Creator's Eye 社員発信! できたて情報! よもやま話 むらやま話・・・

DessaとCreator's Eye

クリエイターの方たちとのコラボレーションによって、
2次元のアート・デザインと3次元の空間作りを更に緊密に、
もっと高いクオリティで提供したい。
との思いで「Dessa」というプラットフォームを作ったのは2013年のころでした。

http://www.dessa.jp/

そして、このCreator's Eyeへの投稿も、随分と久しぶりになります。

4年とか5年経つと、随分と自分の周りも、会社の状況も変わるものです。
しばらく投稿していませんでしたが、その間もDessaで知り合ったクリエイターの方たちと
何らかのコラボレーションをしたい。という思いはずーーっと持っていました。

その成果と言えるであろう、2つの事例をご紹介させてください。

%E3%81%B4%E3%81%822.jpg

ぴあのミュージアム関係のムック本に掲載した広告です。
NK Design Laboの長沼和明さんと協働させていただきました。


%E5%85%90%E7%AB%A5%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%952.jpg

平和祈念展示資料館の児童用リーフレット用の館内のイラストマップです。
イラストレーターの藤井アキヒトさんと協働させていただいたものです。
http://www.dessa.jp/fujii/fujii.html

今後も、いろんな方とのコラボレーションの機会を作ってゆきたいと思っています。

村上龍さんが「出会いはすべての人にあるんです。それを自分の中の受容体みたいなものが反応して、必然的なものとして捉えられるかどうか。捉えた後に、シビアで科学的な努力ができるかどうか。」
が大切なのだと仰っています。
まさしくそんな感じでクリエイターの方たちと良い科学的な反応が出来ると良いと思っています。

Posted by“すみ”

「これがプロのお祭りだ!超・お祭り。」

東京ディスプレイ協同組合の設立50周年を記念して、8月1日(金)・2日(土)の二日間、日比谷公園大噴水広場・にれの木広場にて、これがプロのお祭りだ!「超・お祭り。」が開催されます(入場無料)。


会場では、東京ディスプレイ協同組合の50年の歴史を振り返ると共に、モノ作りのプロが教える日曜大工体験などが行えるDIYコーナーや、夏祭りの定番である、焼きそばやお好み焼きはもちろんのこと、見たことが無いような珍しい屋台まで、約30店舗が出展。
「超・お祭り。」を盛り上げます。

ステージでも日比野克彦氏、假屋崎省吾氏など、著名クリエイターを招いてのトークショーのほか、創作和太鼓ユニット「彩生(SAIKI)」の美しいパフォーマンスなど充実の内容です。

さらに、第2部(夜の部)では、夏祭りには欠かせない盆踊りの櫓出現。
マツケンサンバでお馴染みの真島茂樹氏が振付けした「超・お祭り。」オリジナル盆踊り「東デ協音頭」で、皆様も「超・お祭り。」を満喫してみてはいかがでしょうか。

詳細はこれがプロのお祭りだ!「超・お祭り。」公式サイトまで。
イノKでした。


ムラヤマは、これがプロのお祭りだ!「超・お祭り。」に協賛しております。

Futu Rush®が日展協アワード2014新技術・新サービス賞を受賞いたしました

5月26日(月)東京ビッグサイトにて、2014年度の日展協アワードの受賞式が行われました。
「日展協アワード」は日本展示会協会により2002年からスタート。
展示会産業の振興と活性化に貢献のあった法人および個人が顕彰、展示会産業の一層の振興を促進することを目的に実施されている表彰制度です。
受賞式では、日展協アワード2014の受賞企業、個人が発表、表彰されました。


弊社は「Creative Material ”Futu Rush®”」において、「従来の展示会造形素材(FRP:強化プラスチック等)と比較し、軽量かつ制作時間の短縮が実現できるほか、有機溶剤を含まないため廃棄の際の環境保全にも考慮した点が高く評価できる。また設計の自由度が比較的高いことや、軟質素材も選択可能なことから児童遊具などの応用も可能なため、造形の将来的な発展への期待ができる。」との理由から新技術・新サービス賞を受賞いたしました。


0062_large_20140604up.jpg P5260003_20140604up.jpg>

CPA東日本大震災復興支援プロジェクト パネルディスカッション『震災復興とMICE』




第23回 国際ミーティング・エキスポ(IME2013)内の出展者プレゼンテーションにて、CPA東日本大震災復興支援プロジェクト パネルディスカッション『震災復興とMICE』が開催されました。


今回で23回目を迎える国際ミーティング・エキスポ(IME)は、MICE(Meeting、Incentive、Convention、Event/Exhibition)関連の施設や観光資源等のさまざまな情報に加え、有意義な商談・情報交換を行う場として開催されています。
今年も、東京国際フォーラムを会場に12月10日(火)、11日(水)の両日開催され、大盛況のうちに閉幕を迎えました。

このIME2013に今年も一般社団法人日本コンベンション事業協会(Convention Planners Association of Japan,CPA)が出展しました。
ムラヤマはCPAに正会員として参加しております。





