Creator's Eye 社員発信! できたて情報! よもやま話 むらやま話・・・

さよなら 三木鉄道・・・・・・

こんにちは、大坂一郎です。


東京本社での「ムラヤマ文化祭」は盛り上がったようですが、
文化祭向けなキャラクターの、大阪支店の映像の巨匠「ミスターF」さんより
お便りがありましたので、紹介します。


eiga1.jpg


”「さよなら三木鉄道」

超ローカルな話題ですが、兵庫県の私の実家から歩いて1分、
走って30秒以内のところに、今、一部で話題の三木鉄道「三木駅」があります。


三木市の出資する第三セクターであるこの三木鉄道は、今年の3月31日に廃止
が決まり、92年の歴史に幕をおろします。産経新聞の夕刊では「さよなら三木鉄
道」のタイトルで1週間の連載があったり(きっと関西版だけ)、ヤフーの検索では
約384,000件のヒットがあり、あっちこっちのブログの書き込みで盛り上がっており
ます。
要は、久しぶりの路線廃止として、鉄道マニアには大きなイベントになっているよ
うです。


以前、ここは、国鉄三木駅として、人だけでなく貨物の拠点として様々な荷物の取
り扱いがあり、運ばれる牛や馬が多数つながれていたり、お菓子の箱が大量に積
まれたりもしていました。
ですので、幼い頃から、何かというと目的もなしに駅に遊びに行ったものでした。


私が、初めて8mm(ビデオじゃなくてフィルム)映画を撮影したのもこの三木駅で、
駅に許可をもらって自主映画のメイン舞台にしたこともありました。
また、三木市民は映画を神戸に見に行く人がほとんどでしたが、わたしは、この国
鉄三木駅から加古川の(って知ってる人も少ないけど)古い映画館へ足を運んでい
ました(すいているのがなにより魅力で)。


というわけで、私のなかでは、昭和60年に国鉄三木線が廃止になり、三木鉄道株
式会社になった時点で、様々な思い出が巡るこの鉄道への想いも終わっています
ので(今じゃバスみたいな列車が走ってます)、いまさらの感が拭えませんが、とり
あえず、最後の駅舎の姿は目に納めようと娘と帰省の準備をしています。


3月1日から記念イベントが始まりますので、興味のある方は「金物のまち三木」へ
いかがでしょうか。"
 
詳細は三木市HP「ありがとう三木鉄道記念フェア」をご覧ください。
http://www.city.miki.lg.jp/index3.html


arigatou.jpg

『第一回ムラヤマ文化祭』 開催しました!

PICT0015.jpg
 
ムラヤマは、グループ会社を含めたコミュニケーションの一環として、初の試みとなる記念イベント、『第一回ムラヤマ文化祭』を、2月22日?23日の2日間で開催しました。
“展示・イベントのプロフェッショナル集団として、文化の香りする格調高い文化祭を開催したい”という社長の想いから、今年度期初から計画がスタートし、昨秋には開催実行委員会を立ち上げられ、このたび開催の運びとなりました。
 
22日金曜日は、朝から事務局の基礎工事、出展社員による午後からの設営の後“前夜祭”。そして土曜日は家族を招待しての一般公開。子供達にも楽しめる、盛り沢山の企画が用意されていました。
 
PICT0008.jpg
 
展示は、各部署やサークル団体からの小間展示出展、個人展示用のショーケースから構成されています。各々“秘密裏”に制作準備をしていて、初めての試みからどんな展示になるか少し心配していましたが・・・、そこはみなさん、さすがプロ!
どのブースも、その特長と強みを生かしたユニークな展示が用意され、仕上がりもプロとしてなかなか見所満点の構成となっていました。
 
PICT0019.jpg
 
イベント関連では、特設ステージが設けられ、パフォーマンス部門の出演者達によるミニステージが行われ、ダンスあり空手あり、“感動”と“笑い”で盛り上がりました。ユニークな特技を持った人間が、社内に結構いるのだなあと知ることが出来、何だか嬉しくなってきました。
 
PICT0068.jpg
PICT0120.jpg
 
さらに文化祭特別審査員として、昨年金沢21世紀美術館でのプロジェクトでご一緒させて頂いた、アーティストの日比野克彦氏をお迎えし、若手クリエイター達とのトークセッション等を開催しました。
日比野氏を囲んでの“熱い”意見交換は、若い人たちにとってきっとよい“自信”と“記憶”となったことと思います。貴重なお話、ありがとうございました。
 
