Creator's Eye 社員発信! できたて情報! よもやま話 むらやま話・・・

« 梅雨明け? | メイン | 「ガラスの仮面」 »

遍在から、偏在へ。またはその逆。

明日は立秋だというのに、東京では、とことん暑い日が続いています。
皆様いかがお過ごしでしょうか?


7月末に、スペインに行ってきたのですが、
そこは、気温40℃の世界でした。
espana%20071.jpg

写真は、マドリッド市内<madrid VISION Bus Tour>車上より


が、東京の33℃の方が、辛いです。
東京で、ちょっと外に出ようものなら、じとっと汗をかきます。
でも、スペインでは、汗をかいても、その途端に乾いてしまいます。
その代わり、とことん喉が渇くのですけれど。


さて、ここで、
人が感じる温度感覚について、ちょっと整理しておきましょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
環境側の要素として、温度(気温)、湿度、
風速(気流)、輻射(放射)の4要素があります。


また、その4要素の影響を受ける人間側の要素として
作業量(メット値)・着衣量(クロ値)の2つの要素があります。
人の温熱感覚は、これら6要素により決まります。


この6要素による温熱感覚を数値化したものを新有効温度といいます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ふむふむ。
やっぱり、暑いなぁ?、という感覚は、“気温”だけじゃあないんですね。
汗をかいても、からっとさせてしまう、若しくは、
じとっと、いつまでも肌にまとわり付かせる原因の“湿度”。
それに、“”。


また、東京のように、
アスファルトやコンクリートに囲まれていると、
そこからの“輻射熱”はバカにできません。


閑話休題。


私が、小さい頃は近所にいわゆる“雑木林”というものが遍在していました。
また、エアコンなんてなかったので、窓を開け放して、風鈴をぶら下げて、
日中は、プールに泳ぎに行って、帰宅してスイカ、若しくはカキ氷を食す。
というのが、全うな夏の処し方だったのです。


今では、日中にプールに行くなんて…
スイカやカキ氷が食べたくなるなんて…
…“旧いタイプ”と言われてしまいます。


“雑木林”のような自然は偏在し、
“色んな人工物”が遍在しています。

昔は、ユビキタス・ネイチャーだったのに、
今ではユビキタス・ネットワークとか、
ユビキタス・ロボティクスなんですね。
あ、造語です。悪しからず。

暑い日の処し方。
も、変わるわけですね。
なんていったって、21世紀ですから。


Presented by“すみ”

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




Creator's Eye

カテゴリー

エントリー

バックナンバー

ライター紹介

  • ウェブマスター麻生
    • ・・・広報の視点で最新事例の紹介や会社リリース記事などを担当します。
  • 北海道産のフラヌール
    • ・・・好奇心のままさすらい、面白いものを見つけたらお知らせします。
  • 採用担当者なべ
    • ・・・人も会社も面白い事たくさん!働いて、見て聞いて考えて、色々書いてみます。
  • すみ
    • ・・・空間にまつわるヒト・モノ・コトについて、すみからすみまでお伝えします。
  • SWC
    • ・・・元空間デザイナーのフォトグラファーが、ワイドな視点で書き綴るフォトレポート、フォトエッセイ、フォトテクニックetc.
  • マーガレットあん
    • ・・・趣味は人間観察、日常に埋もれる小ネタを求めて日々奔走。楽しい話しお伝えしたいです。
  • 大坂一郎
    • ・・・おもに上方の日常の中から、いろいろとお伝えしたいと思います。

Copyright