Creator's Eye 社員発信! できたて情報! よもやま話 むらやま話・・・

年末年始の営業のご案内

株式会社ムラヤマは、本日12月28日をもって2011年の業務を終了いたします。
2011年を振り返り、改めて震災の爪痕の大きさを痛感するとともに、自然災害が多い年だったと思います。
被災された方々には改めてお見舞い申し上げます。 
 
年末年始のスケジュールは以下の通りです。

12月29日?1月4日冬季休業。 
年始は1月5日(木)からのスタートとさせていただきます。 
 

20111228UP_01.jpg20111228UP_02.jpg20111228UP_03.jpg20111228UP_04.jpg




いろいろなことがあった一年でしたが、皆様のおかげで、今年も餅つきを行うことができました。 
感謝を込めて、また、来る年一年の無事を祈り。 
 
来年もムラヤマを宜しくお願いいたします。 
  
年末年始も、天皇杯サッカーやカウントダウンイベントなど、様々なステージで弊社スタッフがお手伝いさせていただいております。 
新年を迎える皆様の彩りとなるよう願っております。  

来年が皆様にとって良い年となりますようお祈りいたします。 
新年にまたお会いしましょう。 
 
ウェブマスター麻生 
イノKでした。 
 
 
『感動コミュニケーション』創造企業へ。 
2012年、ムラヤマは創業110周年を迎えます。 

鳥居が新しくなりました。 

何だか慌ただしく過ぎた12月も、残りわずか。 
今年もまた終わろうとしています。 
皆様、師走をいかがお過ごしでしょうか。 
 
 
さて、今回は鳥居のお話です。 
 
 
ムラヤマにはお稲荷さまをお祀りした祠と鳥居があります。 
その鳥居がこの度、新しくなりました。 


1110_20111227UP_1.jpg 1110_20111227UP_2.jpg 
≪長い年月ムラヤマと共にあった鳥居と式典の様子。≫ 

1207_20111227UP_3.jpg 1207_20111227UP_4.jpg
≪新しい鳥居と式典の様子≫ 


気持ちを新たに、新年を迎えられそうです。 
 
ちなみに、この鳥居にはエコ素材フツ・ラッシュが使用されています。 
新しい技術で鳥居がいつも美しい姿でいれますように。 
イノKでした。 

安全衛生協力会/大阪支部編

こんにちは、大坂一郎です。
 
年末の慌ただしさが感じられる時期ですが、22日(木)に
大阪支店の企画で「ムラヤマ安全衛生協力会 実務者向け研修会」が開催されました。
 
111222-1.jpg
多くの協力会社の方々が参加されました。
 
 
111222-2.jpg
安全について熱く、かつ分かりやすく語る講師の先生。
 
 
「いくら標語をつくったり、講習を聞いたりしても、本人の気持ちがこもっていなければ意味が無い。」
「安全衛生は仲間を守るため。」
というところが心に残ります。

「ポスターや標語がやたら貼ってあるとこは、逆に当事者意識が低いとこが多い。」
この点は深く同意します。
 
・・・・・・
今に始まったことではないですが、
若者・大人を問わず「マナー」が悪いという話題が多く聞かれます。
近年「マナー」について思うのですが、
どうもこれらは単に「マナー」の問題ではないのではないかと。

なにか民族的「危機管理能力の欠如」の状態にあるような気がします。
・ブレーキの無い自転車で歩道を走るとどのような危険が予測できるか。
・エスカレータの降り口で立ち止まるとどのような危険が予測できるか。
などなど。
今年の地震、またそれ以後の混乱もこの延長ではないか。

弊社の生業の「空間演出」という仕事においては、われわれの作るモノが人々を包み込むわけで、
「危機管理能力」を特に問われるデザイン分野といえるでしょう。

「何が最優先事項であるか」

空間演出に携わる会社として、社会に対する「マナー」を守って闘っていきたいと思います。
 
111222-3.jpg
 
大阪支店長のあいさつ、制作部長の音頭取りで「安全衛生施策」の唱和でしめ。
 
それではまた。

エコプロダクツ2011が開幕!!!

