スタッフレポート

展示会主催者工事が重要なこと! 全体を把握できる醍醐味

東京ビッグサイトのスペシャリスト 河田デザイナー

東京ビッグサイトで開かれるプロジェクトにほぼ毎回携わり、会場の隅々まで精通している河田デザイナー。展示会主催者が準備する基礎装飾工事を中心に担当しています。

-ムラヤマの得意業務の一つに、展示会の事務局が準備する基礎部分の工事、主催者工事があります。
これは、各出展者が思い思いのブースを創るベース部分、誘導サインなど、展示会におけるインフラといえる工事です。
主催者工事で大切なことは、来場されるお客様が“迷わず目的の場所に最短のコースでたどりつける”こと。
東京ビッグサイトや幕張メッセなど、主要コンベンション会場では絶えず展示会が実施されています。
来場されるお客様の中には、何度も展示会においでになる方もいらっしゃいます。
そんな方々が、設置位置やルートがイベントごとに違うと、どこへ行けばよいのか迷ってしまうのです。
それを防ぐためには、デザインを決める前に、まず誘導サインやレジストレーションなどの配置計画をしっかり決めなければなりません。

「あるべき物があるべき場所にある。」

これは、主催者工事を計画する上での“格言”ともいえるでしょう。
もちろん、全体コンセプトやトレンドを意識した斬新なデザインも必要です。今回のショーでは、「空の上を走る」というデザインコンセプトがありましたから、サインや空間にできるだけそのようなイメージを意識した要素を取り入れています。

東京ビッグサイトは私にお任せください。会場の特性を隅々まで熟知していますので、展示会ご出展をお考えの皆様、是非お気軽にご相談ください。-

河田デザイナー
現場で指示する 河田デザイナー
総合案内所ブース
館内誘導サイン

お客様第一!誠心誠意の達人 岡本プロデューサー

大手広告代理店を中心としたアカウントマネージャーである岡本プロデューサー。
社内で1、2位を争うコミュニケーションの達人。その真髄は「お客様第一」「誠心誠意」。

-ムラヤマ一筋20余年、お客様と共に感動を創り続けてきました。今回は東京ビッグサイトでの展示会主催者工事のプロデュースを担当していますが、ミュージアムからショールーム、博覧会など、お客様の求めるものであれば何でも実現して見せます。

主な取引相手は某大手広告代理店。普段は営業窓口として、デザイナーや部下とともにお客様のオフィスへ伺い、アカウントとしてコミュニケーションを図っています。

我々の業界は決められた製品をお売りする企業とは違い、その都度違う環境を生み出さなければなりません。
この特性上、営業はただお売りするだけというわけには行かず、ソリューションのためのプランニングも必要ですし、今日のように現場で製品の最終管理 まで行う必要もあるわけです。

私は、このムラヤマという会社が元来持っている、誠実で真摯な企業文化が大好きです。現在は指導の立場となっていますので、私がその文化の先頭をきり、後輩社員に対し継承し続けたいと思っています。
(誠実さがゆえに、実は不器用な文化も併せ持ってはいますが。)

誠心誠意は私にお任せください。お客様がご満足いただけるよう、最後まで対応させていただきます。

お客様の笑顔が、私にとっての生きがいです。-

岡本プロデューサー
現場工事ミーティング
会場のシーン

レポーターの意見

ムラヤマは全国主要展示会場で、多くの展示会主催者工事に運営から装飾まで幅広く参画しています。

展示会主催者工事は、主催者の最新情報をいち早く把握できること、また会場全体で工事を行っている関係上、各種作業員が常註している事など、実は各社出展ブースをお考えの方々にとっても有利なのです。
的確な情報でミスを減らし、人件費主体の工事費を軽減する。これで、作業の効率化・経済化を図ることができます。

展示会にご出展を計画している企業の皆様。
実績豊富なムラヤマと、“誠心誠意”のスタッフと共に感動を共に味わってみてはいかがですか?