Creator's Eye 社員発信! できたて情報! よもやま話 むらやま話・・・

« 「豊かな空間」 | メイン | 横浜開港150周年記念テーマイベント「開国博Y150」 »

「クリエイティブ東西交流会」

こんにちは、大坂一郎です。
 
先日大阪支店にて「クリエイティブ東西交流会」が開催されました。
 
東京・名古屋・大阪と3つの地域にそれぞれクリエイティブ部門があるので
もっと交流を持とうということから始まり、
”東西デザイナーがお互い刺激しあってのスキルアップ・情報交換による
ムラヤマの総合デザイン力アップを図る” という趣旨で、
今回が第三回になります。
 
第一回は、東京・大阪それぞれの個人紹介シートによる自己紹介。
第二回は、東京クリエイティブの若手リーダーたちによる実績プレゼンテーション。
今回は名古屋支店のメンバーも来阪して、初めて3地域合同の開催となりました。
 
 
第三回のテーマは「女性デザイナーの欲望と未来」。
 
段々と重要な位置を占めつつある女性デザイナーが何を考え、どんなものを創っているのか。
大阪・名古屋の女性デザイナーと東京の女性デザイナー代表にプレゼンテーションしてもらいました。
(それと名古屋の男子2名のプレゼン付。)
 
 
s-%E7%94%BB%E5%83%8F%20005.jpg
 「大阪四人娘」
 
 
s-%E7%94%BB%E5%83%8F%20011.jpg
 「Tokyo three girls」と「名古屋一姫」
 
 
 
プレゼンテーションを見ての感想:
 
東京のデザイナーの印象は「コンセプチュアル」。
主張がはっきりしていて、洗練されています。言葉も造形もプレゼン資料も統一された意志が
感じられ、言葉がなくても造形から主張が伝わりますし、言葉で説明がつくと非常に納得できます。
プレゼン資料の色・形・背景にもプレゼンツールの機能を生かしたデザインがなされていたのが
新鮮な驚き。
 
大阪のデザイナーの印象は「感覚的」。
色がきれい、さわやかさ、かわいいなど見ていて感覚的に心地よいです。言葉の面ではもう少し
東京を見習うべきと思いますが、この大阪の個性は大切にすべきかと思います。
 
名古屋のデザイナーは、すみません、まだはっきりわかりませんでした。
でもきしめんはおいしいと思います。
 
 
同じ会社でも、個性をこえた地域の個性というのが感じられて面白かったです。
 
ではまた。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




Creator's Eye

カテゴリー

エントリー

バックナンバー

ライター紹介

  • ウェブマスター麻生
    • ・・・広報の視点で最新事例の紹介や会社リリース記事などを担当します。
  • 北海道産のフラヌール
    • ・・・好奇心のままさすらい、面白いものを見つけたらお知らせします。
  • 採用担当者なべ
    • ・・・人も会社も面白い事たくさん!働いて、見て聞いて考えて、色々書いてみます。
  • すみ
    • ・・・空間にまつわるヒト・モノ・コトについて、すみからすみまでお伝えします。
  • SWC
    • ・・・元空間デザイナーのフォトグラファーが、ワイドな視点で書き綴るフォトレポート、フォトエッセイ、フォトテクニックetc.
  • マーガレットあん
    • ・・・趣味は人間観察、日常に埋もれる小ネタを求めて日々奔走。楽しい話しお伝えしたいです。
  • 大坂一郎
    • ・・・おもに上方の日常の中から、いろいろとお伝えしたいと思います。

Copyright