Creator's Eye 社員発信! できたて情報! よもやま話 むらやま話・・・

許せない事件であることに、変わりはないのだけれど。

名古屋市で24日夜、帰宅途中の31才の女性が
拉致され、殺害された事件。

世の中では、嫌な事件ばかりが続いているけれど、
この国って、それほどまでに嫌な国なのだろうか?
この国って、そんなに嫌なヤツばっかりなんだろうか?


JMM [Japan Mail Media]で、高田ケラー有子さんが、
「犯罪とメディアの影響」という記事を
書いていたのを思い出しました。


高田さんが住むデンマークでは、
殺人事件についての報道はあまり行われないということです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ゴシップ系の新聞や雑誌で取り上げられる事はあっても、
子どもの耳に入るような全国盤のテレビニュースでの報道は滅多にありません。
稀にあるケースとしては、犯人が特定できない場合や、
犯人が特定できているのに逮捕に至っていないケースで、
市民への警告と協力を仰ぐ意味で報じられる事はあるように思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
JMM:高田ケラー有子さん「犯罪とメディアの影響」より抜粋


片や日本では、毎日毎日、犯罪は増加し続け、
それも凶悪化し続けている印象を持つのは、私だけではないはずです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本の警視庁のホームページから、東京で起こった殺人事件の数を見て、
逆に驚いたのは、殺人事件の件数そのものは増加しているわけではなく、
むしろ減っていることでした(日本全国でも減少しているそうです)。
平成17年の数字で133件でしたので、
デンマークとの人口比率を思うと、比較的低い数字ということにもなり、
ニュースを見て感じている日本の変化とこの数字のギャップに、
キツネにつままれたような思いがしました。
ニュースを見る限りは、なんだか犯罪数が増加している印象を受けていたのですが、
それは日本のニュースを最近になってテレビでも見る事ができるようになった、
浦島太郎的印象だったのかもしれません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
JMM:高田ケラー有子さん「犯罪とメディアの影響」より抜粋


私も、警視庁のホームページと、警察白書で、
犯罪件数と、殺人件数を確認してみましたが、
4年前に比べて、犯罪件数は5万件ほど、
殺人事件は3年前に比べると30件ほど、“減っている”
ことが解りました。


また、もう少し長いスパンで捉えると、
先の大戦終了後昭和20年代に、非常に犯罪率が高く、
その後、徐々に減少し、昭和50年が最も低くなり、
以降、増加はしたものの、ほぼ横ばい。
という状態です。


現在は、概ね、昭和20年代の半分に近い数値。
昭和30年から40年代に比べても、低い数値である。
と言うことも解りました。


まぁ、兇悪で残虐な事件や、犯罪数が増えてはいない。
ということは、個別の事件に関しては、
なんの慰めにも、ならないんですけれど。


さて、犯罪とか殺人が起こる理由って、
非常にシンプルに考えるならば、
ディスコミュニケーション。
にある。といっても差支えがないのではないでしょうか?


少し前に観たスペインの映画
私の数少ないボキャブラリが、
かなりの頻度で出てくることに気づきました。
¡ Hola !
¡ Buenos dias !
¿ Cómo está ?
Perdon
¡ Hasta mañana !
ハグして、両頬にキッス。
・・・・
要するに、あいさつです。
映画の中での会話は、あいさつだらけ。
といっても良い位でした。笑)


この映画でも殺人が起こります。


従って、
コミュニケーションの在り方。
ディスコミュニケーションの行き着く先の殺人。
がメッセージの重要な要素。
という捉え方が出来るかも、知れません。


また、例えば、エレベータで乗り合わせたときなど、


日本では階数表示を、皆でじっと睨んでいますが、笑)
スペインでは先に下りる人から、Luego (またね?!)
などと声が掛かります。


あいさつという、
“私はあなたを認めているし、あなたに危害を加える者ではない”
というある種のエクスキューズが、
きっちりと実行され、かつ、非常に大切にされている。
ということです。


私たちも、
小学校で「あいさつは、心のリボン」
とか「あいさつは、心の扉 開く鍵」
とかって、習いましたよね?。
大人になっても、
というか、
大人だからこそ、
きちんとしたエクスキューズが大切なのだなぁ。
と、非常にシンプルなことを、再認識しました。


Presented by“すみ”

IAAF世界陸上2007大阪 いよいよ明日から!

