Creator's Eye 社員発信! できたて情報! よもやま話 むらやま話・・・

« スペイン国内、5時間以上かけて列車に揺られた一人旅で思ったこと。 | メイン | 帰国の朝、ホテルから空港に向かう途中。 »

? 秋を楽しむ ?

こんにちは、大坂一郎です。
大阪支店の「chain」さんから、愉快な西国道中記がとどいたので、紹介しましょう。


”今年の季節の変り目が急にやってきて、夏から秋へと流れていました。
さて、9・10月は連休もあり、どう休日を楽しもうかとカレンダーとにらめっこ。


先立っていくつか予定は入っているものの、旅行を計画。
9月14?15日、1泊2日の旅行-行先は、山口県 萩。

家族がどうしてもSLに乗りたいとのご要望で萩になったのですが…、
旅行シーズンでSLの切符が取れなく…(急だったので(汗))、山口県観光となりました。


出発 新神戸駅7時。
大変いい天気でよかったのですが、物凄く朝早い。(朝だめなんです。(+_+))


DSCF1.jpg

あっという間に、新山口駅に着きました。駅はさすが3連休ということで、
観光客多かったです。
私たちは、バスで山口県内を観光ということで、バス待ち…。


10時発の『おいでませ山口号』でまずは、山口市内の“瑠璃光寺五重塔”へ。
おいでませ山口号http://www.oidemaseyg.com/index.html


瑠璃光寺に向かう途中、こんな出来事が!!
DSCF2.jpg

なんと、SLが並走したんです。真横にSLが走り抜けていくんですよ? 乗りたかったなぁ??


そんなこんなで、瑠璃光寺に到着。


DSCF3.jpg


高さ31.2mの五重塔。どこか京都ににている風景でビックリ。
国宝らしく、立派な五重塔でした。


瑠璃光寺を後にして、次は常栄寺・雪舟庭へ。ここは、画僧・雪舟が、築庭した庭園らしく、
大変お庭が美しいです。


拝観後、ここで昼食。昼食を取ったお店の方が、※1絵葉書プレゼントしてくれました。


DSCF4%E7%B5%B5%E8%91%89%E6%9B%B8.jpg
※1:ちょっとしたおみやげ、嬉しいです。


昼食後、秋吉台カルストロードへ。
(秋吉台カルストロードとは、秋吉台を縦断する11kmの県道32号線のことです。)


ここは、石灰岩などの水に溶解しやすい岩石が、雨水などによって溶食されてできた
地形の場所で、カルスト地形といわれています。

DSCF5.jpg
バスはたくさんの岩石が山に刺さっているところを抜けていきます。

展望台から秋吉台が一望できます。
DSCF6.jpg
(ここの茶店では、本物の夏ミカンソフトクリームが売られてます。本物のとは、
夏ミカンの果汁がシッカリ入っているということ!他はみんな果汁が偽物らしい。
←食べましたよ。確かに美味しい?)


バスは展望台をUターンして、秋芳洞へ。


秋芳洞は、秋吉台の地下100m、その南麓に開口する東洋屈指の大鍾乳洞です。
秋吉台の上からエレベータで100mおります。降りると、ひやっとした空気で真っ暗。
足場は濡れていて、前見えない感じです。


少ししたら目も慣れてきて、いざ洞窟探検。


人の通る道幅は、約2.5mぐらいしかなくて、人がひとり行きかうので精一杯。
連休ということで、洞窟の中人でいっぱいでした。
ガイドさんが、「いつもならガラガラで余り人とすれ違わないのに?」って言ってました。
それぐらいこの日は、人の行き来があり、洞窟の中はえらいことになってましたよ。”
DSCF7.jpg


?つづく(たぶん)?

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




Creator's Eye

カテゴリー

エントリー

バックナンバー

ライター紹介

  • ウェブマスター麻生
    • ・・・広報の視点で最新事例の紹介や会社リリース記事などを担当します。
  • 北海道産のフラヌール
    • ・・・好奇心のままさすらい、面白いものを見つけたらお知らせします。
  • 採用担当者なべ
    • ・・・人も会社も面白い事たくさん!働いて、見て聞いて考えて、色々書いてみます。
  • すみ
    • ・・・空間にまつわるヒト・モノ・コトについて、すみからすみまでお伝えします。
  • SWC
    • ・・・元空間デザイナーのフォトグラファーが、ワイドな視点で書き綴るフォトレポート、フォトエッセイ、フォトテクニックetc.
  • マーガレットあん
    • ・・・趣味は人間観察、日常に埋もれる小ネタを求めて日々奔走。楽しい話しお伝えしたいです。
  • 大坂一郎
    • ・・・おもに上方の日常の中から、いろいろとお伝えしたいと思います。

Copyright