Creator's Eye 社員発信! できたて情報! よもやま話 むらやま話・・・

[ポンペイの輝き 古代ローマ都市 最後の日] 開催中!

pompei.jpg


大阪発:サントリーミュージアム[天保山] ギャラリーにおいて
[ポンペイの輝き 古代ローマ都市 最後の日] が開催されています。

突然の大噴火により、長い間埋設されていた古代ローマ帝国の壁画や宝飾品、彫像等、第一級の出土品約400点が展示されています。


来年1月21日(日)までの開催です。興味のある方は是非ご覧ください。


詳しくはサントリーミュージアム[天保山]HPへ


ウェブマスター麻生でした。


※ムラヤマはこのプロジェクトで展示のお手伝いをさせて頂きました。
実績紹介では、この他さまざまなプロジェクトをご紹介しております。

想像してみてください

就職活動、仕事探しをされている方は、インターネットや就職活動イベント等で
「会社の情報」をいろいろと知ることができます。そして、もっと多くの事を
知りたいと思うのでしょうが、見たり聞いたりした後の感じ方や考え方の方が大事です。
ネットで出ている情報は企業の一部分。先輩の話も企業や仕事のすべてをあらわせて
いるわけではないんです。
もう少し仕事について考えたいと思ったら
自分の周りで働いている人やその周りにある環境を観察してみてはいかがでしょうか。
その人がどんな事をしているのか。
周りの環境はどんなもので構成されているのか。
ちょっと立ち止まって考え、想像してみて下さい。


たとえば、自分でよく覗きに行く雑貨店はどうでしょう。
そのお店で働く人をしばらく見て、そして想像してみてください。
店員さんはお客さんへ商品の説明をします。そして商品を気に入ってもらい
お客さんは商品を購入します。レジを打って、商品包装・・・。
お客さんが帰った後に売れた商品の代わりをまた仕入れます。
また、冬に向けての仕入れの商品構成も考えます。
日々の売り上げ経費・仕入値から利益の計算。
売り上げアップのための商品展示の演出も考えます。
クリスマスから年末に向けてたくさんお客さんにきてもらうために
ダイレクトメールや広告も出して  と考えてみます。


雑貨店は直接個人のお客さんと接点を持てる仕事。そして雑貨店の人が
楽しくお仕事をするために周りではたくさんの人の仕事が関わってきます。
レジ機器のメーカー、包装の紙や袋物を製作販売する会社があります。
商品仕入れでは、問屋さん、一品ものを作るアーティスト
海外へ買い付けに行くためのチケット購入の旅行代理店。
日々の売り上げ計算はPCで一般的な経理ソフトを使用。PCメーカーや販売店
PCソフト開発会社という仕事もあります。
商品展示をディスプレイするデコレーター、商品展示用に特注家具を作るには
内装デザイン・施工をする会社にも仕事を依頼したりします。
ダイレクトメールを請け負う専門業者、印刷物を扱う印刷業、グラフィックデザイナー
来店者に配るプレミアムグッズを扱う仕事、お店のホームページならWebデザインをする
会社も関わります。
携帯電話を使った広告は携帯専用サイトや専用システムを開発販売している会社。
雑貨店の運営まで考えると、お店が入っているビルの管理会社
入居の際には不動産会社も関わります。
そしてこの仕事を行う会社にはそれぞれに会社を運営するスタッフ
(事務・経理・人事・総務等の私と同じようなお仕事をする人たち)がいます。


このように自分の周りから想像しながら仕事を考え、もう一度情報を提供してくれる
サイトを見たり、説明会に参加してみると、以前よりもっと「仕事」が身近になり
働くことや働く楽しさが想像できるようになると思います。
今の時期  目標や業種を絞り込む前に ぜひ一度 
想像してみてください。

「広報研究会」でつかんだリレーションの輪

SMBCコンサルティング主催のセミナー[広報研究会]に参加しました。


ゼミ長 山見インテグレーター株式会社 山見博康氏のもと、10月から約2ヶ月に亘り計5回の講義が実施され、昨日11月28日がその最終日でした。


講義の内容は有意義な構成で、広報の役割、マスコミへの効果的なプレスリリースの仕方、コンプライアンスの視点からのリスク管理、そしてIRにおける広報などなど、旬の話題を多角的な視点で、経験豊富な講師の方々からライブ感覚でお話を伺うというものでした。


