Creator's Eye 社員発信! できたて情報! よもやま話 むらやま話・・・

フルーツ味の粽(ちまき)

「ちばへ行かない」と誘われ???
ここは上海、上海にも「千葉」があるのか?よく効けば七宝(チーバオ)でした。


上海のSOHO田子坊(ディンズーファン)からタクシーで20?30分、50元もかからない距離で北宋時代の町並みにタイムスリップできます。


郊外にたくさんある古い町並み(古そうにつくっているものもある)の中でとても近く行きやすく、食べ物を扱う店が圧倒的に多い場所です。


その中で今回の初体験は、本当はタイのお菓子らしいですが、サトウキビの茎にフルーツ味のもち米を詰めて蒸したお菓子。甘納豆入りの甘い赤飯を食べる習慣がある北海道人には不思議だけどいけるお味です。もし、七宝へ行かれたらお試しください。

Shang12_126.JPG

■町の入口

Shang12_114.JPG


Shang12_118.JPG

■これはオレンジ味、ミックス味もあるそうです。

Shang12_122.JPG

2010年1月10日七宝からのレポートでした。

東京スカイツリーは今280m

1/23(土)押上で「東京スカイツリー」をみてきました。


都営浅草線の押上駅から地上へ出るとまず、工事フェンスの間からタワーの胴体あたりが見えてきます。網の目状の構造体は微妙に青みがかった白、日本の伝統色「藍白(あいじろ)」という色合いだということ。


完成すると最上部の高さは634mになるそうで、この日(2010年1月23日)で半分に少し足りない280mくらいまで出来ています。それでもさすがに高い。天気が良かったこともあり見物の人たちがカメラや携帯で写真を撮りまくっていました。


見る角度のせいかもしれませんが少しねじれて見えました。下の方は断面が三角形で上に行くにしたがい丸くなる構造の関係?
タワーのアウトラインの微妙な変化は日本刀の「そり」と、平安時代の寺院建築が持つ中央の緩やかなふくらみである「むくり」らしい、初めて聞く日本語。


最近元気のない日本でも、ぐんぐん空に向かって伸びている様子を見ると少し元気をもらえる気がするのは私だけでしょうか。


skytree.JPG


公式HP
http://www.tokyo-skytree.jp

ライブ映像カメラ
http://www.geocities.jp/dokidoki_baikin_eiji/index.html

久々フラヌールがお伝えしました。

シビアな経済状況が続いておりますが。

「100年に一度の大不況」と言われるほど、
経済が低迷している今だからこそ!!
の知恵が必要である。
と言われています。


社内でも、いろいろとアイデアを出しているのですが、
・マス対応ではなく、パーソナル対応!
・大量生産型ではなく、オリジナリティやデザイン性が必要!
・“ならでは”が大きなチャームポイントに!
・作り手はユーザーにしっかり寄り添った考え方が必要!
というあたりがなんとなく、
大きな次代の流れのキーワードと言えそうです。


年末から年始にかけて読んだ本や、テレビなど観てても、
こういったところが琴線に引っかかります。。。(笑)
これらのキーワードからの
具体的なアウトプットのひとつとして、
アート。の存在が挙げられると思います。


見る側によって、実に様々なイマジネーションが在り得る。
ところとか、
例えば、
個人的なレベルでも、社会的なレベルでも、
いわゆる死活問題になったとき、
まず先に犠牲にするものは、何か?
と問われた時、お腹を満たすことの出来ないアートを
やっぱり犠牲にするのかどうか?
そういうシチュエーションにとって、
アートは要らないものなのか?
のようなことを、考えるに、
どんなに貧しくても、アートは“要らないもの”ではない。
「アートは魂の食事だ」
と誰かが言ったとか。


仕事先の現場でDJがかけてた音楽の歌詞中に、
「音楽は、軽く跳び越す」
という歌詞が出てきたとか。


「アンネの日記」をはじめとする沢山の文学が
非常にシリアスな状況の中から生まれてきた事実とか。


肉体的・精神的に過酷な状況の中から生まれてきた、
世界中の、いろいろな音楽とか。


いろんな困難に対する
問題解消方法としてのアートは、
いろんな言い方が可能であると思うのです。


このようなことから、
経済低迷の世の中に必要なのは、
音楽
ダンス
絵画
デザイン
ブンガク
などなど。
アートという切り口が
そのひとつなのかも知れない。
と、思う新春であります。


歴史学者であるトインビーが言ったように
「高度の精神社会を求めるか?
経済文明追求の果てに、没落の道を辿るか?」
という選択の時代である。
とも言われています。
次代のビジネスはどこに向かうべきか?
の選択肢と、ニアリーイクォールなのでは?
とも思う次第です。


Presented by“すみ”

