Creator's Eye 社員発信! できたて情報! よもやま話 むらやま話・・・

1月5日より新年の営業を開始いたしました。

2017年1月5日、株式会社ムラヤマは本日より新年の営業を開始いたしました。
皆様お正月はいかがお過ごしでしたでしょうか。


今年は酉年。
大きく羽ばたく飛躍の年にするべく、社員一同充実した仕事始めを迎えました。


20170105up01s.jpg


皆様と様々な感動あるコミュニケーションをたくさん産みだせるよう、より一層のサービスを提供してまいります。

今年もムラヤマをどうぞ宜しくお願いいたします。

年末年始の営業のご案内

株式会社ムラヤマは、12月28日をもって2016年の業務を終了いたします。
年末年始のスケジュールは以下の通りです。
12月29日(木)から1月4日(水)まで年末年始の休業。
年始は1月5日(木)からのスタートとさせていただきます。
年末年始も、様々なステージで弊社スタッフがお手伝いさせていただいております。
皆様のお正月の彩りに華をそえることができたら幸いです。


20161228up03sc.jpg 20161228up01sc.jpg
20161228up04sc.jpg 20161228up02sc.jpg


今年も本社地区では、去りゆく一年に感謝を込めて、また、来る年の無事を祈る餅つきを行い、社員一同笑顔で納会を終えることができました。

今年も一年ありがとうございました。
また2017年もムラヤマを宜しくお願いいたします。
新年にまたお会いしましょう。
来る年が皆様にとって良い年となりますことを、心よりお祈りいたします。


20161228up05sc.jpg

「お城EXPO2016」にご来場いただきありがとうございました。

20161226up01sc.jpg
【開場前、嬉しい長蛇の列をつくっていただきました】

株式会社ムラヤマは公益財団法人日本城郭協会、株式会社東北新社、パシフィコ横浜と お城EXPO実行委員会を組織し、去る2016年12月23日から25日、城郭文化の進行と発展・城郭を擁する地域の観光振興・お城好きの方々の交流を目的に「お城EXPO2016」を開催いたしました。

20161226up02scP.jpg 20161226up03sc.jpg
【左:城めぐり観光情報ゾーン/右:イベントステージ】

国宝五城をはじめ日本中のお城が集まり、お城への愛があふれる情報発信が行われた城めぐり観光情報ゾーン。
併設したイベントステージではご当地キャラクターが大集合するなど大盛況となりました。

20161226up04sc.jpg 20161226up05sc.jpg
【左:現存十二天守模型展/右:お城EXPOフォトコンテスト】

その他、全国から応募されたお城EXPOフォトコンテストや全国の小中学生を対象とした城の自由研究コンテスト優秀作品展の展示、お城のジオラマや模型、写真展や城好きのための厳選プログラム・お城のスペシャリストの方々によるトークショーなど、会場となったパシフィコ横浜会議センターが1 階から5 階まで「お城」一色となった3日間でした。
残念ながらご紹介しきれませんが様々なコンテンツにご協力いただいた皆様ありがとうございました。

20161226up06sc.jpg 20161226up07sc.jpg
【左:城好きのための厳選プログラム会場/右:公儀隠密御奉行衆との記念撮影も!】

3日間で19,000人の方々にお越しいただきました。
なお、当日は熊本地震で被災した熊本城のパネル展示など熊本城復興支援コーナーも設置し、熊本城復興支援のための募金受付を行いました。
3日間で738,052円の募金が集まり、今回の主催でもある、公益財団法人日本城郭協会の「日本城郭協会熊本城復興義援金」を通じて、熊本城災害復旧支援金へ寄付いたします。
「お城EXPO2016」にご来場いただき、誠ににありがとうございました。


【『お城EXPO 2016』概要】
名  称:お城EXPO 2016
開催日時:2016年12月23日(金・祝)から12月25日(日)
開催会場:パシフィコ横浜 会議センター(神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1)
主  催:お城EXPO実行委員会、公益財団法人日本城郭協会、株式会社ムラヤマ、
株式会社東北新社、パシフィコ横浜
後  援:経済産業省、観光庁、神奈川県、横浜市、日本政府観光局(JNTO)、朝日新聞社、
読売新聞社、神奈川新聞社、tvk、ヒストリーチャンネル™、
一般社団法人日本旅行業協会、日本忍者協議会、北条五代観光推進協議会、
全国山城サミット連絡協議会
協  賛:ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル、アサヒカメラ、崎陽軒
ヒビノメディアテクニカル、JFEテクノス
協  力:日本出版販売株式会社、クラブツーリズム
内  容:<厳選プログラム>
     城メグリスト荻原さちこ氏プロデュースによる、城ファンのための講演会、フォーラム、
     トークショーを開催
     <テーマ展示>
     城めぐり観光情報ゾーン、お城シアター、城郭の浮世絵展 ?松?コレクション?、
     お城のジオラマ模型展、現存十二天守模型展、日本100名城写真展、
     熊本城復興支援コーナー、お城EXPO検定、お城EXPOフォトコンテスト、
     ワークショップ ほか

暑中お見舞い申し上げます。

暑中お見舞い申し上げます。
リオデジャネイロオリンピック2016の開会式まであと数時間。
リオデジャネイロと日本との時差は12時間とのことで、しばらく眠れない日々が続きそうですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。


8月8日、ムラヤマは114回目の創業記念日を迎えます。
当日は誠に勝手ながら、全社休業といたします。

創業記念日に際しまして、社長ブログを更新いたしました。
社長ブログはこちらから
『感性豊かな社員を育て、多くの人の感動を創出し、心豊かな社会をつくる』

合わせてご覧いただければ幸いです。


最後になりましたがムラヤマウェブサイトをリニューアルいたしました。
より一層の情報発信にこれからも努めてまいります。
今後ともよろしくお願い申し上げます。


暑さが厳しい折ではございますが、どうぞご自愛ください。

東京フェニックス・ラグビークラブ様とプレミアムパートナー契約を締結いたしました。

株式会社ムラヤマは女子ラグビークラブ東京フェニックス・ラグビークラブ様とプレミアムパートナー契約を締結いたしました。

弊社はこれまで様々なスポーツイベントのサポートに関わる事業を行ってまいりました。
そして、歴史的なスポーツの名場面、感動のシーンを数多く見つめてまいりました。

見る側として関わってきたスポーツに、これからはプレーヤーの皆様とも思いを共有し、競技をする側からの感覚も加えてより深く携わっていきたいと考えております。

更に、2020年に東京オリンピック・パラリンピックを控え、感動コミュニケーション企業として、今後なお一層スポーツ振興に積極的に貢献してまいります。


up20160209_phoenix_partner.jpg

1月5日より新年の営業をスタートいたしました。

2016年1月5日、株式会社ムラヤマは本日より新年の営業を開始いたしました。
お正月はいかがお過ごしでしたでしょうか。

仕事始めを迎え、ムラヤマも新しい年をスタートいたしました。
潤いあふれる感動コミュニケーションを創造する企業として、皆様と感動あるコミュニケーションをたくさん生みだしていけるよう、より一層のサービスを提供してまいります。

さて。  
弊社の今年の年賀状は「みんなでつくるムラヤマ」を具現化しました。
写真を見るとムラヤマに関わる何かが見えてくるはずです。


20160105up01.jpg


そう、弊社社員の手元にあるのは、ムラヤマロゴがかたどられた“飴”です。
ちょっと強引でしょうか。
飴づくりにもまじめに誠意を込めて取り組みました。
まずは・・・やっぱり“形”は大事にしないとね!ということで、揃いのユニフィームを持参。
気合が入っています。


実は、今年のお年賀は引き続き昨年大好評だったパパブブレさんの飴。
なんと今回は飴づくりを体験させてもらいました。
いつもキラキラとワクワクがつまっているパパブブレさんからの、思いがけないワクワク体験のプレゼント。
希望者が続出してお店を占拠してしまいました。
ひっきりなしにお店に来られるお客様も、びっくりされているご様子。
驚かせてしまい、すみません。


20160105up02s.jpg 20160105up03sc.jpg


飴づくりは、溶けた熱々の飴が冷えて固まるその間に行われます。
その短い間を逃さず、職人さんたちがまるで魔法をかけるように手際よく飴をつくっていく姿に、体験者一同夢中になりました。


20160105up04sc.jpg 20160105up05sc.jpg


私たちは飴づくりの工程の中で、飴の生地を練り伸ばし、そして、成形してカットするという部分を体験。
できるかな?というワクワクと不安が入り交ざる小さな冒険。
できた!とできない!が交互にやってくるような感じ、それでも、職人さんたちの根気強い指導(と熟練の技による見事な修正!!!)により飴づくり体験は無事終了。
体験でつくった飴もお年賀用の飴に混ぜていただきました。
その、ちょっと不格好な飴に私たちのワクワクとドキドキが入っています。


20160105up06sc.jpg 20160105up07sc.jpg
20160105up08sc.jpg 20160105up09sc.jpg


感動コミュニケーションとは何か。
こうしたワクワクやドキドキの中にその答えにつながるヒントがたくさんあるのだと気づいた体験となりました。
未知なる小さな冒険を終えて、いい笑顔があつまった集合写真を一枚。
快く迎えてくださったパパブブレの皆様、ありがとうございました。


20160105up10sc.jpg


2016年ムラヤマは新たな感動コミュニケーションへステップアップできるように、これからもワクワクやドキドキを探し、できれば生み出していきたい。
日々また精進し、そして冒険してまいります。
2016年もムラヤマをどうぞよろしくお願いいたします。

年末年始の営業のご案内

20151228up01.jpg


株式会社ムラヤマは、本日12月28日をもって2015年の業務を終了いたします。
年末年始のスケジュールは以下の通りです。
12月29日(火)から1月4日(月)まで年末年始の休業。
年始は1月5日(火)からのスタートとさせていただきます。

年末年始も、スポーツの祭典やカウントダウンイベントなど、様々なステージで弊社スタッフがお手伝いさせていただいております。
新年を迎える皆様の彩りとなるよう願っております。


今年は本社が豊洲に移ってはじめての納会ということもあり、東京地区ではエアキャップやビニールテープで作成したオリジナルボールを使って部対抗フットサル大会を開催し、来年の飛躍へ向けたムラヤマらしい弾みをつけました。

20151228up02.jpg 20151228up03.jpg
20151228up04.jpg 20151228up05.jpg


そして。
今年も、去りゆく一年に感謝を込めて、また、来る年の無事を祈る餅つきを行い、社員一同笑顔で納会を終えることができました。


20151228up06jpg.jpg 20151228up07.jpg


今年も一年ありがとうございました。
2016年もムラヤマを宜しくお願いいたします。
新年にまたお会いしましょう。
来る年が皆様にとって良い年となりますことを、心よりお祈りいたします。


20151228up08.jpg

第10回こよみのよぶね(2015)が開催されます

12月22日冬至の日、岐阜市の鵜飼観覧船乗り場前から長良川右岸プロムナードを中心とした河畔一帯にて「第10回こよみのよぶね(2015)」が開催されます。
地元の竹と和紙で制作された1月から12月までの暦を表す数字の行灯12個と、干支の『未』の行灯が屋形船にのせられ、金華山の麓の長良川を流れます。
過ぎ行く時を振り返り、また来る時に思いを馳せる岐阜の冬の風物詩として愛されている「こよみのよぶね」。
今年は10回目ということで10周年の写真展も長良川うかいミュージアム四阿にて開催されています。
詳細は「第10回こよみのよぶね(2015)」ホームページをご覧ください。


株式会社ムラヤマは「第10回こよみのよぶね(2015)」に協賛しております。

第25回 国際ミーティング・エキスポ(IME2015)が開催されました

20151211ime2015up01sc.jpg



第25回 国際ミーティング・エキスポ(IME2015)
が東京国際フォーラムにて12月9日・10日の両日、開催されました。
国際ミーティング・エキスポ(IME)は、観光庁(JTA)、日本政府観光局(JNTO)、一般社団法人日本コングレス・コンベンション・ビューロー(JCCB)が主催となっており、会議開催施設や観光資源等MICE(Meeting、Incentive、Convention、Event/Exhibition)に関する様々な情報に加え、有意義な商談・情報交換を行う国内唯一のMICEトレードショーです。


このIME2015に一般社団法人日本コンベンション協会(JCMA)が出展しました。
一般社団法人日本コンベンション協会(JCMA)は一般社団法人日本PCO協会(JAPCO)と一般社団法人日本コンベンション事業協会(CPA)が2015年4月1日に新設合併し、国内最大のコンベンション団体として発足となりました。
ムラヤマはIME出展など積極的に一般社団法人日本コンベンション事業協会(CPA)活動に参画してまいりましたが、今後もJCMAに正会員として参加し、同協会活動を支援し、MICE業界発展に貢献してまいります。


20151211ime2015up02sc.jpg

20151211ime2015up03sc.jpg

JAPAN EXHIBITION FORUM 2015に出展いたしました。

株式会社ムラヤマは去る12月9日、JAPAN EXHIBITION FORUM 2015に出展いたしました。


20151209JEFup01.jpg

一般社団法人 日本展示会協会主催のJAPAN EXHIBITION FORUM 2015では世界の展示会先進国からもスピーカーを招いた充実したセミナープログラムも併催され、全国の展示会主催者、展示会場、関連サービス業をはじめ、各種展示会への出展を検討している企業の展示会責任者、政治行政関係者など、展示会に関わる全ての方々に向けて、展示会産業がまるごとわかる『展示会業界の展示会』となりました。


20151209JEFup02.jpg 20151209JEFup03.jpg


その中で、今回のムラヤマブースは、展示会の出展・来場者・セミナー受付、また、アンケートやメール配信サービスなどを管理するソリューションとして展示会ウェブシステムをご提案いたしました。
株式会社ムラヤマはこの展示会ウェブシステム(EXMシステム)を通して、主催者、出展者、来場者、その他展示会に関わる全ての方々の利便性の向上をはかり、スムーズな展示会運営に寄与していきたいと考えております。


20151209JEFup04.jpg

2015国際展示会展に出展いたしました。

株式会社ムラヤマは去る11月25日、2015国際展示会展 International Exhibition EXPO 2015 - 来年、海外でビジネス チャンスを掴みたい企業のための『海外展示会の展示会』-に出展いたしました。


2015国際展示会展では、初めての海外出展でも役立つセミナーが充実。
また、海外展示会主催者なども出展し、展示会関係者と直接対話ができる機会が創出されました。


20151125up01cs.jpg 20151125up02cs.jpg
20151127up03cs.jpg 20151125up04s.jpg


海外でのビジネスチャンスはどういうチャンスなのか。
海外市場に打って出るにはどうしたらいいのか。
市場調査や、販路開拓のパートナー探しなどを展示会で掴むためのノウハウがつまった一日となりました。



私たちムラヤマは、中国拠点である村山(上海)展示服務有限公司、シンガポール拠点であるMURAYAMA Singapore Pte. Ltd.と連携し、 世界で活躍される皆様のグローバルコミュニケーションのお手伝いをいたします。
アジア・そして世界へと「感動の創造と共有」の輪を広げてまいります。

ムラヤマが推進しているグローバル事業のご紹介へはこちらから

村山(上海)展示服務有限公司へはこちらから
MURAYAMA Singapore Pte. Ltd.へはこちらから

第44回東京モーターショー2015が東京ビッグサイトにて開催されています。

第44回東京モーターショー2015が東京ビッグサイトにて開催されています。


東京モーターショーは1954年に第1回全日本自動車ショウとして東京・日比谷公園でスタートして以来、たくさんの憧れや、夢と感動を魅せ続け、60年あまりの歴史を重ね、今回で第44回目を迎えました。

世界一のテクノロジーモーターショーを目指す第44回東京モーターショーのテーマは「きっと、あなたのココロが走り出す。」 “Your heart will race.”