PICT0002.jpgPICT0174.jpgPICT0038.jpg
PICT0145_2.jpgPICT0043.jpgPICT0188.jpg
 
最後に、各部門の優秀作品の表彰があり、来年以降の継続的な開催を誓い、大成功の内に幕を閉じました。
役員自らが、お気に入りの酒を持ち込んでサービスするという企画“役員'S BAR”など、まだまだご紹介出来ないユニークなアイデアが満載で、試行錯誤の第一回目にしては素晴らしかったと思います。
内輪ごとで恐縮ですが、『第一回ムラヤマ文化祭』開催実行委員の皆様、本当にお疲れさまでした。
また良い思い出をありがとうございました。

この調子で何回か回数を重ねていくと、きっとお客様にも見て頂ける“文化祭”が開催できる気がしてきました。いつの日か皆様に公開できる日を楽しみにしております。
 
縦横社内コミュニケーションの充実、ナレッジの共有など、結構企業の“文化祭”っておもしろいかも知れません。(設営準備で“筋肉痛”にはなりますが・・・。)

皆様の会社でも“文化祭”如何ですか? 自らの経験と実績(!)で、弊社が企画からお手伝いします。
 
イベント好きな(!) ウェブマスター麻生でした。

 

 

 

ありがとう。

おとといの朝。


茅ヶ崎に住む伯母が危篤になったと、
母から電話がありました。


昨日。


お見舞いに行くために出かけたのですが、
その途中で、伯母が亡くなったと、
連絡を受けました。
最期に会うことが出来なかったのが
非常に悔やまれますが、
大正9年生まれ、満88歳で、
自宅で老衰。
という死でしたので、
幸せな最期だったのでしょう。


教師一筋、でやってきて、
とても厳しくて、頑固で、
久しぶりに会っても、なにか一言、二言は、
まず間違いなくオコゴトを下さるような方でしたので、
小さい時には、ちょっと得意ではない伯母でした。
でも、少しからだが弱ってくると
強かった頃の伯母を懐かしく感じたり…。
伯母に対して、身勝手に甘えていた。
ということを痛感しました。
そうそう、
随分可愛がってもらっていたんです。


朝礼で、部員の一人ひとりが
簡単なスピーチをするのが、週はじめの恒例になっています。


今朝。


私の当番でした。


仕事を進める上では、何より“コミュニケーション”が大切。
と言う話をしました。
上手くいかない仕事を振り返ると、
必ず、ディスコミュニケーションがあります。
その多くは、
自己主張が先に立って、権利を主張しすぎたり、
他者に向かっては、義務を押し付けたり、
相手の落ち度を追及する。
ってことが往々にしてあると思います。


方や、良い仕事を進めているときっていうのは、
そこに参加している人に対して、
そこに参加してること自体に対して、
感謝する気持ちがある。
と言えそうです。
その上で、お互いのインスピレーションを刺激しあったり、
イマジネーションの相乗効果が生まれたりするものです。


明日。


気持ちよく、会話が出来ること。
良い気が流れていること。
共感の土壌の上で、笑顔でいられること。
そして、
感謝の気持ちを忘れないこと。


仕事の上だけではなく、
さまざまなコミュニケーションにおいて、
刺激的で、快適で、良好であるように願ってやみません。
合掌。


Presented by“すみ”

串カツテーマパーク

%E2%97%8F%E6%96%B0%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%83%BB%E9%A2%A8%E6%99%AF.JPG


こんにちは、大坂一郎です。
大阪支店の「関西のプレスリー」さんから、街の表情が送られてきたので紹介します。


”新世界 串カツ・テーマパーク


大阪・天王寺の通天閣と、その周りの新世界は 祭日・土曜・日曜日には大変賑わっています。
新世界は串カツで有名で、たくさんの店が軒を並べて繁盛しています。
値段も、味も、大きさも違い、長い行列がある店と席がいつも空いている店など様々です。
その様は、串カツのテーマパークと言える食の商店街です。


串カツは、ソースの一度づけ厳守で、関西では有名です。
新世界から、関東にチェーン展開している店もあると聞いています。


回顧調の食のテーマパークは、最近多くつくられ繁盛しているときいています。
・・・・新世界の串カツのテーマパークは“本物”です。
古びた様は、回顧調にエージングしているのではなく、本当に古びて、はげおちて、錆ていていたりしています。ほとんどの店は、古くからこの新世界で営んできた、歴史を背負った串カツ屋なのです。


