Creator's Eye 社員発信! できたて情報! よもやま話 むらやま話・・・

都営交通創業100周年記念花電車

都営交通は創業100周年を記念し、今月1日から毎週末の休日に昭和53年以来33年ぶりに花電車を運行しました。


そしていよいよ明日30日、最後の運行が行われます。幸い10日、16日、23日の運行は晴天に恵まれ、運行した沿線には多くの見物客が訪れ、33年振りの花電車を祝していました。


この栄誉ある花電車のデザイン・製作には弊社が関わらせて頂きました。デザインは都営交通100周年を祝うバースデーケーキをイメージしたもので夜にはろうそくの部分に明かりがともり、一層華やかになります。


あと1日のみですが、同じ路線を二回走行します。最後の記念走行をお見逃しなく!


写真は10日、16日、23日の沿線での花電車の走行の模様です。


hanadensha.jpg


花電車運行スケジュールはこちら→運行スケジュール


SWCでした。

今年も原宿でCIRQUE DU SOLEILを観てきました!

今年も原宿ビッグトップの特設テントでシルク・ド・ソレイユの新作「KOOZA(クーザ)」を観てきました!
フジテレビがサポートしているので、先週の「笑っていいとも」や深夜の番宣で見た方も多いと思いますが先週からまたシルクがスタートしました。(2/2?5/8開催)


今回の新作は、KOOZA=「宝箱」がテーマらしく、サーカスの原点に近い演出だということです。
綱渡りや空中ブランコ、シルクらしい華やかな衣装も見所ですが、フラヌールの一番のオススメは、鬼?スターウォーズのダース・モール?みたいな男2人が、回転する2連のリングの内側や外側を飛び跳ねる、落ちそうな、飛び出しそうなハラハラドキドキ感が味わえる、本当にサーカスらしい「Wheel of Death(ホイール・オブ・デス」です。
 
SN3L0051.JPG


アーティスト(演者)のプロフィールをみると、サーカスの伝統があり専門の人材を育成する学校のあるロシアや中国出身の人が多いのは当然として、今回モンゴル出身の人が多かったので驚き!ロシアと中国の影響が強いモンゴルにサーカスの文化があることを知らなかったのは単なる勉強不足でしょうか。相撲だけじゃなのです。でも日本人アーティストがゼロなのは残念ですね。

最後に、最近お財布が薄いフラヌールには、席のほとんどが一番高いSS席というのは何とかならないか!!!と叫びたい衝動に駆られます。日本にもTKTSをつくろう!
 
Koozachirasi.jpg

「東京デザイナーズウィーク2010」にムラヤマ出展しました。

2010年10月29日(金)?11月3日(水・祝)まで、明治神宮外苑で開催された、「東京デザイナーズウィーク2010」にムラヤマが出展しました。


日本国内最大級のデザインイベント「東京デザイナーズウィーク2010」
そのメインコンテンツであるENVIRONMENTAL DESIGN TENT「環境」×「デザイン」をテーマにした新しいエキシビションであり、ムラヤマはそこに特殊ポリウレタン樹脂を使って新しく完成させた、【フツ・ラッシュ】(環境対応型の造形製品の総称)を出品させていただきました。


私フラヌールは10/31(日)19:00?22:00 ブースに立ってご説明をさせていただきましたが、海外からのお客さま、デザインを学ぶ学生さんが多く興味を持って質問していただき、自由な造形性と環境配慮を両立できるこの【フツ・ラッシュ】がもっと世間に知っていただけたらなら、きっとデザインの可能性が広がると強く感じることができました。
直接、年齢・性別・国籍の違うクリエイターの方といろいろ話をすることができて、自身デザイナーだった頃の感性を刺激されとても楽しかった!フラヌールでした。


TDW2010_063-.JPG


TDW2010_066.JPG

■【フツ・ラッシュ】を出品したムラヤマ Booth

COP10が名古屋で開幕

10/11(月)COP10(生物多様性条約第10回締約国会議)が名古屋国際会議場でスタートしました。
株式会社ムラヤマはCOP10の会場づくりに協力させていただいています。