それにふさわしく、76台のワールドプレミアと、68台のジャパンプレミアとして発表され、多くの賑わいをみせています。
会期は11月8日(日)まで残り僅かとなりました。
皆様もぜひ第44回東京モーターショー2015で、心躍るような感動体験をしてみてはいかがですか。


第44回東京モーターショー2015公式サイトへはこちらから


ムラヤマは第44回東京モーターショー2015においても数多くの感動演出をお手伝いしております。

ムラヤマは第3回豊洲ワールドフェスティバルに協賛いたします。

感動コミュニケーション企業であるムラヤマは、本年より豊洲が本社所在地となりました。
地域社会を豊かにするための活動支援を行っている弊社は、その一環として、第3回豊洲ワールドフェスティバルに協賛し、地域のコミュニケーションの活性化と、子供たちの笑顔づくりをお手伝いいたします。


10月25日(日)に、江東区立豊洲公園とその周辺地域にて開催される第3回豊洲ワールドフェスティバルは、「こどもたちの未来をつくる」をテーマにして、「豊洲カーニバル」と「ハロウィンパレード」の二つのイベントから成ります。
思い思いの仮装が楽しめるパレードの他、飲食や物販ブース、観光PRブースが魅力的なワールドマルシェなど秋の行楽にもぴったりな催しです。



第3回豊洲ワールドフェスティバル公式サイトへはこちらから



皆様もぜひ、第3回豊洲ワールドフェスティバルにいかれてみてはいかがでしょうか。

親子で楽しむ絵本イベント「第1回 えほんはく in 藤野芸術の家 」を開催いたします。

unnamed.jpg


ムラヤマは親子で楽しむ絵本イベント「第1回 えほんはく in 藤野芸術の家」を開催いたします。
500冊の絵本が読み放題となる他、親子で楽しめる朗読劇、えほんのどうぶつのワークショップ、ボランティアによるよみきかせマラソンなどを行います。
当日は絵本を選書してくださった「鳥たちは空を飛ぶ」の作家である目黒実氏が来場され、サイン本も販売されます。
入場は無料(一部有料イベント、ワークショップがあります)。
会場は神奈川県立 藤野芸術の家、開催は10月17日(土・10時から17時)、18日(日・9時から15時)です。
絵本の楽しさのすべてが詰まった2日間となります。
ぜひご来場ください。


ムラヤマは感動コミュニケーション企業として、「えほんはく」を推進してまいります。


開催概要
名称:第1回 えほんはく in 藤野芸術の家
会場:神奈川県立 藤野芸術の家
開催日:10月17日(土)10時から17時/10月18日(日)9時から15時
入場料:無料(一部有料イベント、ワークショップがあります。)
主催:株式会社ムラヤマ えほんはく実行委員会
共催:一般社団法人 かながわ青少年協会
協賛:日本化工機材株式会社
協力:ヒビノメディアテクニカル株式会社
選書監修:目黒実氏
展示協力:おぐらひろかず氏
物販協力:シマオカナ氏、小林裕美子氏、カミカラ(順不同)

東京都美術館企画展「キュッパのびじゅつかん」が開催中です

企画展「ノルウェーから東京・上野へ!キュッパのびじゅつかん―みつめて、あつめて、しらべて、ならべて Kubbe Makes an Art Museum - by seeing, gathering, studying and exhibiting」 が東京都美術館で開催されています。


ムラヤマはこの東京都美術館企画展「キュッパのびじゅつかん」内の日比野克彦氏プロデュース「bigdatana - たなはもののすみか」に制作協力しております。


ノルウェーのオーシル・カンスタ・ヨンセン氏作の絵本『キュッパのはくぶつかん』。
森でいろいろなものを集めてくるのが大好きな丸太の男の子、キュッパが主人公として活躍するこの物語を入口に、多様なモノを分類し並べることから見える世界や、それを誰かと共有する楽しさを体感できる参加型展覧会です。
会期は10月4日(日)まで。
皆様もぜひ「キュッパのびじゅつかん」で「みつめて、あつめて、しらべて、ならべて」みてはいかがでしょうか。


「ノルウェーから東京・上野へ!キュッパのびじゅつかん―みつめて、あつめて、しらべて、ならべて Kubbe Makes an Art Museum - by seeing, gathering, studying and exhibiting」 
ウェブサイトへはこちらから

1月5日より新年の営業をスタートいたしました。

20150106up01_00.jpg



株式会社ムラヤマは1月5日より新年の営業をスタートいたしました。
お正月はいかがお過ごしでしたでしょうか。
年末年始に本社・東京オフィスを統合、豊洲へ移転し、社員一同気持ちを新たに、仕事始めを迎えました。
潤いあふれる感動コミュニケーションを創造する企業として、より一層のサービスを提供してまいります。



色々とりどり、味いろいろ感動あります。

オリジナルデザインの飴をあしらった年賀状。

お年賀用にも実際に9種類のデザインと味の飴を作りました。


20150105up02.jpg


色々な味わいを醸しだすムラヤマらしさがでていると思います。


今年もムラヤマをよろしくお願いいたします。

年末年始の営業のご案内

株式会社ムラヤマは、本日12月26日をもって2014年の業務を終了いたします。
年末年始のスケジュールは以下の通りです。
12月27日(土)から1月4日(日)まで年末年始の休業。
年始は1月5日(月)からのスタートとさせていただきます。
年末年始も、カウントダウンイベントなど、様々なステージで弊社スタッフがお手伝いさせていただいております。
皆様のお正月の彩りに華をそえることができたら幸いです。


皆様のおかげで、今年も無事に、一年を過ごすことができました。
そして、本社と東京オフィスについては文京区後楽の地で迎える最後の納会となり、長い間の感謝を込めて、また、来る年一年の無事を祈り餅つきを行いました。


今年も一年ありがとうございます。
また2015年もムラヤマを宜しくお願いいたします。
新年にまたお会いしましょう。
来る年が皆様にとって良い年となりますことを、心よりお祈りいたします。

平和祈念展示資料館 企画展『カメラがとらえた引揚げと子どもたち』

平和祈念展示資料館において、企画展『カメラがとらえた引揚げと子どもたち』が開催されています。
約320万人におよぶ「海外からの引揚者」の方々の中には、生まれたばかりの赤ん坊や、やっと歩けるようになった小さな子どもたちもいました。
企画展『カメラがとらえた引揚げと子どもたち』では、飯山達雄氏と三宅一美氏が撮影した写真を中心に、引揚船の様子や子どもたちの姿が紹介されています。


入場 無料
会期 平成27年1月25日(日) まで
開館 午前9時30分から午後5時30分 (入館は午後5時まで)
休館日:平成26年11月25日(火)、12月22日(月)
平成26年12月28日(日)から平成27年1月4日(日)
※会期中、一部展示替えを行います。
※平和祈念展示資料館ウェブサイトへはこちらから
平和祈念展示資料館ウェブサイト

大館・北秋田芸術祭2014 「里に犬、山に熊。」の「魚座造船所」に協力いたしました

現在、第29回国民文化祭・あきた2014が開催されています。
開催地の秋田県では、国民文化祭に呼応するように、この夏から各地でアートプロジェクトの開催が企画されました。
その一つ、秋田県北部に位置する大館市、北秋田市にて11月3日(祝・月)まで、大館・北秋田芸術祭2014『里に犬、山に熊。』が、開催されています。
街に、山に、その地に分け入ってアートに出会う―五感で感じて、旅する芸術祭です。


20141023up01.jpg


芸術祭のアートプロジェクトの一つ「魚座造船所」は、秋田県の北部中央に位置し、森吉山麓など自然豊かな北秋田市森吉地区にある旧浦田小学校(北秋田市浦田字上岱5)にて開催されています。
2007年の第22回国民文化祭での、徳島県上勝町徳島県上勝町で行われた「射手座造船所」からはじまった日比野克彦氏のアートプロジェクト「造船所プロジェクト」では、「船を作ることによって会話ができ、集まる場が生まれ、一つの共通の目的が生まれること」が造船所を作る目的の一つとのこと。
実際にこの活動を通して人が集まり、今後も人が集まる場ができたそうです。
地元の人々とつくる、その土地の杉の木を使った船。
今回、北秋田市で制作された「魚座造船所」は、制作が発表された3月にちなんだ星座名から名付けられました。


小学校だった頃の面影が残る素敵な校舎と森に抱かれたグランドに佇む「魚座造船所」。
家族連れが訪れては、ブランコが小さく、そして気持ちよさそうに揺れているのが遠くから見えました。


会期も残りわずか。
晩秋の秋田へ、森の中の新たな集いの場所として北秋田市の廃校・旧浦田小学校に帆を上げた「魚座造船所」を見にいかれてはいかがでしょうか。


20141023up02.jpg 20141023up03.jpg
写真左:「魚座造船所」の他にも、校庭や奥に見える校舎内でアートプロジェクトやワークショップなどが開催されています。
写真右:船内の様子。空に向かって漕ぐブランコは爽快です。


ムラヤマは大館・北秋田芸術祭2014 「里に犬、山に熊。」の「魚座造船所」に協力いたしました。

残暑お見舞い申し上げます

残暑お見舞い申し上げます。
暑さが身にしみる季節。
皆様いかがお過ごしでしょうか。


8月8日、ムラヤマは112回目の創業記念日を迎えます。
当日は誠に勝手ながら、全社休業といたします。


夏も折り返し地点。
夏を満喫するには少し日差しが厳しいですが、ぜひ今年の夏も素敵な夏にしたいものです。
花火にスイカにカキ氷、盆踊りに夏祭り…。
まだまだ、夏はこれからです。
猛暑の折、どうぞご自愛ください。
イノKでした。

「これがプロのお祭りだ!超・お祭り。」

東京ディスプレイ協同組合の設立50周年を記念して、8月1日(金)・2日(土)の二日間、日比谷公園大噴水広場・にれの木広場にて、これがプロのお祭りだ!「超・お祭り。」が開催されます(入場無料)。


会場では、東京ディスプレイ協同組合の50年の歴史を振り返ると共に、モノ作りのプロが教える日曜大工体験などが行えるDIYコーナーや、夏祭りの定番である、焼きそばやお好み焼きはもちろんのこと、見たことが無いような珍しい屋台まで、約30店舗が出展。
「超・お祭り。」を盛り上げます。

ステージでも日比野克彦氏、假屋崎省吾氏など、著名クリエイターを招いてのトークショーのほか、創作和太鼓ユニット「彩生(SAIKI)」の美しいパフォーマンスなど充実の内容です。

さらに、第2部(夜の部)では、夏祭りには欠かせない盆踊りの櫓出現。
マツケンサンバでお馴染みの真島茂樹氏が振付けした「超・お祭り。」オリジナル盆踊り「東デ協音頭」で、皆様も「超・お祭り。」を満喫してみてはいかがでしょうか。

詳細はこれがプロのお祭りだ!「超・お祭り。」公式サイトまで。
イノKでした。


ムラヤマは、これがプロのお祭りだ!「超・お祭り。」に協賛しております。

STAND UP SUMMIT 2014

「STAND UP SUMMIT 2014」が8月11日(月)に東京ビッグサイトにて開催されます。
(主催:株式会社東京ビッグサイト/共 催:東京都)
コンセプトキーワードは「STAND UP!」「ソコヂカラ」。


東日本大震災から3年。
これからの復興を担うヒト、とくに若者たちが中心となった各世代参加型の復興支援イベントです。
一般来場者向けプログラムでは、東日本大震災で発生した津波の流木からつくられたヴァイオリン「TSUNAMIヴァイオリン」と12人のヴァイオリニストコンサートや、パラリンピアン佐藤真海氏のトークショー。
13 歳にして米歌手ビヨンセや英歌手エルトン・ジョンなどとの共演経験もあるシンガー・ソングライター、イーサン・ボートニック氏の特別コンサートなども開催されます(事前申込制)。


皆様もぜひ、「STAND UP SUMMIT 2014」にいかれてみてはいかがですか。
詳細は「STAND UP SUMMIT 2014」公式サイトまで。
イノKでした。


ムラヤマは「STAND UP SUMMIT 2014」に協賛しております。

Futu Rush®が日展協アワード2014新技術・新サービス賞を受賞いたしました

5月26日(月)東京ビッグサイトにて、2014年度の日展協アワードの受賞式が行われました。
「日展協アワード」は日本展示会協会により2002年からスタート。
展示会産業の振興と活性化に貢献のあった法人および個人が顕彰、展示会産業の一層の振興を促進することを目的に実施されている表彰制度です。
受賞式では、日展協アワード2014の受賞企業、個人が発表、表彰されました。


弊社は「Creative Material ”Futu Rush®”」において、「従来の展示会造形素材(FRP:強化プラスチック等)と比較し、軽量かつ制作時間の短縮が実現できるほか、有機溶剤を含まないため廃棄の際の環境保全にも考慮した点が高く評価できる。また設計の自由度が比較的高いことや、軟質素材も選択可能なことから児童遊具などの応用も可能なため、造形の将来的な発展への期待ができる。」との理由から新技術・新サービス賞を受賞いたしました。


0062_large_20140604up.jpg P5260003_20140604up.jpg>

10回記念!!!ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2014!!!

若葉の緑もだいぶ濃くなってきました。
大型連休の天気が気になる今日この頃、皆様いかがお過ごしですか。
さて、今年もラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2014が5月3日から5月5日まで開催されます(前夜祭スペシャルイベント5月2日開催)。
会場は東京国際フォーラム、よみうりホール、よみうり大手町ホール及び大手町・丸の内・有楽町エリア。

1995年にフランスの港町ナントで誕生したクラシック音楽祭、ラ・フォル・ジュルネがはじめて日本に上陸した2005年から10年、延べ577万人が熱狂しました。
今回のテーマは「10回記念 祝祭の日 Jours de Fêtes」。
「Fête」は「Festival=祝祭」を、「Jour」は「La Folle Journée」の「Journée」と同じく「日」を意味し、まさに10回目の開催を祝う記念の音楽祭となります。

そんな今年のラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン。
これまでのラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンで素敵な音楽を聴かせてくれた作曲家たち、ヴィヴァルディ、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、ショパン、ブラームス、チャイコフスキー、ドヴォルザーク、ラヴェルに、アメリカからやって来た新しい仲間ジョージ・ガーシュウィンを迎えた10人の大作曲家が、 10回目を祝うパーティに大集合。
彼らと、彼らの大切な友だちや先生とともにめぐる、クラシック250年間の歴史をたどる時間旅行では、誰もが一度は耳にしたことがある名曲が目白押しです。

さらに!今年20回目を迎え「アメリカ」をテーマに開催されたナントのラ・フォル・ジュルネから10回記念の東京へプレゼントされた、ジャズ、ミュージカルなどアメリカから登場した新しい音楽に出会う旅や、たとえ名作でも生で聴ける機会がない知られざる傑作を堪能する旅。
毎年恒例の、“0歳からのコンサート”のほか 無料コンサートやキッズプログラムなど充実したプログラム、ベビー&キッズと一緒に!心躍るクラシック版ダンスミュージックの旅などなど。
心躍る音楽の旅が待っています。

あるときは18世紀のウィーン、またあるときは19世紀末パリ、そして20世紀のアメリカから21世紀へ。
朝から晩まで魅力的なプログラムを気軽にはしごでき、初心者から愛好家まで、誰もが音楽をもっと楽しめるように、多彩な企画が盛りだくさんです。
今回ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンのメインビジュアルでは、アーティスティック・ディレクターのルネ・マルタン氏が両手を大きく広げて10人の作曲家に「C'est la Fête!(パーティしよう)」と呼びかけています。
皆様もラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン10歳の誕生パーティにぜひ!参加されてみてはいかがですか。
詳しくはラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2014公式サイトをご覧下さい。

イノKでした。

ムラヤマはラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2014に協賛しております。

2014年1月6日より新年の営業をスタートいたしました

株式会社ムラヤマは2014年1月6日より新年の営業をスタートいたしました。
皆様お正月はいかがお過ごしでしたか。
今年は午年。
馬に因み、「物事が”うま”くいく」「幸運が駆け込んでくる」縁起のいい年となるように、社員一同充実した仕事始めを迎えました。
潤いあふれる感動コミュニケーションを創造する企業として、より一層のサービスを提供してまいります。
今年もムラヤマをよろしくお願いいたします。




年末年始の営業のご案内

株式会社ムラヤマは、本日12月27日をもって2013年の業務を終了いたします。
年末年始のスケジュールは以下の通りです。


12月28日(土)から1月5日(日)まで年末年始の休業。
年始は1月6日(月)からのスタートとさせていただきます。


年末年始も、第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会やカウントダウンイベントなど、様々なステージで弊社スタッフがお手伝いさせていただいております。
第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会は元旦に現在の国立競技場で行う最後の決勝戦が行われます。  
天皇杯最後の聖地国立を、現地に観戦に行かれる方はもちろん、テレビでもぜひご覧ください。  
年末年始はイベントが盛りだくさん。
皆様のお正月の彩りに華をそえることができたら幸いです。





皆様のおかげで、今年も無事に、一年を過ごすことができました。
そして。
感謝を込めて、また、来る年一年の無事を祈る餅つきを行う日を迎えることができました。
ありがとうございます。
2014年もムラヤマを宜しくお願いいたします。
新年にまたお会いしましょう。
来る年が皆様にとって良い年となりますことを、心よりお祈りいたします。
イノKでした。

第43回東京モーターショー2013の会期も残りわずかとなりました!




寒さが緩んだり、厳しくなったり、体調管理が難しい季節となりました。
冬の入り口、皆様風邪などひかれていませんか。

さて。 
第43回東京モーターショー2013の会期も12月1日までと残りわずか。 
クルマやバイクと、そこに関わる全ての「世界にまだない未来」を体感しに、会場の、東京ビッグサイトへ向かいました。


 



会場入り口付近には、入場券売り場に長い長い列が。  
活気のある光景に、東京モーターショーへの期待が膨らみます。 

世界初公開のコンセプトカーの向こうでは、CMでおなじみの大きな人形が。 
画像ではよくわからないのですが、クルマを呼び止めるかのような人形が手をあげています。 
コンセプトカーの後ろにまわってみると、CMのとおり仲良くカップルで立っていました。 

別のブースの人だかりの奥を良く見てみると、そこには復活した二人乗りオープンカーが。
なんと着せ替えができるスポーツカーに生まれかわっていました。 
ちょうど、この時はブースにてデモンストレーションの真っ只中。 
フェンダーやボンネットなどが手早く着せ替えられていく姿は、まるで、スマートフォンのカバーをとりかえるようでした。 







モーターショーの楽しみの一つであるレーシングカー。 
ルマン24時間レースなど、数々のレースで素晴らしい成績をおさめた名車も登場。 
かっこいいの一言につきます。

今回はなんと、公道を走ることができるレーシングカーも。
アマチュアも楽しめるということで、レーシングカーに乗る夢が、現実に一歩近づきそうです。

そして、デザイン工房がつくったモビリティ、カロッツェリアも見所の一つ。
トラクターの概念を一新するかのようなコンセプトトラクターや、”地産地商”の超小型EV用シャシー(自動車などの本体、車体)。
その他にも、洗練された三輪スポーツカー、エネルギーの未来とともに進化する電動三輪車や、夢のつまった学生製作の超小型モビリティなど、どれも個性豊かです。






いつも大人気、東京モータショー記念のミニカーを購入したら、いよいよ最後はSMART MOBILITY CITY 2013(〜KURUMA NETWORKING … くらしに、社会に、つながるクルマたち〜)へ。
こちらでは、 クルマの未来が紹介されていました。

衝撃の水素小僧、かわいいだけでなく、燃料電池の仕組みをわかりやすく教えてくれます。

モータショー最後の締めくくりはセグウェイで締めよう・・・と思ったのですが。
残念ながら本日は終了とのこと。
それでも大満足で会場を後にしました。
クルマやバイクと、そこに関わる全て、そしてすぐそばにある暮らしの「世界にまだない未来」を体験しに、皆様も第43回東京モーターショー2013へ行かれてみてはいかがですか。
詳細は第43回東京モーターショー2013公式サイトまで。
イノKでした。

ムラヤマは第43回東京モーターショー2013のブースなど数多くお手伝いしております。
実績紹介では、弊社の展示会におけるさまざまなプロジェクト実績をご紹介しております。 

第43回東京モーターショー2013が開幕!!!

