Creator's Eye 社員発信! できたて情報! よもやま話 むらやま話・・・

Peer dropsさんについて

Peer dropsさんは、関西を拠点とした女性2人の建築家ユニットです。
田中信子さんと清水千絵さんのおふたりで活動されています。
おふたりと知り合ったのは、以前紹介させていただいた
荘司和樹さんの主宰する建築士受験の「教育的ウラ指導」を通して、
知り合いの知り合い(繰り返しは、間違いではありません)になり、
私の大阪出張のタイミングでお会いして、
ミナミのイタリア料理店で痛飲した。という思い出になります。
はじめてお会いしたのに、話が弾んで随分と引き止めてしまいました。


私の記憶が正しければ、そのとき、いくつかの建築の話と建築家の言葉の話をしたはずです。
その中でも特に、彼女たちは関西、私は関東に住んでいるということで、
西の安藤忠雄さん、東の伊東豊雄さんの話になりました。
そのときを回顧して、TOTO出版から発行されている「住宅の射程」という書籍から
すまい、もしくは建築について書かれているところをつまんでみます。

<安藤忠雄さん 「すまいについて考える」>


「小篠邸」における建築の挑戦とは、
人工と自然、
幾何学と地形という、
抽象的なものと具体的なものの間で、
その極限の緊張関係を作り出すことにあったのだと思います。
自然に対して閉じながら開くというか…。


世の中には、アグレッシブな考えをもてない人が多い。
そういった人は、「来た仕事が悪い」と言います。
しかし、悪い仕事を良い仕事にする。
というのも建築家の仕事であると私は考えています。


建築というのは、
思い描いていた理想や夢を、
いかに持ち続けるかにかかっています。
難題をクリアし、緊張感を持続し、
あきらめずにやり続ける中で、時折、光が見えるんです。
それを道標に1歩1歩前へ進んでいく、
それが建築だと思います。


<伊東豊雄さん 「今、住宅とは何か?」>


東孝光さんの「塔の家」 安藤忠雄さんの「住吉の長屋」
が、「建築家の社会的なモラル」を表明したとすると、
私の「中野本町の家」は「精神的なモラル」を表現したと言えます。


1980年から、東京と言う都市が大きく変化し、
人々の身体感覚もガラッと変わりました。
土のついた野菜ではなく、サランラップに包まれた野菜の方が、
新鮮に見える。という感覚になってしまいました。


人々は、土地に縛られたくない。
自由に住みたい。
という欲求から都市へと集まってきました。
2番目に、家族からも自由になりたい、
もっと個人の集合体みたいなものになってゆきたい。
という要求に変わりました。
3番目に、「身体から自由になりたい」
という欲求が芽生えてきているんじゃないかと思います。


こういった欲求の先に何かリアルなものがあるとすれば、
一体それは何だろうか?
その<新しいリアル>こそが、今の建築家にとってのモラルであり、
使命感ではないだろうか?と思います。


住宅の設計というものを私はしたことが無いのですが、
彼女たちの作品を見ると、とっても素敵だし、
やってみたいなぁ、と強く思うのです。
なかなかクールで、素晴らしいデザインだと思います。


それでは、彼女たちのすてきな作品を紹介させていただきます。


%E3%81%AB%E3%81%8E%E3%82%8F%E3%81%84%E3%81%AE%E5%AE%B6_005d.jpeg


%E3%81%AB%E3%81%8E%E3%82%8F%E3%81%84%E3%81%AE%E5%AE%B6_015d.jpg


%E3%81%AB%E3%81%8E%E3%82%8F%E3%81%84%E3%81%AE%E5%AE%B6_023d.jpg

にぎわいの家


%E5%A0%BA%E3%83%BB%E9%99%BD%E3%81%A0%E3%81%BE%E3%82%8A%E3%81%AE%E5%AE%B6_002d.jpeg


%E5%A0%BA%E3%83%BB%E9%99%BD%E3%81%A0%E3%81%BE%E3%82%8A%E3%81%AE%E5%AE%B6_011d.jpeg


%E5%A0%BA%E3%83%BB%E9%99%BD%E3%81%A0%E3%81%BE%E3%82%8A%E3%81%AE%E5%AE%B6_021d.jpeg

堺・ひだまりの家


また、大阪に行く機会や、もしくは東京にいらっしゃる機会があったら、
是非お会いしたいおふたりの建築家ユニットPeer dropsさんをご紹介しました。


Posted by“すみ”