東京オートサロン2010開催

毎年、年の始めの恒例になっている東京オートサロン。
昨日開幕し、明日の日曜日まで千葉の幕張メッセで開催されています。
二日目の速報ムービーです。


◇会場風景 1


◇会場風景 2


◇会場風景 D1グランプリ


今回もムラヤマは事務局工事でご協力させていただいております。

Movie by iPhone
from iPhone by SWC@幕張メッセ

成人式

平成生まれが成人の日を迎えた1月11日。 
さいたま市の成人式がさいたまスーパーアリーナで開催されました。


CIMG2156%201.jpgCIMG2173%201.jpg


この日真新しいスーツやあでやかな晴れ着に身を包んだ新成人8769人が出席。
実行委員となった新成人自ら提案したエコキャップ運動では、約2時間半で約3万5000個が集まりました。
このキャップはポリオやBCGのワクチンと引き換えられ、国連児童基金(ユニセフ)を通じて世界の子どもたちに贈られるとの事です。
また、会場の中心には友人との歓談の場として再開の広場が設けられ、多くの新成人が互いに晴れの日を祝いました。


CIMG2101%201.jpgCIMG2196%201.jpg


ムラヤマはこのさいたま市成人式の全体のお手伝いをさせていただきました。
成人の日、皆様の地域の様子はいかがでしたか? 
アシスタントKでした。 
 
実績紹介では、この他スポーツイベント・式典の実績を紹介しています。 

2010年営業開始しました。

100106.jpg
 
2010年1月5日、株式会社ムラヤマは本日より新年の営業を開始いたします。

あっという間の一週間でしたが、社員一同充実した仕事始めを迎えました。
今年も、皆様ともっと素敵な“感動”を共有できるよう、より一層パワーアップして頑張って参ります。
 
皆様へいっぱいのアイデアやひらめきをお届けできるよう・・・。
 
今年一年、どうぞ宜しくお願い致します。
 
※トップページにまた新しい仲間が増えました。今回もムラヤマを代表する精鋭たちです。
どのバージョンが出るかはそのとき次第!皆様にお会いできれば幸いです。
 
ウェブマスター麻生でした。
 


新年あけましておめでとうございます。

P100101.jpg

2010年、平成22年、寅年のスタートです。お正月を楽しんでいらっしゃいますか? 
ここ数年、子供の成長と共になかなか正月旅行とはいきませんが、近場での初詣やおせちなど、のんびりとした正月休みも良いかなと感じています。

昨今世の中は経済変化のサイクルが短く、景気動向など読み難い時代になっています。前向きに考えられない、という方々も多いのでは?と思います。

こんな時代だからこそ!私たちムラヤマが皆様のお役に必ず立てると信じています。気持ちが暗くなっていたり、物事を後ろ向きに捉えていたりすると、うまく行くことも行かなくなってしまいますよね。 

私たちが生み出す“感動イベント”が、皆様の“明るく元気に”を創出して参ります。そんなプロジェクトをひとつひとつ、今年も積み上げて参りたいと考えています。皆様の喜ぶ顔、驚く顔(!)が何より私たちの・・・・、最大の喜びなのです。
今年も皆様と多くの出会いの場を期待しております。

“感動”のメカニズムに迫り、また、“感動創造”に携わる様々な方々とのネットワークづくりを開始している「感動創造研究所」。いよいよ今年、Web-siteによるレポート発表に加え、コミュニケーションのかたち“感動創造イベント”を計画中です。皆様と、多様な感動パワーを共有出来ればと考えています。
随時発表して参りますので、こちらも是非楽しみにしていて下さい。

そういえば、今年はオリンピックやワールドカップサッカー、上海万博など、たくさんの“感動”を生み出す国際イベントが目白押しですね。にぎやかな寅年となりそうです。

新年1月5日(火)皆様とお会いしたいと思います。
“感動”の企み(!) をたっぷり練っておきます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。
スタートはウェブマスター麻生でした。

Creator's Eye

カテゴリー

エントリー

バックナンバー

ライター紹介

  • ウェブマスター麻生
    • ・・・広報の視点で最新事例の紹介や会社リリース記事などを担当します。
  • 北海道産のフラヌール
    • ・・・好奇心のままさすらい、面白いものを見つけたらお知らせします。
  • 採用担当者なべ
    • ・・・人も会社も面白い事たくさん!働いて、見て聞いて考えて、色々書いてみます。
  • すみ
    • ・・・空間にまつわるヒト・モノ・コトについて、すみからすみまでお伝えします。
  • SWC
    • ・・・元空間デザイナーのフォトグラファーが、ワイドな視点で書き綴るフォトレポート、フォトエッセイ、フォトテクニックetc.
  • マーガレットあん
    • ・・・趣味は人間観察、日常に埋もれる小ネタを求めて日々奔走。楽しい話しお伝えしたいです。
  • 大坂一郎
    • ・・・おもに上方の日常の中から、いろいろとお伝えしたいと思います。

Copyright