企業にとって、今後さらに「広報」の存在が重要であると実感する貴重な体験となりました。ホットなうちに、この知識を社内へ還元して行こうと思っています。


このセミナーに参加したもう1つの収穫として、参加メンバーに恵まれた事があげられます。様々な業界から、目的意識の高い方々が集まったことから、「広報」という切り口で情報交換ネットワークが出来上がりました。
参加メンバーをご紹介しておきます。


黒川さん 小田急電鉄?  
小林さん オリンパス?
高山さん ?カナモト (毎回札幌から参加)
田村さん ?オークローンマーケティング(毎回名古屋から参加)
友寄さん ?ブリヂストン
中村さん ?トレイントラックス
濱口さん ?オールイン・テクノロジーズ
宝泉坊さん ?ドン・キホーテ
松井さん 康和地所?
丸山さん 長瀬産業?
矢野さん ?プロパスト  ほか


100_0976_3.jpg


そうそうたるメンバーが集まり、“会社が出来るね”などと冗談が出たほど。
「広報」の情報交換の場として、セミナー終了後もリレーションを続けて行こうと最終の懇親会の席で合意されました。この“輪”は大切にしていきたいと考えています。
メンバーの皆様、近いうちに[広報研究会(場外編)]召集させて頂きますのでよろしくお願いします。


今回のセミナーと、MURAYAMA Web-Siteリニューアルの時期がちょうど重なったこともあり、山見ゼミ長をはじめ皆様から “プロの視点”でサイトについてのアドバイスをたくさんいただきました。
ムラヤマにとって、また私にとって大変参考となりました。有難うございます。


最後に、山見ゼミ長、大変お世話になりました。
今後も「広報」について相談に乗っていただければ幸いです。


ウェブマスター麻生でした。


“子どもの目線”で考える

今、子ども対象の施設の計画をしています。

「子どもだからって、舐めちゃいけない。」
というところから始まって、
「夢見るチカラ」を育める場になればいいなぁ。
というデザインの指針を立てて、計画を進めたいと思っています。
  
あくまでも、子どもの目線に合わせる。
子どもの目線に“下げる”のでも“上げる”のでもなく、“合わせる” 
ここら辺がポイントになるのかなぁ、と考えています。

グラフィックデザイナー の駒形克己さん
の仕事の仕方や作品が、かなりヒントになるのではないかな?
という予感がしています。

駒形さんの「LITTLE EYES」シリーズ「MEET COLORS」は、
昔から、私のお気に入りです。

1セット、というか1色、3ページ構成。
合計10色、つまり10冊の小さな分冊方式です。
まず、同じサイズの小さな丸い穴が空いています。
この穴から2枚目のページの色が見えます。

ページをめくるとひとつめのテーマ・モチーフが“切り抜かれて”います。

更にめくると、3つめのグラフィックが現れる。

これらのグラフィックが、とっても美しい。
決して、子どもを舐めていない。

“すみ”でした。

J:COMすみだ [J:COMステーション] オープンしました!

J:COMすみだのアンテナショップ、[J:COMステーション]が10月末オープンしました。


DSCN614%5B2%5D_1.jpgDSCN616%5B2%5D_1.jpg


地域のお客様のために、J:COMの幅広チャンネルネットワークの紹介や、オープンスタジオ、ギャラリーなどを併設した施設です。
弊社がご提案した“お客様を暖かくつつみ込みたい”というコンセプトから生まれたこのデザイン、ちょっと未来的で素敵ではありませんか?

リバーサイド墨田セントラルタワー1階にある[J:COMステーション]
お近く方は是非ご覧になってみてはいかがですか?

J:COM すみだ


実績紹介のコーナーでは、弊社の物件を多数紹介しております。そちらの方も併せてご覧下さい。


ウェブマスター麻生でした。

DDA主催:<デザイナーズ・ナビ2006>開催されました!

