Creator's Eye 社員発信! できたて情報! よもやま話 むらやま話・・・

やりたいこと。欲望すること。求めないこと。

光陰矢の如し。
毎日が、あっという間に過ぎてゆきます。


この前、当ブログに、記事を挙げたばかり。
だと思っていたら、
ウエッブマスターの麻生さんから
「皆さん、お元気ですか?
恒例の更新催促(スパム?)のメールです。
月一くらいは意識して記事アップを、
義務化してみてください。」
とのエントリーアップの催促メールが入りました。


今週も、すでに週の真ん中を過ぎています。
で、先週も、同じようなことを感じていました。
で、1週間があっと言う間に過ぎていきます。
で、気がつくと来週は、12月。
で、ブログの記事を挙げたのを確認してみると、
…もう「ひとつき」経ってました。汗)
いやぁ、全然気付きませんでした。嘘)


1年も、
勿論1日も、
あっという間です。


次から次へと、色んなことをするものですから、
結構、濃い時間を過ごしているようにも感じるんですが、
同時に、なんか、不十分な感じ。
というか、満たされない感じ。
が、あることに気付きました。


やるべきこと。
やりたいこと。
やらなくてはいけないこと。
やることを求められていること。
やらざるを得ないこと。
やっても、やらなくてもいいこと。
やりたくないこと。
やってはいけないこと。


そこに至る
コンテクストにも因るんだろうけれど、
こういった価値判断は、
いつでも、丁寧にしなくてはいけない!
と、再認識。


%E6%B1%82%E3%82%81%E3%81%AA%E3%81%84.jpg

%E6%AC%B2%E6%9C%9B%E3%81%99%E3%82%8B%E8%84%B3.jpg


さて。
茂木健一郎さんの「欲望する脳」

加島祥造さんの「求めない」
読んでいます。


切り口や視点など、
そして、タイトルからして!!笑)
まったくと言ってよいほど、この2冊は違うんですが、
言わんとするメッセージの本質は、
実は、意外にも同じ。ではないだろうか?
と、感じています。


人間をはじめとする動物の欲望の根底には、
自他の区別がある。
欲望は、その基本的な形式において、
必ず自己とは峻別される「他者」に対して向けられる。
自他の区別が無くなれば、欲望もまた消える。
(茂木健一郎「欲望する脳」)


食欲性欲自己保護欲種族保存欲
みんな人間の中にあって
そこから人は求めて動く?それを
否定するんじゃないんだ、いや
肯定するんだ
五欲を去れだの煩悩を捨てろだのと
あんなこと
嘘っぱちだ、誰にもできないことだ
(加島祥造「求めない」)


「欲望」
「求めない」
「脳」
「心」
という4枚のカードを使ったカードゲームとか、
2人のシェフが作った、4つの料理を愉しんでいる。
といったイメージでしょうか。
2冊とも、とっても良い本です。

で、先程の
“いろいろとしているのに、満たされない気持ち”
というのと、
“自他との関係において「欲望」が発生する”
ということと、
“「体」が求めていることを「頭」は押しのけて、
「頭」だけで求めると、求めすぎる。”
ってのは、きっと、
同じ根っこなのかなぁ?。
と思ったのです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私は一日たりとも、
いわゆる労働などしたことがない。
何をやっても楽しくてたまらないから
    エジソン
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本来はこんな感覚で、すべてのことをしていたら、
満たされない感じ。
なんて感じないんでしょうね。


要するに、人に「求める」小欲はなく、
大志を心に、「大欲」を全うしているんですね。


私なんぞは、いかんせん、凡人ですから、
なるべく、全てのことを“楽しんでやる”
ように、精一杯努力“は”しています。


Presented by“すみ”

東デ協親善フットサル大会が開催されました!!!