奥村梨枝子さんについて

奥村さんに最初に会ったのは、卒業後ずっと親しくしている
大学の友人たちとの定期的な飲み会に
奥村さんが参加してくれたことに始まります。


奥村さんを、ひと言で表現するのは非常に難しいことです。


見た目は、どこから見ても正真正銘のクールビューティー。


一見して賢そうなのですが、実際リアルに賢いのです。
それは、彼女から仕事の話を聞くとすぐに解ります。
例えば、20店舗を越えるハーレーダビッドソンの
新規店舗および、リニューアルに携わっていること。
20店舗の建築及び内装のデザインを、同時並行して進めるというのは尋常ではありません。
しかも、それだけではなく、他の顧客からの案件を進めつつ、
来春からは大学での講師も始めると聞き及んでいます。
有能なゆえに、彼女は極めて多忙な生活をしています。
(身体、壊さないでねー。)


しかしながら、実は気分的には、かなりホンワカしてる。と私は理解しています。
そして同時にしっかりした強い芯と、かなりのお茶目な面を持っています。
ここで一度、奥村さん像を整理すると、
クールな表面と、やわらかい内面と、その真ん中のしっかりした強い芯。
その土壌は、とっても大切に育てられた家庭環境にあると想像します。
また、その土壌の上で、いくつかの海外暮らしの経験や、
素敵な視点で切り取った日常でのくらしかた。
またそのくらし方という実践で得た多様な価値観。
によって育まれてきたのだと想像します。
さまざまな相乗効果の中で、奥村さんらしさを身に付けているのです。


これらは、お話しすると、実に控えめな印象を持つのですが、
実はとてもアクティブな行動力を兼ね備えていることからも感じることが可能です。
そのひと固有の視点とか視座のユニークさというのは、そのひとの魅力に直結していると私は常々思い、感じていますが、奥村さんの視点と視座の取り方は、私にはとても魅力的です。
ラディカルという言葉には、 急進的という意味と、 根本的という意味がありますが、そういう意味で、奥村さんは非常にラディカルであると言えるわけです。


このような奥村さんは、JCDデザインアワード2014に受賞されたほか、
このような素敵な仕事をされています。


aoyama%20salon%E8%9C%80%E3%83%BB%EF%BD%A3%E3%83%BB_DSC0174.jpg
<青山サロン 帝国ホテル店> リノベーション
極細の糸を2本、3本合わせて編むような独特のニットづくりを想起させる空間づくりを心掛けました。


minamiaoyama346_027-2.jpg


minamiaoyama346_022-2.jpg
<AOYAMA346> 新築 Photo:鳥村鋼一
南青山3丁目にある商業施設・事務所


hasselblad%E8%9C%80%E3%83%BB%EF%BD%A3%E3%83%BB2013-04-22_0002.jpg


hasselblad%E8%9C%80%E3%83%BB%EF%BD%A3%E3%83%BB2013-04-22_0009.jpg
<hasselblad> リノベーション Photo:新良太
渋谷区神宮前1丁目にある老舗カメラブランド、ハッセルブラッドの店舗
老舗カメラブランド、ハッセルブラッドの特徴は正方形フォーマットであることから、フレーミング、トリミングといった写真要素と正方形の対話を通じて、空間にアプローチしました。カメラのボディを連想させるブラックステンレスはハッセルブラッドの美しい凛々しさを表し、そのフレームの重なりをイメージしてギャラリー空間を創出しました。


R0020045.JPG
<嘉悦大学教室改修> リノベーション Photo:新良太
東京都小平市にある嘉悦大学の教室のリノベーションプロジェクト。
秘書科の社長室マナー教室として使用されていた教室は、時代のニーズから外れてきて新しい教室として生まれ変わる事になりました。天井は取り払われ、天井高さを確保しつつ吸音効果も担っている木毛セメント板でつくられたフラットルーバー天井と照明によりリズムをつくっています。天井から開口面まで包容される空間は新たな教室空間として存在します。


kaetu01.jpg


kaetsu02.jpg
<嘉悦大学アドミッションセンター> リノベーション Photo:新良太
  嘉悦学園110周年を記念して嘉悦大学のメインゲートとしてアドミッションセンターを計画しました。キャンパスの表面としての位置づけとして鈴木街道のストアフロントのリノベーションをおこなっています。矩形のストアフロントの中には、変形した入れ籠のようなオブジェクトがゲートを象っています。オブジェクト内スクリーンに学生活動の映像、レセプションやラウンジなどのアクティビティを街道に映し出します。スクールカラーに電解着色を施したアルミ壁がオフィス空間とパブリック空間を隔てながら輝きを放っています。


