Creator's Eye 社員発信! できたて情報! よもやま話 むらやま話・・・

« 今年もやります、グループ展! | メイン | 「千手観音 My Dream? 」を観る »

「船は水上に走り、人は絵の中に遊ぶ」“朱家角”

フラヌールした上海で風邪をお土産にいただき報告が遅れてしまいましたが10月最後の週末、上海から最も近い水郷、明・清代の街 “朱家角” へ行ってきました。

上海の中心部から約48キロ、バスもたくさんでていますが今回は地元の友達ルートで車を利用、所要1時間くらいという話だったのですが上海名物の渋滞に巻き込まれて結局1時間半のドライブ
正直上海近郊に数ある観光エリアでも地味な方だと侮って期待していなかったのですが宋・元の時代に始まり明代から残る本物の家並み、ゆっくり流れる水路と古風な橋の中に囲まれていると本当にその時代にタイムとリップした気分に確実になれます。


一番感心したのはこの小さなテーマパーク(入街料?60元/1人)にも、仕掛け人がいるのだろうなと感じたことです。 僕らの仕事と同じように、たくさんの人がここを訪れ楽しい時間をすごせるように裏で色々考えている痕跡が色々


たまたまここに着いた時間帯混雑していなかったのか、入街券売場から有料エリアの入口までの500メートルくらいお土産屋が軒を並べる通りを、人力車で2人を無料で運んでくれるサービスあり、結構楽しいので帰りは5元払って駐車場まで運んでもらいました。


網の目のように走る細い通りと交差する運河を誘導するわかりやすいサインがあり、お寺や古い薬屋の間に民家風に演出されたおしゃれな小物を売るSHOPがある
ディスプレイの方法も、中国の伝統的翡翠のペンダントを黒く塗った枠の中に自然素材のすだれを嵌め込んだ上にのせてみせる・・・センス良く、商品の価値を引き立てる仕掛けがある。これが何箇所かにあり良いデザイナーの存在を感じました。


syuka_003.JPG

syuka_005.JPG

syuka_006.JPG

syuka_007.JPG

syuka_012.JPG

ここで食べた上海蟹も美味、巨大な豚足もここの名物だということです。


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




Creator's Eye

カテゴリー

エントリー

バックナンバー

ライター紹介

  • ウェブマスター麻生
    • ・・・広報の視点で最新事例の紹介や会社リリース記事などを担当します。
  • 北海道産のフラヌール
    • ・・・好奇心のままさすらい、面白いものを見つけたらお知らせします。
  • 採用担当者なべ
    • ・・・人も会社も面白い事たくさん!働いて、見て聞いて考えて、色々書いてみます。
  • すみ
    • ・・・空間にまつわるヒト・モノ・コトについて、すみからすみまでお伝えします。
  • SWC
    • ・・・元空間デザイナーのフォトグラファーが、ワイドな視点で書き綴るフォトレポート、フォトエッセイ、フォトテクニックetc.
  • マーガレットあん
    • ・・・趣味は人間観察、日常に埋もれる小ネタを求めて日々奔走。楽しい話しお伝えしたいです。
  • 大坂一郎
    • ・・・おもに上方の日常の中から、いろいろとお伝えしたいと思います。

Copyright