日本最大級の環境展示会 エコプロダクツ2011 
 
エコプロダクツ2011が開幕しました。 
第13回を迎える今年のテーマは「Green For All, All For Green 日本発!エコの力で明日を変える」。 
 
 
低炭素社会を目指す環境技術・サービス、企業間連携、地域連携など、新しいビジネスモデルが紹介されます。 
さらに、環境教育の場としても活用されるほか親子や家族でも楽しめるコンテンツも用意され、低炭素ライフスタイルの近未来を実感できる内容となっているとの事。 
低炭素ライフスタイルに向けて私たちは何ができるのか。 
皆様もエコプロダクツ2011にて、環境問題に取り組む社会の動きやエコを体感されてみてはいかがですか。 
エコプロダクツ2011は12月17日(土) まで、東京ビッグサイトにて開催中です。 
 
 
なお、今回もムラヤマはエコプロダクツ2011に出展し、FRPに代わる環境素材『フツ・ラッシュ』などの展示、ご提案をしております。 
ご来場になった際には、ぜひムラヤマブースにも足をお運びください。 
イノKでした。 

1 つなぐこと。連結すること。「円高と不景気とを―して考える」 2 鎖の輪。連鎖。

少し前に読んだ「SpendShift」と
先週詠んだ「國分功一郎/暇と退屈の倫理学」
という本が、頭の中でリンクしました。


この2冊の本を読んでみて、
日本の民度って、知らないうちに随分と上がったもんだなぁ。
と感じたのでした。
(ずいぶん呑気な感想ですね。笑)
「國分功一郎/暇と退屈の倫理学」では、
筆者があとがきで言っている
「この本は通読することを“特に”重要視している」
これをカンペキに無視してしまうことになるのは知りつつ、
いささか乱暴に、かつ平ったく言い切ってしまうと、
「退屈を回避するとは、贅沢を取り戻すこと。」
となります。
贅沢とは過激な消費とは大きく異なる。
ということを付け足すことが重要ですが。


一方の「SpendShift」では、
(前の記事でも挙げたように)
購買のパラダイムシフトが大きく変わったことを示しています。


ここで一回整理しておきます。
「高度消費社会」とは、
モノ偏重で、「たくさんのモノを持つこと」や
「何を持つか?」が重要。
それも、虚栄心を満たすモノを求める。
供給は需要に先行。
もしくは供給側が需要を操作する。
いわば、バブリーな社会。


SpendShiftを経て、どのように変わるか?
本物らしさや意味を感じさせるモノが重要。
内面の充実につながるモノを求める。
しなやかな生き方。
「何を持つか?」から、
「どう生きるか?」への変化
ということになります。


さて、「高度消費社会」に対する次代を表すと
どのような名前になるでしょうか?
「高度」や、「消費」、「社会」に対することばを
漫然とくっつけただけだと、何か違うように思えます。
もっと柔らかい言葉は無いかなぁー。
と、出張の新幹線内で考えました。


そうそう、
「わたし好みコミュニティー」
とか如何でしょうか?


まとめると、こうなります。


退屈というのは、高度消費社会を原因として発生した一種の病気。
この病気を治そうとして起こったのが、SpendShift。
言い換えると、人々は購買に関する価値判断を
大きくパラダイムシフトすることで、
退屈から脱却することができる。
と言えるのではないでしょうか?


Posted by“すみ”

FIFA クラブワールドカップ ジャパン 2011開幕!!!

やっと冬らしくなってきました。 
急な気温の変化にコンコンと咳があちらこちらで聞こえます。 
皆様、お風邪などひかれていないでしょうか。 
 
 
さて、3年ぶりに、クラブチームによるサッカーの世界一を決める大会が日本に戻ってきました。 
TOYOTA プレゼンツ FIFA クラブワールドカップ ジャパン 2011が開幕します。 
開幕戦は豊田スタジアムにて、柏レイソルとオセアニア王者オークランドシティが対戦します。 
最後まで決まらなかった日本のクラブ。 
Jリーグ優勝のかかった試合を目の前で観ていましたが、柏レイソルの勢いは止まらない!という感じで、オセアニア王者との戦いも楽しみになってきました。 
 
 
FIFA クラブワールドカップ ジャパン 2011は12月8日から18日まで、豊田スタジアム横浜国際総合競技場の2会場で開催されます。 
アジア王者アルサッド(カタール)、アフリカ王者エスペランス(チュニジア)、北中米カリブ王者モンテレイ(メキシコ)、南米王者サントス(ブラジル)、オセアニア王者オークランドシティ(ニュージーランド)、ヨーロッパ王者バルセロナ(スペイン) 、そして開催国王者(Jリーグ優勝クラブ)柏レイソル(日本)。 
7つのクラブチームが真冬の日本に集結します。 
メッシも間もなく日本に来るはず。 
皆様もぜひ、会場でテレビで応援してください。 
詳しくはFIFA クラブワールドカップ ジャパン 2011web-siteまで。 
 
 
ムラヤマはFIFAクラブワールドカップジャパンを色々とお手伝いしております。
年末を彩るサッカーの祭典を観戦している時、今年も弊社のことを少しだけ思い出していただければ幸いです。 
イノKでした。  
 

