Creator's Eye 社員発信! できたて情報! よもやま話 むらやま話・・・

御縁

こんにちは、大坂一郎です。


先日お昼御飯を近所で食べていたら、隣で食事していた人が就職活動中の
学生さんでした。


はやいものだなぁと感じつつ、大阪支店のKITさんの思い出話を紹介します。

”「ムラヤマ=人生半分」
1970%E4%B8%87%E5%8D%9A_.jpg


私はムラヤマとの縁を感じつつ、ついに半生の半分を過ごしてしまいました。
あっという間でした。
気付くと新入社員の生まれ年が私の大卒年だったりします。


そんな時間を過ごせた縁は・・・。


大学院受験を失敗し、これからどうしようと考えていたとき、学生課から二件
の就職先を紹介されました。
そのうち一件の資料に、「1970年 万博」の文字が!

私にとって大阪万博は「図工」の先生でした。
未知の造形・素材がぎっしり詰まった、まるで巨大なおもちゃ箱だったのです。


会社名:ムラヤマ?・・・そのイベントに携わった会社・・・。


すぐその気になりました。
連絡を取ってもらうとすぐデザイン部のI部長さんが大学までお越しになり、面談
もそこそこに学内を新鮮そうに見学されました。
なんとI部長は大学での私の遠い先輩にあたる方でした!

今度は私から会社訪問。
迎えていただいたF部長とは文学の趣味に接点がありました!
エレベーターをふさごうかという巨漢のY課長、それまで出会ったことのない個性
のM係長をはじめ、個性豊かな社員の方々に迎えられ、気付くとそれこそ吸い込
まれるように入社してしまったのです。

これだけの縁(思いこみ?)が重なり、私はあてがわれたレールの上をすいすい
と走っていきました。
入社後の新鮮さもあせた頃、レンタルビデオ屋で偶然一本のビデオソフトを手に
しました。


「ケロヨンの自動車レース」。
ケロヨンといえば幼児期に、テレビや地元の公民館で楽しんだ劇団木馬座の看
板キャラクターでした。
そしてまた私はくるま好きでもあります。
忘れていたキャラクターとの再会。

その内容は、・・・60年代末の名車の数々が当時らしい展開の中で駆け回っており、
懐かしさと眠気とが心地よく私を包み込み・・・。気がつくとエンディングに。


「?!」私は目を疑いました。
「〜 舞台美術  村山装飾舞台株式会社 〜」 !!!
えぇ〜?、この作品の大道具をこの会社がぁ〜!

そのとき脳内画像に「釈迦の手の上の孫悟空」。幼児期から?
(ということは半生のほとんどぉ?)、私はこの会社に取り込まれています。”
%E3%82%B1%E3%83%AD%E3%83%A8%E3%83%B3.jpg

FINA男子水球ワールドリーグ アジア・オセアニア ラウンド開催中です!

東京体育館屋内プールで開催されている 
『FINA男子水球ワールドリーグ』に行ってきました。

毎年水球の世界一を決めるワールドリーグ。 
その大会の出場権を競う、予選ラウンドの一つです。 
アジア・オセアニア、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカの4つの地域に分かれて予選が行われ、 
イタリアで行われるスーパーファイナルへ出場できるのはわずか10チーム。 
アジア・オセアニア地域では、日本、中国、オーストラリア、ニュージーランド、イランの5カ国が総当りで戦い、上位2カ国がイタリアへの切符を手に入れることができます。 
 
080529.jpg
 
今回私は中国?オーストラリア戦に行ってきました。 
選手紹介の後に国歌が流れると、 
観ているこちらも気合いが入りました。 
試合は展開が早く、 
相手チームの選手の動きを封じる場面などはちょっと刺激的。 
たとえルールが全くわからなくても、 
ゴールの瞬間など豪快なシーンは、 
観ているだけでもストレスを発散できます。 
 
第一試合終了後、 
相手チームをチェックするのか、 
競技を終えた選手達が観戦席に上がってきました。 
やはり選手を目の前で見ると迫力がありました。 
もしかしたら、選手団と並んで観戦なんていうこともできるかもしれませんね。 
 
 

FINA男子水球ワールドリーグ アジア・オセアニア ラウンドは、 
6/1(日)まで東京体育館屋内プールにて開催されています。 
 
水球に馴染みのない方も、ぜひ会場にて、水球の醍醐味を味わってみてはいかがですか。 
詳しくはFINA男子水球ワールドリーグ アジア・オセアニア ラウンドweb-siteまで。 
アシスタントKでした。
 
ムラヤマは『FINA男子水球ワールドリーグ』会場装飾のお手伝いをさせていただいております。 
実績紹介では、この他スポーツイベント・式典の実績を紹介しています。 


 

「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2008」開催中です

080522expo2008.gif 

“Creator’s Eye”100本目の投稿として昨年ご紹介してから早一年。今年も5月21日(水)から23日(金)(開場10:00?閉場17:00)までパシフィコ横浜展示ホールにて「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2008」が開催されます。 
 