第43回東京モーターショー2013が、東京ビッグサイトにて開幕しました。 
会期は、12月1日(日)(一般公開日11月23日(土)から)まで。 
「世界にまだない未来を競え。」“Compete! And shape a new future.”をテーマに開催されています。 
モーターショーの楽しみのひとつ、世界初のお披露目のクルマ「ワールド・プレミア」が何台発表されるのか。 
また、どのクルマがベストワンに輝くのか、日本カー・オブ・ザ・イヤーの発表会も気になります。 
子供も大人もモーターファンも…。 
最新情報から、ディープな世界まで。 
クルマの今、そして未来がわかる第43回東京モーターショー2013にぜひ行かれてみてはいかがですか。
詳細は第43回東京モーターショー2013公式サイトまで。

創業111周年記念事業を開催し、二つの世界記録を達成いたしました。




株式会社ムラヤマは1902年(明治35年)東京府東京市神田区東松下町に旭組村山装飾舎として開業以来、本年、創業111年を迎えることができました。ひとえに多くの皆様の温かいご支援のおかげと深く感謝しております。また、創業記念事業を行うため8月30日を臨時休業とさせていただきました。当日はご理解、ご協力を賜り誠にありがとうございました。 
 
 
 
創業111周年記念事業として、「Challenge for 111 トリプル世界記録への挑戦」と題し、この「1」が3つ揃う年にちなみ、国技館(東京都墨田区)にて3つの世界記録に挑戦いたしました。残念ながらその中の1つである「最も長いハイファイブ(ハイタッチ)チェーン」は未達成に終わりましたが、「最も多くLEDライトを同時に点灯した数」と「くすだまの最大(多)ディスプレイ」の世界記録を2つ達成いたしました。 
一緒にお仕事をさせていただいている皆様、関連会社ムラック、そしてムラヤマ社員とその家族が一堂に会し、力を合わせて達成出来た「大きな記録」は、ムラヤマの新たな「大きな記憶」になりました。開催にご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。 

 





創業より今日まで、展示会、見本市、博覧会、式典、各種イベント、商業施設、アミューズメント施設といった空間を創り出し、「人と人」、「人とモノ」、「人と情報」が出会うコミュニケーションの場を演出してまいりました。そして。そこには多くの感動が生まれました。これからも、世の中に多くの大きな感動を送り続けることが我々のビジネスの本流と考え、この度の世界記録にも感動の輪を内外に広げていきたいとの思いをもって挑戦いたしました。私たちムラヤマは創業111年を迎え、これからも感動を創り社会に貢献してまいります。これまで同様、ご指導ご鞭撻の程、何卒よろしくお願いいたします。 

暑中お見舞い申し上げます

暑い日が続いています。 
皆様いかがお過ごしでしょうか?
株式会社ムラヤマは、8月8日(木)111回目の創業記念日を迎えます。
1902年(明治35年)の開業以来、じつに多くの皆様の温かいご支援を得て今日を迎えることができました。
ここに改めて御礼申し上げます。


当日は誠に勝手ながら、全社休業といたします。
また、本年は111周年事業開催のため、8月30日(金)を臨時休業といたします。
ご迷惑をおかけするかと思いますが、何卒ご了承の程、よろしくお願いいたします。


2012年の8月8日はロンドンオリンピックの真っ只中でした。
今年の8月8日は夏の甲子園の開会の日です。
2013年はどのような夏になるでしょうか。
猛暑の折、どうぞご自愛ください。
イノKでした。

新しいサイト『Dessa』をオープンいたしました!!!

新しいサイト『Dessa』をオープンいたしました。
Dessaとは、クリエイターの方々を紹介し、
クリエイティブワークを探しているビジネスユーザーと結びつけるプラットフォームです。
「デ」ザイナーとイラストレーターを「さ」がすサイト。 
デさ、Dessa、Desa。

Desaとは、フランス語で「彼/彼女のもの」
イタリア語でsaは「知っています」という意味を持っています。


彼や、彼女のクリエイティブワークを通じて、
たくさんの方々の生活が少しでも“より良いもの・より楽しいもの”になりますように。

アートのある暮らし、や身近なアートに接する機会を増やしたい!
との思いで発足しました。
デザイナーやイラストレーター、
クリエイティブワークに携わる人たちを、『Dessa』がレコメンドしてゆきます。

 
新しいサイト『Dessa』をこれからもよろしくお願いいたします!

詳しくはこちら↓をご覧下さい。 
『Dessa』 
イノKでした。 

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2013まもなく開幕!!!

まだまだ肌寒く感じることもありますが、新緑の5月、そして待望の(!?)ゴールデンウィークが近づいてきました。
皆様いかがお過ごしですか。


さて、今年もラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2013が5月3日(金・祝)から5月5日(日)まで、東京国際フォーラムよみうりホール及び東京・丸の内エリア全体で開催されます。
テーマは、「パリ、至福の時」。


ラ・フォル・ジュルネは、フランス北西部の港町ナントで、1995年に誕生したクラシック音楽祭です。
その後、フランス国外にも開催地が拡がり、2005年からは東京国際フォーラムで開催。 
日本国内でも東京の他に、金沢、新潟、びわ湖、鳥栖で開催され、その音楽の輪は世界へ拡がり、人気を博しています。 


9回目の東京のラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンでは、満を持して、ラ・フォル・ジュルネの故郷であり、この音楽祭のアーティスティック・ディレクターであるルネ・マルタン氏の母国フランスの作曲家たちが紹介されます。
さらに、20世紀初頭にパリで巻き起こったスペインブーム。
世界の音楽シーンを牽引していたパリに学んだスペイン出身の作曲たちがつくった独自な音楽や、スペインの民族音楽を取り入れたエキゾチックな魅力を放つ楽曲も今回の注目ポイントです。 


朝から晩までいくつものプログラムを気軽にはしごでき、 丸の内の街全体が音楽であふれます。
初心者から愛好家まで誰でも、音楽をもっと楽しめるように、様々な企画が盛りだくさんです。 
皆様もぜひ、世界の芸術の都パリ、そしてフランスの魅力を満喫されてみてはいかがですか。 
詳しくはラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2013公式サイトをご覧下さい。 


イノKでした。


ムラヤマはラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2013に協賛しております。

Futu Rush® OSAKA FACTORY開所式を行いました

花粉症シーズンが到来すれば、長かった冬もあと少し。 
春が待ち遠しい今日この頃、皆様いかがお過ごしですか。 
さて、ムラヤマでは2013年2月26日にFutu Rush® OSAKA FACTORYの開所式を行いました。 
 
 
20131317up_frc_ssc.jpg 
 
 
Futu Rush® OSAKA FACTORYは、2010年9月17日より東京で稼働している八王子ファクトリーに続き、関西方面での「フツ・ラッシュ」製作拠点としてオープンいたしました。 
「フツ・ラッシュ」はリサイクルが可能、運搬時のCO2排出量を軽減できるなど環境に優しく、FRPに替わる環境配慮型造型材として、ムラヤマが原型から造型製作加工までを自社工場で提供しています。
「フツ・ラッシュ」に関する詳しい情報はhttp://www.futurush.jpをご覧ください。
イノKでした。 

2013年営業開始いたしました。

2013年1月7日、株式会社ムラヤマは本日より新年の営業を開始いたします。
皆様お正月はいかがお過ごしでしたか。 
今年は巳年。
脱皮を繰り返し大きくなっていくヘビのように、一皮も二皮もむけて2013年を飛躍の年にするべく、ムラヤマも充実した仕事始めを迎えました。
今年も、皆様と様々な感動あるコミュニケーションをたくさん生みだしていけるよう、より一層のサービスを提供してまいります。


2013%E5%B9%B4%E5%B9%B4%E8%B3%80%E7%8A%B6%E6%96%87%E5%AD%97s.jpg


今年もムラヤマをどうぞ宜しくお願いいたします。
 
イノKでした。 

年末年始の営業のご案内

株式会社ムラヤマは、本日12月28日をもって2012年の業務を終了いたします。 
皆様のおかげで、今年も無事に、餅つきを行う日を迎えることができました。 
ありがとうございます。
2013年もムラヤマを宜しくお願いいたします。

年末年始のスケジュールは以下の通りです。
12月29日から1月6日冬季休業。 
年始は1月7日(月)からのスタートとさせていただきます。 
 
年末年始も、天皇杯サッカーやカウントダウンイベントなど、様々なステージで弊社スタッフがお手伝いさせていただいております。 
新年を迎える皆様の彩りとなりますよう願っております。  

 
20121228%E5%80%99%E8%A3%9C_2.jpg20121228%E5%80%99%E8%A3%9C_3.jpg
20121228%E5%80%99%E8%A3%9C_7.jpg20121228%E5%80%99%E8%A3%9C_6.jpg
 
 
来る年が皆様にとって良い年となりますことを、心よりお祈りいたします。
新年にまたお会いしましょう。

イノKでした。

FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2012

寒さが本格的になってきました。 
風邪の季節ではありますが、皆様いかがお過ごしですか。 
 
 
さて、今年もクラブチームによるサッカーの世界一を決める大会が日本にやってきました。 
TOYOTA プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2012が開催中です。 
昨日は豊田スタジアムにて、蔚山(韓国)と サンフレッチェ広島が対戦し、サンフレッチェ広島がアジア王者蔚山(韓国)に2 - 3で勝利しました。 
本日は横浜国際総合競技場にて準決勝2戦目、モンテレイとチェルシーが対戦します。 
いよいよ、チェルシーの登場です。 
さて、どんな試合になるか、皆様もぜひ、会場でテレビで応援してください。

詳しくは FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2012web-siteまで。 
 
 
ムラヤマはFIFAクラブワールドカップジャパンをお手伝いしております。
年末を彩るサッカーの祭典を観戦している時、今年も弊社のことを少しだけ思い出していただければ幸いです。 
イノKでした。

いよいよ9月23日まで!!!「世界最大 恐竜王国2012?恐竜オールスター、幕張に大集結。?」〜Dino Kingdom 2012?

暑い中にも時折涼しい風が吹くようになりました。 
皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。 

さて。  
”恐竜の真の姿、そして生命のリンク”をテーマに、この夏、幕張メッセにて65日間に渡って開催されている「世界最大 恐竜王国2012?恐竜オールスター、幕張に大集結。?」〜Dino Kingdom 2012?も、いよいよ9月23日(日)までの開催となりました。 
 
世界初公開となる世界最大の羽毛恐竜ユティランヌスの全身化石の他、世界各地から幕張に大集結した恐竜たちが等身大の姿でよみがえります。

行楽の秋はこれから。 
今週末は太古の恐竜王国へ行ってみてはいかがですか。
イノKでした。 
 
ムラヤマは「世界最大 恐竜王国2012?恐竜オールスター、幕張に大集結。?」 〜Dino Kingdom 2012?に協賛しております。

 
%E6%81%90%E7%AB%9C%E7%8E%8B%E5%9B%BD2012%E3%80%80%E3%81%A1%E3%82%89%E3%81%97-2.jpg

残暑お見舞い申し上げます

残暑お見舞い申し上げます。
蝉の声がすっかり耳慣れてきました。
皆様いかがお過ごしですか。

ムラヤマは8月8日に創業110年を迎えました。
お気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、このホームページでは会社情報の社長からのメッセージを更新しております。
社長からのメッセージはこちらから

日本代表が活躍してくれたロンドンオリンピックも閉幕となりました。
甲子園では各県の代表が熱闘を繰り広げています。
ムラヤマの社員は一人一人が会社の代表として110回目の熱い夏に日本で、世界で、頑張っています。
?
皆様のおかげで110周年。
これからも、どうぞムラヤマをよろしくお願いいたします。

「世界最大 恐竜王国2012?恐竜オールスター、幕張に大集結。?」〜Dino Kingdom 2012?

「世界最大 恐竜王国2012?恐竜オールスター、幕張に大集結。?」 〜Dino Kingdom 2012?が2012年7月21日(土)から9月23日(日)まで幕張メッセで開催されます。
テーマは、恐竜の真の姿、そして生命のリンク。

人気の高いティランノサウルスをはじめ、トリケラトプス、アロサウルス、ステゴサウルス、ディプロドクスなど、おなじみの有名恐竜の化石や骨格標本約200点が世界各地から幕張に大集結。
恐竜たちが等身大の姿でよみがえり太古の恐竜王国が出現します。

世界最大の羽毛恐竜ユティランヌスの全身化石と復元骨格は世界初公開。
また、中国山東省諸城市の約7350万年前の地層から見つかった世界最大の恐竜化石群から、“対決型全身骨格"が再現。
全長11メートルを超えるズケンティランヌスの巨体が日本初公開となる大型のズケンゴサウルスに襲いかかります。
他にも、進化史の空白を埋めるミッシング・リンク(失われた鎖)ではないかと注目を集める大型のシノケラトプスなど、日本初公開の恐竜たちが多数展示されます。
 
もちろん、恐竜王とも称されるティランノサウルス類も展示され、中国のズケンティランヌス、グアンロン、ディロンやモンゴルのアリオラムス、北アメリカのテラトフォネウスとティランノサウルス・レックスなどなど…。 
世界最強のティランノサウルス類13体が、世界で初めて一堂に会します。

「世界最大 恐竜王国2012」では、日中国交正常化40周年を記念して、諸城恐竜博物館から日本初公開の最新恐竜コレクションが 「恐竜王国2012」にやってきます!
見どころ満載、駆け足でのご紹介では伝えきれませんが、この夏はぜひ!幕張で恐竜の世界を体感してみてはいかがですか。

ムラヤマは「世界最大 恐竜王国2012?恐竜オールスター、幕張に大集結。?」 〜Dino Kingdom 2012?に協賛しております。

お披露目会

建設中だったムラック東京ベイスタジオは、おかげさまで引越しもほぼ終了し、株式会社ムラック・株式会社ムラヤマ共催で本格稼働を前に、お披露目会を開催いたしました。 
 
 
20120531up_1.jpg 
 
 
5月17日、お披露目会当日は曇り時々雨の予報。 
折り畳み傘を鞄に入れ現地に向かいましたが、天候に恵まれました。  
暑いぐらいの陽気の中、お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。
 
 
20120531up_2s.jpg20120531up_03s.jpg
20120531up_4s.jpg20120531up_5s.jpg 


カチカチ山ロープウエイ展望台に「たぬき茶屋」オープン

河口湖畔に出張に行っていました。


富士山が一望できるカチカチ山ロープウエイ展望台に
たぬき茶屋
そして
うさぎ神社
の設置工事を担当していました。


デザイン担当は、環境開発局の室川さん。


昨日、ほぼその工事を終えることが出来、
明日3月24日(土)
晴れて、「たぬき茶屋」「うさぎ神社」オープンいたします。
神社が、オープンというのもちょっと変な感じですね。
こういう場合、何というのでしょう?

usagi.jpg

tanuki.jpg


富士山観光の際には、是非お立ち寄りください。

公式ホームページは↓こちら!
http://www.kachikachiyama-ropeway.com/contents/facilities/tanuki_tyaya.php


Posted by“すみ”

第46回スーパーマーケット・トレードショー2012

negative_center.gif


もうすぐ、節分。 
そして、こんなに寒いのに季節はもうすぐ立春です。 
スーパーマーケットでは、豆まきの豆が店頭に並んだり、恵方巻の宣伝がされるなど節分の準備がされています。
皆様は節分をいかが過ごされますか。 
 
 
さて、今回はそんなスーパーマーケットが主役の展示会のご紹介です。 
2月1日(水)?3日(金)の3日間、東京ビッグサイトで、第46回スーパーマーケット・トレードショー2012が開催されます。 
テーマは「"創"ニッポン ?小売のヒントがここにある!?」。 
 
 
スーパーマーケットを中心とする流通業界の最新情報が盛りだくさんです。 
流通業界の方々、過去最大規模での開催となり、ますます、ビジネスチャンス溢れるスーパーマーケット・トレードショー2012に行ってみてはいかがですか。 
 
詳しくは、第46回スーパーマーケット・トレードショー2012ウェブサイトまで。  
イノKでした。 
 
 
ムラヤマは第46回スーパーマーケット・トレードショー2012の主催者工事などをお手伝いしております。
実績紹介では、弊社の展示会におけるさまざまなプロジェクト実績をご紹介しております。 

2012年営業開始いたしました。

newyear2012_s.jpg 
 
 
2012年1月5日、株式会社ムラヤマは本日より新年の営業を開始いたしました。

年末の慌ただしさのまま、お正月を迎えた方も多かったのではないかと思います。
皆様、お正月はいかがお過ごしでしたか。 

仕事始めを迎え、ムラヤマも新しい年をスタートいたしました。
皆様と感動あるコミュニケーションが今年もたくさんできるよう、またそうしたコミュニケーションをたくさん生みだしていけるよう、より一層のサービスを提供してまいります。

さて。 
そろそろ弊社の年賀はがきが皆様の元に届いている頃かと思います。 
この年賀はがき、毎年社内クリエイターが考えに考え企画したものを(…閃きかもしれませんが…)、思いを込めて皆様に送っております。 
皆様に思いは届きましたでしょうか。 
そして。 
このCreator's Eyeを見てくださっている皆様にも。 
ニ重のご挨拶にはなりますが、今年も宜しくお願いいたします。
 
 
最後に、当社の上海現地法人である村山(上海)展示服務有限公司のWEB-SITEが リニューアルいたしました。 
情報発信を優先に洗練されたサイトに生まれ変わっております。 
詳しくはこちらからご覧ください。↓ 
http://murayama.sh.cn/