明日8月25日から9月2日まで第11回IAAF世界陸上競技選手権大阪大会が、大阪市長居陸上競技場で開催されます。 
 
世界陸上は、1983年8月、フィンランドのヘルシンキからはじまり、最初は4年に1度、第3回の東京大会以降は2年に1度開催されてきました。今やその規模は、「世界三大スポーツイベント」としてオリンピックやサッカーのワールドカップと肩を並べます。 
 
競技は明朝7時男子マラソンからスタートです。 
1991年東京大会以来16年ぶりの日本開催となるこの第11回大会には、世界212の国と地域から約3,200人の選手・役員が参加します。 
トップアスリートたちが9日間にわたり、「真の陸上世界一」を目指すスポーツの祭典を、皆さんもぜひご覧ください! 
 
詳しくはIAAF世界陸上2007大阪web-siteまで 
ウェブマスター麻生でした。
 
ムラヤマは『第11回IAAF世界陸上競技選手権大阪大会』会場装飾のお手伝いをさせていただいております。 
実績紹介では、この他スポーツイベント・式典の実績を紹介しています。


[世界競泳2007イン ジャパン]開催しました!

ism2007.jpg 
 

本日から24日までの4日間、『世界競泳2007イン ジャパン』が千葉県国際総合水泳場で開催です!
 
日本選手にとって2008年北京オリンピックの前哨戦でもある重要な世界大会です。 
世界のトップスイマーが参加し、オリンピック開催地北京との時差がほとんどなく、気候もよく似た日本での大会は選手にとって大変意義がある大会になっています。 
 
うだるような暑い日が続いていますが、会場で、はたまたテレビ放送で、水泳を観て涼しむというのはいかがでしょうか。熱く応援したら残暑なんて吹き飛ばせるかもしれません!


0823.jpg


詳しくは世界競泳2007イン ジャパンweb-siteまで 
 
ウェブマスター麻生でした。
 

ムラヤマは『世界競泳2007イン ジャパン』会場装飾のお手伝いをさせていただいております。 
実績紹介では、この他スポーツイベント・式典の実績を紹介しています。


日比野克彦(HIBINO)+フツ・ラッシュ共同プロジェクト始動!

hibino%201.jpg日比野克彦(HIBINO)+フツ・ラッシュ 共同プロジェクト始動!
 
100_3487_2m.jpg
 
フツ・ラッシュ今年最大のニュースとして、2007年9月29日(土)?2008年3月20日(木・祝)まで、金沢21世紀美術館において開催される日比野克彦アートプロジェクト「ホーム→アンド←アウェー」方式 において、そのシンボルとなる氏の作品とのコラボレーションが決まり、制作がスタートしています。
日比野氏のダンボールアートがフツ・ラッシュで新しい世界を生み出します。
 
詳細は新サイトwww.futurush.jp[プロジェクト]をご覧下さい。
 
金沢21世紀美術館
http://www.kanazawa21.jp/

金沢21世紀美術館 日比野克彦アートプロジェクト「ホーム→アンド←アウェー」方式
http://www.kanazawa21.jp/exhibit/hibino/top.html

CAFE HIBINO NETWORK
http://www.hibino.cc/

ウェブマスター麻生でした。

creative material Futu Rush Web-Site OPEN!

ロゴも一新!FR_LOGO2.jpg
 
FRPに変わる環境型新素材フツ・ラッシュは、8月10日より新ウェブサイトにて
[想いをカタチに。 新クリエイティブ マテリアル フツ・ラッシュ ]としてスタートしました。
 
インテリアやエクステリアなど、空間を創造するデザイナーが想い描くさまざまなイメージに対し、フツ・ラッシュはそのソリューションの1つとしてお応えして参ります。
使う人たちの環境や安全に配慮しながら“想いの形”を創りあげたい、すべての人々と感動を共有したい、ムラヤマのコンセプトがそのまま詰まった商品が出来たと思っております。
 