毎年“くるま”に関わる最新の製品と技術が出展され、技術情報の交換の場となっている「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展」。 燃費向上、CO2排出量削減の為の最新技術の展示や、国内外で活躍した四輪・二輪レーシングマシンの実車展示などもあり、見どころ満載です。

会期は明日23日までとなりますが、この機会に最新の製品技術に触れ、自動車技術者と意見交流をしてみませんか。詳しくは「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2008」web-siteまで。
アシスタントKでした。 
 
ムラヤマは「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2008」の主催者装飾工事やいくつかのブースなどをお手伝いしております。
実績紹介では、弊社の展示会におけるさまざまなプロジェクト実績をご紹介しております。

大阪名物・・・・・・

こんいちは、大坂一郎です。

「学天則」からのロボットつながりではないですが、
大阪支店の「大阪ジロー」氏からおたよりがあったので紹介します。


”7月8日、「大阪名物・・・・・」の閉店に伴い、あの人形が姿を消します。
さて、あの人形、
道頓堀のあの場所にあってこその「くいだおれ太郎」だと、個人的には思っています。


写真を見ていただくとおわかりのように(ケータイのカメラで撮った写真なので・・・・)
道頓堀は目立ってナンボみたいなノリで、看板・サインが非常に雑多です。
しかも、店や施設の入れ替わりサイクルが非常に早く、日々変化し続けているという感じです。


しかし、例の「かに」「ふぐ」「くいだおれ人形」はいつもの場所にあり続けています(私が物
心ついた頃からですが…)。
激しく変化し姿を変える道頓堀が、道頓堀であり続けている「記号」がそこにあるのです。
もし、この3つが全て無くなったら、そこは「道頓堀」という地名の「無秩序な街」になってしま
うのではないかなァ…と、考えています。


仕事でプランをするとき、その空間にあり続けている物を
「邪魔やしぃ、新しいモン提案しよっ!」とか
「汚いしぃ、きれいな空間作りたいから、捨ててまお」とか、よくある話ですよね。
けれども、そこにあってこそ意味のある物がやっぱりあるのではなかろうか?と、
今回の「くいだおれ」の事で感じた次第です。


この思い、これからの仕事につなげていかんとアカンよなぁ…
たかが人形、されど人形です。”


1.jpg

写真1:おなじみのネオンです。相変わらず節操がない風景です。でも好きです


2.jpg

写真2:道頓堀界隈の風景です。日々街の風景が変わるほど変化し続けています。


3.jpg

写真3:遅い時間にもかかわらず、囲まれています。人気モンです。


4.jpg

写真4:今日も「くいだおれ太郎」は、ファンキーでご機嫌なダンスを道行く人たちに披露し続けています。

『ファーブル昆虫記の世界』をみにいきました。

080517.jpg

マーガレットあんからの虫つながりということで…。 

三月に季節が逆戻りしたようなある日、世田谷文学館にて開催されている企画展『ファーブル昆虫記の世界』をみにいきました。 
【会期:2008年4月19日(土)?6月8日(日)・午前10時?午後6時(入館は5時30分まで)】

Creator's Eyeにはもう何度か登場している世田谷文学館には、世田谷ゆかりの作家の原稿や書簡などが集められ、今回のような企画展や文学サロンでの講演会、コンサート、朗読会、映画上映も合わせて、生きた文学が感じられる場所になっています。
 
さて、今回の企画展『ファーブル昆虫記の世界』。 
ファーブル直筆の論文や関連の写真など、昆虫記の世界が約200点展示されています。
自筆草稿や研究ノートなどもあったのですが、紙を惜しむかのようなファーブルの筆跡の細やかさに驚きました。 
また、ファーブルの息子が撮ったという写真も素晴らしく、ネイチャーフォトグラフの先駆けと言われているそうです。 しかし、精密すぎる虫達の絵には感動したり、背筋が寒くなったり・・・。 
 
一階にあるティールームでは企画展に合わせたメニューもあり、味覚でもファーブルの世界を堪能!?しました。(この日はちょうど養老孟司先生の講演会があり、受講することはできませんでしたが、ちらっとお姿を見て何だか少し得した気分にもなりました。)
 
ファーブル昆虫記を読み、小さな虫の大きな秘密にわくわくされた方もきっと多いと思います。
子供から大人まで楽しめる企画展『ファーブル昆虫記の世界』をぜひみにいかれてはいかがですか。
  
詳しくは『ファーブル昆虫記の世界』web-siteまで。 
アシスタントKでした。
 
ムラヤマは企画展『ファーブル昆虫記の世界』の展示工事をお手伝いしております。
実績紹介では、弊社のミュージアムにおけるさまざまなプロジェクト実績をご紹介しております。

熱いぞ!!科博

・・科博・・・
ご存知でしょうか?


yes「国立科学博物館」の事です。
所は東京上野、薩摩の西郷ドンもおわす上野公園に在ります。


身近にありながら知らない所って結構ありますよね。
そんな内の一つが何のお導きか・・知ってしまったその日から恋の花咲く、ラブ&ぴーす
 がが、画面の前にいるお方、もぅ少しのご辛抱を。。


私が初めて科博を訪れたのは去年の秋でした。
次の予定まで空き時間があり、上野に居たので美術館でも行こうかと思ったのですが
1時間程しか見られないのは勿体無いなぁ?とブラブラしていたら、科博の前を通ったのです。
今思うと呼ばれたんですかね。。。一体ぃ誰に??