IME2013内の出展者プレゼンテーションでは、CPA東日本大震災復興支援プロジェクト パネルディスカッション 『震災復興とMICE』 も開催されました。





パネラーにはつくば観光コンベンション協会 コンベンショングループ 後藤 悟志 氏、(公財)仙台観光コンベンション協会 チーフコーディネイター 中尾 優美子 氏、(公財)郡山コンベンションビューロー 事務局長 上田 哲 氏、(公財)盛岡観光コンベンション協会 観光コンベンション部 部長 正木 和男 氏を迎え、コーディネイターを日本コンベンション事業者協会 東日本大震災復興支援プロジェクト リーダー/副会長荒川 正樹(弊社取締役)が務め、CPA東日本大震災復興支援プロジェクト3年間の活動を紹介。
同プロジェクトで訪問した被災各地のコンベンションビューローの担当者の皆様とともに、各地の被災・復興状況の情報提供と、被災地でMICEを開催することの復興への意義や期待される効果、今後の展望などが議論されました。
震災から3年、震災復興はまだまだこれからが正念場であるとのこと。
震災の影響を受けた地域の復興への思いを新たに、閉会いたしました。


ムラヤマはこれまで、ime出展など積極的に一般社団法人日本コンベンション事業協会(Convention Planners Association of Japan,CPA)の活動に参画して参りました。
今後も、同協会活動を支援し、MICE業界発展に貢献して参りたいと考えております。

東京ディスプレイ協同組合 第8回親善フットサル大会が開催されました!!!

10月24日、フロンタウンさぎぬまにて、『東京ディスプレイ協同組合 第8回親善フットサル大会』が開催されました。 
例年の開催時期より一ヶ月早い10月の開催とあって、秋晴れのよい天気を期待していましたが、残念ながら予報は雨。 
雨具持参での開会式となりました。 


今年は荒天の対応のため急遽欠場のチームもでましたが、それでも23チームがフロンタウンさぎぬまに集結し、どんよりとした天気を吹き飛ばすかにのようなプレイで盛り上がりました。





ムラヤマは今年は昨年のリベンジ!とはいきませんでしたが、一つ順位を上げて3位にくいこみました。
なにより良かったのは大きなケガをした選手がいなかったこと。





雨の中、運営、参加された皆様お疲れ様でした。 
イノKでした。

一般社団法人日本コンベンション事業協会主催事業「第3回トレンド座談会2012」

2013年3月19日(火曜日)に、一般社団法人日本コンベンション事業協会が主催する「第3回トレンド座談会2012」に参加いたしました。 


第1回目の「3D vs 4K」、第2回目の「国際会議、IMF世銀総会に学ぶ」に引き続き、第3回目のテーマは、コンベンション運営に必要な美術・装飾をベースに「最近の空間演出のトレンド」。
最近、東京駅の建造物にも投影されたプロジェクションマッピングや、多種多様なアイテムを組み合わせてその空間を創り上げる技術と、成功の影にある様々な物語を聞くことができました。
当日は「博覧会、展示会における空間演出事例」と題してムラヤマもお時間をいただきました。
 




ムラヤマも加盟している一般社団法人日本コンベンション事業協会では、コンベンション業界の質の向上と活性化を目的に、会員企業などに向けて企画を開催し、時代に即した情報や業界の垣根を越えた交流の場を提供しています。 
詳しくは一般社団法人日本コンベンション事業協会ホームページまで。 
イノKでした。

第34回東デ協親善ボウリング大会

気温が20℃を超えてもう春か!?と思ったらまた雪。
皆様風邪などひかれてはいませんか。


100_1693%201.jpg100_1693%202.jpg
100_1715%201.jpg100_1742%201.jpg


さて、今回は東京ディスプレイ協同組合のボウリング大会に行ってきました。
開催場所は田町ハイレーン。
テレビでよく見るところですね。
ボウリングは少し苦手ですが…と前置きをして今回は選手?として参加してきました。
参加者29チームの123名。
レーンは各チームが混じってゲームを行い、それぞれ活発な交流が広げられていました。
ゲーム内容は、ハイレベルな戦いが繰り広げられ、3ゲームで男子の部の優勝者は 645ピン、女子の部の優勝者は453ピンを倒したとのこと。

少し苦手…の少しがどれくらいかはさておき、歯がたたないのは言うまでもありませんでしたが、ボウリングの熱気で十分リフレッシュできました。
気軽にできるボウリングで体を動かすのも、けっこういいかもしれません。
では!そろそろ仕事モードに戻ります…。
アシスタントKでした。

第19回 国際ミーティング・エキスポ IME2009

IME2009logo.gif 
 
第19回 国際ミーティング・エキスポ(IME2009)が12月8日・9日の二日間、東京国際フォーラムにて開催されます。
MICE(Meeting、Incentive、Convention、Exhibition)事業が開催される機会を創出することを目的とした日本で唯一の総合コンベンションイベント。
全国からコンベンション関係の団体・企業が集まり、商談会や展示会などによりビジネスマッチングが行われます。 
 
このIME2009に今年もCPA・日本コンベンション事業協会が出展します。
ムラヤマはCPAに正会員として参加しており、Boothデザインはムラヤマが担当しました。 
 
業界関係者の方は、コンベンション・ミーティングの情報が満載です。 
当日でも入場できます。 
ぜひぜひお越し下さい。
 
公式サイトはこちらから
http://www.jccb.or.jp/ime2009/

アシスタントKでした。 

 

東京ディスプレイ協同組合「第4回親善フットサル大会」

100_1290%2009111302.jpg
 
 
11月13日、東京ディスプレイ協同組合「第4回親善フットサル大会」が開催されました。 
会場は昨年と同じフロンタウンさぎぬまです。 

100_1088%2009111301.jpg100_1186%2009111301.jpg
100_1184%2009111301.jpg100_1216%2009111301.jpg
 
