Creator's Eye 社員発信! できたて情報! よもやま話 むらやま話・・・

« 上海再上陸!:“賑わいスポット”? | メイン | 「魂はディティールに宿る」part2 »

今月号の「美術手帖」は、シャルル=エドゥアール・ジャンヌレの特集。

今月号の「美術手帖」のタイトルは、
美術と建築のマリアージュ ル・コルビュジェ
というものです。
シャルル=エドゥアール・ジャンヌレって、
本名で書いてもピンときませんね。
ハハハ。


マリアージュ。
ってのは、mariage
フランス語で、相性のよい組み合わせ。
と言う意味らしいです。
“ケンチクと美術”両方を愛したル・コルビュジェ。
ということでしょうか?


確かに、ル・コルビュジェ
って建築家は、同時に美術家でもあるんですね。


6月17日に放送された、NHK「新・日曜美術館」では
「美術手帖」とほぼ同じテーマで、
むしろ『画家』と呼ばれたかった
?近代建築の父 ル・コルビュジエの真実?

という番組が放送されました。


また、森美術館では2007年5月26(土)から、9月24日(月・祝)まで、
森美術館 ル・コルビュジェ展」が開催されています。


何で、ここにきて、日本国中!
ル・コルビュジェなのだろう?
と思ったら、実に生誕120周年ということでした。

savoye.jpg


写真は、15年位前に行ったVilla Savoye
1923-1925: Le Corbusier: 82 rue de Villiers 78300 Poissy


手前の白いTシャツは、若かりし頃の私です。


やはり、本物の建築の中に、身を置いてみること。
目だけでなく、感覚をフルに使ってさまざまに感じてみること。
って、大切なのだなぁ?、と思いました。


前回、ご紹介した
Mies van der Roheの「バルセロナ・パビリオン」
に勝るとも劣らない。
私にとって、宝物のような体験です。


Presented by“すみ”

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




Creator's Eye

カテゴリー

エントリー

バックナンバー

ライター紹介

  • ウェブマスター麻生
    • ・・・広報の視点で最新事例の紹介や会社リリース記事などを担当します。
  • 北海道産のフラヌール
    • ・・・好奇心のままさすらい、面白いものを見つけたらお知らせします。
  • 採用担当者なべ
    • ・・・人も会社も面白い事たくさん!働いて、見て聞いて考えて、色々書いてみます。
  • すみ
    • ・・・空間にまつわるヒト・モノ・コトについて、すみからすみまでお伝えします。
  • SWC
    • ・・・元空間デザイナーのフォトグラファーが、ワイドな視点で書き綴るフォトレポート、フォトエッセイ、フォトテクニックetc.
  • マーガレットあん
    • ・・・趣味は人間観察、日常に埋もれる小ネタを求めて日々奔走。楽しい話しお伝えしたいです。
  • 大坂一郎
    • ・・・おもに上方の日常の中から、いろいろとお伝えしたいと思います。

Copyright