社長ブログ 社長が日々考えていることを思いついたときに・・・

想う、感じる、伝える。??

?エピローグ?
  
近年、感性や五感の研究、またその産業界や情報伝達手段への応用の試みが盛んになっている。
 
…ハイビジョンで全天周に映しだされるアルプスの風景。グリンデルワルトのホテルのバルコニーを模したウッドチェアに座れば、温度も湿度も現地の初夏と同等にコントロールされた空気の中を、時折、万年雪の表面を滑り落ちた爽涼な風が通り抜ける。山麓の牧草地帯には白い小さな花が無数に咲き誇り、派手なウエアーのハイカーが行き交う。無心に草を食む牛たちのけだるいカウベルの音を聞きながら、少し強めに冷やした白ワインでのどを潤す…。
  
これぐらいのバーチャルリアリティーを体験することは、今の技術をもってすれば何の問題もない。東京に居ながらにして、五感のすべてで「スイスアルプスの気分」を享受することができる。
  
情報量という意味合いで、これとは対極にあるのが俳句ではないだろうか。俳句はわずか17の音で作者の感性を表現し、伝える。俳句の世界には「客観写生」と言う考え方があるそうだ。
   
「…即ち句の表面は簡単な叙景叙事であるが、味わえば味わうほど内部に複雑な光景なり情景なりが満たされていると言うような句がいいと思うのである…」
  
高浜虚子が弟子に送った書簡の一節とのことだが、俳句の限られた言葉の数では、主観を述べる余地がほとんどないため、事象をできるだけ客観的に表現して、その裏に潜ませた主観を読み取ってもらうという考え方だ。もちろん、客観的といってもありのままを描写するわけではない。そこには加除やデフォルメといったある種の嘘もあるわけで、作者の主観が最も効果的に表現できる17の音が巧みに編まれる。
  
もっともこちらの方は作者、受け手双方に一定の才能が必要であり、あまり一般的とは言えないが。
  
「ふるいけや かわずとびこむ みずのおと」
  
芭蕉がすでにこの概念を持っていたかどうかは知らないが、彼はこの簡単な叙景叙事によって、およそ生命を感じない静寂の世界の中で、思いがけない小動物の生命活動を知った驚きや畏敬の念を表している(らしい)。
 
少し極端な例を引いたがどちらが良し悪しということではない。
  
前者の体験でスイス旅行に代わる満足が得られるかというと、それは甚だ疑問だし、後者の句によって受け手が均一同等に感性を揺さぶられるかというとそれもあり得ない。さらには、後者の句とまったく同じシチュエーションをバーチャルリアリティーで体験しても、この17の音から得る感銘に勝ることはないだろう。
  
イメージを膨らませる。思い描く。外からの刺激や情報を敏感に感じ取る。そしてそれらを上手に表現し伝達する。そんなことを脈絡もなく綴ってきたが、どうやら先人たちの悩みのおさらいをしたに過ぎなかったようだ。貴重な紙面を一年間も無駄遣いしてしまったことを、読者並びにピーオーピーの皆さんにお詫び申し上げて筆を置きたい。
  
= ピー・オー・ピー「見本市展示会通信」’09年6月1日号掲載 =
  
展示会コミュニケーションサイト 「展コミ」
http://www.eventbiz.net/

社長ブログ

カテゴリー

エントリー

バックナンバー

Copyright