イメージも製品情報も充実し、今後さらにパワーアップするcreative material Futu Rush Web-Siteを是非ご覧下さい。www.futurush.jp
 
 
ウェブマスター麻生でした。

 

鈍くなってきた

採用担当 なべ です。


昨日も暑かったですね。
動きも感覚も鈍くなってきます。
夏の茹だるような暑さに ぼーっとさせられながら
夕立ち でもこないかなぁ と霞んだ青空を
眺めたりします。


もっとはっきりした青空の下で遊んでいて 入道雲を発見し
さらに遊んでいるうちにあたりが暗くなり スカッとした雨が降っていた頃が
懐かしくなります。


昔は雨が降る前に「匂い」を結構感じました。
今もたまにはありますが、田舎ではもっとはっきりしてたと思います。
ついでに言うと 雪が降る前の「匂い」も。


昨日の会社からの帰り。
電車が駅に着き、ドアが開いた瞬間その「匂い」が。
あれっ と思いましたが空に雨雲も無く バスに乗って家へ。
家に着いたら妻が 夕立があった話 をしてくれました。
あの匂いはやっぱり雨だったんだ。


でも以前より感じ取る力が弱まっていると思います。
周りの自然の成り立ちが昔とは変わってきている事もありますが
どうも自分が 退化してきているようにも思えます。


視、聴、嗅、味、触の五感 と もうひとつ(第六感)。


これらが退化している?  そりゃ大変だ!仕事にも影響出てくるぞ。
自然の緑や山と係わりを深めて回復に努めてみたいと思います。
採れたての夏野菜を食すのも効果ありかな?


yasai1017%20.JPG

家庭菜園(23区外の都内にある田舎?)のモノですが
なかなか しっかりした濃い味がします。
きっとある効果を期待して  いただきます!

海辺の美術館

残暑お見舞い申し上げます。

しばらくご無沙汰していました、ウェブマスター麻生です。
一週間ほど夏休みをとってきました。といってもどこかへ旅行に行ったわけではなく、家の片付けや日産スタジアムへ“横浜ダービー”観戦、大型スーパーへ買い物などなど、自宅周辺でのんびり過ごしていました。
おかげさまで毎日天気も良く(ちょっと良すぎでしたが・・・!)、ライフワークである近所の里山の写真撮影も励むことができました。
充実した夏休み(!)だったと思っています。
 
PICT0102.jpg
 
夏休み最終日となる昨日15日、家族で三浦半島へのドライブ途中、きれいな美術館が出来ていたので立ち寄って観る事にしました。そこは今年4月にオープンした「横須賀美術館」で、観音崎灯台のすぐそばにあります。
 
PICT0074.jpg

背景には緑を背負い、目の前には東京湾が広がる、という絶景の地に位置し、真夏のカラッとした日差しを受け、建物が一際輝いて見えました。
 
PICT0071_2.jpg
 
屋上にある展望スペースから見た東京湾の様子です。抜けるような青空のおかげで、房総半島が目の前に感じる程近くに見えていました。(汗だくになるくらいものすごく暑かったですが!)双眼鏡なども用意されていましたので、春秋などはお勧めのスポットです。
 
PICT0090.jpg
 
展示空間は当然、写真撮影禁止でしたのでエントランスのみの撮影となりましたが、絵画を中心として1階、地下1階のフロアー構成となっています。吹き抜け構造による大空間をもつ地下1階は圧巻で、とてもゆったりとしたスペースが確保されています。
明るい感じがとても清潔感があり、さわやかな印象を持ちました。海辺の美術館ならではのものかもしれません。
 
家族サービスにもなったちょっと得した寄り道となり、新しい“スポット”に大満足の一日でした。
企画展で写真作品の展示もしてもらえたらな、などと自分に都合の良い期待などしていました。
 
今後のスケジュールは公式siteをご覧下さい。
横須賀美術館
http://www.yokosuka-moa.jp/


 

 

8月は避暑地で・・・2

採用担当 なべ です。


朝早い電車が随分空いています。
皆さん休みに入っているんだなぁと思うと同時に
この時期でもこんなにたくさんの人が働いているんだと驚きます。
私もその内の一人です。弊社は会社全体が夏休みという事がないので
それぞれが業務バランスを調整して休んでいます。