去る11月22日、社団法人日本ディスプレイデザイン協会(DDA)主催による デザイナーズ・ナビ2006が銀座にて開催されました。これからプロのデザイナーを目指す学生の方々との交流を目的として、クリスマスの演出で賑わう銀座のウインドウデザインを、資生堂・ミキモト・和光等、トップデザイナーの講師の方々と共に、解説を交えながら実際に歩いて見て回る、という企画です。


INAX 銀座ショールームに集合した予想を超える参加者の中、複数のグループに分かれ次々に銀座通りの街へと出発して行きました。
100_0888_2.jpg


ディスプレイ業界の普及と振興のため、DDAの会員である私も、弊社会員デザイナーと共にお手伝いとして参加しました。(といってもお手伝いしたのはデザイナー達だけで、私は写真を撮るだけでしたが・・・・。)


100_0923.JPG100_0907_2.jpg
100_0936_2.jpg100_0891_2.jpg

学生の方々の熱心な姿を見て、大変有意義な企画と感じました。銀座の、これだけ多くのウィンドウを一度にまとめて見る、という機会は今までに経験がなく、我々会員にとっても大変刺激となりました。


社団法人日本ディスプレイデザイン協会では、定期的にこのような交流の場を設けています。我が業界を目指す学生の皆さん、活きた情報を得られるこのような機会を是非活用されてはいかがですか?


100_0931_2.jpg


詳細は 社団法人日本ディスプレイデザイン協会公式サイト まで


ウェブマスター麻生でした。


ニューヨーク「サンクスギビングデーパレード」現地レポート!

3年ぶりのニューヨーク、今回の旅の目的は新しいミュージカルとサンクスギビングデーのパレードを見ること。今年で80周年を迎える「サンクスギビングデーパレード」はニューヨークでも最大規模。それなのに、今年は雨と風が酷くてパレードに参加する人も、沿道に並んで見る人も大変辛い状況でした。


一桁代前半の気温に加え、途中からひどくなった雨のため体温を奪われ、北海道産まれの私でも震えが止まらなくなったてきました。このため、人気キャラクター[ピカチュー]に会う前に撤退させてもらいました。


以前、私も横浜のみなとまつりのパレードでは車飾りデザインを体験したこともありますが、こちらのものは、ヘリウムガスを入れたキャラクターバルーンが多く、巨大で迫力があります。それなりの苦労もあるようですが、日本でももっと楽しくなるように規制が緩和されて自由にデザインさせてもらえる日が早く来て欲しいなと感じました。


2006_1123_045.jpg

ニューヨークから携帯で <北海道産まれのフラヌール>がお伝えしました。

第25回JAPANTEX2006インテリアトレンドショー オープンしました!

インテリア業界を代表する企業が、世界から集う国際産業見本市として、今年で25回目となるJAPANTEX2006インテリアトレンドショーが本日11月22日オープンしました。


japantex2006%5B2%5D.gif


世界のインテリア最新動向をここで知る事が出来ます。
興味のある方は是非いらしてみてはいかがですか?
会期は本日22日(水)?25日(日)迄です。

ZB4S1011.JPG
ブースデザイン:石田和人 藤井昌男 山川富喜子


詳細は(社)日本インテリアファブリックス協会 第25回JAPANTEX2006インテリアトレンドショー公式SITEをご覧下さい。


弊社はこの展示会において、主催者工事といくつかのブース展示をお手伝いしています。
実績紹介では、昨年度の第24回JAPANTEX2005インテリアトレンドショーの実績を紹介しています。


ウェブマスター麻生でした。

映像クリエイター発掘プロジェクト「Shinya TV」スタート!

株式会社 東北新社と株式会社サイバーエージェントは、ネット向け動画制作において事業提携し、動画コンテンツに関して共同での開発をスタートしました。
ネットにおける動画の可能性を感じる面白い話題と思います。


詳細は東北新社hpニュースリリースをご覧下さい。
Shinya TV http://www.shinya-tv.com


ウェブマスター麻生でした。

ドイツのデザイン年鑑に弊社2作品が紹介されました!

100_0875_2.jpg
Trade Design Fair Annual 2006/2007
: International


この本は、ドイツの出版社aveditionによるデザイン年鑑で、ドイツ国内版と、世界中の展示会やイベント、また個展などを掲載するインターナショナル版の2種類が、2年に一度発行されます。関連業界のデザイナーの方など、参考事例の研究に利用されている方もいらっしゃると思います。
このインターナショナル版の“日本代表”として、以下の2作品が紹介されました。


trade%20fair2007_3.jpgtrade%20fair2007_5.jpg
CEATEC JAPAN MITSUBISHI  Design: 佐藤 史能 / 村上 裕美


trade%20fair2007_6.jpgtrade%20fair2007_4.jpg
FPD International  FHP  Design: 峯岸 愛