今後ともお付き合い頂きたい奥村さんをご紹介しました。
Posted by“すみ”

荘司和樹さんについて

荘司さんにはじめてお会いしたのは、私の記憶が確かならば
(実は、あまり当てにならないのですが。。。)
2006年なので、かれこれ8年を過ぎた計算になります。
荘司さんの特徴は、ひと言で言うと、声が大きいこと。
はつらつと、きっぱりと、大きな声で、明快なことをわかりやすく話すのです。
私が荘司さんと知り合ったのは、
1級建築士の受験勉強の参考書「教育的ウラ指導」
が主催する勉強会に、私が参加したのがきっかけです。
ここで荘司さんが講師をされていました。
講師という役回りは、
荘司さんの声の大きさと解りやすさが遺憾なく発揮される場だとつくづく思います。
もちろん、設計される建築も非常に素晴らしいものたちぞろいですし、
設計される建築には少なからず、
設計者の考え方とか、好みとか、性格も自ずと滲み出てくるものだと思いますが、
よりストレートに顕れるのはやはり実際に喋ったときであるのは否めませんよね。


その講習会で荘司さんにお会いして以来、
私は年に1回程度のタイミングで開催されるその時の勉強会の仲間たちと会うのをとても楽しみにしています。
まぁ、私はといえば唯一の落ちこぼれなので、
荘司さんからするとかなりメンドクサイ存在なのでしょうが。笑)
その楽しい会でも荘司さんからは楽しく興味深い話題を、
次から次へと出してくるのです。
何が楽しいって、美味しい料理や盛り上がった雰囲気よりも楽しい会話が何よりのご馳走であります。


荘司さんは、現在、中野区にて一級建築士8名,
構造設計一級建築士1名を抱える総合設計事務所を経営するほか、
前述の健全な一級建築士の育成を目的とした
「教育的ウラ指導活動」を展開されています。
この活動は口コミで全国に広がり、書籍化され、
建築参考書系売上げランキング第一位を記録するに至っています。
同タイトルで発行するメールマガジン読者数は、
なんと6,300名を超えています。


荘司さんが建築に携わるきっかけとなったのは,
実家が建設会社だった影響が大きいそうです。
昔から建物を作ることが、とてもドラスティックなことに感じていたとのこと。
決して、ドメスティックやドラマティックではないですよね?笑)
ドラスティックを「抜本的で、思い切っていて、積極的で、徹底的。」
と日本語に置き換えると、まさに建築行為をあらわすコトバでありつつ、
引いては荘司さんの性格や、荘司さんの活動そのまま。
という気がして仕方がありません。


「他人は自分を映す鏡」である。とよく言われますが、
言い換えると「モノゴトの見かたは自分を映す鏡」であると言えるのだと思います。


今後の活動をお伺いしたところ,
「この後,日本は人材不足の時代に突入していきますので、
人材育成に力を入れていきたいです。
一級建築士の受験指導ネットワークを活かし,
CADオペを育てるようなこともしたいです。」
とのビジョンを教えてくださいました。

最後にいくつかの荘司さんの作品をご紹介します。

%E4%B8%8B%E5%8C%97%E6%B2%A2%E3%81%AE%E9%9B%86%E5%90%88%E4%BD%8F%E5%AE%851.JPG
下北沢の集合住宅(外観)

%E4%B8%8B%E5%8C%97%E6%B2%A2%E3%81%AE%E9%9B%86%E5%90%88%E4%BD%8F%E5%AE%852.JPG
下北沢の集合住宅(内観)

%E4%B9%9D%E5%8D%81%E4%B9%9D%E9%87%8C%E3%81%AE%E5%AE%B61.jpg
九十九里の家(外観-1)

%E4%B9%9D%E5%8D%81%E4%B9%9D%E9%87%8C%E3%81%AE%E5%AE%B62.jpg
九十九里の家(外観-2)