ま、入場料600円だし、いっかぁーと軽い気持ちで入場しましたら、、
そこは魅惑のミステリーゾーン!!
何に驚いたかってまず、広???いんですよ。後から知ったんですが、
日本館が地下1階地上3階・地球館は地下3階地上3階とおまけに屋上まであるんです。
広すぎて初回はその全貌を見ることすら叶わず。


入場してすぐは日本館。この日本館、展示品もですが建物の美しさに目を奪われます
『昭和5年完成。ネオルネサンス様式を基調とした建物で飛行機型のデザイン』(パンフレットより)
だそうです。詳しい事は判りませんが、中央部分が吹き抜けのホールになっており
階段や手すり、ステンドグラス越しの採光など、古くて新しい香りが満ちています。


肝心の展示内容ですが、正直書きつくせない程に充実しています。
地球館が「地球生命史と人類」、日本館が「日本列島の自然と私たち」
というテーマで生き物から宇宙・日本の生い立ちや科学・・etc
これでもかぁ?と惜しみなく素晴らしい展示物が整然と居並んでいます。


ちなみに私がグッッときたのは、昆虫達でした。その美しい色・形に目が黄金虫張りになりました。
小さいながら懸命に生きてきた姿に心打たれます。
ゴキブリも虫ピンにささり展示されていました・・・ちょっと後ずさり。


虫が苦手な方もご安心下さい。探そうったって簡単には探せないのが、科博!!
是非一度行ってみて下さい。6/22まで特別展(別料金)「ダーウィン展」開催中です。


身近なようで知らない日本の事。地球という星
触れてみるには600円と歩きなれた靴が必要デス


久々登場、マーガレットあんでした。

忙中姜あり? 忙中閑あり!

忙中姜あり。


スペインの現場に、少し前から姜さんが監理として入っています。


滞在した時に朝食で食べた、姜さんの作ったキムチ!
美味しかったです。
忙中姜さんあり。キムチ作る閑だけは完璧に守る。
といった感じでしょうか。
次回も、是非食べさせてくださいね!!


現場は、いよいよ佳境を迎えつつあります。


忙中閑あり。
の中、いつもスペインでお世話になっている
ラーメン好きの通訳さんと現場に向かう途中話しました。


日本語と言うのは、
ニンゲンにとって最も
「合理的で感覚的にマッチする言語」
というのが、彼の持論です。


人間が持つ感情や、その場の状況を、
もっとも合理的に、コンセプチュアルに
表現できる言語が、日本語である。
ということです。
このときに、ちょっと面白いのが、
合理的であるということと、
感覚的であるということは、
相反する概念ではなく、
むしろ同じ文脈の中にある。
というところに“も”あると思いました。


スペイン人である彼が、
日本のことを本当に良く知っている。ということと、
それ以前に、日本のこと本当に好きなんだなぁ。
というところが“まず”面白いんですけれどね。


感覚的に訴求する文字。という意味では、
東巴(トンパ)文字なんてのも
面白いんでしょうけどね。
ひらったくいうと、絵的。


そうそう。
絵的。


といえば、先週の出張で泊まった部屋も、
妹尾河童さん風、間取り俯瞰の図。
1点透視で、借りていた部屋をスケッチ。
してみました。


2G%C2%A5ESC2.jpg


前回。
前々回。に引き続いて、
SUITES APARTAMENTOS
'LOS GIRASOLES'
Habitacion No“2G-ESC2”


一人で滞在するには、
もっとも手ごろで、快適なサイズかも知れません。
なんてったって、前回のようなシャワーのみではなく、
con Una banera
浴槽(ジェットバス)付きですから!


忙しくてっも、心を亡くさないで、
キムチを作ったり。
スケッチしたり。
といった閑を大事にしたいものです。


Presented by“すみ”

Creator's Eye

カテゴリー

エントリー

バックナンバー

ライター紹介

  • ウェブマスター麻生
    • ・・・広報の視点で最新事例の紹介や会社リリース記事などを担当します。
  • 北海道産のフラヌール
    • ・・・好奇心のままさすらい、面白いものを見つけたらお知らせします。
  • 採用担当者なべ
    • ・・・人も会社も面白い事たくさん!働いて、見て聞いて考えて、色々書いてみます。
  • すみ
    • ・・・空間にまつわるヒト・モノ・コトについて、すみからすみまでお伝えします。
  • SWC
    • ・・・元空間デザイナーのフォトグラファーが、ワイドな視点で書き綴るフォトレポート、フォトエッセイ、フォトテクニックetc.
  • マーガレットあん
    • ・・・趣味は人間観察、日常に埋もれる小ネタを求めて日々奔走。楽しい話しお伝えしたいです。
  • 大坂一郎
    • ・・・おもに上方の日常の中から、いろいろとお伝えしたいと思います。

Copyright