正確には昨日10/11(月)から10/15(金)までが“COP/MOP5”(カルタヘナ議定書第5回締約国会議)、遺伝子組換え生物等の国境を越える移動から生じる損害についての責任と救済に関するルールと手続などについて議論する会議で、COP10の前哨戦的な会議です。
そして本当の意味での“COP10”は、10/15(月)からスタートし29(金)まで、最後の10/27(水)?29(金)は“ハイレベル・セグメント”と言われる閣僚級会合で、会議の結果合意できた内容が世界に向けて発表されます。


▼主催者:CBD(生物多様性条約事務局)カナダ・モントリオールと開催国政府
▼参加者:約8,000名(会議登録者 約5,000名:国連関係者・各国政府関係者・NGOなど
▼参加国・地域:193


COP10:生物多様性条約第10回締約国会議公式HP

■MOP5開会式のようす。2010/10/11 10:00?

cop10_001.JPG


■名古屋国際会議場アリーナ

cop10_002.JPG


■周辺で同時開催の生物多様性交流フェア

cop10_003.JPG


cop10_004.JPG


フラヌールもこの数ヶ月COP10に深く関わらせていただきましたがその話は次回させていただきます。

ウォーキング・ウイズ・ダイナソーを観る

北海道生まれのフラヌールです。

先月の土曜日(7/10)に横浜アリーナで「ウォーキング・ウイズ・ダイナソー」を観ました。
アジアでは初めて、なんだかおもしろそうなイベントの日本公演があるという番組を見ていて、すぐにチケットを取ろうとしましたがあっという間にSold out 。
周りでもチケットが取れなかったという声が多い中、先週追加公演があるのを見つけてすかさずゲットに成功。

舞台の造りは演出の都合もあり、一見前方の良い席ほど見づらいのでは?と思ってしまいますが、ここは本番を見てのお楽しみ。

でも恐竜の完成度は期待以上にすばらしい! 感激です。 よく出来ている。
皮膚がゆれる柔らかな感じ 大きな尻尾や首がよく伸びてバランスを取っている様子。
そして、巨体なのにあの動きの俊敏さは、制御技術もここまできたかと感動です。

%E2%96%A0Dinos_023.jpg


%E2%96%A0Dinos_027.jpg


%E2%96%A0Dinos_031.jpg


%E2%96%A0Dinos_041.jpg


%E2%96%A0Dinos_044.jpg


%E2%96%A0Dinos_051.jpg


%E2%96%A0Dinos_078.jpg

ちなみに、フラッシュの使用とムービー撮影は禁止ですが、フラッシュなしの静止画撮影はOKになってます、
でも、私のコンパクトカメラでは暗い中で俊敏に動く恐竜がしっかり捉えられなくて残念。
当日券や立ち見券も出ていますので諦めず、是非ライブで観てください。

この夏フラヌールのオススメイベントです。

Creator's Eye

カテゴリー

エントリー

バックナンバー

ライター紹介

  • ウェブマスター麻生
    • ・・・広報の視点で最新事例の紹介や会社リリース記事などを担当します。
  • 北海道産のフラヌール
    • ・・・好奇心のままさすらい、面白いものを見つけたらお知らせします。
  • 採用担当者なべ
    • ・・・人も会社も面白い事たくさん!働いて、見て聞いて考えて、色々書いてみます。
  • すみ
    • ・・・空間にまつわるヒト・モノ・コトについて、すみからすみまでお伝えします。
  • SWC
    • ・・・元空間デザイナーのフォトグラファーが、ワイドな視点で書き綴るフォトレポート、フォトエッセイ、フォトテクニックetc.
  • マーガレットあん
    • ・・・趣味は人間観察、日常に埋もれる小ネタを求めて日々奔走。楽しい話しお伝えしたいです。
  • 大坂一郎
    • ・・・おもに上方の日常の中から、いろいろとお伝えしたいと思います。

Copyright