さて、昨日、キャンプの話を書きましたが今日もその続きです。
キャンプ場はもちろん大自然がイッパイ。トンボや蝶やバッタが来てくれます。
私の自宅周りも緑がイッパイなので虫たちがけっこう沢山いますが
でっかいバッタ(たぶんウマオイ)や超スピードで飛ぶオニヤンマに会うには
やっぱり山の中みたいなこういう場所がいいですね。
今まで見かけたことのない 足長のでかい蜘蛛 もテントに来ました。(驚きます。)
子供たちは「これ何?」「これ見て!」と大騒ぎ。
虫をたくさん見ていると昆虫図鑑欲しくなります。


asobiba014.jpg


テレビもパソコンも家電製品も無く、あたりが暗くなったら寝る生活。
足りないものは足りないまま我慢する。
周りをみると、もっと楽しいものが目に付きます。
まっすぐ伸びていく木々、変わったかたちの葉っぱ、きれいな星空、虫の声。
お金を貰って働く事 以外の、「働く」・「生活する」を
感じられるような気がします。
子供たちにも自然と伝わるかな。


朝日に輝く 富士山(am5:30ころ) 
camp%20fuji014.JPG


朝、目覚めるときの鳥の声は・・・家で聞くのとほぼ同じ。
家では雀やカラスや鳩以外の鳥のほうが多いんです。
う?ん。山の中に住んでるんだなぁ・・私たち家族は。


という事で、二日目のお昼前
お父さんは帰り支度のためにまたリヤカーエクササイズ
その間に
子供たちは水遊びmizuasobi014.jpg


みんなで有意義な時間を過ごしました。


休みは目いっぱい楽しまないと。
(ついでに エクササイズも)

8月は避暑地でキャンプ

採用担当 なべ です。


家族で一泊二日のキャンプに行ってきました。
以前行ったのは、下の子が生まれる前(3年半程前)に一回だけ。
(デイキャンプは何回かしましたが)
本当に久しぶりのキャンプだったので
以前使っていたチェックリストでテントやコンロの持ち物チェックして
(自分でやる時間がなくて妻にお願いしました)
荷物の積み込みも当日朝という慌ただしいものでした。


結局予定していた出発時刻(朝6時半)より1時間遅れになりましたが
お盆の帰省時期前の平日だったので渋滞に巻き込まれずにすみました。
事前にタープやテントの道具チェックをしてなかったので
若干心配でしたが、汚れや不具合も無くすんなり進みました。
前回終了後のキャンプ道具の手入れに関してはあんまり良く覚えていませんが
ロープもペグもきちんときれいに収納されてたので
しっかりやってたんだと思います。(これで次回が楽になるんですよね。)


行った場所は「富士山こどもの国」。
富士山の麓まで行けば涼しいかな と思ってたら   暑い!暑い!
木陰に逃げないとジリジリ照りつける日射しに参ります。
ここにはオートキャンプ場と普通のキャンプサイト(車が乗り入れ出来ない)があって
今回はキャンプサイトに一泊。
駐車場からキャンプサイトまでは結構離れていて道具をリヤカーで運べます。
皆さんリヤカー使ったことあります?あれは便利です!坂が無ければ。
キャンプサイトまでのアップダウンの道のりを
4人分の道具一式乗せたリヤカーを独りで、しかも炎天下を引いて行くのは重労働。
子供が小さいと母親が子供の世話をして父親は荷物運び のパターンが多くなります。
いやぁ、ホントにハードです。私は結構ハードなのが好きです。
私の後から来た人は自分のサイトに着いたとたんに
座りこんでオェッとかゲホッとかなって
数分後に子供と一緒に到着した奥さんと「手伝って欲しかった」とか言いながら
喧嘩してました。

家族一緒に楽しいキャンプというより
Billy's Boot Camp みたいな感じですかね。


一泊二日のリヤカー運び込み付きのキャンプ3回連続くらいやったら
腹筋 割れるかも。
そして帰った翌日も、一仕事。
テントの汚れチェックして、タープは洗って干して
とやってたら、そういえば前回もこうやってたな・・・と思い出しました。
次に備えてしっかりやっときます。


キャンプの中身については 次回に書く予定です。

「笑ってきました」

最近、お腹を抱えて笑った。。なんて事、ありますか?
私、あります。
笑ってきました。それも上質の笑いを体験して参りました!!
 