海外のバラエティーに富んだ作品の中で、日本の、それも我が社の作品が延べ10ページにわたり掲載されているのは、ちょっと嬉しく、誇りに思う出来事でした。


実績紹介では、上記作品を含め多数物件を掲載しておりますのでご覧下さい。
尚、この詳細については後日改めてご紹介する予定にしております。


ウェブマスター麻生でした。

東京って、面白いケンチクが沢山あります。

いつも、何気なく歩いていますが、改めて、ケンチク探訪の散歩をしてみました。
長距離の散歩には、丁度善い季節ですからね。

六本木アクシスビル 設計:アーキテクト・ディザイン
国際文化会館 設計:前川國男+板倉準三+吉村順三 
「青山墓地」
ホンダ青山ビル 設計:椎名政夫
「絵画館前の銀杏並木」
テピア 設計:槙文彦
ワタリウム」 設計:マリオポッタ
塔の家」 設計:東孝光
青山ベルコモンズ」 設計:黒川紀章
ALESSI SHOP
スパイラル」 設計:槙文彦
ハナエ・モリビル」 設計:丹下健三
神宮前太田ビル」 設計:竹内武弘
TOD’S 表参道ビル」 設計:伊東豊雄
表参道ヒルズ」 設計:安藤忠雄

ざっと、六本木から、青山を経て原宿まで、
途中、ランチなどをしながら、ゆっくり歩いて4時間くらいでしょうか?

やっぱり、東京ってケンチク好きには堪らない街です。

そうそう、ケンチク探訪をされる際、
特に住宅や事務所を観させていただく場合には、
最低限のマナーは、守りましょう。

すみでした。

新しい仲間たち

Inter BEE2006 国際放送機器展」に行ってきました。
Inter BEE2006は11月15日からの開催のため、まだオープン前の
設営中の現場にお邪魔しました。私は管理部門のため
普段は現場に行く機会がほとんどありません。
久しぶりの現場だったので、楽しかったです。
(現場の人たちは大変なんですけどね)
061113kamin.JPG
仮眠中


Inter BEE2006 国際放送機器展のレポートは他の社員にお願いしますが
この映像や音響のプロのための展示会は、年々規模も大きくなっているそうで
とても楽しみな展示会の一つといえそうです。
通信と放送がMIXされてきたこの時代にどのような方向に進んでいくのか興味が湧きます。


さて、今回現場に行った理由というのは、当社の内定者の方々に
「業務への理解度を高めていただく」ための現場見学会に参加したからなんです。

本日、午前中に内定者の方々の顔合わせを兼ねた懇談会を行い
午後から見学会へ参加していただきました。設営現場は初めて
という方も多いので、安全面での注意を行い、引率の社員の下
会場内を見学しました。
真剣な表情で説明を受ける彼らを見ていると
これからどのように成長していくのかとても楽しみです。
皆さん、夢を実現するために努力していってほしいですね。
061113kengaku1.JPG


今年、就職先が決まった方も、これから就職先を探す方も
自分の夢を持ちましょう。
よく言われることですが「夢」は、「憧れ」とは違って
実現するためのものです。
「夢」を持ってそのために努力しましょう。
努力している時や「夢」に近づいている途中は幸せな気分です。

061113yume.JPG

「夢」を持った新しい仲間たちと一緒に仕事が出来る。
とても幸せなことです。

2008年4月に入社となる「新しい仲間」の募集はもうしばらくお待ち下さい。
採用担当のなべでした。

ニコンプラザ銀座 へ行ってきました!

ウェブマスター麻生です。


100_0840_2.jpg
銀座5丁目から移転し、銀座7丁目に10月7日リニューアルオープンした[ニコンプラザ銀座]へ行ってきました。弊社が展示・内装を施工したことが理由なのですが、今回、私は特別ウキウキした取材となりました。実は私、何を隠そう「写真」が趣味だからなのです。


銀座は、老舗の一流のブティックなどが建ち並ぶファッションタウンであることは有名ですが、もうひとつの顔として「カメラの街」としても有名です。内外の主要カメラメーカーのショールームはもちろん、国産だけでなくライカやハッセルなど海外機種を扱う中古カメラ店も密集しています。このため、写真を志すものにとって“銀座に行く”とは、とても魅惑的な響きなのです。ましてやニコンプラザに行けるなんて・・・!