%E4%B9%9D%E5%8D%81%E4%B9%9D%E9%87%8C%E3%81%AE%E5%AE%B63.jpg
九十九里の家(内観)

%E5%A4%A7%E5%8E%9F%E3%81%AE%E5%AE%B6.JPG
大原の家

今後とも宜しくお付き合い頂きたい荘司さんをご紹介しました。

Posted by“すみ”

「クールビズ?」

こんにちは、大坂一郎です。
 
先日、業務出張で諏訪まで行ってきました。大阪からは結構遠いところです。
帰りの列車まで時間が余ったので、近辺を散策することにしました。
一度、諏訪大社を見てみたかったので。
 
訪れるまで知りませんでしたが、諏訪大社は「上社」「下社」の内に、
さらに「秋宮」「春宮」があるそうです。
 
私が訪れたのは「下社」。
「秋宮」「春宮」の建築は、同じ図面で違う流派の大工の棟梁が腕を競って建てたそうですが、
少しづつそれぞれに個性が出ている点が面白い。
 
神様は冬は暖かい「秋宮」ですごし、
 
01ni-sank110603.jpg
 
 
夏は涼しい「春宮」におられるそうです。
 
02ni-sank110603.jpg
 
 
天然のクーラーのきいた社殿で業務にいそしんでおられるのか、
地元の人に大切にされているのか。
 
 
下諏訪はのんびりしていますが、なかなかいい感じのところです。
ではまた。

ソウル「東大門デザインプラザ&パーク(DDP)」計画

今、ソウルの中心東大門がすごいことになっています!
ホテルの無料観光案内の雑誌を眺めていたら、ソウル東大門文化センターのデザインギャラリーで「10人10色デザイナー展」を無料開催中(2010/1/29?4/7)との記事に目がとまり、早速行って見ることに。


地下鉄の出口から、ぐるっと工事用のフェンスを回りこんでいくと有機的な形状の建物が突然目の前に現われる。受付の女性に記事を見せながらここは「10人10色デザイナー展」ですか?と質問
すると日本語と英語で「ここではありません」、会場全体MAPをくれて初めてこの東大門デザインプラザ&パーク(DDP)の全貌を知る。

01Southwest.jpg

南西方向からの全体イメージ

02zenntai.jpg


1 東大門デザインプラザ
2 東大門デザインパーク
3 デザインギャラリー
4 遺構展示館
5 運動記念館
6 イベントホール&カフェ
7 復元した城郭
8 東大門運動場を記念するため残した照明塔


ソウル東大門デザインプラザ&パーク(DDP)計画とは、日本統治下に破壊された城郭の復元という目的もありますが、一番の狙いはここを「世界のデザイン関連知識や情報が生まれ。集まり、伝える世界デザインのハブにすること」


ソウルをグローバル・トップ10都市に成長させること
このDDPが完成すると韓国のデザイン競争力は、世界デザイン先進国の90%レベルまで発展し、ファッション業界の売上は年間30兆ウォン、東大門商圏の売上も15兆ウォンにまで拡大し、ソウルはグローバル・トップ10都市に成長するらしい。

%E5%90%88%E4%BD%93%E5%86%99%E7%9C%9F4.jpg

右下:ペットボトルで出来たソウル市のマスコットキャラクター「ヘチ(日本の狛犬のようなもの)」
(全体の完成は2011年の12月)

%E5%90%88%E4%BD%93%E5%86%99%E7%9C%9F2.jpg

インフォメーションセンターの外観と内観(日本語の資料もあるので受付で言うといただけます。)


また、東京にもどってからこの建築家の名前を知ることに。勉強不足だったのですが実は先週営業の部長と話し込んだ時に話題になった女性建築家だった。
その建築家は ザハ・ハディッド 、イラク出身でイギリスを拠点に活躍し、2004年には女性として初めてプリツカー賞を受賞したという経歴の持ち主。あまりにも斬新なデザイン過ぎてコンペに勝っても実現できないことがあったという話も納得です。

このデザインの大胆さも、グッゲンハイムを誘致して経在的付加価値を高めたスペインのビルバオや、シドニーのオペラハウスのように国を代表するランドマークにしたいという強い思いの表れです。