新年を迎えて

120101.jpg

2012年、平成24年、辰年がスタートしました。お正月をいかがお過ごしでしょうか? 祝賀ムードは控えつつも、新しい年を一つの節目として切り替え、常に前向きを目指して参りたいと思っています。

さて今年はどんな年になるのか?
まずは干支で見てみますと“辰”は本来“振”(しん:ふるう、ととのう) だそうで、「草木が盛んに成長し形が整った状態を表わす」とされています。大きな試練を抱えた日本復興再生に相応しい年といえそうです。
 
また経済予測などを見てみますと、しばらく成長は緩やかに・・・が大方の予想です。新興国の成長は続くものの、先進国と合わせると世界全体では“緩やか”となってしまうようです。複雑に関わり合い混沌としたグローバル社会の中、日本は物質的成長の価値から“心の豊かさ”の価値を求める時代へとシフトし始めています。
 
環境配慮やサステナブル、またボランティアやソーシャルネットワーク・・・、まさにこのような価値時代だからこそ、当社の多彩な経験がお役に立つのではないかと思います。

ムラヤマは今夏、創業110周年を迎えます。
「感動コミュニケーション企業」として意識も新たに、これまで培ってきた空間プロデュースのあらゆる形を活用し、自らが先頭を切って知恵を振り絞り、人と人との豊かな出会いと交流を創造し、社会に潤いを与え続けて参りたいと思っております。
  
お客様の感動シーンに立ち会えることが何より幸せ!
そんなスタッフたちが、皆様とのコミュニケーションを心待ちにしています。
お休み中にしっかり気力・体力(?)充電中です。
 
最後に、昨春から本格的に活動中の『感動創造研究所』ですが、いよいよ2月20日(月)「第1回 感動創造フォーラム2012」を開催します。初回のテーマは “新しい時代の感動をみつける?もの・こと・ひとと感動”。赤池 学氏、日比野 克彦氏、神宮 英夫氏をお招きして感動コラボを実現します。
詳細は感動創造研究所 公式サイトでご覧ください。
『感創研』も飛躍の年となりそうです。今後の動向から目が離せません? ぜひチェックしておいてください。

新年1月5日(木)皆様とお会いしたいと思います。
今年も“感動”の企み(!) をたっぷり温めています。

本年もどうぞよろしくお願い致します。
スタートはウェブマスター麻生でした。

年末年始の営業のご案内

株式会社ムラヤマは、本日12月28日をもって2011年の業務を終了いたします。
2011年を振り返り、改めて震災の爪痕の大きさを痛感するとともに、自然災害が多い年だったと思います。
被災された方々には改めてお見舞い申し上げます。 
 
年末年始のスケジュールは以下の通りです。

12月29日?1月4日冬季休業。 
年始は1月5日(木)からのスタートとさせていただきます。 
 

20111228UP_01.jpg20111228UP_02.jpg20111228UP_03.jpg20111228UP_04.jpg




いろいろなことがあった一年でしたが、皆様のおかげで、今年も餅つきを行うことができました。 
感謝を込めて、また、来る年一年の無事を祈り。 
 
来年もムラヤマを宜しくお願いいたします。 
  
年末年始も、天皇杯サッカーやカウントダウンイベントなど、様々なステージで弊社スタッフがお手伝いさせていただいております。 
新年を迎える皆様の彩りとなるよう願っております。  

来年が皆様にとって良い年となりますようお祈りいたします。 
新年にまたお会いしましょう。 
 
ウェブマスター麻生 
イノKでした。 
 
 
『感動コミュニケーション』創造企業へ。 
2012年、ムラヤマは創業110周年を迎えます。 

鳥居が新しくなりました。 

何だか慌ただしく過ぎた12月も、残りわずか。 
今年もまた終わろうとしています。 
皆様、師走をいかがお過ごしでしょうか。 
 
 
さて、今回は鳥居のお話です。 
 
 
ムラヤマにはお稲荷さまをお祀りした祠と鳥居があります。 
その鳥居がこの度、新しくなりました。 


1110_20111227UP_1.jpg 1110_20111227UP_2.jpg 
≪長い年月ムラヤマと共にあった鳥居と式典の様子。≫ 

1207_20111227UP_3.jpg 1207_20111227UP_4.jpg
≪新しい鳥居と式典の様子≫ 


気持ちを新たに、新年を迎えられそうです。 
 
ちなみに、この鳥居にはエコ素材フツ・ラッシュが使用されています。 
新しい技術で鳥居がいつも美しい姿でいれますように。 
イノKでした。 

エコプロダクツ2011が開幕!!!

日本最大級の環境展示会 エコプロダクツ2011 
 
エコプロダクツ2011が開幕しました。 
第13回を迎える今年のテーマは「Green For All, All For Green 日本発!エコの力で明日を変える」。 
 
 
低炭素社会を目指す環境技術・サービス、企業間連携、地域連携など、新しいビジネスモデルが紹介されます。 
さらに、環境教育の場としても活用されるほか親子や家族でも楽しめるコンテンツも用意され、低炭素ライフスタイルの近未来を実感できる内容となっているとの事。 
低炭素ライフスタイルに向けて私たちは何ができるのか。 
皆様もエコプロダクツ2011にて、環境問題に取り組む社会の動きやエコを体感されてみてはいかがですか。 
エコプロダクツ2011は12月17日(土) まで、東京ビッグサイトにて開催中です。 
 
 
なお、今回もムラヤマはエコプロダクツ2011に出展し、FRPに代わる環境素材『フツ・ラッシュ』などの展示、ご提案をしております。 
ご来場になった際には、ぜひムラヤマブースにも足をお運びください。 
イノKでした。 

FIFA クラブワールドカップ ジャパン 2011開幕!!!

やっと冬らしくなってきました。 
急な気温の変化にコンコンと咳があちらこちらで聞こえます。 
皆様、お風邪などひかれていないでしょうか。 
 
 
さて、3年ぶりに、クラブチームによるサッカーの世界一を決める大会が日本に戻ってきました。 
TOYOTA プレゼンツ FIFA クラブワールドカップ ジャパン 2011が開幕します。 
開幕戦は豊田スタジアムにて、柏レイソルとオセアニア王者オークランドシティが対戦します。 
最後まで決まらなかった日本のクラブ。 
Jリーグ優勝のかかった試合を目の前で観ていましたが、柏レイソルの勢いは止まらない!という感じで、オセアニア王者との戦いも楽しみになってきました。 
 
 
FIFA クラブワールドカップ ジャパン 2011は12月8日から18日まで、豊田スタジアム横浜国際総合競技場の2会場で開催されます。 
アジア王者アルサッド(カタール)、アフリカ王者エスペランス(チュニジア)、北中米カリブ王者モンテレイ(メキシコ)、南米王者サントス(ブラジル)、オセアニア王者オークランドシティ(ニュージーランド)、ヨーロッパ王者バルセロナ(スペイン) 、そして開催国王者(Jリーグ優勝クラブ)柏レイソル(日本)。 
7つのクラブチームが真冬の日本に集結します。 
メッシも間もなく日本に来るはず。 
皆様もぜひ、会場でテレビで応援してください。 
詳しくはFIFA クラブワールドカップ ジャパン 2011web-siteまで。 
 
 
ムラヤマはFIFAクラブワールドカップジャパンを色々とお手伝いしております。
年末を彩るサッカーの祭典を観戦している時、今年も弊社のことを少しだけ思い出していただければ幸いです。 
イノKでした。  
 

ショートトラックスピードスケート名古屋大会が開幕!!!

ショートトラックスピードスケート名古屋大会が12月04日まで、名古屋市の日本ガイシアリーナで開催中です。 
 
 
ショートトラックスピードスケートは、1周111.12 mのトラックを、1回の競走で数名(通常4〜6人)の選手が同時に左回りに滑り、順位を競うアイススケート競技です。 
タイムトライアルではなく着順で勝敗が決まり、『氷上の競輪』とも呼ばれているとか。 

ゴールタイムを競うスピードスケートは、ショートトラックに対してロングトラックともいい、1周400mのスケートリンクを周回して競技を行うということで、スケートリンクにも種類があったのですね。 
ちなみに、ショートトラックスピードスケートはアイスホッケーやフィギュアスケートと同じサイズの室内スケートリンクで行われています。 
 
 
世界の強豪を相手に奮闘する日本選手たちの活躍をぜひ応援して下さい。 
入場無料で世界のトップアスリートが見れるビッグチャンスです。 
お近くの方はぜひ会場に行かれてみてはいかがですか。  
詳しくはウェブサイトまで↓ 
http://skatingjapan.or.jp/whatsnew/detail.php?id=1663&d=week
イノKでした。 
 
 
ムラヤマはショートトラックスピードスケート名古屋大会に協賛しております。 
実績紹介では、この他スポーツイベント・式典の実績を紹介しています。 


第42回東京モーターショー2011が開催!!!

いよいよ、第42回東京モーターショー2011が、「世界はクルマで変えられる。」"Mobility can change the world."をショーテーマに、2011年12月2日(金)から11日(日)まで開催されます(11月30日12月1日は、報道関係者招待日)。
今回から会場が長年行われていた幕張メッセから東京ビッグサイトに移り、東京モーターショーが24年振りに東京に戻ってきました。 
12月3日(土)から始まる一般公開日では、月曜日から土曜日は20時まで開場されています。
ナイター券(月〜土曜日18時以降の当日会場のみの販売)も発売され、東京モーターショーを楽しみ方がまた一つ広がりました。 
 
アジア各地で巨大なモーターショーが展開される中、“世界一のテクノロジー・モーターショー”を目指す東京モーターショー。 
クルマ社会のさらなる未来をお見逃しなく!!! 
詳細は第42回東京モーターショー2011公式サイトまで。 
ひそかに明日行こうと考えているイノKでした。 
 
ムラヤマは第42回東京モーターショー2011の主催者工事などをお手伝いしております。
実績紹介では、弊社の展示会におけるさまざまなプロジェクト実績をご紹介しております。 

空の芸術祭に行ってきました!!!

東京は秋らしく、爽やかな気候になってきました。 
行楽シーズン真っ只中ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 
さて、文化の秋ということで、10月2日まで、横浜若葉台にて開催されている空の芸術祭に行ってきました。 
 
20110929UP_01.jpg 
5色の旗 ブータンから来た作家Jampel Cheda氏「WISHES on the wind」願いを風にのせて 
 
当日は曇り空での見学スタート。 
会場となっている若葉台団地には、赤白青緑黄色の5色の旗が道しるべとなっていました。
空に映えるフラッグに導かれながら、団地を歩いていくと、ふれあい広場に到着。 
各部屋のベランダに気持ちよさそうに干されているピンク色のカラーシーツは圧巻の光景でした。

20110929UP_02.jpg 
参加型アートプロジェクト「いろほし」 
 
そして空にひるがえる「五代元素」。
赤白青緑黄色の5色が高さ40メートルの上空にはためいていました。

20110929UP_06.jpg 
「五代元素」 

 
 
20110929UP_03s.jpg20110929UP_04s.jpg
20110929UP_05s.jpg20110929UP_06s.jpg 
 
  
この日はオープニングセレモニーが開催されていました。
まずは若葉太皷&星槎中学校高等学校の太鼓演奏の迫力のある演奏で、会場の熱気が一気に盛り上がります。 
 
ステージに登場した方々が身につけた衣装は初めて見るものでした。 
衣装はブータンの民族衣装「ゴ」や「キラ」で、日本の着物や浴衣にどこなく似ていました。 
男性の方が身につけられているのは「ゴ」、女性の方が身につけているのは「キラ」です。 
(↓左上の集合写真)前列男性の方の足元にご注目、「ゴ」にはこのハイソックスと皮靴がセットとなっているようです。  
 
オープニングセレモニーは、セレモニー、再び若葉太皷&星槎中学校高等学校の太鼓演奏、「WAKABADAI SKY DRAGON」の龍の舞い、日比野氏&参加作家によるトークショーが行われました。 
 
セレモニーの途中から空が晴れ、青空が広がりました。 
セニモニーでの日比野氏のお話で、この若葉台団地の空を見て、ブータンの空が頭に浮かんだとのこと。 
建物の棟と棟との間の空間が広く、上空を見上げると青空だけが目に入ります。 
この空が、若葉台団地とブータンを結びつけたということが、心に深く残りました。 
 
 
20110929UP_08s.jpg20110929UP_09s.jpg
20110929UP_10s.jpg20110929UP_11s.jpg 
 
 
残念ながら、今回は全てを紹介しきれませんでしたが、ワークショップなど毎日見どころ体験どころ(?)が満載です。 
皆様もぜひ、行かれてみてはいかがですか。 
「空の芸術祭」は10月2日まで、横浜若葉台にて開催中です。 
 
ブータンHAPPINESS屋台でのブータン料理が食べたかったイノKでした。 
 
詳しくは↓。 
「空の芸術祭」ウェブサイト 
若葉台2丁目南自治会のブログ

ムラヤマは「空の芸術祭」をサポートしております。 

空の芸術祭

9月23日から10月2日まで、横浜若葉台にて、「空の芸術祭」が開催されます。 

 
20110912_001s.jpg
20110912_002s.jpg


1960年代後半、「人間尊重」「自然尊重」の幸せな暮らしを提唱して誕生した横浜若葉台と、2008年「GNH(国民総幸福量)」という思想を憲法に盛り込んだブータン。 

”高い空に向かって高層住宅が建ち並ぶ横浜若葉台と高い空にある国ブータン。この二つを時空を超え、「空」でつないでHAPPINESSを考えてみる。それが「空の芸術祭」。” 
 
作品の展示だけにとどまらず、ワークショップやシンポジウム、ブータン料理などの地元のおもてなし催事もあります。 
「空」をテーマにした住民作品展もあります。 
皆様も”HAPPINESSなメッセージ”を受け取りに、横浜若葉台へ行かれてみてはいかがですか。 
イノKでした。 
詳しくは↓。 
「空の芸術祭」ウェブサイト 
若葉台2丁目南自治会のブログ

ムラヤマは「空の芸術祭」をサポートしております。 

キャンドルナイトin閖上2011 開催されました。

2011年8月13日(土)宮城県名取市閖上にて「東日本大震災 なとり鎮魂灯篭流し キャンドルナイトin閖上2011」が開催されました。当日の様子を動画で公開します。
 

 
 
ムラヤマは「祈り 3.11?2012年3月11日にキャンドルを灯し、祈りを捧げましょう。」プロジェクトを推進しております。 
 
i.no.ri.%203.11_20110729_s.jpg
≪PDF≫

夏休み企画展「キミと見る未来 夢ロボット博」開催中!!!

ようやく暑さも蝉の声も本格的になってきました。 
皆様いかがお過ごしですか。 
 
さて、沖縄県立博物館美術館にて、8月28日(日)まで、夏休み企画展「キミと見る未来 夢ロボット博」が開催されています。  
  
夢ロボット博では、キミと見る未来をテーマに、ロボットを体感できるプログラムが満載。 
さらに、沖縄工業高等専門学校や琉球大学工学部、沖縄工業高校などの 協力を得た「沖縄ロボットプロジェクト」も紹介されています。 
 
robot_%20flier_20110809.jpg 
 
映画やアニメで描かれた“夢のロボット”が今、現実のものとして目の前に現れます。 
お近くに行かれた方はぜひ!夢じゃないロボットを体感してみてはいかがですか。 
イノKでした。 
 
詳しくは夢ロボット博web-siteまで。 
 

ムラヤマは、この企画展において企画設計のお手伝いをしております。 
実績紹介では、弊社のミュージアムにおけるさまざまなプロジェクト実績をご紹介しております。  

暑中お見舞い申し上げます

110803.jpg


涼しい日が続いています。皆様いかがお過ごしでしょうか?

株式会社ムラヤマは、8月8日(月)109回目の創業記念日を迎えます。
当日は誠に勝手ながら、全社休業とさせていただきます。
ご迷惑をおかけするかと思いますが、何卒ご容赦の程よろしくお願いいたします。

2009年2010年の創業記念日は土曜日と日曜日でした。
2008年は 北京オリンピックの開会の日だったのですね。
2011年はどのような夏になるでしょうか。
もうすぐ夏本番がくるはず!です…。
皆様も素敵な夏をお迎えください。

イノKでした。

HIGHBALL GARDEN お好み焼き祭 IN 六本木が開催中!!!

20110802_UP_1.jpg

HIGHBALL GARDEN お好み焼き祭 IN 六本木が、9月11日(日)まで、アークヒルズ カラヤン広場にて開催されています。  
人気お好み焼店がアークヒルズに大集結とのことで、昨日プレオープンにフライングして行ってきました。
蝉の声を聞きながら、まずは一枚目のお好み焼き。
待ち切れずに箸をいれてしまい、ケーキのようになってしまったのはご愛敬。
蝉の声を聞きながら、夕方からお好み焼き。
なんとも贅沢です。

20110802_UP_2.jpg

2枚目はジュースとともに。
3枚目はハイボールとともに???