100_4965.jpg

 
 
11月22日、東京ディスプレイ協同組合の第2回親善フットサル大会が、ミズノフットサルプラザ千住で行われました。 
大会当日の天気は晴れ、30チームが勢ぞろいしました。 
CIMG0714%202.jpg
開会式の様子
 
晴天に恵まれただけにより寒さが増して感じられましたが、参加者たちの優勝をかけた(?)熱いあつい戦いが繰り広げられました。 
もちろん、弊社も若手からベテランまで幅広いメンバーで大会に臨みました。 
 
100_4923%201.jpg100_4927%202.jpg 
100_4934%201.jpg100_4962%201.jpg 
 
予選のリーグ戦を突破したところで、帰社時間変更の電話をウェブマスターに一本。 
弾みがちな声を抑え、申し訳なさげに「勝ってます」。 
決勝トーナメントを勝ち続け、日が傾いてきてもう一本。 
「まだ勝ってます・・・。」 
結果は見事な準優勝!!!でした。
 
東京ディスプレイ協同組合では、業界の活性化や懇親を目的として、フットサルの他にも野球やボーリングとスポーツイベントなどが行われています。 
就職活動、仕事探しをされている方、こんな業界で働いてみるというのはいかがですか。 
次はあなたがフットサルの主役(?)かもしれません。
アシスタントKがお伝えしました。

触れる! 親しむ! 家族で楽しめる JAPANTEX2007

JAPANTEX2007.jpg


11月21日から4日間にわたり、東京ビッグサイトインテリアトレンドショー 第26回 JAPANTEX 2007が開催されます。
今回は業界関係者や業者を対象にしつつ、一般の来場者に向けても会場内で日々の暮らしを豊かにするヒントが散りばめられ、特に祝日の11月23日と土曜日の24日は、キルトの体験教室や布地の買い物ができる「ハギレ市」など、ファミリー向け特別企画が充実しています。
国際見本市としても大注目のJAPANTEX2007、皆さんもぜひ観に行かれてはいかがですか。

nichib15.jpg
JAPANTEX2006 Nichibei Boothより

詳しくはJAPANTEX2007web-siteまで。
jtex_M%5B1%5D.gif

アシスタントKでした。 
ムラヤマはJAPANTEX2007の主催者装飾工事やいくつかのブースなどをお手伝いしております。
実績紹介では、弊社の展示会におけるさまざまなプロジェクト実績をご紹介しております。

Inter BEE 2007開幕です。

11月20日(火)?22日(木)、 2007年国際放送機器展International Broadcast Equipment Exhibition 2007『Inter BEE 2007』幕張メッセで開催されます。 
(放送ビジネス・映像・音響の三つのシンポジウムで構成する『Inter BEE Forum 2007』(聴講は無料)を同時開催) 
 
日本でのアナログテレビ放送の終了まで4年を切り、地上デジタル放送が浸透されつつあります。
止まることなく進化する映像技術の世界を、この『Inter BEE 2007』では見ることができ、国内外の放送機器、映像機器、音響機器、周辺アプリケーションやソリューションの最新の成果が揃います。 
第43回を迎える今回も、有意義な情報交流やビジネス創出の場になることでしょう。 
 
詳しくはInter BEE 2007web-siteまで

interb.jpg 
Inter BEE 2006の様子 
 
アシスタントKでした。 
ムラヤマは『Inter BEE 2007』の主催者装飾工事やいくつかのブースなどをお手伝いしております。
実績紹介では、弊社の展示会におけるさまざまなプロジェクト実績をご紹介しております。

「PVJapan 2008」の概要説明会が開かれました。

【日時】 11月13日(火) 14:00?17:00
【場所】 コクヨホール(東京都品川区港南1-8-35)
P1030405.JPG


ctr_012091.gif


【開催概要】
会期 : 2008年7月30日(水)? 8月1日(金)
会場 : 東京ビッグサイト 展示ホールおよび会議棟


「技術」「ビジネス」「普及」そして「交流」。『PVJapan 2008』
日本発、太陽光発電に特化した総合イベント/展示会がJPEASEMIのコラボレーションで誕生します。

******************************************************************************

ムラヤマは『PVJapan 2008』 のお手伝いをさせていただいています。 昨日行われた説明会ではコクヨホールを満席にする来場者にお集まりいただきその関心の高さがうかがえました。