個人的には自分の国を必要以上にさげすむ日本人的自虐さは大きらいなんですが、韓国の戦略の大胆さや実行力には謙虚に学ぶべきだと思います。


僕らにも何かできることがないか考えたいと思う、フラヌールでした。

「豊かな空間」

こんにちは、大坂一郎です。
 
以前より、一度入ってみなければと思っていた「京都国際マンガミュージアム」へ行ってきました。
マンガがたくさんあるぐらいだろうと、あまり期待しないで行ったのですが・・・。
 
京都市内には小学校の統廃合にともなう、旧校舎を利用したミュージアムが3つほどあり、
ここはそのうちのひとつになります。
 
 
行ってみて驚いたこと。
連休中ということもあり、かなりの入場者数でした。
大人から子供まで。
併設のカフェでお茶をする人、校庭の芝のうえでゴロゴロするひと、館内いたるところで
マンガを読みふける人々、
皆それぞれに充実した時間をすごしているようです。
 
来館者の行儀の良いこと。
壁面開架書架にある寄贈されたマンガは読み放題です。
展示品も基本的に簡易な棚の上に置いてあるだけ。
であるのに皆きれいに置いてあります。
さわってもきちんと元に戻す。昔、学校で教わりましたね。
 
建築空間の豊かさ。
私は造成開発中の土地ばかりで幼少期をすごしてきたので、
学校建築は私の一番嫌いな空間のひとつです。無味乾燥な冷たい箱というイメージ。
 
ここは昭和3年竣工の鉄筋コンクリートの校舎なのですが、美しいです。
アールデコです。
階段の手すり(擁壁か?)はテラゾーで何とも言えない曲線で造形されており、
さわっていて気持ちいい。
踏みづらは柄タイルで装飾されており、段鼻には木材がはめ込まれています。
転んでもひどいケガにはならないでしょう。現状は磨滅が進んでいて少し歩きにくいですが。
 
各部の造形から、当時の方々の子供への思いや教育というものにかける情熱が感じられて、
大きな感銘をうけました。
 
DSCF2137.JPG
 
ミュージアムの外観写真はいろいろなメディアで見ることができるので、
裏側(もとはこちら側が正面)を撮影しました。
 
DSCF2138.JPG
 
 
では、また。

建築探訪・・・「国立新美術館」

こんにちは、大坂一郎です。
先日行われた「ムラヤマ文化祭(東京版)」に大阪支店より出席した、
GUCH-S君からレポートがありましたので紹介します。
 
 
 
”第2回ムラヤマ文化祭(東京)に参加するため、東京を訪れました。
文化祭前日に休暇をとって、初めて国立新美術館に行きました。
本などで外観のイメージは事前に知っていたのですが、やはり実物は感動的なものです。
今まで見たことのない有機的なデザインの建物は、その高さやボリュームを感じさせない、
軽やかな印象でした。
 
多数のビルのイメージが強い東京の街ですが、美術館敷地入口からの視点では
不思議と背景に他の建物はありません。
植栽の緑と良く調和して、美術館の周りだけに静寂な時間が流れているように感じました。
 
A1.JPG
 
館内に入ると建物の表情は一転、建築のダイナミックさをガツンと味わうことになります。
外から見えていた軽やかな曲線は内部の吹き抜け空間を自由に駆け回って、
部分的に迫り来る感覚があります。
仕切りがない大きな吹き抜けも、自分が立つ位置によって印象が変わって面白い空間でした。
 
B1.JPG
 
各展示室は一直線に整理されて配置され、巡回しやすい動線になっているのと同時に、
外壁の曲線や円錐形のレストランを引き立てる要因となっていました。
木を基調とした内装はミッドタウンや地下街のグランスタ、関西では京阪電車の新駅など、
他でもよく見かけますが、木の面材に行灯を組み合わせる点や長い廊下をすべて木の床
で覆う所は、他にない贅沢さがあるとおもいます。
 
C1.jpg
 
 
昼過ぎに入館したのですが、出る頃にはもう暗くなっていました。
 
ガラスの壁面は外の様子を透過して、日の移ろいを感じられます。
親しみやすい美術館でした。”
 
D1.JPG
 
 
 
