Creator's Eye 社員発信! できたて情報! よもやま話 むらやま話・・・

思い込みはいけません。または絵金について。

こんにちは、大坂一郎です。
 
この連休には高知へ行ってきました。
 
 
20110507akaoka.jpg
 
 
以前業務で訪れたときに、ゆっくりしたかったなぁとの心残りがあったので。
予定の訪問先ではなかったのですが時間があったので、
赤岡という町にある「絵金蔵」という展示施設を見に行きました。
絵師「絵金」についての展示施設です。
 
絵金については「月岡芳年風の血みどろ絵を描く地方絵師」程度の認識が、
記憶のはるか片隅にのこっていたくらいで
正直なところ作品自体にはあまり期待していませんでした。
 
 
20110507ekingura.jpg
 
 
暢気な雰囲気の町の路地の奥に、ちょっと不釣り合いな感じで「絵金蔵」はありました。
施設の展示手法などおもしろかったのですが、
それよりも絵金の作品に魅了され、認識を新たにしました。
 
代表作である屏風絵(芝居絵)の数々は、芝居のドラマを、
役者が演じているシーンを描くのではなく、ダイレクトに絵画化しています。
造形の構成力がすばらしく、
雑多になりかねない、ストーリーにともなう諸要素や人物のポーズ、
線の流れが正方形の画面に見事に構成されていて造形として見ごたえがあり、
形や色のすべてが表現の焦点へ。
 
その焦点とは「人の情念」。
これは日本絵画史における表現主義ではないかと。
 
 
彼はもともと狩野派の御用絵師なのですが、
正直なところ真面目な水墨画などは線が多すぎ洗練されていない感じがします。
でも下野してからの芝居絵になると、白描画も線の勢いや流れが面白く、
素直に「いいな」と思えます。
この人はこちらの世界の方がむいていたんだなぁと。
 
 
ほんの思いつきで見に行ったのですが、このたびの最大の収穫になりました。
土俗的なおどろおどろしい絵とだけ思いこんでいたので、
天気が良くなかったらめんどくさくて見に行かなかったでしょう。
 
何事も思い込みはいけませんね。
では、また。

Creator's Eye

カテゴリー

エントリー

バックナンバー

ライター紹介

  • ウェブマスター麻生
    • ・・・広報の視点で最新事例の紹介や会社リリース記事などを担当します。
  • 北海道産のフラヌール
    • ・・・好奇心のままさすらい、面白いものを見つけたらお知らせします。
  • 採用担当者なべ
    • ・・・人も会社も面白い事たくさん!働いて、見て聞いて考えて、色々書いてみます。
  • すみ
    • ・・・空間にまつわるヒト・モノ・コトについて、すみからすみまでお伝えします。
  • SWC
    • ・・・元空間デザイナーのフォトグラファーが、ワイドな視点で書き綴るフォトレポート、フォトエッセイ、フォトテクニックetc.
  • マーガレットあん
    • ・・・趣味は人間観察、日常に埋もれる小ネタを求めて日々奔走。楽しい話しお伝えしたいです。
  • 大坂一郎
    • ・・・おもに上方の日常の中から、いろいろとお伝えしたいと思います。

Copyright