Creator's Eye 社員発信! できたて情報! よもやま話 むらやま話・・・

« 奥州のゆらぎ | メイン | 忙中姜あり? 忙中閑あり! »

学天則復活

こんにちは、大坂一郎です。

大阪支店が大阪市立科学館さんと一緒にすすめてきた「学天則復活プロジェクト」。
先日無事に報道公開の運びとなりました。

%E8%A8%98%E8%80%85%E4%BC%9A%E8%A6%8B.jpg

「学天則」とは昭和のはじめ頃に制作された「日本初のロボット」と呼ばれるものです。
これが大阪で制作されたということで、大阪市立科学館で復元することになり、弊社が
パートナーに選定されました。

当時の民間技術で、どのように自動制御されていたのか?
まずは少ない写真や文献の収集から仕事は始ります。
さすがは科学館の学芸員の先生、古書や参考になる写真などをいろんなところから
集めてきはりました。

「学天則」の動きは現代の目から見ると、素朴なものです。
しかし「彼」には際立った特徴があります。
それは、

・仕事をしない。
・思索する。

というロボットであるという点です。

この特徴のために、顔の原型製作や機構については学芸員の先生と夜になるまで討議
を続けたりしました。
そのかいもあり、「学天則」が「微笑む」のを見た時には、自分もなんとなく笑ってしまいます。

今回の復元では、耐久性を考慮して、

「全体像による動きの再現」(写真参照)
「当時のメカニズムの再現」

の二点セットでの復元になりました。
当時の新聞記事・出版物等を読み込み、内部機構が写っている不鮮明な写真とにらめっこを続け、検討を加え、想像をめぐらして「当時の民間技術による自動制御」装置もつくりました。
これは科学館がリニューアルオープンした時のお楽しみにしておきます。

7月の大阪市立科学館を楽しみにしていてください。
 
%E9%A1%94.jpg
 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




Creator's Eye

カテゴリー

エントリー

バックナンバー

ライター紹介

  • ウェブマスター麻生
    • ・・・広報の視点で最新事例の紹介や会社リリース記事などを担当します。
  • 北海道産のフラヌール
    • ・・・好奇心のままさすらい、面白いものを見つけたらお知らせします。
  • 採用担当者なべ
    • ・・・人も会社も面白い事たくさん!働いて、見て聞いて考えて、色々書いてみます。
  • すみ
    • ・・・空間にまつわるヒト・モノ・コトについて、すみからすみまでお伝えします。
  • SWC
    • ・・・元空間デザイナーのフォトグラファーが、ワイドな視点で書き綴るフォトレポート、フォトエッセイ、フォトテクニックetc.
  • マーガレットあん
    • ・・・趣味は人間観察、日常に埋もれる小ネタを求めて日々奔走。楽しい話しお伝えしたいです。
  • 大坂一郎
    • ・・・おもに上方の日常の中から、いろいろとお伝えしたいと思います。

Copyright