20110802_UP_3.jpg


冷たく冷えたハイボールとアツアツのお好み焼きを食べれば、きっと夏を満喫できます。 
40日間の大ロングランとのことなので、一度と言わず何度でも、訪れてみてください。

詳しくは、『HIGHBALL GARDEN お好み焼き祭 IN 六本木』公式ウェブサイトまで。
http://okonomiyakidaisuki.com/topics/ 
イノKでした。

「東日本大震災 なとり鎮魂灯篭流し キャンドルナイトin閖上2011」開催

2011年8月13日(土)宮城県名取市閖上にて、灯籠流しとともに、ロウソクに火を灯して、震災で亡くなられた方を慰霊する催しを実施致します。  
 
2000本(予定)のロウソクを灯し、ロウソクの置き方を通じて、慰霊や今後の復興への意味合いを込め、亡くなられた方たちの御霊を慰霊します。
遺族の皆様に限らず、より広く一般の方にも参加していただき、市民、住民の手により、犠牲になられた方々の御霊を、厳かに慰霊致します。
 
ぜひご来場ください。


日時/ 2011年8月13日(土)18時?  *雨天の場合は14日(日)に順延。 
場所/ 閖上中学校向かい「みやぎ生協閖上店駐車場」(宮城県名取市閖上) 
 
詳しくはこちらから≪PDF≫。  
 
 
 
ムラヤマは「祈り 3.11?2012年3月11日にキャンドルを灯し、祈りを捧げましょう。」プロジェクトを推進しております。 
 
i.no.ri.%203.11_20110729_s.jpg
≪PDF≫ 

厳かな祈り 「キャンドルナイトin八潮」が開催

「キャンドルナイトin八潮」が16日夜、催されました。 

 
Candle-Night_20110720_1.jpg 
Candle-Night_20110720_2.jpg
 
 
 
1750個の蝋燭が、都会の運河を灯しました。 
行き交う屋形船とクルーザーから届く波紋が、ときおり岸辺に寄せました。 
ゆったりとした夜風が香る、厳かな夜景。 
光る歩道に誘われた人たちも、小さな炎の列を見つめて、静かに通りすぎて行きました。   
 
 
Candle-Night_20110720_4.jpg
Candle-Night_20110720_3.jpg 
 
 
八潮から皆の思いを寄せた旗は、来月13日に宮城県名取市閖上へ届けられます。
いくつもの課題を乗り越えた地元NPOの手で、祈りのこもった追悼夜が行われました。


ムラヤマは「祈り 3.11?2012年3月11日にキャンドルを灯し、祈りを捧げましょう。」プロジェクトを推進しております。

「キャンドルナイトin 八潮」

東日本大震災の被災者に思いを寄せて「キャンドルナイトin 八潮 ?身近な幸せを感じよう、今ある幸せに気づこう?」(主催:NPO法人協働まちづくり、後援:株式会社ムラヤマ他)を開催します。

震災で犠牲となった被災地の皆様へ祈りを込め、東京のお盆に合わせ、初めて京浜運河沿いの遊歩道に2000個のキャンドルを灯すことになりました。
世界との玄関口・羽田を結ぶ東京モノレールの車中からも見えます。
大都会の水面にやさしい灯りが灯ります。 
ぜひご来場ください。

会場/八潮パークタウン運河沿い(勝島橋?かもめ橋間)
*最寄り駅は東京モノレール「大井競馬場前駅」下車徒歩8分
日時/2011年7月16日(土)
18:00 開場
19:00 オープニングセレモニー(歌、お話など)
20:30 クロージング
★参加無料  

↓詳しくはこちらまで 
http://shinagawa-yashio.com/contents/localnavi1308852872572.html 
 
 
ムラヤマは「祈り 3.11?2012年3月11日にキャンドルを灯し、祈りを捧げましょう。」プロジェクトを推進しております。 
 
 
Candle-Night_20110716_2.jpg

「孫文と日本の友人たち?革命を支援した梅屋庄吉たち?」展示会の開幕式に行ってきました!

東京は梅雨空が続き、洗濯がなかなかできない日が続いています。 
天気の日が待ち遠しい!今日この頃です。 
皆様はいかがお過ごしでしょうか。 
 
さて、7月16日、「孫文と日本の友人たち?革命を支援した梅屋庄吉たち?」展示会の開幕式が台北駐日経済文化代表処にて行われました。 
会場内は、来賓の方々や、報道関係者など多くの人々が集まり、熱気に満ちていました。 
 
 
up20110616_1.jpgup20110616_2.jpg
up20110616_3.jpgup20110616_4.jpg 
 
 
今年は、1911年に起こった辛亥革命から100周年にあたります。 
辛亥革命の中心人物孫文と日本の友人たちとの交流をとおして、孫文と日本の関係を振り返る「孫文と日本の友人たち?革命を支援した梅屋庄吉たち?」。 
 
孫文の揮毫「博愛」や直筆の掛け軸など孫文ゆかりの品々と、実業家である梅屋庄吉など孫文の革命事業を支えた日本の友人たちの事績を示す書簡や資料が展示されています。 
 
会期は7月14日(木)まで(会期中無休)。 
場所は台北駐日経済文化代表処「芸文サロン」にて開催中です。 
この機会に、辛亥革命と日本人たちの関係に触れてみるのはいかがでしょうか。 
↓詳しくはこちらから 
http://www.roc-taiwan.org/AU/SYD/ct.asp?xItem=204123&ctNode=2240&mp=1&nowPage=1&pagesize=30 
 
 
ムラヤマは、「孫文と日本の友人たち?革命を支援した梅屋庄吉たち?」展示会のお手伝いをしております。 
実績紹介では、この他さまざまなミュージアム・企画展のプロジェクトをご紹介しております。 
ムラヤマの海外セールスプロモーションサイトへはこちらから。 
 
久しぶりの開幕式。 
来賓の方や、数多くの報道カメラに圧倒されてしまったイノKがお伝えしました。  

Interior Lifestyle Tokyo 最終日!!!

東京ビッグサイトにて、2011年6月1日から開催されていたInterior Lifestyle Tokyo。 
最終日になんとか間に合いました!!! 

Interior Lifestyle Tokyoは、インテリアの専門国際見本市。 
まるで路地を歩いているような楽しさで、夢中になっているうちに、蛍の光が流れてきました。
世界中から集まったライフスタイルに関する最新の情報をみて、生活に彩りがほしい!と、明日からは物欲に走りそうなイノKでした。 
  
ムラヤマはInterior Lifestyle Tokyoの主催者工事などをお手伝いしております。
実績紹介では、弊社の展示会におけるさまざまなプロジェクト実績をご紹介しております。 

感動創造研究所にて「移動絵本ライブラリー」を開催

桜前線が北上しています。 
東京は新緑の季節を迎えました。 
新たな環境で生活されている方も多いと思いますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 
 
 
さて、今回は感動創造研究所の活動を報告いたします。 
 
感動創造研究所は、この4月からメンバーを加え新しくスタートしました。  
ムラヤマは、これからも感動創造研究所をバックアップしていきます。 
今後とも、感動創造研究所をどうぞよろしくお願いいたします。 
(→『新体制でスタート!!』

 
 
4月の新スタートに向けて準備を進めていた3月、東日本大震災が発生しました。 
感動創造研究所では、自分たちに出来ることをやりたいとの思いから、『子供たちの心のケアを!』をテーマにして、「移動絵本ライブラリー」というボランティア活動をはじめています。 
 
はじめの一歩として、4月18日、被災された方がいらっしゃる東京ビッグサイトへ訪問しました。  
まだまだ、小さな力かもしれませんが、これからも活動を続けていきます。 
 
移動絵本ライブラリーの詳細についてはこちらから↓ 
『移動絵本ライブラリー実施レポート』 
『心をつなぐ、元気をつなぐ!!』
 
 
ムラヤマでも、現在、復興事業支援に向けた活動を行っております。 
当社の持つノウハウを、具体的にお役に立てるよう継続的に対応していきます。 
震災の影響で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災地の一日も早い復興をお祈りして。 
イノKでした。 

先日3月5日に、札幌市教育文化会館(劇場)で、新装能舞台を祝う会が行われました。

noubutai_3.jpg


これは、能楽を行う時だけに出される能舞台の舞台セットなのです。
この屋根部分に当社FRC部門のポリウレタン樹脂造形技術“Futu Rush”が採用されました。


noubutai_4.jpg


一見して本物と思ってしまう、瓦・檜皮葺き・垂木・小舞・野地板・棟木。
そして舞台正面のシンボルとも言える堂々とした破風板・懸魚。
どれをとっても申し分ない仕上がりとなっています。
残念ながら、3月5日、6日の二日間だけでしたので今は見る事ができませんが、次回は6月29日 (水)に能楽が行われるそうです。
詳しくは、館のホームページを御確認下さい。
http://www.kyobun.org/
またどこかの劇場で採用されることを期待しています。

Written by FRC

HCJ2011開催中! 当社が出展してます。

hcj2011_logo_up250.jpg 
  
HCJ2011が25日(金)まで東京ビッグサイトで開催中です。
  
ホテル・旅館、温泉、外食、中食、給食業界の方々が必要とする製品が勢ぞろいする展示会であるHCJ。 
HOTERES JAPAN, CATEREX JAPAN,JAPAN FOOD SERVICE EQUIPMENT SHOWの英文頭文字をとり、三展合同開催となっています。
  
ホテル・旅館、温泉、外食、中食、給食業界などから約800社の出展者が集まり、新製品をはじめとする様々な製品やサービスが展示されています。 
また、イベントステージを中心に注目イベントが連日開催され、見どころも満載です。
 
ムラヤマはHCJ2011で「地球に優しい環境素材のご提案」として弊社の FRPに替わる環境配慮型造型材“Futu Rush”の出展をさせて頂いております。
  
会場にお越しになった際には、ぜひお立ち寄りください。東5ホールです。
公式サイトはこちらから
http://www.jma.or.jp/hcj/ 
 
イノKでした。
   
ムラヤマはHCJ2011の主催者工事などをお手伝いしております。
実績紹介では、弊社の展示会におけるさまざまなプロジェクト実績をご紹介しております。 

第45回スーパーマーケット・トレードショー2011開催中です!

banner_smts.gif 
 
 
スーパーマーケットを中心とする流通業界に最新情報を発信する専門展、スーパーマーケット・トレードショー2011が東京ビッグサイト(東全館)で開催中です。
流通業界の専門展として、地域に根ざし顧客に支持される店づくりや、価格だけではない差別化された独自性など、スーパーマーケットをはじめとする食品流通・小売業界に求められる様々な情報が収集できます。 
 
第45回の開催となる今回のテーマは「“創”ニッポン?小売のヒントがここにある!?」。 
食の多様化や安全性の確保、CO2排出削減等の環境対策、店舗オペレーションの改善などの最新の情報、技術が一堂に会します。 
流通業界の方々、ビジネスチャンス溢れるスーパーマーケット・トレードショー2011に行ってみてはいかがですか。 
詳しくはスーパーマーケット・トレードショー2011Websiteまで。
イノKでした。 
 
ムラヤマはスーパーマーケット・トレードショー2011の主催者工事などをお手伝いしております。
実績紹介では、弊社の展示会におけるさまざまなプロジェクト実績をご紹介しております。 

2011年 営業スタート!!

2011年1月5日、株式会社ムラヤマは本日より新年の営業スタートです。

あっという間の一週間でしたが、社員一同充実した仕事始めを迎えました。
皆様ともっと素敵な“感動”を共有できるよう、より一層の知恵と体力(!)をご提供させて頂きます。
    
newyear2011.jpg
   
皆様のもとへ届きましたか? 弊社デザイナーが毎年思考を凝らして創っている年賀状。
今年は社員の熱いメッセージを凝縮したデザインとなっています。
角度を変えて細かい凹凸をよーく見てみると・・・!?
  
皆様へいっぱいのアイデアやひらめきをお届けして参ります。
今年一年、どうぞ宜しくお願い致します。
  
ウェブマスター麻生でした。

新年明けましておめでとうございます。

data110101.jpg

2011年、平成23年、卯年のスタートです。お正月を楽しんでいらっしゃいますか? 
首都圏の方は、羽田空港の新国際線ターミナル開港で、短期でも海外へ行き易くなったこともあり、今年のスケジュールでも国外でお正月、という方が多いのでは?
 
私事ですが、今年は子供達の受験期が重なることもあり、近所で初詣や家でおせちの予定です。正月はのんびりと休みをとるのが好きで、これはこれで良いのかも?と思っています。ところで私ウェブマスター麻生は今年、年男!! (何歳かは想像にお任せします・・・?) なにか大きいことをしてやろう!等とひそかに企んでいます。
   
一般的には本格的な景気回復がなかなか見えてこない? という経済状況ですが、どうやらうまく切り替えて成長している企業も多いようです。少しの知恵と大きな勇気で、先入観を打破出来たところに成功のヒントがあるように感じます。
 
このような切替の節目には、何かしらの“イベント”が必要となってきます。例えば、ステークホルダー向けのコンセンサス会議や意識改革発表、株主総会も更に重要な“イベント”となっています。
 
私たちムラヤマは、皆様に“感動”をお届けするビジネスを100年以上続けています。
さまざま方向からソリューション出来る、多くの経験を持っている自負があります。今年も多くの出会いの場を創出して参ります。皆様の喜ぶ顔、驚く顔(!)が何より私たちの・・・・、最大の喜びです。
アイデアを準備しておきます。

“感動”のメカニズムに迫り、また、“感動価値創造”に携わる様々な方々とのネットワークづくりを開始している「感動創造研究所」。昨年の『感動のハナシ』に続き、いよいよ今年本格的にスタートします。“知的共感セッション”の企画、発信を計画中です。多様な感動パワーを集結、共有出来ればと考えています。
こちらも是非楽しみにしていて下さい。

“ぴょんぴょん”と飛び跳ねまわり、活気ある飛躍の卯年としたいです。

新年1月5日(水)皆様とお会いしたいと思います。
今年も“感動”の企み(!) をたっぷり練っておきます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。
スタートはウェブマスター麻生でした。


年末年始の営業のご案内

clip_image001.jpg
 
株式会社ムラヤマは、本日12月28日をもって2010年の業務を終了致します。
年末年始のスケジュールは以下の通りです。

12月29日?1月4日冬季休業。 
年始は1月5日(水)からのスタートとさせて頂きます。 
 
20101228_UP_1.jpg20101228_UP6.jpg
20101228_UP5.jpg20101228_UP3.jpg


皆様のおかげで、今年も餅つきを行うことができました。 
様々なお仕事でたくさんの感動を共有させていただいたことに、感謝を込めて。 
また、来る年一年の無事を祈り。 
 
来年もムラヤマを宜しくお願い致します。 
  
年末年始は日本の重要なイベント!! 天皇杯サッカーやカウントダウンイベントなど、様々なステージで弊社スタッフがお手伝いさせて頂いております。 
皆様の年始めへ向けた彩りとなるよう願っております。 
 
来年が皆様にとって良い年となりますようお祈り致します。
新年にまたお会いしましょう。
 
ウェブマスター麻生
イノKでした。

「エコプロダクツ2010」開催中です!!!

日本最大級の環境展示会 エコプロダクツ2010

日本最大級の環境展「エコプロダクツ2010」が東京ビッグサイトで開催中です。 

12回目の開催となった今年のテーマは、「グリーン×クリーン革命!いのちをつなぐ力を世界へ」。 
温暖化防止だけではなく、生物多様性保全や、資源の枯渇なども重要な課題として取り上げ、最先端のエコプロダクツ、環境技術、ソリューション・サービス、CSR活動などが展示・紹介されています。 
 
会期は12月11日土曜日まで。 
持続可能な社会を実現するために今何ができるのか、次の10年で何をしなければならないのか。 
皆様も「エコプロダクツ2010」にて、持続可能な社会の創出へ向けての取り組みを体感されてみてはいかがですか。 
 
ムラヤマは「エコプロダクツ2010」に出展し、FRPに代わる環境素材『フツ・ラッシュ』の展示、ご提案をしております。 
ご来場になった際には、ぜひムラヤマブースにもお越しください! 
イノKでした。 

東京ディスプレイ協同組合「第5回親善フットサル大会」

東京ディスプレイ協同組合「第5回親善フットサル大会」が11月18日にフットサルコート「フロンタウン・さぎぬま」で開催されました。


20101118_02.jpg20101118_03.jpg
20101118_00.jpg20101118_01.jpg


フットサル大会は毎年寒い印象でしたが、今年は日差しも暖かく、絶好のコンディション。
毎年寒そうな選手の半ズボン姿も今年は爽快な感じに見えました。

第5回を迎えた、この親善フットサル大会も東京ディスプレイ協同組合の秋の恒例行事となってきました。
秋晴れに恵まれた今回は28チームが参加。
参加選手の皆さんはいい汗をかいたことと思います。

ムラヤマチームは今年も予選を突破し、3位になりました。
来年はもっと上位に!なんて欲も出てきますが、まずは参加選手が大きなケガもなく無事に大会を終えることができたことに感謝して、ちょっと遅くなったフットサル大会の報告を終わります。
イノKでした。

日比野克彦氏の個展「ひとはなぜ絵を描くのか」開催中です!!!

20101029_1.jpg
 

秋葉原にある旧練成中学校を改修・再利用した3331 Arts Chiyodaにて、日比野克彦氏の個展「ひとはなぜ絵を描くのか」が12月13日(月)まで開催されています。 
先日、会期に先立ってレセプションが行われ、ムラヤマも出席いたしました。 
 
20101029_3.jpg20101029_11.jpg 
 
日比野氏の個展が東京で開かれるのは約8年ぶりとのこと。 
レセプション会場に置かれた種船は、たくさんの人たちの熱気に包まれていました。 
 
3331 Arts Chiyodaは2010年3月のプレオープンを経て6月にグランドオープンしたばかりですが、中学校の再利用とあって何だか懐かしい感じがする不思議な場所でした。
そんな3331 Arts Chiyodaで開かれる今回の個展。

約30年にわたる日比野氏の創作活動を知ることができる数々の作品の他、エジプトやブータン、ラオスへの旅で描いた最新作のスケッチなど、たくさんの作品が公開されています。

会期中には、ゆかりのゲストを招いてのトークイベントなども開催予定。
また、台風で延期になった巨大幕ペインティングも11月14日に振替になったとのことです。
「ひとはなぜ絵を描くのか」という問いの答えは果して…。 
皆様もその答えを探しに、足を運ばれてみてはいかがですか。 

詳しくは、「ひとはなぜ絵を描くのか」web-siteをご覧下さい。 
いい加減に名前を決めるように言われたイノKでした。 
 
ムラヤマは「ひとはなぜ絵を描くのか」にて、種船の運搬・会場設営などをお手伝い致しました。
↓いままでの種船とのコラボレーションの様子はこちらから
「コラボレーション」

上海万博2010実績を公開しました!