 
寒空の中、集まったのは29チーム。 
フットサルは毎年寒い時期の開催とあって、皆さん防寒対策ばっちりかと思いきや、見るからに寒そうな半ズボン姿。 
こちらはほっかいろまで用意し重装備です。 
 

100_1145%2009111301.jpg100_1220%2009111301.jpg
 
 
予選リーグを全勝したところで、もしやこれは一昨年の再来か? 
そんな思いが頭をよぎったのは私だけではないはず。 
決勝トーナメント第二試合。 
2点ビハインドから追い上げ、PK戦を制した時は”もしや?”が”いける!”に変わっていました。 
結局ムラヤマは2度のPK戦を戦い、決勝へ。 
決勝戦は一昨年と同じカード。 
今度こそ!!!との思いはあったのですが、0-1で惜負。 
しかし、当初のベスト4の公約?は見事に果たされました。
 
 
100_1236%2009111301.jpg100_1252%2009111301.jpg
 
 
決勝戦も終わり、最後は4位までのチームが残って表彰式と記念撮影。 
優勝は株式会社ニップコーポレーションさんでした。 
ムラヤマは準優勝。 
最優秀選手・優秀選手・得点王の内、2度PK戦を制したゴールキーパーが優秀選手に。 
組合の厚生委員長を務める社長の顔も、こころなしかゆるんでいるようでした。  
 
 
100_1282%2009111301.jpg100_1285%2009111301.jpg100_1289%2009111302.jpg100_1297%2009111301.jpg
 
 
5分の前後半で行われる試合中、選手達は走りっぱなしです。 
コート内を縦横無人に…目が追いつかない、カメラハモットオイツカナイ…。 
ニ年経っても私のカメラの腕は上がらず伝えきれていませんが、選手達の熱い姿は今年も変わらず鷺沼にありました。  
「来年が待ち遠しい」とは通りすがりの選手の方の声。 
終わったその瞬間から、もう来年とは! 
このフッットサル大会も今年40回を迎えた野球大会のように歴史を刻んでいくのだろうなと思いました。 
 
Creator’s Eye301番目の更新となりました。 
今回のリポートはここまで。 
来年を楽しみに。 
アシスタントKがお伝えしました。 

「コニカミノルタプラネタリウム“満天” in Sunshine City」に行ってきました。

東京・池袋にある「コニカミノルタプラネタリウム“満天” in Sunshine City」は36万個の星々による天の川など自然で奥行のある宇宙空間と、ドーム型スクリーンに映し出されるダイナミックな映像が魅力のプラネタリウムです。
先日その“満天”でプラネタリウム番組の試写会に招待して頂き、参加してきました。
 
100_0515%203.jpg100_0509%201.jpg
 
ドーム型の天井がいよいよ暗くなり、アナウンスに促され座席を倒す頃にはわくわく感も最高潮です。
(ここで睡魔に襲われる人、そんなあなたもいびきをかかなければ大丈夫???リラックスして下さい。) 
 
今回は新作番組を二つ。
月夜の魔法 ムーン・ファンタジー Songs by Salyu は「“サイエンス”と“ファンタジー”から月の魅力に迫る」プログラム。
きれいなだけで終わらない迫力のある世界も展開されています。
STARS ディスカバリー・ザ・宇宙はイギリスで制作された人気作品で日本では初公開との事。
まるでジェットコースターに乗っているよう!?でしたよ。

ターミナル駅池袋にも近いサンシャインシティ
交通の便もよく、“楽しみ”や“癒し”を与えてくれるアミューズメントなプラネタリウムとでも言えましょうか。
アロマの香りとともに星空を楽しむ、なんていう素敵なプログラムもあります。
 
科学者ガリレオ・ガリレイが初めて望遠鏡を使って夜空を見つめた1609年から400年。
2009年は「世界天文年(International Year of Astronomy:略称 IYA)」と定められたそうです。
世界天文年2009日本委員会公認イベントでもある“満天” のプログラム、皆様も行ってみてはいかがですか。
詳しくは「コニカミノルタプラネタリウム“満天” in Sunshine City」web-siteまで。 
アシスタントKでした。 

日本コンベンション事業協会(CPA)設立10周年 記念式典

日本コンベンション事業協会(CPA)設立10周年 記念式典は、さる12月17日(水)、全国のMICE業界関係者が一同に集う「ime2008 第18回国際ミーティングエキスポ」開催の、東京国際フォーラム 会議室にて行われました。
 
081217_1.jpg
主催挨拶(白田CPA会長)
 
経済産業省、観光庁等、関連の省庁から、また諸関連団体から御来賓が参列し、10周年の祝辞、また、業界発展へ向けた協力体制強化など、貴重なメッセージを披露されていました。
 
081217_2.jpg
来賓の御祝辞
 
気持ちも新たに、懇親会ではMICE事業の益々の発展を祈願し、CPAが次の10年を一丸となって立ち向かうことを誓い、大いに意見交換で盛り上がりました。
 
081217_3.jpg
懇親会
  
ime2008に出展の CPA Boothを紹介しておきます。
全国から、地域色あふれる鮮やかな色彩のブースが並ぶ中、設立10周年にちなみ、アジア圏を意識したMICEビジネスへ取り組みをイメージさせる展示展開となっています。コンパクトでしたが、洗練されたデザインとなっているのではないでしょうか?
Boothデザインはムラヤマが担当しました。
 
