従業員の活躍推進への取組み

すべての従業員が活躍できる企業へ
~女性活躍のフィールドを拡げる環境づくり~

我が国では、少子化に伴う将来の労働力不足が懸念されておりますが、国民のニーズの多様化やグローバル化などの大きな変化も同時に起こっています。企業として、これらの社会的状況へ対応していくためには、人材の多様性(ダイバーシティ)の確保ということが不可欠であると考えます。特に、女性が活躍できるフィールドを拡げていく事は多様性実現における最も重要な事であります。

このような我が国の状況を踏まえて、女性の個性と能力が十分に発揮できる社会を実現するために、国、地方公共団体、民間事業主(一般事業主)の各主体において、女性の活躍推進に関する責務等を定めた『女性の職業生活における活躍の推進に関する法律』も新たに制定されました。

株式会社ムラヤマでは、労働環境をさらに整備し、すべての従業員がより活躍できる企業となることを目指しています。
なかでも、女性が実際に直面している育児や介護などの状況の中、それぞれが活躍できる雇用環境のさらなる整備や、ライフサイクルを自分でコントロールできる職場環境の整備を行っていく事は重要な要素であり、それが従業員全体の環境改善へも大きな効果を得ることができると考えており、次のような行動計画を策定し取り組んでまいります。

  • 1. 計画期間 平成28年4月1日~平成33年1月31日
  • 2. 目標
    目標1:個人の裁量の向上による労働時間の削減。およびメリハリのある就業の実現。
    目標2:ライフサイクルの変化による働き方の多様性に対し、従業員の理解度を深める。
  • 3. 取組み内容とマスタースケジュール
平成28年4月1日~
  • 仕事内容、仕事量、裁量度合い等の情報収集や、基礎的セミナーの実施。
平成29年2月1日~
  • 委員会を発足する(外部アドバイザーの協力要請等を含む)。
  • 実践例を学ぶセミナー実施。
平成30年2月1日~平成33年1月31日
  • 働き方の多様性に関する理解度向上の研修実施。
  • 従業員による意見交換、提案環境の整備。
  • 提案、企画における実施可能性の検討。
  • トライアル等による効果測定実施。改善案を検討。
  • 規程の検討。