「より良い都市、より良い生活」をテーマに、5月から開催されていた上海万博。(上海万博公式WEB-SITEはこちら) 
会期も残りわずかとなりました。  
皆様の中には現地に行き、圧倒的なスケールを体感された方もいらっしゃると思います。 
10月21日には入場者数が6800万人を超え、7,000万人を超える勢いとなってきました。 
万博会場では、半年に渡り開催された上海万博のフィナーレに向け、様々なイベントが催されてます。 
 
さて、ムラヤマもこの上海万博でいくつかお仕事をさせていただきました。 
すでにこのCreator's Eyeにも何回か登場していますが、今回、実績紹介に上海万博の実績を掲載致しました。 
人気があるパビリオンですので、ぜひご覧ください。
上海万博の実績はこちらから。 
 
閉幕に向けて、さらに熱気を帯びる上海万博にぜひご注目下さい。 
久しぶりに登場して、まだ名前を決めていない…Kでした。 

米国フィッシャーテクニカルサービス社(FTSI)、日本事務所開設!!

FTSI100917_01.jpg 
 
2010/9/13(月)、米国フィッシャーテクニカルサービス社が開設した、日本事務所(大阪)の開所式に行って来ました。 
フィッシャーテクニカルサービス社は、米国ラスベガスに本拠地を置き、主にリギング技術コントロール及びショーコントロール全般を行う会社です。 
舞台や特撮のリギング技術・装置のメーカー分野では、世界トップクラスの技術・実績・クライアントを有しています。 
その、フィッシャー社がアジア展開戦略の拠点として、いよいよ本格的に日本へ上陸です。 
 
FTSI100917_03.jpg
 
開所式を終えて。 右はFTSI-JAPAN所長 矢倉永久子氏。 
中央PCは、米国からネット通信で参加するFTSIのCEO スコット・フィッシャー氏。 
 
こざっぱりとしたオフィスの壁には、ハリウッド映画界でも有名な映画「スパイダーマン」や「007」。 
また、米国ラスベガスにて超人気の舞台「シルクド・ソレイユ」や「オペラ座の怪人」など、世界でも有数のエンターテイメントショーのポスターが貼られてありました。 
もちろんこれら映画の特撮技術やショーの舞台装置は、フィッシャー社のショーコントロール技術無くしては成り立つものでは有りません。 
 
FTSI100917_02.jpgFTSI100917_04.jpg 
 
これから日本をはじめとして、アジアのエンターテイメント業界に新たな旋風を引き起こすことを期待しています! 
 
written by ”FAMOUS” 
 
 
FTSI-JAPAN 
〒550-0001 大阪府大阪市西区土佐堀 1-4-11金鳥土佐堀ビル7階 
TEL 06-6147-2739 

羽田GLOBAL EXPO 開催します

haneda_rogo%20big300.jpg


今年の5月、プロポーザルコンペから
お手伝いさせていただいてきた
羽田GLOBAL EXPOが、今週末 開催します
一時は、台風がやってきたりして、どうなることか?
と心配しましたが、なんとかオープンに漕ぎつけそうです。
丁度、運営マニュアルの出力をしながら、
その合間に、この記事を書いているのです。


実にいろいろなイベントのお手伝いを
させてきていただきましたが、
・会場インフラ整備
・会場装飾
・展示
・出展・出店交渉と調整、
・催事
・広報
・動員
に至る、計画から実施までトータルのお手伝い。
というのは、私が知っている限り初めての経験です。


それも、私たちがステージのお手伝いをさせていただいた
ビートルズが日本に降り立った羽田空港でのイベント!


イベントが始まる前から、感慨ひとしおであります。


平成22年度羽田空港国際化記念事業
羽田GLOBAL EXPO
平成22年年9月11日(土)・12日(日)
●9/11(土)/10:00〜20:30
●9/12(日)/10:00〜18:00
羽田空港国際線地区内 新国際線ターミナル屋外駐車場
?羽田空港の国際化について、大田区内外へ広く認知促進をはかる
?大田区民へ対して国際化の意義や可能性を啓発し、アクションへ向けてのきっかけを提供する
?東京で唯一、国際空港を持つまち“大田区”としての高感度イメージを国内・外に発信する


詳細は
http://o-2.jp/haneda-ge/index.html


ツイッター
@grobalterrace
も、よろしくお願いいたします。

上海万博日本館「孫文と梅屋庄吉展」続々とVIP来館

你好(こんにちは)!上海集団です。 
 
福田元首相、泉上海総領事をお迎えした8月24日の「孫文と梅屋庄吉展」オープニングセレモニーに引き続き、26日には田上長崎市長が100名の市民訪問団の皆さんと、27日には急遽岡田外務大臣が公務の時間を割いて来館され、熱心にムラヤマがプロデュースした展示と映像をご覧いただきました。 
 
 
20100827shanghai01_250.jpg 20100827shanghai04_250.jpg
20100827shanghai02_250.jpg 20100827shanghai03_250.jpg
(画像は8月27日岡田外務大臣が来訪された様子です)
 
 
連日、3500名を超える来場者が来館され、中日の学生ボランティアの皆さんの奮闘もあり、民間ベースの中日友好に向けて素晴らしい成果をあげつつあります。 
会期も残すところあとわずか。 
真夏のビッグプロジェクトを最後まで盛り上げていきたいと思います! 
 
以上熱い熱い上海よりお届けしました。 
再見(また会いましょう)! 

上海万博(上海世界博覧会)「孫文と梅屋庄吉展」開催中!

初めまして、上海集団です。 
 
皆さまご存知の今中国上海で一番話題になっている「上海世界博覧会」。 
その中にある日本国パビリオンイベントステージ内で開催されている「孫文と梅屋庄吉展」が8月24日に開幕いたしました。 
 
開催場所 世博会 日本館イベントステージ 
開催期間 8/24(火)?29日(日) 
 
ムラヤマと村山上海、そしてホワイトボックス。 
ムラヤマグループでこの「孫文と梅屋庄吉展」のイベントをプロデュースしております。
 
 
20100826shanghai01_500.jpg
 
 
オープニングセレモニーの取材に訪れた中日のマスコミの数は合わせて80社。 
注目が集まる中、福田元総理大臣はじめ上海市政府、孫中山(孫文の中国名称)記念館関係者など多数の来賓の方々がお越しになり、セレモニーは盛大に開催されました。 
 
 
20100826shanghai03_500.jpg
20100826shanghai02_250.jpg20100826shanghai04_250.jpg 
 
 
「孫文と梅屋庄吉展」のテーマは”温故創新”。 
 
来年は辛亥革命100周年です。 
梅屋庄吉氏は孫文氏に出会った最初の日本人であり、最後まで孫文氏との盟約を守り通し、中日親善・東洋平和のためにその生涯を捧げられたそうです。 
 
本展示会は孫文氏と梅屋氏の深い繋がりと友情、その交流の歴史を知ることで我々が新たな中日関係を築いていくきっかけになればという想いが込められています。 
 
 
20100826shanghai05_250.jpg20100826shanghai06_250.jpg 
 
 
また、この主旨に賛同した中日の学生ボランティアの方々が集まり、炎天下の中、皆さんの力で盛り上げて頂いております。 
 
 
20100826shanghai07_250.jpg20100826shanghai08_250.jpg 
 
 
中日の友好関係について、上海にいる我々だからこそできることがあると改めて気付かされました。 
この展示会に携わることができたことに感謝!いたします。 

大阪の夏の風物詩、天神祭の「船渡御」で初の「オールLED船」

こんにちは、大坂一郎です。
 
日本三大祭の1つとされる大阪の天神祭。
ここでもムラヤマはお手伝いしております。
 
船上で活躍していたという大阪支店の「メタ?ボディ・トナカイ」君からのレポートを紹介しましょう。
 
”7月25日に行われた、大阪の夏の風物詩「天神祭」の「船渡御」に、IDEC(株)が参加。
「環境意識が高まる中、天神祭も環境に配慮した祭りになってほしい」という想いから
すべての照明に発光ダイオード(LED)を使った船渡御初の「オールLED船」を企画。
制作をムラヤマで手掛けた。
 
 dscn1517andon.jpg
 
 
天神祭で初の「オールLED船」とあってメディアの注目も多く集めた。
消費電力は白熱電球や蛍光灯を使った場合と比べ約6割削減できる。
内照バルーン看板・ベース照明は、水位の上がった大川の橋の下をくぐる為
全て折りたたみできる構造とした。
 
IDEC(株)は、今年の11月開催予定で5回目を迎える
「スペシャルオリンピックス日本夏季ナショナルゲーム大阪」の協賛企業であることから、
同大会を市民に知ってもらえるようにと船の両サイドに取り付けたLEDビジョンにPR映像を流した。
その映像制作もムラヤマで手がけ、青空や花火といった背景に大会名や開催期間などを掲出し、
行き交う他船の乗客や川岸の観光客らに企業映像も交えてPRした。
 
奉拝船は午後6時45分頃に出航。
船渡御の解説やスペシャルオリンピック河内音頭、落語家さんのお話し等、
お楽しみと神事が入り交じった独特の空間は船上に乗らないと体感できないものだ。
 
idec_ship_a.jpg
 
他にも芸人さんが乗っている船は多く、文楽船や落語船も行き交い、
改めて「芸能文化の町」大阪を身をもって実感した。
 
船渡御では川を対向してくる供奉船と大阪締めという手打ちであいさつを交わす習わしがあり、
声に合わせ、乗船客が両手を掲げる。
「ご一緒に、打ちまーしょ、チョンチョン。もひとつせー、チョンチョン。
祝(いお)うて三度、チョチョンガ チョン。おめでとうございまーす」の大阪締め。
 
次々とすれ違う船や、川岸の見物客に向かって船上の全員で打ち交わした。
見知らぬ方々とも気軽に打ち解けられる大阪ならではのコミュニケーションが
お祭り気分をさらに盛り上げた。
 
idec_ship_c.jpg
 
 
只々盛り上がるだけではない。
やはり神事、神様の船が側を通ると船の電気を全て消し、話しを止め、
静かに礼拝する厳かさもある。
 
idec_ship_b.jpg
 
 
奉納花火がすごく近い場所から打ち上げられ夜の大川を照らし出していたが、
私には自らの手で空気調整を行っていたバルーンの光が只々眩しかった。”
 
 
ではまた。

「環境演出」と「村山上海」 2つの新しい挑戦スタート !!

7月リリースの当社新ブランド2つをご紹介します。
 
100701_1.jpg
 
最初は、「環境演出?ひとが集まる、空間づくり。?」siteの公開。当社はこれまで、USJやTDRなど、日本のテーマパーク、遊園地などの景観環境やアトラクションを多く手掛けてきました。この分野で、実は“日本トップクラス!”といえるかもしれません。
 
人々を魅了し、感動を生み出すこれらのテクニックは、もっともっと日常の生活シーンに生かされると良いのでは?と考えています。たとえ空間全体をつくり替えなくても、当社が持つこの「環境演出」の技術があれば、生まれ変わった環境を創出することさえ出来てしまいます。このサイトでは、演出を手法別に分け、その特性を“見れば分かる”ように説明しています。
 
ともかくこのサイト、何にも考えずただ見ているだけでも結構おもしろいです。実例の中には、あの「三丁目の夕日」のような世界も登場!? エンターテインメントの世界が広がっています。そして、それがすでに街のいろいろなシーンで展開・活用されていることもお分かり頂けるかと思います。
 
テーマパークや博覧会などで培った、当社の得意技!「環境演出」を是非ご活用ください。
 
http://kankyo-enshutsu.jp/  
 
 
100701_2.jpg
 
2つめは、2008年に開設の上海現地法人「村山上海」について。このたび業務範囲を拡大し、それに併せて社名を「村山(上海)展示服務有限公司」としました。(服務=サービス)
 
現行の展示コンサルティング業務に加え、例えば展示会やイベントなどの運営・制作プロデュースまで、自社でお客様へのワンストップサポートを実現しました。このため、現地に日本から企画デザインスタッフを配備し、よりスピーディーに、上質な対応を可能としました。
 
上海では今、万博が真っ盛り。中国の多くの人々が、世界の文化、習慣、デザインなどを知り、今後ますます本質的な国際化が進むのでは?と考えています。当社を含めた“外資”ノウハウビジネスが、より一層求められると予想しています。
 
潤沢な中国市場への進出、成長を目指す日本企業の皆様、「村山(上海)展示服務有限公司」のサービスを是非ご活用下さい。日本ではもちろん、ムラヤマががっちりサポートさせて頂きます。必ずや皆様を成功へと導いてまいります。
 
http://www.murayama.sh.cn/ 
 
 
ちょっと熱く(!?)なってしまった ウェブマスター麻生でした。

巨大壁画!!!

先日Creator's Eyeでもご紹介したNHK BSHi「ニッポンが19世紀パリになる!印象派名画大全集」(→掲載記事はこちらから)が6月5日に放送されました。
その、生放送中に日比野克彦氏が視聴者参加で制作する壁画を見に、舞台となった丸ビル1階「マルキューブ」へ行きました。

「好きなもの」を「好きな色をメイン」に使い、アップで絵に描いたり写真に撮ったりした作品の数々。
壁画を構成する一枚一枚をよく見ると、魚があったり、山があったり、中には素敵な女の人も。
好きな人なのかなぁと一人でにんまりしてしまいました。
壁画の完成が近付いた頃には「白い馬かな?」などと何が描かれているのか予想する声も聞こえてきました。
段々大きくなった見学者の輪。
見ている人もこのイベントを楽しんだみたいです。

20100605_01.jpg

様々な人の手で作られた一枚一枚の作品。
思いがこもった一枚一枚を組み合わせて制作された巨大壁画は現在NHKスタジオパークで公開中です。
詳しくは「アートはBSデジタルで! 印象派」web-siteまで。
…名無しのkでした。

ムラヤマは日比野克彦氏のサポーターとして、今まで制作など日比野氏の想いを形にするお手伝いをしてきました。
今回、(Creator's Eyeでは2008年夏に掲載した)金沢21世紀美術館のヒノキの 間伐材が使われた[But-a-I] 舞台から培ったノウハウを活かして、日比野氏が描くための透明なキャンバスを制作しました。 
 
20100605_02.jpg20100605_03.jpg
20100605_04.jpg20100605_05.jpg


NHK BSHi「ニッポンが19世紀パリになる!印象派名画大全集」で日比野克彦氏が巨大壁画制作!!!

NHK BSHi「ニッポンが19世紀パリになる!印象派名画大全集」が6月5日(土)の16:00?20:30に生放送されます。 

「マネとモダン・パリ」「ボストン美術館展」「オルセー美術館展2010『ポスト印象派』」をはじめとする展覧会が開催され、印象派の作品がかつてない規模で日本に集結している今、東京・丸の内に “印象派カフェ”が出現。 
番組では“印象派カフェ”をメインステーションに多彩な視点から印象派の魅力を教えてくれます。 
 
その生放送の中で日比野克彦氏が視聴者参加で巨大な壁画を制作。 
舞台は丸ビル1階「マルキューブ」。  
このプロジェクトは「好きなもの」を「好きな色をメインに」使い、アップで絵に描いたり写真に撮ったりした作品を募集し、集められた絵や写真を組み合わせて巨大絵画を制作するものです。 
様々な人の手で作られた一枚一枚の作品がパレットの絵の具になって、印象派のような色彩あふれる新たな作品が生まれる瞬間を番組でご覧下さい。 
 
まだまだ作品は募集中、番組内でも受け付けされます。 
皆様もこのプロジェクトに参加してみてはいかがですか。 
詳しくはウェブサイト↓↓↓まで。 
http://www.nhk.or.jp/artbs/event/hibino_form.html
アシスタントを卒業(!?)しニックネームを考え中の…kでした。 
 
ムラヤマは日比野克彦氏のサポーターとして、今まで制作など日比野氏の想いを形にするお手伝いをしてきました。今回は日比野氏の描く壁画のセットの制作をお手伝いしております。 

文化放送デジタルラジオ 『東京国際アニメフェア2011 超!ステーション』

5月9日放送の NHK 50ボイス “アニメフェアボイス”に続き、文化放送デジタルラジオ
『東京国際アニメフェア2011 超!ステーション』で弊社社員が登場します。
 
放送は5月23日(21:00?21:30)と28日(6:30?7:00)です。
番組表はこちら
 
アニメファンには人気の番組とのこと!今後注目の発信スタイルのひとつです。
“ラジオ”といっても動画が配信されています。担当者がどんな顔をしているのか?を見ることが出来ますよ。
 
詳細は番組公式サイトでご確認下さい。
超!A&G

ウェブマスター麻生でした。

NHK 50ボイス でスタッフが登場します!