この美術館については、以前にもこのブログでとりあげられていましたが、
そこは気にせずに。
 
では、また。

「上海森ビル」と「東京タワー」

こんにちは、大坂一郎です。

高いところが好きな?神戸次郎さんから、高いところに関する考察が送られてきたので、紹介します。


”2009年1月の上海視察研修で世界一高い展望台・新森ビルを見学しました。


1%E4%B8%8A%E6%B5%B7%E6%A3%AE%E3%83%93%E3%83%AB.jpg


未来的空間・演出と400mを駆け上がるエレベーターの速さ、
世界一高い展望台からの眺望には感動しましたが、展望室でのビル底を覗くガラスビューでは
『イメージしていたほどの恐怖感』を感じません。


2%E4%B8%8A%E6%B5%B7%E6%A3%AE%E3%83%93%E3%83%AB%E5%BA%95.jpg


<Why>同行していた本社メンバー達の会話の中で
「東京タワーと同じだ」
「東京タワーのほうがいいね!」などの言葉を小耳にはさみ、
『そういえば半世紀(東京タワーも私も)にもなるのにまだ1度も登ったことがない!』
『業界人として(関係ないが…)これではダメだ』『東京出張の際には必ず…』
<When>の思いが募りましたが2月初旬、早速(ゆるい出張)機会に恵まれ登頂を試みました。
・・・・・・・


3%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC.jpg


土曜日の午前中で大展望台まではスムーズに登れましたが、
上の特別展望台までは1時間程並びました。

が、晴天にも恵まれシースルーの小さなエレベーターで昇っていく360度眺望は
何とも言えぬ感動を覚え、待った時間など吹っ飛びました。

で、わたし的『上海森ビル』と『東京タワー』の比較感想は


● 毎日どんよりの上海の天気とすっきり青空が開ける東京の眺望では快適さが違う!
 ので東京タワーの勝ち。


● 超高層ビルを高速で上がるエレベーターと360度パノラマを見ながらゆっくりタワーを
 登るエレベーターでは趣が比べ物にならない!
 ので東京タワーの勝ち。


● 底を見るルックダウンウィンドウでは高さ(約500m対150m)に関係なく『恐怖感』は変わらない
 <なぜか???>
 ある一定の高さを超えると感覚がなくなり『落ちる!』と感じるリアル性がないと『恐怖』が
 伝わらないのか?
 (わたし的には足元に鉄塔が広がる東京タワーのほうがリアルで足がすくみましたが…)
 なので東京タワーの勝ち。


と、全く意味なく・根拠のないわたし的評価ですが、
話しの根底には高度成長期時代の象徴『東京タワー』が、今も人を魅了するのは
歴史性だけでなく『世界で屈指の美しいモニュメント』だから、と私は思っています。


『上海森ビル』は半世紀後、どういった立場で存在しているのでしょう?”

%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC%E5%BA%95.jpg

「無用の用」

こんにちは、大坂一郎です。


先日、「ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団」京都公演を聴きに行ってまいりました。
私としてはもうひとつ、「京都コンサートホールの中に入ってみたい。」という目的があったのですが、
京都初の本格的大型音楽ホールということで新築当初から気にはなっていたのですが、なかなか
実行できなくていました。

このホールは低層住宅地域のなかにボンッと建っているイメージがあります。
そんなに遠くないせいもあって、東京や大阪へ出るのと違って、なかなか気分が「よそいき」になり
ません。
四条通りの百貨店に行く方が少し緊張します。


とにかく、スーパーに買い物に行くような「しまりのない」気分のまま家をでました。


さて、このホール、エントランスが敷地のだいぶ奥にあります(私は初めて知った)。
エントランス前広場はホールと府立資料館の建物と植物園の緑に囲まれて外部環境からゆるく
隔離された感じです。


kch081116-2.JPG


気分が「非日常」になってきました。エントランスをはいるとすぐに螺旋形のアプローチ。
中心の空間には空調換気塔が12本建っているだけで何もありません。
空間の無駄遣いと怒られてしまいそうです。


kch081116-3.JPG


長いらせんのスロープを歩いて登っていくにつれ、気持ちが高揚していきます。
何も装飾がなく、簡潔なディスプレイ(指揮者・演奏家の肖像)しか存在しないのも、
無駄な刺激がなくてよいです。


kch081116-4.JPG


スロープを2階レベルまであがって、やっと大ホールのホワイエになりました。
ホワイエに至った時分には気持はすっかり「コンサートモード」です。
小さな無駄の積み重ねはただの無駄ですが、
十分なスケールと計算のもとにある「無駄な」空間があることによって、演奏を適度な緊張感の
中で楽しむことができました。


