Creator's Eye 社員発信! できたて情報! よもやま話 むらやま話・・・

« FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2008開幕です! | メイン | 日本コンベンション事業協会(CPA)設立10周年 記念式典 »

有明から乃木坂、青山。

%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8.jpg


コンペのプレゼンが、なんとか終わったので、
東京ビッグサイトの「エコ・プロダクツ2008」
とギャラリー間の「安藤忠雄建築展」
を観てきました。


今年、10回目を迎えたエコ・プロダクツは、
極力観にいくようにしている展示会のひとつです。
1回目とか2回目の頃は、丁度、地方博の第3次ブーム。
京都議定書が議決され、
環境配慮の意識が、徐々に出始め、
博覧会のテーマとして「環境問題」を
取り上げはじめた頃でした。
当時は、大手の企業出展は少なく、
オーガニックコットンなどを扱う会社や、
NPO、NGOの出展が目立つ展示会でした。


また、“環境問題は、ビジネスになりうるのか?”
なんていってた頃でした。
今や、展示会の中で最も大規模なものになって、
大企業が軒並み出展し、
“環境問題抜きに、ビジネスは語れない!”
なんてことになってます。


行ってみて、ビックリしたのが、
子どもが多いこと!
いつものビッグサイトの雰囲気ではなく、
子ども科学館みたい(笑)


ちょっと前に
環境に優しい暮らし方。
なんて、偽善なんだよ。
なんて本を読みましたが、(苦笑)
そのネガティブな思考に辟易したものです。
確かに一人一人の効果なんて、
大したこと無いのかもしれません。
でも、子どもが環境問題を学ぶのは、
悪いことだとは思いません。
(と、言いきります。)
何かしても、効果的じゃあないのだったら、何もしない。
ってのはね、世知辛いと思います。


環境問題って、真剣に考えちゃうと
確かに、ニンゲンが生きてることそのこと自体、
が悩ましくなっちゃいます。
けれど、だからこそ、
ありがたい。とかね。
思ったり出来るんじゃあないかな?
と、思うのです。


で、「安藤忠雄展」
今回の展示の目玉は、原寸大の「住吉の長屋」
自然を感じるための仕掛けとしての中庭。
極小の空間条件の中、敷地面積の1/3を、
この自然を感じるボイド空間に割くということ。
これは、やっぱり一種の環境保全活動!(笑)
ケンチクって範疇を逸っする作品です。


モノを作る仕事って、
下手をすれば、環境破壊に直結します。
だから、せめてゴミみたいなものは作らないようにしないと。
と、思った週末でした。


あ、写真はギャラリー間からの帰社時に写メした
新・国立美術館

PS.
先ほど、社内の違うセクションに勤務する女の子が訪ねて来てくれました。
ブログライターの“すみ”とは、一体どんなヤツなのだろうか?
とのことで。(笑)
で、改めてどんな記事を書いたんだろう?
と心配になって(笑)2006年10月から、一覧してみたんですが、
私の記事全てが「雑感」というカテゴリでした。
来年も、「雑感」書き散らかせていただきます。
宜しくお付き合い下さい。


Presented by“すみ”

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




Creator's Eye

カテゴリー

エントリー

バックナンバー

ライター紹介

  • ウェブマスター麻生
    • ・・・広報の視点で最新事例の紹介や会社リリース記事などを担当します。
  • 北海道産のフラヌール
    • ・・・好奇心のままさすらい、面白いものを見つけたらお知らせします。
  • 採用担当者なべ
    • ・・・人も会社も面白い事たくさん!働いて、見て聞いて考えて、色々書いてみます。
  • すみ
    • ・・・空間にまつわるヒト・モノ・コトについて、すみからすみまでお伝えします。
  • SWC
    • ・・・元空間デザイナーのフォトグラファーが、ワイドな視点で書き綴るフォトレポート、フォトエッセイ、フォトテクニックetc.
  • マーガレットあん
    • ・・・趣味は人間観察、日常に埋もれる小ネタを求めて日々奔走。楽しい話しお伝えしたいです。
  • 大坂一郎
    • ・・・おもに上方の日常の中から、いろいろとお伝えしたいと思います。

Copyright