Creator's Eye 社員発信! できたて情報! よもやま話 むらやま話・・・

« JCBホール内覧会に行ってきました。 | メイン | MURAYAMA Shanghai 開業! »

あなたに会えて、目が嬉しい。

何回かのスペイン出張に行くうちに、
すこしづつ、本質的な意味での
日本とスペインの違いとか、
日本の素晴らしいところなどが、
わかるようになってきました。


以前は、ヨーロッパは素晴らしくて、
日本は劣ってる。
なんて思った時期もありましたが、
なんのその!
日本も素晴らしいです!


たとえば、
湯船から、ざぁっと湯をあふれさせて入る風呂。
風呂に入るプロセス。
入った時の爽快さ。
水に対する考え方そのもの。
瑣末で、極端な一例ですが、
これは、実は素晴らしいことです。


3月になって、再びスペインに行ってきました。
ざあっと湯を溢れさせて、入る風呂は無理にしても、
前回のように、ジャグジーの付いてる風呂に入れるだろうと思いきや、
あれあれ。
シャワーブースしか付いてない部屋での滞在でした。


1H-ESC2.jpg


以前の部屋と比べると、半分位の広さでしょうか?


いつもお願いしている通訳さんと、イタリアンを食べながら、
スペイン語と、日本語について話しました。
天気のことも、時間のことも同じ“tiempo”と言う言葉を
使うことについて、とか。
スペイン語って”韻を踏むのが好き”なのではないか?
などといった話をしました。


通訳さんはというと、
「日本語って”可愛い表現”が多い!」とのこと。
あらあら。
もしもし。
ぼちぼち。
などなど。笑)


でも、スペイン語だって、
Asi asi(ぼちぼち)
Vaya vaya(やれやれ)
Si si(はいはい)
Vale vale(了解了解)
なんて、あるじゃあないですか?。
Poco a poco(すこしづつ)
なんて、とても可愛らしい言い回しですよね。
などと、話したのです。


ペキェーニョ(小さな)スペイン語教室の最後に、
会ったときの挨拶で、とても“詩的な表現”
というのを教えてもらいました。
Dichosos los ojos.
あなたに会えて、目が嬉しい。
といった意味。
う?ん、詩的でかつ、素敵。


あ?、やっぱり韻を踏んでるじゃあないですか!
というと、複数形だから。とのこと。笑)


結局。
“その国のイメージ”のようなものを
各人が、コトバのなかでも感じ取って、
増殖・発酵させている。
結局は、言葉にしても、何にしても、
解釈と言うのは、係わる人間の数だけある。
人間は、見たいものを見。
信じたいものを、信じる。
ってことのようですね。


結論。
日本語も、スペイン語も、
かわいいし、韻を踏む。
…ことがある。


Presented by“すみ”

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




Creator's Eye

カテゴリー

エントリー

バックナンバー

ライター紹介

  • ウェブマスター麻生
    • ・・・広報の視点で最新事例の紹介や会社リリース記事などを担当します。
  • 北海道産のフラヌール
    • ・・・好奇心のままさすらい、面白いものを見つけたらお知らせします。
  • 採用担当者なべ
    • ・・・人も会社も面白い事たくさん!働いて、見て聞いて考えて、色々書いてみます。
  • すみ
    • ・・・空間にまつわるヒト・モノ・コトについて、すみからすみまでお伝えします。
  • SWC
    • ・・・元空間デザイナーのフォトグラファーが、ワイドな視点で書き綴るフォトレポート、フォトエッセイ、フォトテクニックetc.
  • マーガレットあん
    • ・・・趣味は人間観察、日常に埋もれる小ネタを求めて日々奔走。楽しい話しお伝えしたいです。
  • 大坂一郎
    • ・・・おもに上方の日常の中から、いろいろとお伝えしたいと思います。

Copyright