Creator's Eye 社員発信! できたて情報! よもやま話 むらやま話・・・

« 「春の薫り」または「就職活動の記憶」 | メイン | ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2009に協賛しています。 »

自分が優しくないことに気づいてしまった。

年頭に、今年のテーマは「優しくなること」
と、決めたのですが、
これは裏を返せば、自分が優しくないことに気づいてしまった。
ってことでもあるわけです。(笑)


私の配属されているクリエイティブ本部では、
毎週、週の始まりに朝礼をします。
部員が、持ち回りで司会をし、
最近、気になってることなどをスピーチし、
そのテーマについて1人にコメントを求める。
ということをするのですが、
彼女のテーマが、「今年の抱負」についてで、
求められたコメントは、
「すみさんのデスクの上はいつもきれいですが、
なにかそこに、コンセプトや念頭はあるのですか?」
というものでした。


優しくしよう。
と思う前の私であれば、
「快適な空間とか、いごこちのよい空間をデザインしよう。
って人が、たかだか2?程度の自分のデスク周りを
コントロールできなくて、空間デザインなんて出来ないでしょ」
位のことは、言っていたはずです。(笑)
だけど、
「快適でありたいので、快適な状況を作っているのです。」
と言うに留めました。


優しいこと。
っていうのは、許容すること。
かも知れないと思いつつある。その表れです。
自分の場合は、身の回りがさっぱり、きれいで、
基本的に何も無い。
何かするためのスペースが十分確保されている。
ということが、快適であることです。
また、そういう状態ににコントロールするのが
美徳であると思っています。


しかし、人それそれの快適さには、
違うベクトルもあるかもしれない。
いや、きっと、あるだろう。と認めること。
さらに、人の価値観をむげにしないこと。
尊重すること。
自分の価値観を押し付けないこと。
自分の思い通りにはなかなか行かないけど、
それは、他の人が、自分とは違う考え方をしてるから。
と、正しく認識すること。


自分のモノサシだけではなくって、
ひとのモノサシも見てみよう。
そして、自分の幅を広げるのだ。
というのが、私の言う「優しくなること」の効果。
なのかもしれません。


Presented by“すみ”

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




Creator's Eye

カテゴリー

エントリー

バックナンバー

ライター紹介

  • ウェブマスター麻生
    • ・・・広報の視点で最新事例の紹介や会社リリース記事などを担当します。
  • 北海道産のフラヌール
    • ・・・好奇心のままさすらい、面白いものを見つけたらお知らせします。
  • 採用担当者なべ
    • ・・・人も会社も面白い事たくさん!働いて、見て聞いて考えて、色々書いてみます。
  • すみ
    • ・・・空間にまつわるヒト・モノ・コトについて、すみからすみまでお伝えします。
  • SWC
    • ・・・元空間デザイナーのフォトグラファーが、ワイドな視点で書き綴るフォトレポート、フォトエッセイ、フォトテクニックetc.
  • マーガレットあん
    • ・・・趣味は人間観察、日常に埋もれる小ネタを求めて日々奔走。楽しい話しお伝えしたいです。
  • 大坂一郎
    • ・・・おもに上方の日常の中から、いろいろとお伝えしたいと思います。

Copyright