さる3月に東京ビッグサイトで開催された世界最大のアニメ総合見本市、東京国際アニメフェア2010(TOKYO INTERNATIONAL ANIME FAIR/通称”TAF2010”)をお手伝いさせて頂いたのですが、NHKで同フェアの特集番組があり、その中で準備期間中に制作に関わった関係者の取材があり、弊社スタッフも番組で紹介されることとなりました。
 
どれ位登場するかは見てのお楽しみ(!)ですが、日本が世界に誇れるカルチャービジネスの一つ、アニメの祭典「東京国際アニメフェア」のプロジェクトへ参画出来たことは非常に誇らしく思います。
 
放映日程は以下の通りです。連休明けの日曜の夜、お時間のある方は、パートナーも含めたTEAM MURAYAMAスタッフの雄姿(!)を是非ご覧ください。
 
NHK 50ボイス “アニメフェアボイス”
5/9(日)23:00?23:29(総合) 再5/11(火)2:00?2:49
 
なお、近日中に文化放送デジタルラジオでも取材予定とのこと。詳細や放送時間決まりましたらご報告しますね。  
 
ウェブマスター麻生でした。
 
 
ムラヤマは東京国際アニメフェアの主催者装飾工事やブースなどをお手伝いしました。
実績紹介では、弊社の展示会におけるさまざまなプロジェクト実績をご紹介しております。 

YAMAHA GINZA RENEWAL OPEN

昨日、銀座ヤマハ店が新ビル建設に伴いリニューアルオープンしました。
そのオープニングを記念してエントランス空間に当社デザイナーが担当させていただいたイメージディスプレイもお披露目されました。



出来立てホヤホヤのレポートムービーです。SWCでした。

デザイン担当 / クリエイティブ本部 峯岸愛


Movie & Image edit by iPhone
※撮影状況のせいか音量が少々足りないようです。できましたら音量は大きめで・・・


YAMAHA GINZA

HCJ2010開催中です

bnr_hcj.jpg 
 
 
今年も東京ビッグサイトにてHCJ2010が開催されています。 
会期は2月26日(金)まで。 
 
HCJはHOTERES JAPAN(国際ホテル・レストラン・ショー)・CATEREX JAPAN(フード・ケータリングショー)・JAPAN FOOD SERVICE EQUIPMENT SHOW(厨房設備機器展)の3つの英文頭文字です。  
38回目の開催となるHOTERES JAPAN2010は「ホスピタリティ産業の新たな価値創造に挑戦する」をテーマに。 
また、第31回フード・ケータリングショーは「お役立ちの提案 ?安全・安心・健康志向への対応?」、第10回厨房設備機器展は「見て・触れて・試して―。」をテーマに3展合同で開催されます。 
宿泊・外食・給食業界の方や学んでいる方にとって見逃せないHCJ2010。 
詳しくはHCJ2010公式Websiteまで。 
アシスタントKでした。 
 
ムラヤマはHCJ2010の主催者装飾工事やブースなどをお手伝いしております。
実績紹介では、弊社の展示会におけるさまざまなプロジェクト実績をご紹介しております。 

ららぽーと豊洲に期間限定の“Water Station”がOPEN

先週2/6(土)から、アーバンドックららぽーと豊洲の1F センターポートSHOP No.27と29の間のスペースに1ヶ月限定で“Water Station”がOPENしました。


テナントの入替に時間差が発生、その期間も有効に利用し今回は(株)アクアクララレモンさんがPRを兼ねて、この商業施設を訪れる方に「おいしい水」と「休憩スペース」をご提供しています。


aqua001.JPG

aqua002.JPG

土日にはイメージキャラクターの「チャプリン」も登場

aqua003.JPG


センターポート1Fにはデフォルメした似顔絵を描いてくれる「カリカチュア」があります、先月海外の友達へのお土産として1枚オーダーしてみました。顔だけなら1,890円? 写真を渡すと10分ほどで描いてくれます。書き手は日によって変わり、デフォルメも書き手しだい、受け取った人が喜んでくれるかは!!!運まかせでしょうか。 


DSC01299.JPG

サウスポート3F、第三世界の民芸品を扱う「チャイハネ」もすきなフラヌールでした。

成人式

平成生まれが成人の日を迎えた1月11日。 
さいたま市の成人式がさいたまスーパーアリーナで開催されました。


CIMG2156%201.jpgCIMG2173%201.jpg


この日真新しいスーツやあでやかな晴れ着に身を包んだ新成人8769人が出席。
実行委員となった新成人自ら提案したエコキャップ運動では、約2時間半で約3万5000個が集まりました。
このキャップはポリオやBCGのワクチンと引き換えられ、国連児童基金(ユニセフ)を通じて世界の子どもたちに贈られるとの事です。
また、会場の中心には友人との歓談の場として再開の広場が設けられ、多くの新成人が互いに晴れの日を祝いました。


CIMG2101%201.jpgCIMG2196%201.jpg


ムラヤマはこのさいたま市成人式の全体のお手伝いをさせていただきました。
成人の日、皆様の地域の様子はいかがでしたか? 
アシスタントKでした。 
 
実績紹介では、この他スポーツイベント・式典の実績を紹介しています。 

2010年営業開始しました。

100106.jpg
 
2010年1月5日、株式会社ムラヤマは本日より新年の営業を開始いたします。

あっという間の一週間でしたが、社員一同充実した仕事始めを迎えました。
今年も、皆様ともっと素敵な“感動”を共有できるよう、より一層パワーアップして頑張って参ります。
 
皆様へいっぱいのアイデアやひらめきをお届けできるよう・・・。
 
今年一年、どうぞ宜しくお願い致します。
 
※トップページにまた新しい仲間が増えました。今回もムラヤマを代表する精鋭たちです。
どのバージョンが出るかはそのとき次第!皆様にお会いできれば幸いです。
 
ウェブマスター麻生でした。
 


新年あけましておめでとうございます。

P100101.jpg

2010年、平成22年、寅年のスタートです。お正月を楽しんでいらっしゃいますか? 
ここ数年、子供の成長と共になかなか正月旅行とはいきませんが、近場での初詣やおせちなど、のんびりとした正月休みも良いかなと感じています。

昨今世の中は経済変化のサイクルが短く、景気動向など読み難い時代になっています。前向きに考えられない、という方々も多いのでは?と思います。

こんな時代だからこそ!私たちムラヤマが皆様のお役に必ず立てると信じています。気持ちが暗くなっていたり、物事を後ろ向きに捉えていたりすると、うまく行くことも行かなくなってしまいますよね。 

私たちが生み出す“感動イベント”が、皆様の“明るく元気に”を創出して参ります。そんなプロジェクトをひとつひとつ、今年も積み上げて参りたいと考えています。皆様の喜ぶ顔、驚く顔(!)が何より私たちの・・・・、最大の喜びなのです。
今年も皆様と多くの出会いの場を期待しております。

“感動”のメカニズムに迫り、また、“感動創造”に携わる様々な方々とのネットワークづくりを開始している「感動創造研究所」。いよいよ今年、Web-siteによるレポート発表に加え、コミュニケーションのかたち“感動創造イベント”を計画中です。皆様と、多様な感動パワーを共有出来ればと考えています。
随時発表して参りますので、こちらも是非楽しみにしていて下さい。

そういえば、今年はオリンピックやワールドカップサッカー、上海万博など、たくさんの“感動”を生み出す国際イベントが目白押しですね。にぎやかな寅年となりそうです。

新年1月5日(火)皆様とお会いしたいと思います。
“感動”の企み(!) をたっぷり練っておきます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。
スタートはウェブマスター麻生でした。

年末年始の営業のご案内

clip_image001.jpg


株式会社ムラヤマは、本日12月28日をもって2009年の業務を終了致します。
年末年始のスケジュールは以下の通りです。

12月29日?1月4日冬季休業。 
年始は1月5日(火)からのスタートとさせて頂きます。 
 
100_1532%2009122801.jpg100_1546%2009122801.jpg
100_1584%2009122801.jpg100_1485909122801.jpg

皆様のおかげで、今年も餅つきを行うことができました。 
様々なお仕事でたくさんの感動を共有させていただいたことに、感謝を込めて。 
また、来る年一年の無事を祈り。 
 
来年もムラヤマを宜しくお願い致します。 

さて恒例ではございますが、今年もムラヤマには年末年始も休みなく活躍するスタッフがおります。
恒例のスポーツイベントとなりました、メダリスト・オン・アイス2009。 
そして、天皇杯全日本サッカー選手権大会。 
その他年末年始も様々なステージで弊社のスタッフがお手伝いしております。 
皆様のお正月の彩りになれましたら幸いです。 
 
来年が皆様にとって良い年となりますようお祈り致します。
新年にまたお会いしましょう。
 
ウェブマスター麻生
アシスタントKでした。

東京ディスプレイ協同組合「第4回親善フットサル大会」

100_1290%2009111302.jpg
 
 
11月13日、東京ディスプレイ協同組合「第4回親善フットサル大会」が開催されました。 
会場は昨年と同じフロンタウンさぎぬまです。 

100_1088%2009111301.jpg100_1186%2009111301.jpg
100_1184%2009111301.jpg100_1216%2009111301.jpg
 
 
寒空の中、集まったのは29チーム。 
フットサルは毎年寒い時期の開催とあって、皆さん防寒対策ばっちりかと思いきや、見るからに寒そうな半ズボン姿。 
こちらはほっかいろまで用意し重装備です。 
 

100_1145%2009111301.jpg100_1220%2009111301.jpg
 
 
予選リーグを全勝したところで、もしやこれは一昨年の再来か? 
そんな思いが頭をよぎったのは私だけではないはず。 
決勝トーナメント第二試合。 
2点ビハインドから追い上げ、PK戦を制した時は”もしや?”が”いける!”に変わっていました。 
結局ムラヤマは2度のPK戦を戦い、決勝へ。 
決勝戦は一昨年と同じカード。 
今度こそ!!!との思いはあったのですが、0-1で惜負。 
しかし、当初のベスト4の公約?は見事に果たされました。
 
 
100_1236%2009111301.jpg100_1252%2009111301.jpg
 
 
決勝戦も終わり、最後は4位までのチームが残って表彰式と記念撮影。 
優勝は株式会社ニップコーポレーションさんでした。 
ムラヤマは準優勝。 
最優秀選手・優秀選手・得点王の内、2度PK戦を制したゴールキーパーが優秀選手に。 
組合の厚生委員長を務める社長の顔も、こころなしかゆるんでいるようでした。  
 
 
100_1282%2009111301.jpg100_1285%2009111301.jpg100_1289%2009111302.jpg100_1297%2009111301.jpg
 
 
5分の前後半で行われる試合中、選手達は走りっぱなしです。 
コート内を縦横無人に…目が追いつかない、カメラハモットオイツカナイ…。 
ニ年経っても私のカメラの腕は上がらず伝えきれていませんが、選手達の熱い姿は今年も変わらず鷺沼にありました。  
「来年が待ち遠しい」とは通りすがりの選手の方の声。 
終わったその瞬間から、もう来年とは! 
このフッットサル大会も今年40回を迎えた野球大会のように歴史を刻んでいくのだろうなと思いました。 
 
Creator’s Eye301番目の更新となりました。 
今回のリポートはここまで。 
来年を楽しみに。 
アシスタントKがお伝えしました。 

第41回東京モーターショー2009

今回は、久々に幕張メッセまで行ってきました。 
お天気にも恵まれ、2年ぶりの東京モーターショーにレッツゴー??? 
せっかくの秋晴れというのに爽やかな感じは全くなく、いつものように猛ダッシュです。 
 
 
100_0861%2009102801.jpg100_0866%2009102801.jpg
 
 
会場には、家族で来ている来場者の方が思いのほかたくさんいました。 
東京モーターショー2009では、“PlayStation”用自動車ゲームのグランツーリスモブースや実車へのペインティングもできる親子deものづくりなどなど子供にもうれしい企画が充実。 
トミカ・チョロQコーナーでは実際にチョロQで遊んでいる子供達を見て、自分の子供時代にもあったものが受け継がれていることに嬉しくなってしまいました。 
 
 
100_1051%2009102801.jpg100_1046%2009102801.jpg
100_1050%2009102801.jpg100_1038%2009102801.jpg
 
 
会場のいたるところで見られた人の列。 
列の先にはバーチャルな走行を体験することができるシミレーションがありました。
適性検査なども含めると各ブースそれぞれに内容は様々。 
全部見たら並ぼうと思ったのですが、結局列に加わることはできませんでした。
 
 
100_0873%2009102801.jpg100_0869%2009102801.jpg

 
体験といえば、乗用車試乗会。 
私が行った時はちょうど試乗車が帰ってきたところでした。
コースは会場周辺の一般公道、約3?程度。 
魅力的な最新モデルに並んで次世代車も試乗できます。 
来場者自身が運転できるとあって、見るだけではわからない色々なことを知ることができそうです。 
 
モーターショーは新しい車との出会い。 
試乗を待っている方達を見てそんな風に思ったのですが、その試乗会コーナーのすぐ近くに車の写真とその車の思い出の紹介コーナーがありました。 
 
ただの移動手段ではなくなった車達。 
一枚一枚の写真から、車への思いが伝わってきました。
「この車に乗ってた」
なんて懐かしむ声も聞こえてきて、いつの間にか自分が子供時代に乗った車を探していました。 
もしかしたら、日本カー・オブ・ザ・イヤー30周年記念展に実物があるかもしれない…残念ながら、ありませんでした。 
 
 
100_0882%2009102801.jpg100_0891%2009102801.jpg
100_1072%2009102801.jpg100_1068%2009102801.jpg
 
 
でも、歴代のカーオブザイヤーの中になんとか(?)思い出の車を発見。 
懐かしい気持ちでいっぱいになりました。 
 

100_0896%2009102801.jpg100_0908%2009102801.jpg
100_1036%2009102801.jpg100_1080%2009102801.jpg
 
 
レースに使われた車の溝のないタイヤに目を奪われたり、各ブースの最新モデルに驚いたりしているうちに今回はタイムアップ。 
ホタルの光が会場に流れると、ブースごとに最後の挨拶がはじまりました。
 
 
100_0932%2009102801.jpg100_0878%2009102801.jpg 
 
 
“2年で車はどう変わるのか。”
そういえば前回は電気自動車充電スタンドに未来を感じていました。
今や電気自動車充電スタンドも未来の想像ではなく実際に設置されはじめたとの事。
車のエコにも様々なアプローチができるようになり、もうエコカーは手に届くものになりました。 
2年で車はどのように変わったのか。 
そして変わらないものは何か。 
皆さんも東京モーターショーで感じてみられてはいかがですか。 


詳しくは第41回東京モーターショー2009公式Websiteまで。 
アシスタントKでした。 
 
ムラヤマは第41回東京モーターショー2009の主催者装飾工事やブースなどをお手伝いしております。
実績紹介では、弊社の展示会におけるさまざまなプロジェクト実績をご紹介しております。 

MURAYAMA’S CREATION 09 

100_0840%201%20091020.jpg

平成20年7月に刷新致しました弊社会社案内グリーンとブルーの2冊のパンフレット。 
グリーンの冊子MURAYAMA’S HEARTはムラヤマってどんな会社?に答えています。 
ムラヤマの人となり(会社となり???)がわかるとでも言いましょうか。

100_0798%201%20091020.jpg
 
そして。
ブルーの冊子MURAYAMA’S CREATIONには作品とも呼べるようなムラヤマの実績を掲載しております。 
その、MURAYAMA’S CREATIONの2009年度版を作成致しました。
2008年度版、2009年度版と今年で2年目を迎えますが、これから毎年作成していきます。 
できればムラヤマの年鑑にしたいとの思いも込めて。 
粒ぞろいのスタークリエーター達だから表紙もスター!!! 
少々安直でしょうか…。 
 
今年もムラヤマのパワーがぎゅっとつまっています。 
皆様のお手元にもまもなく。
アシスタントKでした。

最先端IT・エレクトロニクス総合展『CEATEC JAPAN 2009』

bnr_grayCEATEC.gif 
 
 
10月10日(土)までの5日間、最先端IT・エレクトロニクス総合展『CEATEC JAPAN 2009』が開催されます。 
今年の開催テーマは『デジタルコンバージェンスが明日をつくる、未来へつなぐ。』。 
電子部品・デバイスから、デジタル家電、携帯電話、各種サービスやコンテンツまで揃う最先端IT・エレクトロニクス総合展として世界に発信されています。 
10周年を迎えるにあたり「Challenge! 豊かな暮らしと低炭素社会への挑戦」を主催者メッセージとして掲げた『CEATEC JAPAN 2009』。 
会場は幕張メッセです。 
 
詳しくはCEATEC JAPAN 公式Websiteまで。 
アシスタントKでした。 
 
ムラヤマは『CEATEC JAPAN 2009』の主催者装飾工事やブースなどをお手伝いしております。
実績紹介では、弊社の展示会におけるさまざまなプロジェクト実績をご紹介しております。 


コラボレーション

今回は素敵なコラボレーションについてご報告をしたいと思います。 
4月28日から153日間に渡って開催された開国博Y150。  
最終日前日、多くの横浜市民の皆さんによって制作された「Y150横浜丸」が、象の鼻会場岸壁から海へ「出航」しました。 
 
 
100_0556%201.jpg 
 
 
ムラヤマとこの日比野克彦プロデュースアートプロジェクト「横浜FUNEプロジェクト」の関わりのきっかけは2年前。 
以前にこのブログでもご紹介した金沢でのプロジェクトが始まりです。 
このプロジェクトでは「種は船」×FutuRushとして初めてコラボレーションさせて頂きました。 
前年の金沢、今年の東京芸術劇場での「ホーム→アンド←アウェー」方式[But-a-I]等、日比野克彦さんとのコラボレーションにつながりました。 
そして、昨年11月山下埠頭での市民参加プロジェクトを経て今回は出航イベントの会場装飾といった形でお手伝いいたしました。 
出向イベントで活躍した船全てにムラヤマは関わっていることになったんだなと思うと感慨深いものがあります。 
 
 
100_0535%201.jpg 
 
 
さて「Y150横浜丸」は「横浜FUNEプロジェクト」の150隻目の船。 
市内の竹を使って建設されたメイン会場「竹の海原」を持つヒルサイドで制作された為、骨組が竹で作られていました。 
朝顔の種を積んで象の鼻を出航する使命を担った船。 
快晴となった空の下、竹とダンボールの船は無事進水することができました。 
出航の前に期間中Y150の会場内で、「夢の種の袋」には多くの市民の皆さんからのメッセージが託されました。 
 
 
100_0609%201.jpg 
 
 
?「夢の種の袋」に50年後の横浜へどんな夢の種を蒔くか?夢を実現するために何をするか?この2つのメッセージが記入、?朝顔の種が「夢の種の袋」に封入され、?「夢の配達箱」に投函。
その投函された「夢の種の袋」と全国から集まった朝顔の種が一つになって、Y150に関わった人々の手から手へ渡され、林市長の元へ。 
林市長より日比野さんが代表で受取り、「Y150横浜丸」と一緒に出航! 
 