081217_4.jpg
ime2008 CPA Booth
 
ムラヤマはこれまで、ime出展、技能向上支援、また今回の10周年関連事業などを通じ、積極的に日本コンベンション事業協会 CPA の活動に参画して参りました。今後も、同協会活動を支援し、MICEビジネスの中核として、業界発展に貢献して参りたいと考えています。
 
“広報宣伝”としてお手伝いした(少しだけ!! )ウェブマスター麻生でした。

JCBホール内覧会に行ってきました。

先日、3月20日東京ドームシティ にオープンするMEETS PORT 「JCBホール」、その業界関係者に向けた内覧会へご招待頂き行ってきました。
「JCB HALL」は自在に変わるレイアウトで、コンサートからファッションショーなどのイベントまで幅広い用途に対応できるエンタテインメントホールです。
 
100_6418.jpg
 
3,000人超のキャパシティを誇りながら、全ての客席はステージから25メートル以内に配置。ホール内の全ての人々が、ステージとの一体感を味わえるようになってます。 
実際に、最上階の席に座ってみましたが、やはりステージはとても近く感じました。これなら演奏者を“米粒”などという心配なく観れるでしょう。今まで、ありそうでなかった重要な要素ですね。
 
100_6383.jpg
 
楽屋裏や控え室また搬入口の優れた施設を見学のあと、アリーナ席に座り、実際に音響・照明・映像のデモンストレーションを体感しました。迫力のあるサウンドや特殊効果に驚き!
 
100_6463.jpg
  
オープン記念イベントとして2008年3月20日(祝・木)と翌3月21日(金)にTOTO/Boz Scaggsのコンサートが開催されます。
残念ながらsold outのようですが、観にいかれる幸運な方は最新鋭の設備や、座り心地の良さを追及したシートなども、ぜひチェックしてみて下さいね。
 
100_6376.jpg
 
?訪れるみなさまの声が新しい「MEETS PORT」をつくります。?
 
東京ドームシティに誕生した新しいエンターテイメント空間MEETS PORTそしてJCB HALLのこれからを”つくっていく”のは実際に訪れ、利用する私達かもしれません。 
 
アシスタントKがお伝えしました。
 


CPA 「日本コンベンション事業協会」 スタート!

本日2007年8月1日より、CPA:全国コンベンション運営事業者協議会は
組織名を 「日本コンベンション事業協会」とし、新しいスタートを切りました。
 
CPAの活動目的は、「日本のコンベンション業界全体の質の向上と活性化を目的に、コンベンションに携わるプランナー、映像・音響、レンタル、装飾・施工、制作、施設、コンベンションビューローなど多岐に亘る企業・団体が参加して設立された全国組織」とあります。
 
来年で設立10周年を迎えるCPAは、より広義な意味を持つ新名称とすることで、コンベンション業界に携わる全ての方々に向けより積極的な活動を目指したものです。
 
今後、国を挙げての取組が注目されているMICE(Meeting,Incentive,Convention/Congress,Event/Exhibition) ビジネスが活発化する中、新しくなったCPAの活動展開がますます楽しみになってきました。
会員企業である弊社は、今後も出来る限り活動に積極的に参画する所存です。
 
ウェブマスター麻生でした。
 
詳しい内容につきましては、CPA:日本コンベンション事業協会 SITEをご覧ください。

CPA 第11回トレンドレクチャー 開催!

100_3269.jpg

先週末の6月29日、CPA(全国コンベンション運営事業者協議会)平成19年度総会にあわせ、第11回トレンドレクチャー『シンガポールのMICE誘致戦略』が恵比寿イーストギャラリーにて開催されました。
 
講師には、シンガポール政府観光局 国際グループ北アジア局 日本地区MICE担当副局長 菊池 茂氏が招かれ、シンガポールのビジネスにおけるポテンシャルや、MICEの具体的政策についてお話し頂きました。
 
シンガポールは、国土面積や人口は少ないものの、アジア地域のグローバル“ハブ”として、すでに確固たるポジションを有しており、お聞きした今後の施策にも、それをさらに拡張するためのビジョンと内容が整っているなと感じました。
 
100_3328.jpg

施設計画だけでなく、コンベンションやイベントなど、MICE産業を支える国内外の企業も誘致する予定だそうで、CPA会員にも進出を要請されていました。 菊池氏の“熱い”講演が、会員の心に深く刻み込まれたのではないかと思います。講演終了後の懇親会でもそれは続き、あらゆる視点からの意見交換が続けられていました。
 
ムラヤマもいつの日か!そんな時が来たら楽しみです。
 
最後になりましたが、2007年8月1日からCPAは、「全国コンベンション運営事業者協議会」⇒「日本コンベンション事業協会」へ名称が変更となります。詳細についてはCPA‐HP 新着情報“CPAは新たに生まれ変わります!”をご覧下さい。
 
ウェブマスター麻生でした。

 
MICE = ビジネス客が多数来訪する分野のことを国際的に総称して、MICE(企業等のミーティング、企業報奨・研修旅行、国際会議、国際展示会、国際見本市。Meeting, Incentive, Convention/Congress, Event/Exhibition)と呼ぶ。(国土交通省:第1回「MICEを通じた観光交流拡大のための連絡協議会」の開催について より)


日本展示学会 第26回研究大会のお知らせ

tenji.jpg
 
日本展示学会第26回研究大会が、6月16日(土)・17日(日)京都で開催されます。
今回のテーマは「再生デザインと展示?関西の展示学環境を考える?」。今年で25周年となる同会では、会員外の方への参加募集を実施しています。多彩なパネラーによる講演やパネルディスカッション、また懇親会など充実したスケジュールとなっています。
 
ご興味のある方は日本展示学会HP 第26回研究大会・京都大会をご覧下さい。
 
ウェブマスター麻生でした。

?日本ディスプレイデザイン協会 新役員体制スタート!