聞いた話

4年ぶりの登場 採用担当のなべです。
 
11月末に、ある大学にお招きいただき2年生対象のキャリア教育の講義へ
参加させていただきました。学生の皆さんへこの業界の説明や、学生時代 
に 経験しておいた方が良いこと・・・等についてお話させていただきました。 
その大学は たまたま私の出身地にある大学で、駅からそこに向かうまでの 
バスの中から、知った道の両脇の景色を懐かしく思ったり、変化に驚いたり 
しながら、8割ほど埋まった座席の一角で、平均年齢が70歳近いと思われ 
る乗客の方々に混じって15分ほどでしたが、時間がゆったりと流れていた 
ように感じました。 

大学の講義室の中ではどんな時間の流れを感じるのでしょうか。 
 
講義には他に2名(いずれも私の存じ上げる企業でした)いらっしゃり、私 
を含めた3人が進行役の教授より質問を受ける形式で行いました。 
その中のお1人が話して下さったこと。 
 
「幸せとは なるものではなく 感じるもの」 
 
ある芸能人の結婚に際して武田鉄矢さんが送られた言葉だそうです。 
※正確にはもう少し長い文章のようです。 
 
これから二年半の後には自らの足で1人ずつ歩き出すために、未来への扉を 
開こうとしている彼らに向けたメッセージです。 
仕事・職業を選ぶことを含め、これから様々な選択を自分でしていかなけれ 
ばなりませんが、それを選ぶ時、あるいは選んで進んでいる際に改めて考え 
るべきことなのかもしれません。 
 
私の話は相変わらず早口にいろんなことを詰め込んでお話してしまいました。 
あっという間に感じた時間。聞き手の学生の方々にはどんな時間に感じられ 
たのか気になるところです。 
 
様々な課題や問題に向かっていろんな人と話し、考え、進めていく。真面目 
に一緒に取り組む仲間、社員が周りにいることは「幸せ」を感じる一端。 
これはムラヤマに間違いなくあると思います。 
 
「幸せを感じる環境」をつくることができているか? 
これは私にとって大きな課題です。日々考え、問いかけていくべきこと。 
 
いろんなことを考えながら遅い時間に自宅にたどり着くと玄関前の植木を利 
用したアーチ型のクリスマス用電飾が・・・・。 
「われながら、なかなかいい出来じゃん!」と思う瞬間。 
 
朝、家の前のバス停からバスに乗り込む際に家を見ると、ベランダの壁の上 
端からおでこと目を僅かに見せて家の中から手を振っている末娘が居て、周 
りも気にせず半分笑った顔で手を振り返す時。 
 
「幸せとは感じるもの」であり、それが次の幸せを作り出す原動力でもある。 

そんな会社こっちから願い下げだ。と言ってしまっても良いと思う。

2013年春に卒業する大学3年生の
就職活動が12月1日、本格スタートした。
とニュースで報じられました。
これに対して、
京都での「カルト就職 やめなはれデモ」
といった動きもみられました。


就活にマニュアルライクなノウハウが存在し、
没個性・脱個性が求められているように思えるのは、
どういうことなのでしょう?
こういったビジネスは、受け入れる企業側のニーズを反映してるはずです。
「こういう風に応対すると、企業の人事担当者のウケが良いですよ。」
と言うノウハウの提供であると考えると、
あまり個性的で扱いにくい社員は嫌だなぁ、
というコトの現れなのではないか?と思えてしまいます。
受け入れる側の許容範囲が小さい。
と言い換えることもできましょう。
(もしかしたら、リスクになることは極力避ける。
という戦略であるだけかもしれませんが。)


そう言えば、シゴトでお付き合いする方に、
破天荒なヒトが少なくなったように感じるのは、
気のせいばかりでは無いはずです。
昔は凄い、否、酷い(笑)ヒトが結構沢山いたもんです。笑)


「大衆の時代」と呼ばれたときには、
リーダーシップのあるプロデューサーが力を発揮していました。
逆に、「個の時代」と呼ばれる今は、
プロデューサー不在の時代と言われています。
矛盾?しているようにも思える
この点に何らかのコンテクストはあるのでしょうか?


少し前。
Spend shift
という本を読みました。
How the post-crisis values revolution is
changing the way we buy , sell , and live
ヒラったく言うと、
「何を求めるか?」ではなく、「どう生きるか?」
に生活者の購買行動がシフトしたというコトを紐解いた本です。


この本で語られているキーワードを
3っつに絞ってみましょう。

1.モノ重視から実質重視へ 、
「より多く」ではなく「より良く」
2.消費から創造、発明、工夫、勤勉へと
社会の軸足が変化している
3. 楽観主義、しなやかな生き方
発想はグローバルに、行動は独自に

社会のうねりと、
企業側の人事的な判断の一見した相反性。
これは、何なのか?