少し脱線してしまいましたが、“銀座でニコンプラザをリニューアルした”という話題は、写真愛好家にとってとても重要な出来事です。
内部構成は、歴史や最新機種の紹介をする「ショールーム」、写真ギャラリー「ニコンサロン」、プロ・アマの修理・相談窓口「サービスセンター」などが設けられていました。ユーザー側の視点からすると、必要な機能が一ヶ所に集約されており、充実しているという印象を受けました。
個人的には、有名写真家の作品を気軽に観る事の出来る「ニコンサロン」には特に興味があり、いつの日か私の作品も展示したいなどと・・・・。


またまた脱線してしまいました。どうも公私絡んだ取材は“熱く”なってしまいます。
ともかく、カメラや写真に興味のある方、アートに興味のある方、そしてもちろんニコンユーザーの方、新しくリニューアルした[ニコンプラザ銀座]に是非行ってみてはいかがですか?
100_0837_2.jpg


取材も終わった事なので、この後ちょっと銀ブラにでも・・・・、もちろんカメラのです。


実績紹介のコーナーでは、弊社の物件を多数紹介しております。そちらの方も併せてご覧下さい。

2008就職活動スタート!みたいです。

仕事を探す、働く場所を探す、というのは手間がかかります。
仕事ってとにかくたくさんありますから。今はインターネットを使う
ことでいろんな事がわかって便利です。が、実は便利だと思い込んで
いるだけなのかも知れません。いろんな情報が瞬時に手に入る事は
スゴイ事だと思いますが、逆にいろんな情報がありすぎて
自分にとって必要な情報なのかどうかもわからなくなってきます。
自分の中に取捨選択できる「選別機」や「ものさし」がないと
とっても大変な事になります。
「選別機」の役割までもネットの中で提供してくれているものもありますが
でもそこのところはもっと自分で考えて選びましょう。


仕事について考えている方、特に2008年3月に学校を卒業される方は
「業界研究」「仕事研究」の時期といわれるこの今秋に情報収集をされていること
と思います。インターネットや就職活動イベントやいろいろなところで
「情報」を伝えてくれます。
その中で何が重要か。
その重要ポイントを自分で決めないといけません。


決め方のひとつは「今の自分には何が出来るか」です。
「出来ない事」をいくら想像しても仕事には結びつきません。
人間は今までやってきたこと、あるいはその延長線にあるものしかできません。
「今は出来ない事」を仕事にするには今すぐその第一歩に踏み出せるか
がポイントです。まずやりたいことに関することを見る・聞く・考える。
「見る」・「聞く」に手間を惜しんではいけません。ネットで調べて終わり、
だったら誰でも出来ます。手間を掛けると実はそれなりに答えが見つかってきます。
「自分に出来そうだ」とか、考えていたモノとは違うとか。
pc061110.JPG


手間を掛けて情報を集めて、それでも自分にはしっくりこなかったら・・・
集めた情報の周辺部分を見つめなおして見ましょう。
周辺にはもっと面白そうなものが見つかるかもしれません。
仕事探しに手間を掛けて見ましょう。
その周りにいろんな情報が埋もれています。
仕事ってとにかくたくさんありますから。
採用担当の なべ でした。

毎年秋はビックプロジェクトで大忙し!

ウェブマスター麻生です。


11月7日サイトオープンから2日が経過し、ようやく社員も全員が一通り閲覧できた頃ではないかと思います。広報担当としては、“全社員参画によるサイト創り”を目指しています。活きた情報の取材を求めて、さまざまな現場へ突撃レポートしていきますので協力をお願いします。


社員向けの情報はこれくらいとして、最近の実績事情について少しお話しします。
ムラヤマは、展示会・イベントを中心とした業務を展開している関係上、例年9月?10月は、東京ビッグサイトや幕張メッセなどで開催される大規模な展示会の業務が集中します。今年は東京モーターショーという、名実共に日本一の展示会が開催されない年ではありましたが、それでも弊社は予想以上に充実したさまざまなプロジェクトに参画することが出来ました。


ウェブサイトの公開を11月と設定した際、これら秋のビックプロジェクト中で、なるべく多くのものを最新実績として掲載したいと考えていました。このため、ぎりぎりまで空白のレイアウトのまま粘って、土壇場で原稿制作をしたという綱渡りの状況もありました。
この結果、9月末開催された第33回 国際福祉機器展 H.C.R.2006、東レ 先端材料展 が掲載に何とか間に合いました。サイト中の実績紹介のコーナーです。
fukushi02.jpg100_0696.jpg