PICT0091.jpg
 
5月24日、社団法人日本ディスプレイデザイン協会(DDA)平成19年度通常総会・ならびに懇親会が、東京都庭園美術館新館ホールで開催され、今期からの新役員が選任されました。
新会長の山田昌之氏から新体制へ向けた抱負があり、執行部三役の紹介がありました。
 
PICT0111.jpgPICT0130.jpg
 
大ホールで行われた懇親会は、自慢の庭園を窓越しに見ながらという気持ちの良い空間の中で開催され、新理事の紹介や会員、賛助会員同士の和やかな交流が行われていました。
 
PICT0125.jpg
 
再来年で創立50周年を迎える同協会。業界全体の普及の観点から、今後さらなる発展を遂げてゆくために、新旧バランスの取れたデザイナー間交流や、積極的な社会貢献などなど、さまざまな視点から弊社も協力してゆきたいと考えております。
 
私ウェブマスター麻生もDDA会員としてできる事から・・・。

[東京ステーションコンファレンス] 見学してきました!

JCCB(日本コングレス・コンベンション・ビューロー)主催、 ?[東京ステーションコンファレンス]見学会-
に参加してきました。
 
100_2661.jpg
サピアホール
  
東京ステーションコンファレンス]は連休明けの5月7日、JR東日本ビルディングが東京駅日本橋口に直結する複合ビル、「サピアタワー」の5?7階部分にオープンする、新しいコミュニケーションステージです。今回、コンベンション業界関係者への内覧会として企画されたものです。
 
100_2668.jpg100_2673.jpg
総合受付ロビー/リクロス
  
施設内容ですが、最大でも500名収容の「サピアホール」と、主に中規模のコンファレンス施設を充実させるというコンセプトで計画されており、近隣にある類似施設との差別化を図っている、というお話でした。上階に「ホテルメトロポリタン丸の内」が併設されますので、ケータリングなどのサービスも充実できそうです。
 
100_2652.jpg100_2657.jpg
 
内部空間は全体的にシックで落ち着いた印象で、大きく取られた窓からは隣接したビルが見え、“メトロポリタン”な雰囲気を醸し出していました。会議の重要なツール、テーブルやイスがインテリアとしてみるとやや機能優先の感じはしましたが、“気軽に会議出来る”という観点からすると、かえってこの方がよいのでしょう。
また、[会議をリラックスした気分でして頂きたい」という想いから、トイレや喫煙スペースを景観の良いところに配置しているところは特徴のひとつです。
 
100_2681_2.jpg100_2680.jpg
リフレッシュルーム/トイレ
 
しかし、なんといっても特筆すべきは抜群のアクセス環境です。雨に濡れずにJR、東京メトロなどからエントリー出来ます。(昨日はちょうど雨でしたので、この有難さを痛感しました。)
しかも新幹線口にはなんと1分!企業のミーティング等にとても強い見方になりそうです。
 
100_2646.jpg
 
イベント、展示等への利用の観点は別にして、全国展開の企業の方々へのソリューションとして、有効な施設と感じました。詳細は[東京ステーションコンファレンス]HPをご覧下さい。
 
 
ウェブマスター麻生でした。

[ディスプレイデザイン賞2007]作品募集開始!

?日本ディスプレイデザイン協会(DDA)主催(朝日新聞社:後援)[ディスプレイデザイン賞2007]の作品募集が開始しました。

つい最近贈賞式(昨年12月5日)を終えたばかり!と思っていましたが、あっという間にもう募集のシーズンが来てしまったという感覚です。(年々月日が経つのを早く感じてしまうのは、やはり年齢のせいでしょうか・・・?)

募集作品の対象は、昨年5月1日から今年の4月30日までの空間環境系デザイン。日本全国から、今年はどのような優秀作品が集まってくるのか今から楽しみになってきます。個性あふれるデザインをたくさん期待したいものです。

ムラヤマもこの応募に向け現在準備中です。“日本のディスプレイ業界繁栄に寄与する”という観点から、ディスプレイデザイン賞は最も重要なAWARDの1つと位置づけ、毎年積極的に作品応募に取り組んでいます。
昨年同様、多くの入賞、入選作品があると良いのですが・・・・。こちらの方も楽しみです。

募集の詳細は協会HPでご確認下さい。(応募用紙がダウンロードできます。)
?日本ディスプレイデザイン協会(DDA)

brembo05.jpgj_l_05.jpgtoden04.jpg
ディスプレイデザイン賞2006 入選作品から [ photo:J-LIGHTS ]

ウェブマスター麻生でした。


実績紹介では[ディスプレイデザイン賞2006]入賞作品並びに入選作品の一部をご紹介しています。

エキスポ・イベント・サロン?セビリャ万博よもやま話?