この新世界も、一時は寂れかけた時期もありました。
今のこの繁栄は、ビリケンさんの存在を無視できません。
新世界は戦前より存在しており、戦時中に通天額が取り壊しになり1956年に再建されたのですが、ビリケンさんはそのとき行方不明になっていました。
 
そのビリケンさんも、1980年頃に復活して通天閣に戻りました。
徐々にビリケンさんの知名度も上がり、今では展望台のビリケンさん目当てに通天閣入口には、30分以上の行列ができるぐらいです。


通天閣は大阪のシンボルですが、そこに住んでいるビリケンさんは、幸せを呼び込む神であり、
通天閣そして新世界のシンボルで、商売繁盛をもたらす神でもあります。


レポート筆者:関西のプレスリー”


「関西のプレスリー」さんは「町のポップアート」収集が趣味だそうです。

%E2%97%8F%E6%96%B0%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%83%BB%E5%95%86%E5%BA%97%E8%A1%97.jpg

%E2%97%8F%E6%96%B0%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%83%BB%E4%B8%B2%E3%82%AB%E3%83%84%E8%A1%97.jpg

%E2%97%8F%E6%96%B0%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%83%BB%E8%A1%97%E8%A7%92.JPG

第11回文化庁メディア芸術祭協賛展 「先端技術ショーケース’08」

第11回文化庁メディア芸術祭協賛展 「先端技術ショーケース’08」-未来のアート表現のために?が
2008年2月6日から17日(12日休館)まで、国立新美術館(東京・六本木)にて開催されています。 
  
今年のテーマは「MORE COMMUNICATION!」。 
人と人とのコミュニケーションを手助けしたり、また、コミュニケーションの新しい形を可能にする。 
そんな技術を中心に研究者とアーティストの先端的な試みに触れることができます。 
詳しくは、以下の第11回文化庁メディア芸術祭協賛展「先端技術ショーケース’08」-未来のアート表現のために?関連サイトまで。 
 
第11回文化庁メディア芸術プラザ
独立行政法人 科学技術振興機構 
 
アシスタントKでした。 
 
ムラヤマは「先端技術ショーケース’08」の企画・制作・運営のお手伝いをしております。 
実績紹介では、弊社の展示会におけるさまざまなプロジェクト実績をご紹介しております。 

一期一会

utage1.JPG


こんにちは、大坂一郎です。


1月末の休日、大学時代の友人に
上賀茂にある
知人の木工芸作家さんが炉やカウンターを制作したという店に連れて行ってもらいました。

古民家を建築家がディレクターとして改装、家具なども店のコンセプトや佇まいに合う個性の作家を
セレクトしてオーダーメイドしたそうです。


まず作家ありきという姿勢が格好よいですな。


食前に、待合でのゆず酒のふるまい・・・・・・寒い中歩いてきた身にはうれしいです。
見たことも食べたこともないような御料理、そして友人達とのしょうもない会話。

料理が出されるたびに、カウンターに並んだ男たちが
「では、写真なぞをば。」
と一斉にデジカメで撮影をはじめてしまう様は、芸大生のときのまんま。

食後には、また待合で抹茶のもてなし。


友人は3時間も電話し続けて予約を取ってくれたそうです。


じつに一期一会なひとときでした。


utage2.JPG

Creator's Eye

カテゴリー

エントリー

バックナンバー

ライター紹介

  • ウェブマスター麻生
    • ・・・広報の視点で最新事例の紹介や会社リリース記事などを担当します。
  • 北海道産のフラヌール
    • ・・・好奇心のままさすらい、面白いものを見つけたらお知らせします。
  • 採用担当者なべ
    • ・・・人も会社も面白い事たくさん!働いて、見て聞いて考えて、色々書いてみます。
  • すみ
    • ・・・空間にまつわるヒト・モノ・コトについて、すみからすみまでお伝えします。
  • SWC
    • ・・・元空間デザイナーのフォトグラファーが、ワイドな視点で書き綴るフォトレポート、フォトエッセイ、フォトテクニックetc.
  • マーガレットあん
    • ・・・趣味は人間観察、日常に埋もれる小ネタを求めて日々奔走。楽しい話しお伝えしたいです。
  • 大坂一郎
    • ・・・おもに上方の日常の中から、いろいろとお伝えしたいと思います。

Copyright