Creator's Eye 社員発信! できたて情報! よもやま話 むらやま話・・・

ソウル「東大門デザインプラザ&パーク(DDP)」計画

今、ソウルの中心東大門がすごいことになっています!
ホテルの無料観光案内の雑誌を眺めていたら、ソウル東大門文化センターのデザインギャラリーで「10人10色デザイナー展」を無料開催中(2010/1/29?4/7)との記事に目がとまり、早速行って見ることに。


地下鉄の出口から、ぐるっと工事用のフェンスを回りこんでいくと有機的な形状の建物が突然目の前に現われる。受付の女性に記事を見せながらここは「10人10色デザイナー展」ですか?と質問
すると日本語と英語で「ここではありません」、会場全体MAPをくれて初めてこの東大門デザインプラザ&パーク(DDP)の全貌を知る。

01Southwest.jpg

南西方向からの全体イメージ

02zenntai.jpg


1 東大門デザインプラザ
2 東大門デザインパーク
3 デザインギャラリー
4 遺構展示館
5 運動記念館
6 イベントホール&カフェ
7 復元した城郭
8 東大門運動場を記念するため残した照明塔


ソウル東大門デザインプラザ&パーク(DDP)計画とは、日本統治下に破壊された城郭の復元という目的もありますが、一番の狙いはここを「世界のデザイン関連知識や情報が生まれ。集まり、伝える世界デザインのハブにすること」


ソウルをグローバル・トップ10都市に成長させること
このDDPが完成すると韓国のデザイン競争力は、世界デザイン先進国の90%レベルまで発展し、ファッション業界の売上は年間30兆ウォン、東大門商圏の売上も15兆ウォンにまで拡大し、ソウルはグローバル・トップ10都市に成長するらしい。

%E5%90%88%E4%BD%93%E5%86%99%E7%9C%9F4.jpg

右下:ペットボトルで出来たソウル市のマスコットキャラクター「ヘチ(日本の狛犬のようなもの)」
(全体の完成は2011年の12月)

%E5%90%88%E4%BD%93%E5%86%99%E7%9C%9F2.jpg

インフォメーションセンターの外観と内観(日本語の資料もあるので受付で言うといただけます。)


また、東京にもどってからこの建築家の名前を知ることに。勉強不足だったのですが実は先週営業の部長と話し込んだ時に話題になった女性建築家だった。
その建築家は ザハ・ハディッド 、イラク出身でイギリスを拠点に活躍し、2004年には女性として初めてプリツカー賞を受賞したという経歴の持ち主。あまりにも斬新なデザイン過ぎてコンペに勝っても実現できないことがあったという話も納得です。

このデザインの大胆さも、グッゲンハイムを誘致して経在的付加価値を高めたスペインのビルバオや、シドニーのオペラハウスのように国を代表するランドマークにしたいという強い思いの表れです。

個人的には自分の国を必要以上にさげすむ日本人的自虐さは大きらいなんですが、韓国の戦略の大胆さや実行力には謙虚に学ぶべきだと思います。


僕らにも何かできることがないか考えたいと思う、フラヌールでした。

「街づくり・流通ルネサンス」

2010年3月9日(火)から4日間東京ビッグサイト(東京国際展示場)で行われていた総合展示会「街づくり・流通ルネサンス」の最終日(フランチャイズビジネスに関する日本最大の展示会「フランチャイズ・ショー2010」は11日に閉幕)に行ってきました。 
 
 
100_1896%2010031201.jpg100_1899%2010031201.jpg 
 
  
店舗・商業施設の未来の姿が集まった「街づくり・流通ルネサンス」は、各種設備・機器、建材、情報システムなどの最新情報が満載。 
会場は最終日とあって、情報やビジネス交流を求める人々で賑わいを見せていました。 
 
