Creator's Eye 社員発信! できたて情報! よもやま話 むらやま話・・・

« 今月号の「美術手帖」は、シャルル=エドゥアール・ジャンヌレの特集。 | メイン | 新人発信 !? メッセージその1 »

「魂はディティールに宿る」part2

0626_1.jpg


都電荒川線三ノ輪橋の駅が昭和30年代風にリニューアルしたことは弊社「社長ブログ」でもご紹介しました。実はもともとこのあたりは今でも昭和30年代の風情を残しています。そのため、冗談交じりでどこをリニューアルしたのか?すぐには分からないくらいに馴染んでしまっています。


それはエージングという技術によるところが大きいわけです。エージングについてはこれも社長ブログで分かりやすく解説をされていますのでそちらを参考にしていただくとして・・・。


0626_2.jpg


このエージングという表現技術はあのディズニーランドなどでもポピュラーであまりにも当たり前すぎて普段はみなさんも気が付かないくらい自然な仕上げになっています。


たとえばこの5点の写真。改めて言われなければ気が付かないような細かい部分にまでエージングが施されています。エージングというのは何も仕上げだけではなく広い意味ではこの時代を感じさせるひとつひとつの書体などにも言えます。


0626_3.jpg


こういった細かいところ。つまりディティールの部分にどれだけこだわるか?ということも空間に携わるプロにとっては大切なことです。
ここでも「魂はディティールに宿る」という格言が生きています。このようになかなか目に止まらない細かい部分の積み重ねが大きな空間になったときの説得力に繋がります。


ちなみにこれらの写真ですが撮影に使ったレンズも実は約40年ほど前のレンズを使っています。リニューアルされた時代と同世代のレンズです。写真の世界でも古いレンズで撮ると今の時代のレンズとは違った優しい写りになることが多々あります。


もちろんカメラはデジタルカメラです。ありがたいことに今は半世紀も前の古いレンズでもデジタルカメラで使える時代になりました。その上、当時の写りをほぼそのままに再現してくれます。このサイズではなかなか伝わりにくいのが残念ですが・・・。


この場所の空気感を残したいために私も写真家として「ディティール」にこだわってみました。SWCでした。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




Creator's Eye

カテゴリー

エントリー

バックナンバー

ライター紹介

  • ウェブマスター麻生
    • ・・・広報の視点で最新事例の紹介や会社リリース記事などを担当します。
  • 北海道産のフラヌール
    • ・・・好奇心のままさすらい、面白いものを見つけたらお知らせします。
  • 採用担当者なべ
    • ・・・人も会社も面白い事たくさん!働いて、見て聞いて考えて、色々書いてみます。
  • すみ
    • ・・・空間にまつわるヒト・モノ・コトについて、すみからすみまでお伝えします。
  • SWC
    • ・・・元空間デザイナーのフォトグラファーが、ワイドな視点で書き綴るフォトレポート、フォトエッセイ、フォトテクニックetc.
  • マーガレットあん
    • ・・・趣味は人間観察、日常に埋もれる小ネタを求めて日々奔走。楽しい話しお伝えしたいです。
  • 大坂一郎
    • ・・・おもに上方の日常の中から、いろいろとお伝えしたいと思います。

Copyright