隔月開催の第39回[エキスポ・イベント・サロン](ジェトロ:独立行政法人日本貿易振興機構主催)が、2月15日ジェトロ会議室にて開催されました。

100_1795_2.jpg

今回の講演は、ジェトロ監事 桜井 悌司氏を講師にテーマ:「セビリャ万博よもやま話」と題し、1992年スペイン セビリャで開催された万国博覧会「日本館」でのさまざまなエピソードについてお話を伺いました。

セビリャ万博当時、桜井氏は日本館事務局長としてご活躍され、講演では日本での計画の推進、体制立案から、現地スペインでの建設、会期中の運営などなど、プロジェクト全体から見た視点でのお話しでした。

政府代表盛田さんのサプライズや、プロデューサーの方々とのコミュニケーションなど、通常我々が知る事のないエピソードを分かりやすくお話いただき、今後の国際博をはじめとする業務に大変参考となりました。

100_1797_2.jpg100_1790_3.jpg

若かりし頃(!) のウェブマスター麻生は、実はこのセビリャ万博ジャパンデイの時期に、日本館を彩る、「仙台七夕飾り」設営ディレクションスタッフとして参画していました。
導入で流れた会期記録映像を見て、92年の「暑い夏」の記憶を思い出し、感慨深い気持ちとなりました。

100_1798_2.jpg

桜井様、ならびにジェトロの皆様、貴重な経験有難うございました。
次回[エキスポ・イベント・サロン]も参加し、有意義な話題について広報をしたいと思います。


ウェブマスター麻生でした。

CPA [技能向上研修会] に参画しました。

100_1607.jpg
コンベンション総合研究所 所長 太田 正隆氏による導入講演

ウェブマスター麻生です。
良い天気にも恵まれたこの三連休、いかがお過ごしでしたか。今日は、先週末に参画した業界関連行事からのご報告です。

全国コンベンション運営事業者協議会(CPA)主催による[技能向上研修会]が、先週2月8日・9日の2日間に亘り四谷の主婦会館プラザエフにて開催されました。
この催しは、活動組織3委員会の合同事業(ニューテクノロジー委員、会員交流委員そして技能向上委員)として実施されたもので、CPA会員が一同に揃う総合ミーティングとして企画されました。

ムラヤマは、荒川第一事業本部長が技能向上委員として、この[技能向上研修会]の企画・運営に参画しました。
 
070208_1.jpg070208_4.jpg
100_1746.jpg100_1779.jpg
 
研修内容ですが、会員企業入社3年以内の社員を対象とした、ケーススタディを中心とした研修となっています。まず導入講演で「コンベンション」の基礎知識、歴史背景などを学んだ後、チームを組み、イベント計画の共通課題をこのグループで検討し、企画書を作成し、プレゼンテーションを実施するという、実践さながらの体験研修でした。
 
チームは、さまざまな分野の企業で構成されており、お互いの専門知識をうまく活用する共同作業により、短時間の中で、各々制限時間内に作業を終え、プレゼンテーションまでこぎつけていました。
大したものだと感心すると共に、この研修でさまざまな知識・人脈の収集など醸成出来たことは、参加者全員の今後に大いに役立つものだと感じました。
 
 

CPA広報宣伝委員でもあるウェブマスター麻生は、2日間これら有意義な活動の記録を残すお手伝いをしてきました。今後もムラヤマは、CPAの活動を通じて業界の普及活動に積極的に参画して行きたいと思っています。
 

 
 
実績紹介では、弊社のさまざまなプロジェクトをご紹介しております。


「第2回日本イベント大賞」 表彰式に出席しました。

100_1567_2.jpg
【大賞】 [ひろえば街が好きになる運動] : ひろえば街が好きになる運動 事務局

社団法人日本イベント振興協会(JACE)主催、「第2回日本イベント大賞」 表彰式が、「2007JACE新年の集い」と併せ、1月30日(火)日本橋のロイヤルパークホテルにて開催されました。この賞は、国内で最も優れたイベントを顕彰し、イベントの発展およびイベントによる産業振興をはかることを目的としています。

JACE会員であるムラヤマは、今回のイベント大賞において「協賛」として積極的に参画しました。新年のご挨拶とイベント業界全体の繁栄を願い、社長をはじめ主要メンバーが出席し、多くの関係者の方々と親交を深めました。
 
100_1514_2.jpg100_1549_3.jpg
100_1533_2.jpg100_1489_2.jpg
 
式の概要ですが、出席者が集合する間のウェイティングルームで、今回受賞された作品の展示コーナーが設けられ、会員と受賞者との情報交流が行われていました。
メイン会場入場後、JACE中村雅哉 会長の開会挨拶、経済産業省 商務情報政策局 志村 務 参事官よりご祝辞、イベント学会 川本直彦 常務理事より乾杯の御発声と続き、歓談後に表彰式という内容でした。
 
100_1558_2.jpg
【特別賞】 [2005日本国際博覧会 日立グループ館] : 日立グループ

残念ながら弊社からの受賞はありませんでしたが、大賞部門 特別賞に選ばれた[2005日本国際博覧会 日立グループ館/日立グループ]は、弊社が空間造形等に関わったプロジェクトです。サイト内で[日立グループ館]を紹介しておりますのでご覧下さい。

今回は隔年で実施されましたが、次回[第3回イベント大賞]から毎年での開催とのことです。
次回入賞を目指し、弊社ではより一層の提案型プロジェクトを推進して行きたいと考えています。


ウェブマスター麻生でした。

実績紹介では、この他さまざまなプロジェクトをご紹介しております。


ROCKSTONE 新作発表会に行ってきました。

100_1481_2.jpg

上質なインテリアライフスタイルを提案し続けているROCKSTONE
業界関係者へ向けた新作発表会が、1月24日?26日表参道のハナエモリビルにあるショールーム:「ロックストーン表参道」にて開催され、ご招待いただいたムラヤマは、その中日にあたる25日に見学してきました。