 
100_1874%2010031201.jpg100_1851%2010031201.jpg 
 
 
以前東京モーターショーでもエコカーなどに関連して感じたことですが、エコに関しての具体的かつ実践的な提案が数多く見られました。 
ヒートアイランド現象への対策などに効果があるとされている屋上・壁面緑化もその一つで、屋根・屋上や壁に植物を植え建物の断熱性や景観を良くするとのこと。 
実際に、屋上緑化された建物とされていない建物に見立てたボックスで、その断熱性を体験できました。 
屋上緑化されたボックスの中へおそるおそる手を入れて比べてみると…熱くない!? 
これは空調にかかる資源を節約できる!と実感しました。 
 
 
100_1884%2010031201.jpg100_1889%E3%80%8010031201.jpg 
 
 
時間がないと言いつつ、キットによる箸作り体験に没頭したのがいけなかったのか、はたまた「LED Next Stage」の大混雑に行く手を阻まれたのが原因か…今回も最後は駆け足状態。 
帰社時間を大幅にオーバーして冷や汗でウェブマスターに連絡しました…。 
 
それでは、今回のレポートはここまで。 
また次回お目にかかれる日を楽しみに…アシスタントKでした。 

自分の想いを貫くこと

こんにちは、
大坂一郎です。
 
大阪支店デザイナーがつれづれなるままに想う事をおくってきてくれたので、
紹介しましょう。
 
 
” 最近、ニュースを見ては「不況、デフレ」など暗い話題ばかりで、
思わず『言われんでもわかっとるんじゃー』とツッコミをいれたくなります。
嘘でも最高潮とか言って欲しいですね。。。ホントに。。。
 
不況だからと、環境や仕事の内容も変化し、
応じて柔軟に対処していかなねばならない。
でも、それに対してスタイルを変えずに生活をしている人もいます。
 
 
私の親戚に淡路島を拠点に活動している創作家さんがいるのですが、
昨年のお盆休みに、友人作家の方々の工房にお邪魔したときのことをお話します。
 
 
畑だらけの敷地にある古家に窯を入れ、工房兼ギャラリーと改造していたり、
 
天然の芝を、屋根全てに敷き詰めたロハスな工房に住んでいたり、
 
各々魅力的な仕事場で日が昇ればろくろを回し、日が沈めば仕事を終える。
 
独自のライフスタイルで日々創作活動に打ち込んでおり、
その話している表情や工房には充実した暮らしぶりが感じられました。
 
 
その話を聞いていると、私の日常とはあまりにもかけ離れた暮らしのせいか、
少しあこがれを覚えました。
 
ただ、その生活は決して楽なものでもなく、
精神的にも経済的にも苦しく結局は好きでないとやっていけないそうです。
 
 
はやりのモノや大量生産が容易なモノを作り販売すればラクになるのだが、
自分の作りたいもの、
伝えたいもの、
何より買ってもらった人にずっと使ってもらいたいとの想いがあり、
あくまで自分を貫いてる姿がそこにありました。
 
決して真似のできることではないのですが、その想いはクリエーターとしても共感でき、
この不況を乗り切ることに繋がるのは自分の想いを貫くことではないかと感じました。
 
 
koda100304-1.jpg
 
↑写真は古屋を借りて創作家達が集って作品展を開いている様子。
 展示台やパネルだけでなく,展示装飾も全て自身で手がけている。

 by若年性メタボ ”

「NIPPON MONO ICHI」をみてきました。

新宿のリビングデザインセンターOZONEで3月5日(金)?3月7日(日)迄開催の
NIPPON MONO ICHI ?第5回 和のある暮らしのカタチ展?を見てきました。


NMI_003.JPG


地方の優れたつくり手の作品を展示、直接つくり手にモノにこめた思いを聞くことが出来ます、
行ってみると、ふるさと北海道からもいくつか出展があり実家の近所の家具屋さんが、地元の素材と技術を使って、飾っておくだけでも楽しい輪ゴムを5連射できる木のピストルなど出品していました。


