Creator's Eye 社員発信! できたて情報! よもやま話 むらやま話・・・

« スペインのサラゴサと言う街で、EXPO ZARAGOZA 2008が、オープンしました。 | メイン | リニューアルオープン!!大阪市立科学館 »

和をもって尊しとする国の人が、スペインで仕事をするということ。

前回のエントリーで、触れましたが、海外の協力会社による施工物件。
というのが、今までの業務と一番違うところです。
クライアントは日本人なので、計画及び基本設計までは、
国内で行いました。
で、スペイン国内法規対応、施工方法調整、素材選定、
実施予算調整とバリューエンジニアリング。
などなどを含めた実施設計フェーズから、
スペインのゼネコンと協働作業となります。


そうなるだろうとは、当初からイメージしてはいても、
イメージ以上に大きなギャップだったのが、
ある種の「日本との距離」。


そういった意味で、この物件のテーマは、
コミュニケーションにあった。
といっても良いかも知れません。


さまざまな調整先。
多層構造の顧客。
現地の建設・展示会社やプロバイダー。
レストラン出店者。
お茶の供給先。
現地でお世話になった通訳の方。
サラゴサの地元の方々。
博覧会公社。
日本人、スペイン人共に、多くの人とのコミュニケーションを
行うことが、仕事の大半を占めると言う状況。
と、いっても過言ではありません。


2名の大学の同窓生と、この物件で奇しくもご一緒する機会を得た。
ということも、結果的に面白いコミュニケーションの表れ。
と言えるかも知れません。


その中で、一番印象的だったのが、関係性における”対立”の概念。
丁度、私が感じたことを村上龍さんがエッセイの中で書かれていたので、
抜粋してみましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アメリカと、西ヨーロッパ先進国に於いては、
個人でも、国家でも、関係性の基本は“対立”にあるといわれる。
日本社会で“対立”とは、喧嘩とか仲違いと誤解されやすい。

“対立”が関係性のベースという意味は、
私とあなたは違う人間だから、意見の違いがあるのが当たり前だ。
と、いうことで、別に喧嘩腰になることではない。

日本社会では、集団内における個人の均一性が重要視され、
個人は集団に溶け込むことを要求されるところがあるので、
関係性における“対立”という概念が希薄だ。

本当は、人間は誰とでも基本的に“対立”していて、
利害が一致するときに、仲良くなったり、
グループを作ったりするだけなのだが
日本社会では、“対立”があると、それだけで問題となりがちだ。

      村上龍「ハバナ・モード?すべての男は消耗品である。Vol.8?」より抜粋
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

レストランで、食事をする時とか、
観光地を回る時って言うのは、
“対立”という関係性は、勿論ないのですが、
ビジネスの面になると、この概念がとたんに顕れてきます。


ニコニコと友好的でありながらの、基本的には“対立”の関係。


概念の話というのは、なかなか
上手く伝わらないかも知れませんので、
コトバをもう少し重ねさせていただきます。
日本で、“対立”というと、お互い背を向けて、
プイッと“拒絶”する感じですが、
向こうの“対立”は、しっかり向き合って、
“よし、お互い歩み寄れるか話してみようよ”という感じです。


コロンビア系スペイン人の清掃のお姉さんたちは、
こちらが、スペイン語を少しでも話して、
彼女たちの話を、一所懸命聞けば、
それだけで、途端にフランクになってくれました。
最後には「愛しい人の言うことなら、聞くわ?。」
と、言いながら、かなり丁寧な仕事をしてくれました。


帰国してから、暫くイタリアにいたことのある方にこの話をすると、
「今、イタリアは口頭試問による卒業試験。
彼らは、試験官に繰り返しperche?なぜ?を繰り返されます。
だけど、彼らはそれを、意地悪と捉えるのではなく、
その“対立”を如何に楽しみ、周りの拍手をさらうことが出来るか?
に注力します。
そのperche?(何故?)に対する、
Perche.(何故なら。)に答え、挑む中で、
自分のidentityを再認識するのです。
自分のidentityの認識があってはじめて、
“対立”を拒否するのではなく、
他を尊重する気持ちが育まれるのです。」
というお話を聞きました。


また、別の暫くアメリカにいたことのある方の話では、
「私が知っているアメリカ人夫婦の会話の8割が、
I don’t think so,から始まるんです。
私は、そうは思わないけれど、というやはり“対立”
を認めた上での会話、ということなのです。
『解りあう』というか、『違うことを認識すること』
で、相手が大切で、かけがえの無いものであることに気付き、
優しくもなれるんじゃあないだろうか?」
というお話でした。


以前記事に書いた、「同感」と「共感」にも通ずる
彼の地と日本の概念の違いは、かなり根の深いもの。
なのだなぁ?と、思ったのでした。


Presented by“すみ”

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




Creator's Eye

カテゴリー

エントリー

バックナンバー

ライター紹介

  • ウェブマスター麻生
    • ・・・広報の視点で最新事例の紹介や会社リリース記事などを担当します。
  • 北海道産のフラヌール
    • ・・・好奇心のままさすらい、面白いものを見つけたらお知らせします。
  • 採用担当者なべ
    • ・・・人も会社も面白い事たくさん!働いて、見て聞いて考えて、色々書いてみます。
  • すみ
    • ・・・空間にまつわるヒト・モノ・コトについて、すみからすみまでお伝えします。
  • SWC
    • ・・・元空間デザイナーのフォトグラファーが、ワイドな視点で書き綴るフォトレポート、フォトエッセイ、フォトテクニックetc.
  • マーガレットあん
    • ・・・趣味は人間観察、日常に埋もれる小ネタを求めて日々奔走。楽しい話しお伝えしたいです。
  • 大坂一郎
    • ・・・おもに上方の日常の中から、いろいろとお伝えしたいと思います。

Copyright