10月はエレクトリック関連のショーCEATEC JAPAN 2006など、幾つかの主催者工事や企業ブースなどで社内は大いに盛り上がっていましたが(当の担当者たちは、そんなのん気な状況ではなかったと思いますが・・・・。)、サイト公開の谷間となってしまった10月開催分のプロジェクトについては、次回実績紹介更新の際に登場となりそうです。


次週11月15日からは、主催者工事のお手伝いをしているInter BEE2006 国際放送機器展が開催されます。こちらは、来週開催ですので近日中に速報出来るかと思います。


今後、関係させていただいている各展示会やイベントの情報を、PRを兼ねライブ感覚で紹介していこうと思っています。

気分はどうですか。

採用担当のなべです。


寒い季節になりました。今朝は空気の冷たさが空の青を引き立てているようでした。
最近、自宅近くのビルがマンションに建て替えられるため取り壊されましたが
その建物がなくなった向こう側から今日はくっきりと大きく雪化粧の富士山が見えました。
061108fuji.JPG


これまでも通勤時の電車からは今頃の季節になると富士山が見えていたので
家から見えるはずの方向からするときっとあの建物の向こう側にいるはず、と思っていたら
やっぱり。今のマンションに住んで10年。初めて自宅の窓から富士山が・・・いい気分ですね。
こんな日は気持ち良く仕事できそうです。


気分によって仕事の能率というのは随分違います。気分良く仕事をするためには
どうすればよいのでしょう。健康管理、周りの人間関係、スケジュール管理と
いろいろな要素があります。でも「楽しむ」のが一番効果あります。
仕事というのは、簡単なものはありません。お客さんがお金払ってまでも人に頼む事を
仕事としてやるわけですから。簡単だったらお客さんが自らやってます。
「しんどい」のは当たり前、と思って下さい、これから仕事に就く方々は。
でも、やるべき事の中で面白さを見つける、楽しさを感じる。これって大事です。


もうすぐ今の家から引越しをするので、富士山ともお別れです。今度住む家族数には
ちょっと足りない、小さいというような家具等(みんな10年以上頑張ってくれたものばかり。)
を今朝のピリピリする空気の中、粗大ごみとして運び出しました。ダイニングテーブルセットもなくなり
代わりに随分前に使用していて結局は保管状態になったローテーブルを使う予定でしたが
急遽取りやめ、小さい台を使って朝食を食べました。ピクニック気分で楽しいですよ。
061108pikunic.JPG


子供たちも大喜び。あと一週間これでいこうかな。楽しさがあると不便さや大変さを感じる気持ちが
半分以下になって、気持ちの中や頭の中に他の事を考える余裕が生まれてきます。


仕事も会社も実は面白い事だらけなんですよ。(今回は家の事ばかり書きましたが)


さて、明日の朝食はサンドイッチがいいかな。

秋から冬への衣替え

11月の初旬、僕の生まれ故郷では初雪の時期を迎える。雪虫が飛び始めその後本当の雪が
降り始める、降っては消えを繰り返して春まで残る根雪になる。


雪が降ると“秋”から“冬”へ季節が見た目にもハッキリ切り替わるが、東京に来てからは正直
その境目がどこなのか僕にはよくわからない。 東京生まれの人間に聞いても明確な基準を教え
てくれた人は今のところいないので誰か見極め方を教えてください。


日本には美しい四季があると言われるけど、本当に明確な四季を感じられるのは雪が降る地域
に住む人のささやかな特権ではないでしょうか。 雪が降ることは大変なことの方が多いけど・・・


雪がない代わりに、この時期都会ではクリスマスをイルミネーションなどで飾ることが最近の流行
らしくそんな仕事が増えています。


たぶん、今頃は日本中でたくさんのデザイナーが見る人の心を幸せにすることを目標にクリスマス
飾りのデザインを考えているところでしょう。 必死になっているデザイナーを想像しながらもう少し
だけ、街にイルミネーションが輝くのをお待ちください。


北海道産まれのフラヌール
・・・好奇心のままさすらい、面白いものを見つけたらお知らせします。
今月末は、Thanksgiving day の話をしたいと思います。


