかなか凝った展示であった。
感動創造ステージ部門はクリエイティブ本部。部員総出でミュージック・ベルをやってのけた。
文化祭といっても“祭”の色が濃く、なかなか文化の香りが少ない中で、唯一その香りを漂わせる秀逸の作品であった。
  
実はステージ部門で惜しい作品があった。ある営業本部の作品だが、ステージ上のライブと映像をうまく絡めて観客をひきつけた。ところが、いよいよラストというところで上司に余計な気を遣ったのかストーリーが台無し。観客の期待通りのラストにしていれば、おそらく?と思わせた。
 
それにしても、皆いつ制作していつ練習したのだろう。業務は大丈夫かいな。
 
とにかく濃い一日であっという間に終わってしまったが、なんと言っても一番濃いのは“コミュニケーション”であった。
ご家族を含め縦・横・斜め、僅か一日でこれだけ濃密なコミュニケーションが図れる企画は他にないと自画自賛している。
フィナーレでは、私はテーマどおりの「感動」で今年も泣かされてしまった。
来年もまたやろう、また泣かされよう。
 
どうですか皆さんも「社内文化祭」。実に良いですよ。
よろしかったらお手伝いいたします。

社長ブログ

カテゴリー

エントリー

バックナンバー

Copyright