私のように“現場側”にいる企業人は、
どういうヒトと仕事をしたいか?
と問われるならば、(問われはしないけれども)
没個性ではなく個性。
に重きをおくべきだと思っています。
ただし、自分勝手で独りよがりなコトは、
求める個性ではありません。
知識、見識、胆識があるヒト。
そういうヒトと、一緒に仕事をしたいと思うのです。


言い換えると、
個の時代に求められるコラボレーションする能力。
良いモノ。良いコトを自分の言葉で説明する能力。
魅力的に感じることができるそのほかのさまざま。
そういったコトが、非常に大切だと思えるのです。


出来上がった人物じゃあないなんて当たり前、
知識、見識、胆識について意識していれば、
きっと、何もかも上手くいく筈です。


¡Ojala sea feliz!


Posted by“すみ”

ショートトラックスピードスケート名古屋大会が開幕!!!

ショートトラックスピードスケート名古屋大会が12月04日まで、名古屋市の日本ガイシアリーナで開催中です。 
 
 
ショートトラックスピードスケートは、1周111.12 mのトラックを、1回の競走で数名(通常4〜6人)の選手が同時に左回りに滑り、順位を競うアイススケート競技です。 
タイムトライアルではなく着順で勝敗が決まり、『氷上の競輪』とも呼ばれているとか。 

ゴールタイムを競うスピードスケートは、ショートトラックに対してロングトラックともいい、1周400mのスケートリンクを周回して競技を行うということで、スケートリンクにも種類があったのですね。 
ちなみに、ショートトラックスピードスケートはアイスホッケーやフィギュアスケートと同じサイズの室内スケートリンクで行われています。 
 
 
世界の強豪を相手に奮闘する日本選手たちの活躍をぜひ応援して下さい。 
入場無料で世界のトップアスリートが見れるビッグチャンスです。 
お近くの方はぜひ会場に行かれてみてはいかがですか。  
詳しくはウェブサイトまで↓ 
http://skatingjapan.or.jp/whatsnew/detail.php?id=1663&d=week
イノKでした。 
 
 
ムラヤマはショートトラックスピードスケート名古屋大会に協賛しております。 
実績紹介では、この他スポーツイベント・式典の実績を紹介しています。 


第42回東京モーターショー2011が開催!!!

いよいよ、第42回東京モーターショー2011が、「世界はクルマで変えられる。」"Mobility can change the world."をショーテーマに、2011年12月2日(金)から11日(日)まで開催されます(11月30日12月1日は、報道関係者招待日)。
今回から会場が長年行われていた幕張メッセから東京ビッグサイトに移り、東京モーターショーが24年振りに東京に戻ってきました。 
12月3日(土)から始まる一般公開日では、月曜日から土曜日は20時まで開場されています。
ナイター券(月〜土曜日18時以降の当日会場のみの販売)も発売され、東京モーターショーを楽しみ方がまた一つ広がりました。 
 
アジア各地で巨大なモーターショーが展開される中、“世界一のテクノロジー・モーターショー”を目指す東京モーターショー。 
クルマ社会のさらなる未来をお見逃しなく!!! 
詳細は第42回東京モーターショー2011公式サイトまで。 
ひそかに明日行こうと考えているイノKでした。 
 
ムラヤマは第42回東京モーターショー2011の主催者工事などをお手伝いしております。
実績紹介では、弊社の展示会におけるさまざまなプロジェクト実績をご紹介しております。 

Creator's Eye

カテゴリー

エントリー

バックナンバー

ライター紹介

  • ウェブマスター麻生
    • ・・・広報の視点で最新事例の紹介や会社リリース記事などを担当します。
  • 北海道産のフラヌール
    • ・・・好奇心のままさすらい、面白いものを見つけたらお知らせします。
  • 採用担当者なべ
    • ・・・人も会社も面白い事たくさん!働いて、見て聞いて考えて、色々書いてみます。
  • すみ
    • ・・・空間にまつわるヒト・モノ・コトについて、すみからすみまでお伝えします。
  • SWC
    • ・・・元空間デザイナーのフォトグラファーが、ワイドな視点で書き綴るフォトレポート、フォトエッセイ、フォトテクニックetc.
  • マーガレットあん
    • ・・・趣味は人間観察、日常に埋もれる小ネタを求めて日々奔走。楽しい話しお伝えしたいです。
  • 大坂一郎
    • ・・・おもに上方の日常の中から、いろいろとお伝えしたいと思います。

Copyright