今回は、
”Special collaboration product 2007”[ BLACK BABYLON EIRI IWAKURA+JOTARO SAITO ]
と題し、ロックストーンのエグゼクティブデザイナー岩倉栄利氏が1990年に発表した西洋と東洋を融合した作品[BABYLON]シリーズと、新進気鋭の着物デザイナー、斉藤上太郎氏がデザインしたオリジナルファブリックとのコラボレーションにより誕生した[BLACK BABYLON]の作品展示です。

着物独特の光沢感と、上品なフォルムが実に美しくマッチしており、リビングダイニングのみならず、オフィス空間、ショップなどなど、いろいろなシーンで活躍しそうです。

100_1458_2.jpg100_1464_2.jpg

27日(土)より、同ショールームにて一般公開され、3月1日より予約受付開始とのこと。
会場は、新作以外にも人気の作品が多数展示されています。
和を生かした重厚なチェストから、サイケデリックのワンピースを思わせるイスやソファまで、バラエティーに富んだラインナップとなっています。
興味のある方、表参道ハナエモリビル2F ロックストーンショールームへいらしてみてはいかがですか?

100_1473_2.jpg100_1471_2.jpg
 
ロックストーン ショールームの詳細はROCKSTONE Web-Siteをご覧下さい。


ウェブマスター麻生でした。
 
実績紹介では、弊社のさまざまなプロジェクト実績をご紹介しております。


DDA「新年賀詞交歓会」に参加しました。

1月12日(金)、?日本ディスプレイデザイン協会(DDA)「新年賀詞交歓会」が、今年度[ディスプレイデザイン賞2006]大賞受賞の「大手町カフェ」にて開催され、他の会員と共に私、ウェブマスター麻生も出席してきました。
田中 寛志会長のご挨拶の後、全国支部の理事も含め、新年のご挨拶と懇親が行われました。

100_1370_3.jpg

今年もムラヤマは、業界である空間ディスプレイ業全体の繁栄、また日本の社会全体の繁栄のためより一層貢献して行こうと考えています。
昨年より弊社の若手(!?) 会員として新規入会したDDAですが、出来る事から積極的にお手伝いして行きたい思います。どうぞよろしくお願い致します。
100_1365_2.jpg100_1381_2.jpg

会場となった「大手町カフェ」ですが、大手町のオフィスビルの中で、オアシスのような緑あふれる環境に、居心地の良いアットホームな空間が出来上がっていました。つい長居しそうな素敵なスペースです。
仕事の合間、ちょっとリフレッシュに出掛けて見てはいかがですか?
100_1359_2.jpg100_1364_2.jpg
 
詳しくは「大手町カフェ」公式サイトをご覧下さい。


ウェブマスター麻生でした。


実績紹介では、?日本ディスプレイデザイン協会(DDA)主催「ディスプレイデザイン賞」において入賞・入選した作品を多数ご紹介しております。
DDA2006 優秀賞 [第24回JAPANTEX2005 インテリアトレンドショー “WA-QU和空ブース”]
DDA2005 奨励賞 [野球体育博物館 環境演出計画 ]

[エキスポ・イベント・サロン]へ参加しました!

100_1255_2.jpg

ジェトロ(独立行政法人日本貿易振興機構)主催による[エキスポ・イベント・サロン]が、本日22日ジェトロ会議室にて開催されました。
2ヶ月に一度、講師を招いてのサロン講演会・懇談会の内容で、今回が38回目の開催となります。
 
100_1266_2.jpg 
今回の講師は、銀座のレストラン「つまみぐい」のオーナーである、樋口ひかるさんに、イベントマインドが創出する 「人をひきつけるもてなしの心・銀座の新業態」 についてお話頂きました。
(聞き手:空間プランナー河原政治氏)
樋口さんの経歴は実に興味深く、つくば博や大阪花博でのイベント・アテンダント、TVリポーターとして活躍後、現在オーナーとして銀座でレストラン、クラブを経営されています。
 
お話を伺っていると、接客業とイベント業とは新しい人と人とのコミュニケーションの創造や、お客様に対する思いやりの気持ち「ホスピタリティー」という視点であい通じる点が多く、大変参考となるものでした。
 
100_1276_2.jpg100_1288_2.jpg
講演終了後、業界関係であるメンバー参加者の情報交換や、私のような「新参者」の自己紹介の場として懇談会が催され、ジェトロ様はじめ、さまざまな方々とのコミュニケーションを図ることができました。
 
業界全体の繁栄のため、ぜひ次回以降も参加し、新しい出会いについて広報をしたいと感じています。

  
 
ウェブマスター麻生でした。


「2006 日本イベント大賞」 受賞者が決定!