個人的にも “太陽光発電”はクリーンだけれど実用化まではずいぶん先のことだろうという意識が覆され、太陽光発電の最新事情を聴いていて実用化がここまで近づいていることに正直驚かされました。


日本がリードしていたこの分野に台湾や中国の企業が迫り、元々技術に強いドイツ、石油価格高騰の影響もあり本気で取り組み始めたアメリカが加わり主導権を争って、今後の動向から目の離せない成長市場のようです。


来年の夏休み中に開催され、専門家の方以外にも楽しみながら環境のことが学べるイベントになると思いますのでご期待ください。“ジェネシス計画”にワクワクするフラヌールがお知らせしました。


PVJapan 2008
http://www.pvjapan2008.org/PVJAPAN.var


「千手観音 My Dream? 」を観る

おとといの土曜日新宿コマ劇場で“千手観音 My Dream? ”を観ました。
テレビで初めてその映像を見たときの驚きと感動、世の中にこんなに神々しいのもが存在することが信じられない・・・と思うような感激を味わったのですが、まさかそれが日本で見られるなんて。


実際にステージをみて、チケットは少し高いけど本物のライブでの千手観音はやっぱりすばらしい。主役のタイ・リーファさんが生で見られて幸せです。


これから観ようとする人に多少のアドバイスをした方がいいかと感じたことを書けば、“千手観音”だけを期待してはいけないことです。このステージは中国障害者芸術団の公演であること。 中国の障害者の方が置かれている状況は非常に厳しい、その状況を少しでも変えるために彼ら彼女達は大勢の中から選ばれ訓練を受けて何かを伝えるために僕らの前に立っているのだということ。色々な意見も寄せられてはいますが、これを単なるエンターテイメントだと思ってみることは残念なことです。


障害があるからこそ、代わりに耳がすごく良く発達して日本語の歌も発音が完璧に再現できるのか人間の能力の不思議さに感心させられます。
ウイグル人の車椅子の歌姫ってところには微妙なモノを背負わされている?と心配するのはきっと余計なことですね。


僕らの払う多少の対価が役に立ってくれれば嬉しいし、彼らが自分達の力で何かが変えられると自信を持ってくれたら良いと思える方は是非観てあげてください。


タイ・リーファファンのフラヌール

千手観音オフィシャルサイト

インタビューサイト

「船は水上に走り、人は絵の中に遊ぶ」“朱家角”

フラヌールした上海で風邪をお土産にいただき報告が遅れてしまいましたが10月最後の週末、上海から最も近い水郷、明・清代の街 “朱家角” へ行ってきました。

上海の中心部から約48キロ、バスもたくさんでていますが今回は地元の友達ルートで車を利用、所要1時間くらいという話だったのですが上海名物の渋滞に巻き込まれて結局1時間半のドライブ
正直上海近郊に数ある観光エリアでも地味な方だと侮って期待していなかったのですが宋・元の時代に始まり明代から残る本物の家並み、ゆっくり流れる水路と古風な橋の中に囲まれていると本当にその時代にタイムとリップした気分に確実になれます。


一番感心したのはこの小さなテーマパーク(入街料?60元/1人)にも、仕掛け人がいるのだろうなと感じたことです。 僕らの仕事と同じように、たくさんの人がここを訪れ楽しい時間をすごせるように裏で色々考えている痕跡が色々


たまたまここに着いた時間帯混雑していなかったのか、入街券売場から有料エリアの入口までの500メートルくらいお土産屋が軒を並べる通りを、人力車で2人を無料で運んでくれるサービスあり、結構楽しいので帰りは5元払って駐車場まで運んでもらいました。


網の目のように走る細い通りと交差する運河を誘導するわかりやすいサインがあり、お寺や古い薬屋の間に民家風に演出されたおしゃれな小物を売るSHOPがある
ディスプレイの方法も、中国の伝統的翡翠のペンダントを黒く塗った枠の中に自然素材のすだれを嵌め込んだ上にのせてみせる・・・センス良く、商品の価値を引き立てる仕掛けがある。これが何箇所かにあり良いデザイナーの存在を感じました。


syuka_003.JPG

syuka_005.JPG

syuka_006.JPG

syuka_007.JPG

syuka_012.JPG

ここで食べた上海蟹も美味、巨大な豚足もここの名物だということです。


今年もやります、グループ展!

