Creator's Eye 社員発信! できたて情報! よもやま話 むらやま話・・・

« 「第41回2007スーパーマーケット・トレードショー」 まもなく開催! | メイン | 「手?治虫の漫画の原点?戦争体験と描かれた戦争?」 »

スペイン出張に行ってきました。100年続けたこと、さらに200年続けること。

Hola!


スペインに出張に行ってきました。


日曜日から日曜日まで、
大切なバレンタイン・デイや、
建国記念の日といった3連休を挟んで、
行ってまいりましたとも。
実質5日間で11社、23名のスペインの方とミーティングを行いました。


しかし、ミーティングだけでスペインを去るのは、あまりにも切ないじゃぁないですか!
ということで、なんとか、滞在最終日の前日に、
アントニオ・ガウディのケンチクを見ることができました。


サグラダ・ファミリア・・・・・・・・・・・・Temple de la Sagurada Familia: Antoni Gaudi

sag27.jpg


sag10.jpg


ひとつのケンチクを、
100年間創り続けてきたたこと。
そしてさらに、200年くらい?創り続けること。
これは、いったい、何なんだろうか?
と考えるに、


その魅力は、
“モノにしていく(ケンチク)行為”というよりも
多くの人が関与し、積み重なってゆく“時間の累積”といったコト
ではないだろうか?と感じました。
本当に多くの工事従事者や、寄付などによる参加によって
実際の建築工事が進められていますし、


さまざまな美術館や、テレビ局や、研究者にも
観る・知るというカタチでの、参加の機会を与えています。


また、今回の打ち合わせに、通訳として同行していただいたサンチェスさんの、
菩提寺が、サグラダ・ファミリアだそうです。


彼曰く、「地下にある、ミサを行うスペースが、実は最も美しい。」
と仰っていました。
私たちが、知りえないサグラダ・ファミリアのもう1つの顔です。


わたしたちは、
観光的な視点や、
ケンチクブツとして観る視点、
によって、サグラダ・ファミリアを見ることが多いと思います。


しかしながら、
それ以外の、たくさんの視点と視座から、
それこそ無限の視線を浴びているのが、
サグラダ・ファミリアというケンチクなんですね。


繰り返しになりますが、
こんな多様性をもった“係わりのあり方”と
“係わりがあることそのもの”こそが、
このケンチクを、これほどまでに、
魅力的に感じさせているのではないだろうか?
と思った次第です。


Presented by“すみ”

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




Creator's Eye

カテゴリー

エントリー

バックナンバー

ライター紹介

  • ウェブマスター麻生
    • ・・・広報の視点で最新事例の紹介や会社リリース記事などを担当します。
  • 北海道産のフラヌール
    • ・・・好奇心のままさすらい、面白いものを見つけたらお知らせします。
  • 採用担当者なべ
    • ・・・人も会社も面白い事たくさん!働いて、見て聞いて考えて、色々書いてみます。
  • すみ
    • ・・・空間にまつわるヒト・モノ・コトについて、すみからすみまでお伝えします。
  • SWC
    • ・・・元空間デザイナーのフォトグラファーが、ワイドな視点で書き綴るフォトレポート、フォトエッセイ、フォトテクニックetc.
  • マーガレットあん
    • ・・・趣味は人間観察、日常に埋もれる小ネタを求めて日々奔走。楽しい話しお伝えしたいです。
  • 大坂一郎
    • ・・・おもに上方の日常の中から、いろいろとお伝えしたいと思います。

Copyright