先月、東京よみうりホールで行われた
清水ミチコのお楽しみ会 リップサービス
ツアーファイナルに行ってきました。
 
内容を一言で言うならば、‘一流の芸’を見せる会でした。
正しく芸を見せる人すなわち、芸人デシタ。
ライブで感動するなんて久しぶりだったので、終演後「ぃや?いいもん見させてもらったねぇ?」
と、感慨深く夜の街に消えました・・・。
 
‘本物の芸人’なぁんて言うと、その定義は?、ってな事になるので
あくまでも個人的な意見を述べさせて頂きます。
 
私が思うところの、いい芸人さんとは己の力量でいかにお客をこちら側に引き込めるか。
だと思います。その観点からいくと、正しく清水ミチコさんの芸は本物であり、
お客である私は、のっけからズルズルと引き込まれてしまいました。
 
モノマネ・歌・ピアノどれを取っても上質!!
どんなところに目を付けるか?コレって凄い重要ですね。勉強になりました・・何の??
一流に触れるって、大切ですよね。
 
東京に勤めていると様々な娯楽が近くにあります。
自ら足を運び、秀作を選ぶ目を養い、そして大いに笑いたいと思います。
 
今月は新宿のルミネtheよしもとに、お笑いライブを見に行きます。
東西の笑いを満喫だぁ?
 
以上、初登場のマーガレットあん でした。

「ガラスの仮面」

0808_1.jpg


初登場させていただきます。 プリティCCです。


文化施設にしては少し変わったテーマで展開している企画展があるのでご紹介します。
世田谷文学館で開催中の「美内すずえと『ガラスの仮面』展」です。
文学館なのにマンガ?と、誰でも、そして私も最初に思うのですが、作品を読むと納得がいくという感じでしょうか。


 展示は原画展示だけに留まらず部分的に立体的な再現や小粋な演出も施され、某ブログによるともう、ファンは興奮して失神!するくらいだそうです。


他にも歴史館もビックリな盛りだくさんの年表、人物相関図など見応えたっぷりです。
9月2日まで開催しています。きっと「文学館」のイメージが変わります。


0808_2.jpg


世田谷文学館
http://www.setabun.or.jp/

遍在から、偏在へ。またはその逆。

明日は立秋だというのに、東京では、とことん暑い日が続いています。
皆様いかがお過ごしでしょうか?


7月末に、スペインに行ってきたのですが、
そこは、気温40℃の世界でした。
espana%20071.jpg

写真は、マドリッド市内<madrid VISION Bus Tour>車上より


が、東京の33℃の方が、辛いです。
東京で、ちょっと外に出ようものなら、じとっと汗をかきます。
でも、スペインでは、汗をかいても、その途端に乾いてしまいます。
その代わり、とことん喉が渇くのですけれど。


さて、ここで、
人が感じる温度感覚について、ちょっと整理しておきましょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
環境側の要素として、温度(気温)、湿度、
風速(気流)、輻射(放射)の4要素があります。


また、その4要素の影響を受ける人間側の要素として
作業量(メット値)・着衣量(クロ値)の2つの要素があります。
人の温熱感覚は、これら6要素により決まります。


この6要素による温熱感覚を数値化したものを新有効温度といいます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ふむふむ。
やっぱり、暑いなぁ?、という感覚は、“気温”だけじゃあないんですね。
汗をかいても、からっとさせてしまう、若しくは、
じとっと、いつまでも肌にまとわり付かせる原因の“湿度”。
それに、“”。


また、東京のように、
アスファルトやコンクリートに囲まれていると、
そこからの“輻射熱”はバカにできません。


閑話休題。


私が、小さい頃は近所にいわゆる“雑木林”というものが遍在していました。
また、エアコンなんてなかったので、窓を開け放して、風鈴をぶら下げて、
日中は、プールに泳ぎに行って、帰宅してスイカ、若しくはカキ氷を食す。
というのが、全うな夏の処し方だったのです。


今では、日中にプールに行くなんて…
スイカやカキ氷が食べたくなるなんて…
…“旧いタイプ”と言われてしまいます。


“雑木林”のような自然は偏在し、
“色んな人工物”が遍在しています。

昔は、ユビキタス・ネイチャーだったのに、
今ではユビキタス・ネットワークとか、
ユビキタス・ロボティクスなんですね。
あ、造語です。悪しからず。

暑い日の処し方。
も、変わるわけですね。
なんていったって、21世紀ですから。


Presented by“すみ”

梅雨明け?