*****************************************
南の国にもクリスマスは来る!
シンガポール・オーチャード通り(銀座と姉妹通り)のクリスマスイルミネーション

001Singapore4.gif

新しい場所で・・・

私事ですが、もう間もなくすると引越しをして新しい場所での生活がスタートします。
今はそのための準備で、現在あるモノを整理し、いらなくなったモノを捨てたり
新しいモノへ変えたり、部屋の中と頭の中がかなりゴチャゴチャとしています。


これから新たに働かれる方、新しい職場を探す方もそれぞれの新しい場所での
生活に向けて身の回りのモノや自分自身についての様々な事について
整理をされているのではないでしょうか。


もし、「今までと変わらない」という方がいらっしゃったら今一度、自分や周りの事
をじっくり考えて見てください。意外と自分について新しい発見があるものです。
自分についての再確認もあります。
私の場合は、まだ引越しの作業途中ですが、いつも子供に言っている事が自分自身で
出来ていなかったり、家族とのコミュニケーション努力がまだまだ足りない事を感じたり
自分の「出来ていない度」が見えました。反省材料が山のようにあります!
とても大変な作業ですが、とっても楽しんでやってます。


皆さんも是非、自分の周りを整理する時間を作ってみて下さい。世間では「棚卸し」などと
呼ぶ場合もありますが、そんな大袈裟に考えなくても、まず自分がやってきた事の記録
(昔の日記や仕事のファイル、読んでいた本等)を眺めてみましょう。何か見つかりますよ!


ムラヤマのホームページも「新しい場所」になりました。そのためにスタッフはいろいろと
「会社」についてもう一度考え、自分の周りの情報を整理してきました。
(整理されてるでしょ!)


さあ「新しい場所」で新しいモノをつくっていこう。
新しい場所から出発するその先には・・・
michi061106.JPG


また楽しい事が待っていそうな気がします。


採用担当の「なべ」でした。

「吉岡徳仁展  スーパー ファイバー レボリューション」を観てきました

%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%82%B92.jpg

AXISビルで開催された「吉岡徳仁展  スーパー ファイバー レボリューション」を観てきました。
以前、愛・地球博の瀬戸日本館の基本計画のお手伝いをさせていただきましたが、
この時に大変お世話になったADKの御担当が、この展示をご紹介くださったのです。

%E5%90%89%E5%B2%A1%E5%BE%B3%E4%BB%81%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%952.jpg

愛・地球博の瀬戸日本館の展示テーマは「自然と生きる日本人の知恵・技・こころ」というものでした。
当時のプランニングでは、日本人の知恵や技やこころで、培ったひとつの“現れ”として
「素材」という切り口があるだろうと、着目していたのです。
そして、吉岡徳仁さんの素材感たっぷりのデザインや、空間作り(という今回の展示)が、
当時想定していたイメージ表現にぴったりだったので、ご紹介くださった。ということです。
※愛・地球博の瀬戸日本館の設計及び施工は、乃村工藝社さんが担当しました。


さて、あいにく会場内の写真を、撮ることが出来なかったのですが、
会場全体は、ファイバーによる雲のインスタレーションで構成されています。
この中に、やはりファイバーで作られたミラノサローネで話題となった「PANE chair-パンの椅子」や、
大型映像により、吉岡徳仁さんの作品が紹介される。
という会場構成です。


ファイバー。
繊維。
旧くて新しい素材。


非常に興味深い展示でした。

すみでした。

Creator's Eye

カテゴリー

エントリー

バックナンバー

ライター紹介

  • ウェブマスター麻生
    • ・・・広報の視点で最新事例の紹介や会社リリース記事などを担当します。
  • 北海道産のフラヌール
    • ・・・好奇心のままさすらい、面白いものを見つけたらお知らせします。
  • 採用担当者なべ
    • ・・・人も会社も面白い事たくさん!働いて、見て聞いて考えて、色々書いてみます。
  • すみ
    • ・・・空間にまつわるヒト・モノ・コトについて、すみからすみまでお伝えします。
  • SWC
    • ・・・元空間デザイナーのフォトグラファーが、ワイドな視点で書き綴るフォトレポート、フォトエッセイ、フォトテクニックetc.
  • マーガレットあん
    • ・・・趣味は人間観察、日常に埋もれる小ネタを求めて日々奔走。楽しい話しお伝えしたいです。
  • 大坂一郎
    • ・・・おもに上方の日常の中から、いろいろとお伝えしたいと思います。

Copyright