 
100_0663%20C.jpg 
 
 
無事子供達の待つ赤レンガパークに到着しました。 
私は対岸から赤レンガパークで歓迎式のフィナーレの風船が飛び立ったところを見ていました。 
風船が飛んだところを遠くから眺めていたので、ちょっと寂しい感じ…。 
 
 
100_0710%201.jpg 
 
 
帰りにナミノウエ(大さん橋ホール)に戻った「Y150横浜丸」を観に大さん橋会場まで行ってみました。 
150隻全てが揃ったナミノウエは圧巻。  
ナミノウエでの出航式にも立ち会うことができ、重い船をすいすい動かす子供に脱帽、こちらは何メートルか動かすだけでいい運動になりました。 

日も暮れたというのに、多くの人々で賑わっている会場を後にして外へでてみると、もう月が出ていました。 
入口付近には「Y150 横浜丸」。 
近くでみる「Y150横浜丸」は大きくて、旗のような帆が夜風に揺られて気持ちよさそうでしたよ。 
 
   
100_0793%201.jpg 
 
 
ムラヤマも未来に向けて出航のお供ができたようで嬉しく思った一日となりました。 
これからもまた色々なコラボレーションを楽しみに今回の取材はこれまで。 
アシスタントKでした。 

「久世光彦展 時を呼ぶ声」

E0009894-1%201.jpg
 

こんにちはアシスタントKです。 
シルバーウィークも終わり、季節はいよいよ秋。 
連休中はすっかり渋滞にはまってしまったという方。 
お疲れ様でした。 
もう渋滞だらけの道路はこりごり!芸術の秋を満喫したい! 
そんな方にぴったりなご案内が届きました。 
それでは、プリティCCその2さんどうぞ!!! 
 

E0009894-3%201.jpg 


「久世光彦展 時を呼ぶ声」が世田谷文学館で2009年9月19日から11月29日まで開催されています。 
久世光彦さんは「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」「ムー」など1970年代の人気ホームドラマを生み出した演出家として知られる一方、50歳を過ぎてから本格的に取り組んだ小説・エッセイの分野でも評価されています。 
この企画展で、ムラヤマは会場装飾の企画・提案からお手伝いをさせていただきました。 
 
「文学館」というと、文字ベースの大人しい展示をイメージされるかもしれませんが、会場では久世さんの自宅の書斎を忠実に再現した「書斎再現」をメインに、写真、映像が各所にちりばめられています。なんと久世さんの学生時代の成績表(!)まで展示されており、久世さんの作品に触れるだけでなく、久世光彦さんという「人間」にも深く迫る内容となっています。 
 
久世さんをご存知でない方にも、今回の展覧会をきっかけに久世さんの作品と、久世さんという人間の魅力を味わって頂けたらと思います。 
 
CC本部 プリティCCその2でした。 


DSCN1068%201.jpgE0009894-2%201.jpg
E0009894-4%201.jpgE0009894-5%201.jpg


詳しくは世田谷文学館「久世光彦展 時を呼ぶ声」web-siteまで。 
実績紹介では、弊社のミュージアムにおけるさまざまなプロジェクト実績をご紹介しております。
 

『第36回国際福祉機器展H.C.R.2009』

『第36回国際福祉機器展H.C.R.2009』は、いよいよ来週9月29日(火)より開幕となります。 
H.C.R.2009は毎年多くの来場者を集め、昨年は15か国・1地域より530社が出展するなど、名実共に国内最大の福祉機器展です。 
 
出展の中身を見てみますと、日常生活用品から福祉車両までと、一言で福祉機器と言っても内容は様々。当日は約 20,000点の福祉機器が展示される予定です。 
また、介護・保健福祉分野の課題や海外情報、福祉機器に関するセミナーなど、シンポジウム・セミナーも同時開催されています。
 
今後ますます注目の集めるであろう福祉の問題。H.C.R.2009は、そんな福祉環境の“今”がわかる展示会です。 

期間は2009年9月29日(火)?10月1日(木)まで。 
【入場料 無料(入場者登録制:事前もしくは当日)】 
会場は、東京ビッグサイト東展示ホールです。
詳しくは第36回国際福祉機器展H.C.R.2009web-siteまで。 
 
 
ムラヤマはH.C.R.2009の主催者運営・装飾工事、またブース展示などのお手伝いをしております。
実績紹介では、弊社の展示会におけるさまざまなプロジェクト実績をご紹介しております。アシスタントKでした。

東京芸術劇場日比野克彦アートプロジェクト「ホーム→アンド←アウェー」方式[But-a-I]

100_0375%201.jpg

今回見にいったのはヒノキの [But-a-I] 舞台です。
Creator's Eyeでは昨年の夏に掲載した金沢21世紀美術館の[But-a-I]( 「日比野克彦アートプロジェクト「ホーム→アンド←アウェー」方式 meets NODA [But-a-I]」)
間伐材が使われた[But-a-I]は、ふるさとの森がある三重県尾鷲に移築されたのですが、今回池袋の東京芸術劇場にやってきました。
池袋西口公園に入ろうとすると遠くに懐かしい[But-a-I]を発見。

100_0348.jpg

現在東京芸術劇場では野田秀樹芸術監督就任記念プログラムが行われています。
その一つである日比野克彦アートプロジェクト「ホーム→アンド←アウェー」方式[But-a-I]。
ヒノキの 舞台[But-a-I]で 東京都内の大学の学生団体を中心に演劇的パフォーマンスが展開されています。
「学生とアーティストによるアート交流プログラム」は「東京文化発信プロジェクト」の一環との事。
私が行った日も学生さん達が練習に励んでいました。
一息つくため東京芸術劇場の中に入り、アトリウムで、以前野田氏の劇団公演作品に日比野氏が舞台美術として参加された際の幕絵を見ていると、学生さんの発声練習が始まりました。

100_0337.jpg

吹奏楽部の音合わせを聴いているようで、なぜが放課後の校舎を思い出しました。
学生時代に戻ったような錯覚は学生さん達のエネルギーに後押しされたせいかも!?
発声練習はアトリウム全体に響いて東京芸術劇場と一体になっていました。

すぐそばにバスの停留所があったりと、人も車も流れがかなり激しい場所。
通り過ぎる人々が時折足をとめ、時には観覧席に座り、彼らの練習や舞台、解説文を眺めたりしていました。
観覧席に座ると木のいい匂いがしましたよ。

100_0359%201.jpg

東京芸術劇場日比野克彦アートプロジェクト「ホーム→アンド←アウェー」方式[But-a-I]は2009年9月6日(日)まで(休館:8/13(木)、14(金))。
東京芸術劇場 アトリウム前広場にて開催されています。
詳しくは「ホーム→アンド←アウェー」方式[But-a-I]web-siteまで↓。

東京芸術劇場
CAFE HIBINO NETWORK
東京文化発信プロジェクト

アシスタントKでした。

ムラヤマは東京芸術劇場日比野克彦アートプロジェクト「ホーム→アンド←アウェー」方式[But-a-I]にて、今回も制作など日比野氏の想いを形にするお手伝いを致しました。

東京ディスプレイ協同組合「第40回親善野球大会」開催中です!

100_0189%2009061202.jpg

東京ディスプレイ協同組合「親善野球大会」の応援に行ってきました。 
第40回を迎える歴史ある大会で、6月10日12日19日の3日間、23チームが参加し、明治神宮外苑軟式球場で開催されています。 
今回は開催日程2日目に観戦しました。 
 
100_0206%2009061204.jpg
 
虹が出た後、段々晴れ間が大きくなってきました。 
爽やかに見えますが、 じわじわくる暑さが身に応えます。 
選手の皆様、大会委員の皆様お疲れ様です。 
 
100_0164%2009061204.jpg
 
試合の様子です。 
幅広い年齢層で総合力勝負か、はたまた若手中心でスピード&パワー勝負か(もちろん技術もすごい…)。 
どのチームも力が入っています。 
 
ムラヤマはシード2回戦で一勝をあげました。 
応援に集中するあまり、ついついカメラを置きがちに…。 
いいプレイ!なのに撮ってない!!! 
右下は3回戦前の整備の様子です。 
試合前で緊張気味でしょうか??? 
 
100_0124%2009061202.jpg 100_0229%2009061202.jpg 
 
以前フットサル大会でもご紹介しましたが、 東京ディスプレイ協同組合では、業界の活性化や懇親を目的として、野球・フットサル・ボーリング…とスポーツイベントなどが行われています。 
今回ムラヤマは惜しくも?敗退してしまいましたが、6月19日にはベスト4による優勝をかけた熱戦が繰り広げられることでしょう。 
アシスタントKがお伝えしました。  
 

『インテリア ライフスタイル / Interior Lifestyle』に行ってきました

100_0078%2009060502.jpg

先日東京ビッグサイト で開催されていた『インテリア ライフスタイル / Interior Lifestyle』に行ってきました。 
 
「最終日は16時30まで」 
この一文を読んだ瞬間、急げ!とオフィスのフロアーを飛び出しビッグサイトへ急行。 
いつもなら1階からまわるのですが、この日は手提げ袋が2階の入口付近でもらえるというので2階へ。 
バッグをもらい内心ニコニコで会場に入ると、そこはもうお店の中にいるような錯覚をするくらい落ち着いた空間。 
昨年の明るい雰囲気のカフェから一転、大人なイメージのレストランが展開されていました。 
もちろん素敵なイスに座ってコーヒーを楽しむ時間はありません。 
会場をまわっていると、カラフルな木馬を発見しました。 
子供部屋にあったら遊園地みたいで楽しいかもと思い、試しに乗っている人(大人)をうらやましい目で眺めつつ、移動。 
 
100_0104%2009060502.jpg
<もらってきた手提げ袋です> 
 
レストランに入れなかった雪辱を晴らすべく、ジューサーの商品説明を食い入るように見つめ搾りたてのジュースをもらい、最後には絞った野菜や果物のからのビスケットまでいただいてしまいました。 
「このジュースはお砂糖使ってないんですよ」と、説明を受けて感動するくらい甘く、会場をまわる足も軽くなります。 
 
感動といえば、昨年も少し触れましたが食べられる食器。 
おいしく、しかも身近なエコ。 
捨てるのではなく食べてしまう。 
今回は試食をしてみました(食べてばかり)。 
おいしくてびっくりです。 
@160とのメモを見て「買えますか」などと質問をし、説明されている方を困らせてしまいました。 
すみません。 
 
私が行った最終日はあいにくの雨模様でしたが、大勢の方が来場されていて、最後の最後まで会場は大盛況でした。 
伝統工芸の美しさやはたまた斬新なデザインに見入り、そして時間を忘れる…。 
最後はもう駆け足で何とかまわったという状態でお伝えしきれないのが残念! 
座ったり、触ったり、食べたり。 
ライフスタイルを彩る様々なものに出会うことができました。 
三度目の正直で、次回こそはゆっくり。 
そして、今回は本筋から外れてしまった!?ので、少し真面目に見にいきたいと思います。
アシスタントKがお伝えしました。 

100_0093%2009060502.jpg

『インテリア ライフスタイル / Interior Lifestyle』2009年公式サイト 
http://www.interior-lifestyle.com/ 
ムラヤマは『インテリア ライフスタイル / Interior Lifestyl』2009年の主催者装飾工事やブースなどをお手伝いしております。
実績紹介では、弊社の展示会におけるさまざまなプロジェクト実績をご紹介しております。 

横浜開港150周年記念テーマイベント「開国博Y150」

banner02.gif 
 
横浜開港150周年記念テーマイベント「開国博Y150」へ行ってきました。 
今年2009年は横浜開港150周年にあたり、横浜では、その開港150周年に合わせて、未来への「出航」をテーマに、「開国博Y150」が開催されています。 
メイン会場である、みなとみらい地区を中心とした「ベイサイドエリア」、横浜駅周辺から山下・山手地区の「マザーポートエリア」、ズーラシア近隣に広がる「ヒルサイドエリア」。 
今回はベイサイドエリアに行ってきました。 
「ベイサイドエリア」のY150はじまりの森(新港地区8街区)では日本初上陸となるフランスの巨大スペクタクルアート劇団「ラ・マシン」が登場。 
横浜に登場するスペクタクルは、大きなクモ!!! 
入場ゲートをくぐろうしたその時発見、遠くにいるのに存在感ばっちりです。 
100_9799web5090520.jpg

クモとの対面を終えたら、「横浜ものがたり」へ。 
やはり横浜と言ったらペリー来航。 
ペリー応接の間ではペリー一行に出された食事の献立を見て。 
こんなに贅沢なものが当時の日本にあったんだ、と妙なところで感心。 
 
ENEOS 未来のエネルギー館。 
エネゴリくんは残念ながら、土日しかいないようです。 
100_9886web3090520.jpg 
 
クモがパフォーマンスしてくれる時間をチェックして移動。
 
100_9901web090520.jpg  
赤レンガ会場(広場)での一枚です。 
今はこんな風にコラボレーションできるんですね。 
他にも買いたいものが意外に!?満載です。 
 
のんびりしたい気分を抑えつつ、Y150トゥモローパーク (新港地区7街区)へ。 
ここにしかいない「たねまる」くんのワンショット。 
100_9911web090520.jpg 
素早く撮影できない私をこのポーズのまま待っていてくれました。 
感謝です。  
トゥモローパークへ来る時に目印に(勝手に)した、未来シアター。 
ここでは「BATON 」が上映されています。 
豪華なキャスト、SFとファンタジーとアニメを超えたアニメ。 
「BATON」はストーリーが3部に分かれていて、今は第1部が上映されています。 
どきどきしますが、それでもやっぱり第2部も見たくなります。 
100_9919web09050.jpg 
アースバルーン「HOME」は、夜に備えてか係の方が作業中でした。 
100_9922web090520.jpg 
ステージでは何やらライブが。 
修学旅行なのか学生さんが4人、真剣に聞いていました、バンドでもやっているのかな。 
 
関係者以外立ち入り禁止の看板はNISSAN Y150ドリームフロント & スーパーハイビジョンシアタ− (新港ふ頭)。 
普段は立ち入り禁止なんですね。 
100_9966web090520.jpg 
スーパーハイビジョンシアターのどこか懐かしい映像に心が洗われた後は、電気自動車「PIVO2(ピボツー)」とご対面。 
一緒にエコについて考え、コトバパークで「思いやりのコトバ」を書いて、いざバルーンへ。 
係の方に「今入れた紙が上に舞い上がってますよ!」と言われ、慌ててカメラを構えた時にはもうひらひらと着地するところでした。 
100_9952web090520.jpg

 
再びはじまりの森に戻って、先程人だかりで見えなかった横浜の歴史を映像で紹介する 「横浜開港物語」に見入っているうちに、「ラ・マシンまもなく始まります!」との係の方の声が。 
見れる場所を探していたら、なんと真正面の一番最前列になりました。 
どんどんと近づいてくるクモは迫力満点。 
思い切ってシャッターを押したその瞬間、クモの口から水が! 
ウェブマスターすみません。 
レンズが水をかぶってしまいました・・・。 
その後ゆっくり後ずさり、クモはまたお休みに。 
101_0026web090520.jpg 
黒船レストランにて、ぼけぼけの黒船アイスクリームとクモ。 
 
夕暮までは少し時間があったので、足を延ばして大さん橋会場「横浜FUNEプロジェクト」に行き、横浜市民の皆さんが参加して造った”FUNE”を見ました。 
ここではスタンプシートをもらい、そこにある6つの”FUNE”を探してスタンプラリーのようなことができます。 
○○地区センター造船所とか、○○中学校造船所など、横浜市内の色々な場所でつくられた様々な船に囲まれて、スタンプを押すのに夢中になっている間に本日はタイムアップ。 
101_0072web090520.jpg

ベイサイドエリアすら全部見れなかったと反省しながらも、大さん橋から横浜の海を眺めたら気分は爽快。 
散歩も兼ねて、また来ようと思いました。 

「開国博Y150」は一部会場を除き、4月28日から9月27日まで、153日間にわたり開催されています。  
そして、大さん橋会場のお隣の象の鼻会場は6月2日オープンです。 
夜間しかやっていないアースバルーン「HOME」やENEOSナイトピクニックなど、夜仕事帰りなどに楽しめるものもあります。 
今回はご紹介できませんでしたが、「マザーポートエリア」「ヒルサイドエリア」と横浜全体が「開国博Y150」です。 
皆様もぜひ行かれてみてはいかがですか。 
 
詳しくは横浜開港150周年記念テーマイベント「開国博Y150」公式サイトまで。 

ムラヤマは横浜開港150周年記念テーマイベント「開国博Y150」のいくつかの展示や催事などをお手伝いしております。
実績紹介では、この他スポーツイベント・式典の実績を紹介しています。 

アシスタントKがお伝えしました。

Creator's Eye

カテゴリー

エントリー

バックナンバー

ライター紹介

  • ウェブマスター麻生
    • ・・・広報の視点で最新事例の紹介や会社リリース記事などを担当します。
  • 北海道産のフラヌール
    • ・・・好奇心のままさすらい、面白いものを見つけたらお知らせします。
  • 採用担当者なべ
    • ・・・人も会社も面白い事たくさん!働いて、見て聞いて考えて、色々書いてみます。
  • すみ
    • ・・・空間にまつわるヒト・モノ・コトについて、すみからすみまでお伝えします。
  • SWC
    • ・・・元空間デザイナーのフォトグラファーが、ワイドな視点で書き綴るフォトレポート、フォトエッセイ、フォトテクニックetc.
  • マーガレットあん
    • ・・・趣味は人間観察、日常に埋もれる小ネタを求めて日々奔走。楽しい話しお伝えしたいです。
  • 大坂一郎
    • ・・・おもに上方の日常の中から、いろいろとお伝えしたいと思います。

Copyright