沖縄の会社はペーパークラフトでミニシーサーを、今春沖縄にキャンプに来る全9球団分そろえているのはとても楽しく、「旭山動物園の仲間たち」も実は沖縄でつくられていたと知り少しうれしくなりました。


NMI_010.JPG


岐阜の会社は日本酒を飲む枡の技術を使っておしゃれな「加湿器」や「マガジンラック」をつくっていたり、ウエットスーツの専門メーカーが柔らかい「靴型の湯たんぽ」をつくっているのは驚きで、これまで培った技術を上手く利用してあたらしい製品をつくった話を一つ一つ聞いていくととても時間が足りません。


NMI_008.JPG


自分自身大学でID(産業デザイン)を学び、地元の木材をつかって椅子を作ったりもしていたので「ものづくり」の熱い思いをみせられて心が揺さぶられた北海道育ちのフラヌールでした。

罪と罰。なぜ人を殺してはいけないのか。精子戦争。Volver。

「罪と罰/ドストエフスキー」
「なぜ人を殺してはいけないのか?/永井均・小泉義之」
「精子戦争/ロビン・ベイカー (著)・秋川 百合 (翻訳) 」
「Volver/キャスト:ペネロペ・クルス,カルメン・マウラ,ロラ・ドゥエニャス, 監督・脚本:ペドロ・アルモドバル」


と言う3つの本と1つのDVDをたて続けに観ました。
私は、かなりの乱読なのですが、
本などのチョイス時には、
本人が気づかない無意識のテーマ
のようなものがあるのかもしれません。
…振り返ってみると(笑)


これらの作品のテーマは“生と死”。
という大括りができます。


私は、「罪と罰」を、
主人公が経験する様々な思考や体験によって、
“殺人という行為の意味”を、
どんどん変質させるストーリー。
という読み方をしました。
また、 「なぜ人を殺してはいけないのか?」で語られること
も、まさしくこのようなストーリーのように思えました。
さらに、「Volver」に至っては、人を殺すことも
時と場合によっては吝かではない。
と解釈することさえ可能です。


結果。
「なぜ人を殺してはいけないのか?」という問に対して、
Aだから、人を殺してはいけないのだ。
という「A」は、提示されないままとなります。


人を殺してはいけない、万人に対する明確な答えは無い。
という理(ことわり)だけが提示されます。
人を殺すと言うことと、
自分が生きるということは、
鏡のこちら側と向こう側のようなもの。
もしくは、
シャム双生児のような関係ということが解ります。


こう考えると、
自分は、何のために生きてるのか?考えるのと同様、
なぜ人を殺してはいけないのか?
を考えることが人生。
と、いえるのかも知れません。


逆に言うと、
誰にとってもの正解は無いにせよ、
自分だけの答えを持つことは可能です。
もっというと、
自分にとっての正解だけは明確に“するべき”
だと思うのです。


Presented by“すみ”

Creator's Eye

カテゴリー

エントリー

バックナンバー

ライター紹介

  • ウェブマスター麻生
    • ・・・広報の視点で最新事例の紹介や会社リリース記事などを担当します。
  • 北海道産のフラヌール
    • ・・・好奇心のままさすらい、面白いものを見つけたらお知らせします。
  • 採用担当者なべ
    • ・・・人も会社も面白い事たくさん!働いて、見て聞いて考えて、色々書いてみます。
  • すみ
    • ・・・空間にまつわるヒト・モノ・コトについて、すみからすみまでお伝えします。
  • SWC
    • ・・・元空間デザイナーのフォトグラファーが、ワイドな視点で書き綴るフォトレポート、フォトエッセイ、フォトテクニックetc.
  • マーガレットあん
    • ・・・趣味は人間観察、日常に埋もれる小ネタを求めて日々奔走。楽しい話しお伝えしたいです。
  • 大坂一郎
    • ・・・おもに上方の日常の中から、いろいろとお伝えしたいと思います。

Copyright