Creator's Eye 社員発信! できたて情報! よもやま話 むらやま話・・・

« 忙中姜あり? 忙中閑あり! | メイン | 『ファーブル昆虫記の世界』をみにいきました。 »

熱いぞ!!科博

・・科博・・・
ご存知でしょうか?


yes「国立科学博物館」の事です。
所は東京上野、薩摩の西郷ドンもおわす上野公園に在ります。


身近にありながら知らない所って結構ありますよね。
そんな内の一つが何のお導きか・・知ってしまったその日から恋の花咲く、ラブ&ぴーす
 がが、画面の前にいるお方、もぅ少しのご辛抱を。。


私が初めて科博を訪れたのは去年の秋でした。
次の予定まで空き時間があり、上野に居たので美術館でも行こうかと思ったのですが
1時間程しか見られないのは勿体無いなぁ?とブラブラしていたら、科博の前を通ったのです。
今思うと呼ばれたんですかね。。。一体ぃ誰に??


ま、入場料600円だし、いっかぁーと軽い気持ちで入場しましたら、、
そこは魅惑のミステリーゾーン!!
何に驚いたかってまず、広???いんですよ。後から知ったんですが、
日本館が地下1階地上3階・地球館は地下3階地上3階とおまけに屋上まであるんです。
広すぎて初回はその全貌を見ることすら叶わず。


入場してすぐは日本館。この日本館、展示品もですが建物の美しさに目を奪われます
『昭和5年完成。ネオルネサンス様式を基調とした建物で飛行機型のデザイン』(パンフレットより)
だそうです。詳しい事は判りませんが、中央部分が吹き抜けのホールになっており
階段や手すり、ステンドグラス越しの採光など、古くて新しい香りが満ちています。


肝心の展示内容ですが、正直書きつくせない程に充実しています。
地球館が「地球生命史と人類」、日本館が「日本列島の自然と私たち」
というテーマで生き物から宇宙・日本の生い立ちや科学・・etc
これでもかぁ?と惜しみなく素晴らしい展示物が整然と居並んでいます。


ちなみに私がグッッときたのは、昆虫達でした。その美しい色・形に目が黄金虫張りになりました。
小さいながら懸命に生きてきた姿に心打たれます。
ゴキブリも虫ピンにささり展示されていました・・・ちょっと後ずさり。


虫が苦手な方もご安心下さい。探そうったって簡単には探せないのが、科博!!
是非一度行ってみて下さい。6/22まで特別展(別料金)「ダーウィン展」開催中です。


身近なようで知らない日本の事。地球という星
触れてみるには600円と歩きなれた靴が必要デス


久々登場、マーガレットあんでした。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




Creator's Eye

カテゴリー

エントリー

バックナンバー

ライター紹介

  • ウェブマスター麻生
    • ・・・広報の視点で最新事例の紹介や会社リリース記事などを担当します。
  • 北海道産のフラヌール
    • ・・・好奇心のままさすらい、面白いものを見つけたらお知らせします。
  • 採用担当者なべ
    • ・・・人も会社も面白い事たくさん!働いて、見て聞いて考えて、色々書いてみます。
  • すみ
    • ・・・空間にまつわるヒト・モノ・コトについて、すみからすみまでお伝えします。
  • SWC
    • ・・・元空間デザイナーのフォトグラファーが、ワイドな視点で書き綴るフォトレポート、フォトエッセイ、フォトテクニックetc.
  • マーガレットあん
    • ・・・趣味は人間観察、日常に埋もれる小ネタを求めて日々奔走。楽しい話しお伝えしたいです。
  • 大坂一郎
    • ・・・おもに上方の日常の中から、いろいろとお伝えしたいと思います。

Copyright