2007%E3%83%90%E3%82%BF%E8%8C%B6DM%E8%A1%A8%E7%A4%BA%E9%9D%A2.jpg

こんにちは、大坂一郎です。

今年も「端茶倶楽部」という名のグループ展をやります。名前の意味はよくわかりません。
弊社大阪支店の社員・元社員と外部スタッフ有志による“美術展”です。


今回ですでに9回目となります。
毎年開催というわけでもないので、ずいぶん長持ちしているなという感じでしょうか。
各自のやりたいことを自由に出品しているので、
絵画・陶芸・オブジェ・イラスト等いろいろあり、少しまとまりのない展示になっているかもしれません。
 
 
グループ展立ち上げの頃、メンバー各自のきっかけ・思惑は当然ですがいろいろありました。
私はというと、業務の中でのある経験がきっかけとなっています。

10年以上も前になりますが、営業マンと共に某大手設計デザイン事務所を訪問したときのこと。
その会社のロビーに、公共交通機関のデザイン・スタディ模型が陳列してありました。
 
担当者の方に
「これは何ですか?」と尋ねたところ、
 
「毎年業務とは別に自主的にテーマを決めてデザインの研究をしている」とのこと。
与えられたことばかりやるのではなくて、自分の意志で活動しているところが
「クリエイターとして格好がよろしおすな。」
 
それで自分も似たようなことをやってみたくなったところへ、うまい具合に大阪支店の複数の人間から「グループ展をしないか」という声が上がったことがきっかけだったのです。
  
今回も我々一同“熱い”展示をしています。
ご興味のある方は、是非お立ち寄り下さい。

2007%E3%83%90%E3%82%BF%E8%8C%B6DM%E6%A1%88%E5%86%85%E9%9D%A2.jpg

2007楽器フェア開催中です。

musicfair.jpg

パシフィコ横浜展示ホール国立大ホールで 11月1日(木)?4日(日)まで2007楽器フェアが開催されています。

今年で40周年を迎える歴史ある楽器フェア、各ブース内でもライブなどイベントが多数あり、様々な楽器や音楽機器が会場に展示されています。
5年がかりで修復、復刻したという120年前に輸入されたスクエアピアノや、TM NETWORKの3年ぶりのスペシャルライブなどなど、みどころ満載です。

聴いて見て触って、楽器だけでなく音楽の魅力に接することのできる良い機会です。
音楽に興味のある方もない方もぜひ行ってみてはいかがですか。
詳しくは2007楽器フェアWeb-siteまで。
アシスタントKでした。 

ムラヤマは2007楽器フェアの主催者装飾工事やいくつかのブースなどをお手伝いしております。 
実績紹介では、弊社の展示会におけるさまざまなプロジェクト実績をご紹介しております。


Creator's Eye

カテゴリー

エントリー

バックナンバー

ライター紹介

  • ウェブマスター麻生
    • ・・・広報の視点で最新事例の紹介や会社リリース記事などを担当します。
  • 北海道産のフラヌール
    • ・・・好奇心のままさすらい、面白いものを見つけたらお知らせします。
  • 採用担当者なべ
    • ・・・人も会社も面白い事たくさん!働いて、見て聞いて考えて、色々書いてみます。
  • すみ
    • ・・・空間にまつわるヒト・モノ・コトについて、すみからすみまでお伝えします。
  • SWC
    • ・・・元空間デザイナーのフォトグラファーが、ワイドな視点で書き綴るフォトレポート、フォトエッセイ、フォトテクニックetc.
  • マーガレットあん
    • ・・・趣味は人間観察、日常に埋もれる小ネタを求めて日々奔走。楽しい話しお伝えしたいです。
  • 大坂一郎
    • ・・・おもに上方の日常の中から、いろいろとお伝えしたいと思います。

Copyright