Creator's Eye 社員発信! できたて情報! よもやま話 むらやま話・・・

« デジタルフォトのメリット | メイン | 「安全衛生セミナー」開催中! »

「社会に奉仕すると同時に、自社の発展をはかる」

同僚に、山崎 豊子さんの小説「沈まぬ太陽」を借りて読みました。

%E6%B2%88%E3%81%BE%E3%81%AC%E5%A4%AA%E9%99%BD.jpg

1冊ずつかなりのページ数があり、これが全5巻。
かな?り、読み応えのあるボリュームです。
御巣鷹山の事故を中心に、その前後の航空会社の様相が描かれています。


人命を預かる。
という点では、航空会社も、建設業も、おんなじです。
もっと言っちゃうと、食品業だって、同じはずですね。


昨年は、ケンチク関連で、人命に関わる重大な事件が起こりました。

性善説だけでは、語れない社会になってしまいました。
あらゆる企業に対して、疑心暗鬼にならざるを得ない“世知辛い世の中”
というわけです。


こういった社会的な背景を見てしまうと、
郵便局の民営化が取り沙汰されるときに、よく言われる
「民営化イクォール過疎地は排局」
って、リアリティがあるように思えてしまいます。
しかし、同時に、
「民営化は、利益のみ追求ではない!」と思いたい気持ちを、
民営企業に勤める者として持っています。


閑話休題。
私たちが幼いころって、郵便やさんになりたいとか、パイロットになりたい、
とか、大工さんになりたいとか、ケーキ屋さんになりたい
という職業への憧れが、確かにありました。


言い換えると、
仕事をする上でのプライド、とか社会的正義とか、社会への奉仕。
という“職業に対する理(ことわり)”がきちんと機能していた。
ということかもしれません。


ムラヤマの社是には
「社会に奉仕すると同時に、自社の発展をはかる」
という言葉があります。


お客様オリエンテッド。
かつ、
社会的なゴミは、絶対に創らないという宣誓です。


これを青臭いと、一笑に付してしまうのではなく、
今一度、真摯に考え直す良い機会になりました。


Presented by“すみ”

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




Creator's Eye

カテゴリー

エントリー

バックナンバー

ライター紹介

  • ウェブマスター麻生
    • ・・・広報の視点で最新事例の紹介や会社リリース記事などを担当します。
  • 北海道産のフラヌール
    • ・・・好奇心のままさすらい、面白いものを見つけたらお知らせします。
  • 採用担当者なべ
    • ・・・人も会社も面白い事たくさん!働いて、見て聞いて考えて、色々書いてみます。
  • すみ
    • ・・・空間にまつわるヒト・モノ・コトについて、すみからすみまでお伝えします。
  • SWC
    • ・・・元空間デザイナーのフォトグラファーが、ワイドな視点で書き綴るフォトレポート、フォトエッセイ、フォトテクニックetc.
  • マーガレットあん
    • ・・・趣味は人間観察、日常に埋もれる小ネタを求めて日々奔走。楽しい話しお伝えしたいです。
  • 大坂一郎
    • ・・・おもに上方の日常の中から、いろいろとお伝えしたいと思います。

Copyright