社団法人日本イベント振興協会(JACE)主催の、第2回「2006 日本イベント大賞」 の受賞者が決定しました。この賞は、国内で最も優れたイベントを顕彰し、イベントの発展およびイベントによる産業振興をはかることを目的としています。
ムラヤマは、会員として同賞に協賛参加していました。


「2006 日本イベント大賞」【大賞】には次の作品が選ばれました。


イベント名称 : ひろえば街が好きになる運動 
受 賞 者 : ひろえば街が好きになる運動 事務局


日本たばこ産業株式会社が、ひとつの企業の枠を超え自治体やNPO、学校などを巻き込んだ新しいタイプの社会貢献活動「ひろえば街が好きになる運動」が受賞対象となりました。


ほか各賞については「2006 日本イベント大賞」サイトをご覧下さい。
GPb%5B1%5D.gif


各賞の中で弊社が関わったプロジェクトとして、次の作品が大賞部門 特別賞に選ばれました。
[2005日本国際博覧会 日立グループ館/株式会社博報堂]


サイト内で[日立グループ館]を紹介しておりますのでご覧下さい。


ウェブマスター麻生でした。


実績紹介では、この他さまざまなプロジェクトをご紹介しております。


「広報研究会」でつかんだリレーションの輪

SMBCコンサルティング主催のセミナー[広報研究会]に参加しました。


ゼミ長 山見インテグレーター株式会社 山見博康氏のもと、10月から約2ヶ月に亘り計5回の講義が実施され、昨日11月28日がその最終日でした。


講義の内容は有意義な構成で、広報の役割、マスコミへの効果的なプレスリリースの仕方、コンプライアンスの視点からのリスク管理、そしてIRにおける広報などなど、旬の話題を多角的な視点で、経験豊富な講師の方々からライブ感覚でお話を伺うというものでした。


企業にとって、今後さらに「広報」の存在が重要であると実感する貴重な体験となりました。ホットなうちに、この知識を社内へ還元して行こうと思っています。


このセミナーに参加したもう1つの収穫として、参加メンバーに恵まれた事があげられます。様々な業界から、目的意識の高い方々が集まったことから、「広報」という切り口で情報交換ネットワークが出来上がりました。
参加メンバーをご紹介しておきます。


黒川さん 小田急電鉄?  
小林さん オリンパス?
高山さん ?カナモト (毎回札幌から参加)
田村さん ?オークローンマーケティング(毎回名古屋から参加)
友寄さん ?ブリヂストン
中村さん ?トレイントラックス
濱口さん ?オールイン・テクノロジーズ
宝泉坊さん ?ドン・キホーテ
松井さん 康和地所?
丸山さん 長瀬産業?
矢野さん ?プロパスト  ほか


100_0976_3.jpg


そうそうたるメンバーが集まり、“会社が出来るね”などと冗談が出たほど。
「広報」の情報交換の場として、セミナー終了後もリレーションを続けて行こうと最終の懇親会の席で合意されました。この“輪”は大切にしていきたいと考えています。
メンバーの皆様、近いうちに[広報研究会(場外編)]召集させて頂きますのでよろしくお願いします。


今回のセミナーと、MURAYAMA Web-Siteリニューアルの時期がちょうど重なったこともあり、山見ゼミ長をはじめ皆様から “プロの視点”でサイトについてのアドバイスをたくさんいただきました。
ムラヤマにとって、また私にとって大変参考となりました。有難うございます。


最後に、山見ゼミ長、大変お世話になりました。
今後も「広報」について相談に乗っていただければ幸いです。


ウェブマスター麻生でした。


DDA主催:<デザイナーズ・ナビ2006>開催されました!

去る11月22日、社団法人日本ディスプレイデザイン協会(DDA)主催による デザイナーズ・ナビ2006が銀座にて開催されました。これからプロのデザイナーを目指す学生の方々との交流を目的として、クリスマスの演出で賑わう銀座のウインドウデザインを、資生堂・ミキモト・和光等、トップデザイナーの講師の方々と共に、解説を交えながら実際に歩いて見て回る、という企画です。


INAX 銀座ショールームに集合した予想を超える参加者の中、複数のグループに分かれ次々に銀座通りの街へと出発して行きました。
100_0888_2.jpg


ディスプレイ業界の普及と振興のため、DDAの会員である私も、弊社会員デザイナーと共にお手伝いとして参加しました。(といってもお手伝いしたのはデザイナー達だけで、私は写真を撮るだけでしたが・・・・。)


100_0923.JPG100_0907_2.jpg
100_0936_2.jpg100_0891_2.jpg

学生の方々の熱心な姿を見て、大変有意義な企画と感じました。銀座の、これだけ多くのウィンドウを一度にまとめて見る、という機会は今までに経験がなく、我々会員にとっても大変刺激となりました。


社団法人日本ディスプレイデザイン協会では、定期的にこのような交流の場を設けています。我が業界を目指す学生の皆さん、活きた情報を得られるこのような機会を是非活用されてはいかがですか?


100_0931_2.jpg


詳細は 社団法人日本ディスプレイデザイン協会公式サイト まで


ウェブマスター麻生でした。


Creator's Eye

カテゴリー

エントリー

バックナンバー

ライター紹介

  • ウェブマスター麻生
    • ・・・広報の視点で最新事例の紹介や会社リリース記事などを担当します。
  • 北海道産のフラヌール
    • ・・・好奇心のままさすらい、面白いものを見つけたらお知らせします。
  • 採用担当者なべ
    • ・・・人も会社も面白い事たくさん!働いて、見て聞いて考えて、色々書いてみます。
  • すみ
    • ・・・空間にまつわるヒト・モノ・コトについて、すみからすみまでお伝えします。
  • SWC
    • ・・・元空間デザイナーのフォトグラファーが、ワイドな視点で書き綴るフォトレポート、フォトエッセイ、フォトテクニックetc.
  • マーガレットあん
    • ・・・趣味は人間観察、日常に埋もれる小ネタを求めて日々奔走。楽しい話しお伝えしたいです。
  • 大坂一郎
    • ・・・おもに上方の日常の中から、いろいろとお伝えしたいと思います。

Copyright