採用担当の なべ です。


8月に入りました。
4月に入社した新入社員も、4ヶ月の研修期間を経て
それぞれ 配属先での勤務が始まっています。
研修中に見聞きした事を早く自分のものにして
いろんな事に挑戦していってほしいと思います。
これからもまだまだ新しいことにたくさん出会うと
思いますが、楽しい出会いが増える様に願っています。


昨日「梅雨明けしたとみられる」との気象庁からの発表もあったようです。
今朝の空模様は 梅雨明け? という感じでしたが
昼近くに青空も見え始め いよいよ
本格的な「夏になったとみられ」ます。


こんな暑い季節でも、ネクタイに上着姿の新入社員達。
先輩はみんなクールビズでいても、周りから「OK」が出ない限りは
ネクタイは外せない、と言ってました。
優しく気遣ってあげてほしいなぁ。


自分が学生だった頃や新入社員だった頃を思い出してみると
今の人たちは とても優秀に見えます。
でも、本質は昔の自分達と比べても大きく変わってないように思います。
優秀そうに見えても、普通の部分がいっぱいある はずです。
見かけと中身のギャップを
先輩と新入社員のお互いがうまく埋められるかどうか。
ちょっとした気遣いや思いやりがそのきっかけになるような気がしています。


お互いの思いやりで
旨くコミュニケーションできると
梅雨明けの空のように 気分もすっきりしますよ、きっと。

CPA 「日本コンベンション事業協会」 スタート!

本日2007年8月1日より、CPA:全国コンベンション運営事業者協議会は
組織名を 「日本コンベンション事業協会」とし、新しいスタートを切りました。
 
CPAの活動目的は、「日本のコンベンション業界全体の質の向上と活性化を目的に、コンベンションに携わるプランナー、映像・音響、レンタル、装飾・施工、制作、施設、コンベンションビューローなど多岐に亘る企業・団体が参加して設立された全国組織」とあります。
 
来年で設立10周年を迎えるCPAは、より広義な意味を持つ新名称とすることで、コンベンション業界に携わる全ての方々に向けより積極的な活動を目指したものです。
 
今後、国を挙げての取組が注目されているMICE(Meeting,Incentive,Convention/Congress,Event/Exhibition) ビジネスが活発化する中、新しくなったCPAの活動展開がますます楽しみになってきました。
会員企業である弊社は、今後も出来る限り活動に積極的に参画する所存です。
 
ウェブマスター麻生でした。
 
詳しい内容につきましては、CPA:日本コンベンション事業協会 SITEをご覧ください。

Creator's Eye

カテゴリー

エントリー

バックナンバー

ライター紹介

  • ウェブマスター麻生
    • ・・・広報の視点で最新事例の紹介や会社リリース記事などを担当します。
  • 北海道産のフラヌール
    • ・・・好奇心のままさすらい、面白いものを見つけたらお知らせします。
  • 採用担当者なべ
    • ・・・人も会社も面白い事たくさん!働いて、見て聞いて考えて、色々書いてみます。
  • すみ
    • ・・・空間にまつわるヒト・モノ・コトについて、すみからすみまでお伝えします。
  • SWC
    • ・・・元空間デザイナーのフォトグラファーが、ワイドな視点で書き綴るフォトレポート、フォトエッセイ、フォトテクニックetc.
  • マーガレットあん
    • ・・・趣味は人間観察、日常に埋もれる小ネタを求めて日々奔走。楽しい話しお伝えしたいです。
  • 大坂一郎
    • ・・・おもに上方の日常の中から、いろいろとお伝えしたいと思います。

Copyright