Creator's Eye 社員発信! できたて情報! よもやま話 むらやま話・・・

« 社内講習会に参加しました。 | メイン | ATOMとコラボ !? してきました。 »

「改正建築基準法講習会」大阪だけじゃあないです。東京でも開催されました。

大坂一郎さんの記事での「改正建築基準法講習会」
東京でも、勿論!!
開催されましたとも!!


ムラヤマは、1級建築士事務所であり、
かつ建設業登録事務所でもあるのですが、
いわゆる建築。と言われる業務以外に、
ビッグサイトや幕張メッセなどで行われる展示会のブース。
や、イベント。なども手がけます。


で、この講習会では
展示会で設置されるブースは、「建築物」とは言えない。
なぜなら、「建築物」の定義は、
建築基準法2条1項1号に示されるように
「土地に定着する工作物のうち、屋根及び柱若しくは壁を有するもの」
であるから。との見解が示されました。 


片や、愛・地球博では、
協会が建設するパビリオン(スケルトン)に、
出展者が(インフィルとして)増床する場合には、確認申請が必要でした。

%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E9%A4%A807.jpg
撮影:j-lights

その時の解釈としては、
建築基準法6条1項の「当該確認を受けた建築物の計画の変更」
に該当するというものです。


どちらも、その通り。
法規を引いてみれば、なるほど!と肯けます。


法規は、解釈。
といわれることがよく解りますね。
ケンチクというのが、人間が行う行為である以上、
全てにおいて、どういった視点や、角度から見ても、
そうでしかない、ということはありえない。
ということなのかもしれません。
あ、ややっこしいですね。笑)


展示会で行われる建築“的”行為は、
展示会場毎で決められている、
かなり厳しく詳細なレギュレーションによって、
計画・設計され、設置されます。
だから、全くもって安全なんです。
念のため。笑)


建築基準法第1条。
「この法律は、建築物の敷地、構造、設備及び用途に関する
最低の基準を定めて、国民の生命、健康及び財産の保護を図り、
もって公共の福祉の増進に資することを目的とする。」


私たちムラヤマは、この基本コンセプトを肝に銘じて、
建築においても、展示会においても、
イベントにおいても、安全と安心ベースに、
ヒトと自然に優しい空間づくりを目指しているのです。


Presented by“すみ”

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




Creator's Eye

カテゴリー

エントリー

バックナンバー

ライター紹介

  • ウェブマスター麻生
    • ・・・広報の視点で最新事例の紹介や会社リリース記事などを担当します。
  • 北海道産のフラヌール
    • ・・・好奇心のままさすらい、面白いものを見つけたらお知らせします。
  • 採用担当者なべ
    • ・・・人も会社も面白い事たくさん!働いて、見て聞いて考えて、色々書いてみます。
  • すみ
    • ・・・空間にまつわるヒト・モノ・コトについて、すみからすみまでお伝えします。
  • SWC
    • ・・・元空間デザイナーのフォトグラファーが、ワイドな視点で書き綴るフォトレポート、フォトエッセイ、フォトテクニックetc.
  • マーガレットあん
    • ・・・趣味は人間観察、日常に埋もれる小ネタを求めて日々奔走。楽しい話しお伝えしたいです。
  • 大坂一郎
    • ・・・おもに上方の日常の中から、いろいろとお伝えしたいと思います。

Copyright