ところで「無駄な」空間の中にぽつねんと存在する空調換気塔ですが、
「ただ、立っているわけではないだろう」とディスプレイデザイナーのカンで、あらためてよく見て
みると、やはり仕掛けがありました。


kch081116-6.JPG

ではまた。

今月号の「美術手帖」は、シャルル=エドゥアール・ジャンヌレの特集。

今月号の「美術手帖」のタイトルは、
美術と建築のマリアージュ ル・コルビュジェ
というものです。
シャルル=エドゥアール・ジャンヌレって、
本名で書いてもピンときませんね。
ハハハ。


マリアージュ。
ってのは、mariage
フランス語で、相性のよい組み合わせ。
と言う意味らしいです。
“ケンチクと美術”両方を愛したル・コルビュジェ。
ということでしょうか?


確かに、ル・コルビュジェ
って建築家は、同時に美術家でもあるんですね。


6月17日に放送された、NHK「新・日曜美術館」では
「美術手帖」とほぼ同じテーマで、
むしろ『画家』と呼ばれたかった
?近代建築の父 ル・コルビュジエの真実?

という番組が放送されました。


また、森美術館では2007年5月26(土)から、9月24日(月・祝)まで、
森美術館 ル・コルビュジェ展」が開催されています。


何で、ここにきて、日本国中!
ル・コルビュジェなのだろう?
と思ったら、実に生誕120周年ということでした。

savoye.jpg


写真は、15年位前に行ったVilla Savoye
1923-1925: Le Corbusier: 82 rue de Villiers 78300 Poissy


手前の白いTシャツは、若かりし頃の私です。


やはり、本物の建築の中に、身を置いてみること。
目だけでなく、感覚をフルに使ってさまざまに感じてみること。
って、大切なのだなぁ?、と思いました。


前回、ご紹介した
Mies van der Roheの「バルセロナ・パビリオン」
に勝るとも劣らない。
私にとって、宝物のような体験です。


Presented by“すみ”

東京って、面白いケンチクが沢山あります。

いつも、何気なく歩いていますが、改めて、ケンチク探訪の散歩をしてみました。
長距離の散歩には、丁度善い季節ですからね。

六本木アクシスビル 設計:アーキテクト・ディザイン
国際文化会館 設計:前川國男+板倉準三+吉村順三 
「青山墓地」
ホンダ青山ビル 設計:椎名政夫
「絵画館前の銀杏並木」
テピア 設計:槙文彦
ワタリウム」 設計:マリオポッタ
塔の家」 設計:東孝光
青山ベルコモンズ」 設計:黒川紀章
ALESSI SHOP
スパイラル」 設計:槙文彦
ハナエ・モリビル」 設計:丹下健三
神宮前太田ビル」 設計:竹内武弘
TOD’S 表参道ビル」 設計:伊東豊雄
表参道ヒルズ」 設計:安藤忠雄

ざっと、六本木から、青山を経て原宿まで、
途中、ランチなどをしながら、ゆっくり歩いて4時間くらいでしょうか?

やっぱり、東京ってケンチク好きには堪らない街です。

そうそう、ケンチク探訪をされる際、
特に住宅や事務所を観させていただく場合には、
最低限のマナーは、守りましょう。

すみでした。

Creator's Eye

カテゴリー

エントリー

バックナンバー

ライター紹介

  • ウェブマスター麻生
    • ・・・広報の視点で最新事例の紹介や会社リリース記事などを担当します。
  • 北海道産のフラヌール
    • ・・・好奇心のままさすらい、面白いものを見つけたらお知らせします。
  • 採用担当者なべ
    • ・・・人も会社も面白い事たくさん!働いて、見て聞いて考えて、色々書いてみます。
  • すみ
    • ・・・空間にまつわるヒト・モノ・コトについて、すみからすみまでお伝えします。
  • SWC
    • ・・・元空間デザイナーのフォトグラファーが、ワイドな視点で書き綴るフォトレポート、フォトエッセイ、フォトテクニックetc.
  • マーガレットあん
    • ・・・趣味は人間観察、日常に埋もれる小ネタを求めて日々奔走。楽しい話しお伝えしたいです。
  • 大坂一郎
    • ・・・おもに上方の日常の中から、いろいろとお伝えしたいと思います。

Copyright