Creator's Eye 社員発信! できたて情報! よもやま話 むらやま話・・・

« 『第36回国際福祉機器展H.C.R.2009』 | メイン | コラボレーション »

「久世光彦展 時を呼ぶ声」

E0009894-1%201.jpg
 

こんにちはアシスタントKです。 
シルバーウィークも終わり、季節はいよいよ秋。 
連休中はすっかり渋滞にはまってしまったという方。 
お疲れ様でした。 
もう渋滞だらけの道路はこりごり!芸術の秋を満喫したい! 
そんな方にぴったりなご案内が届きました。 
それでは、プリティCCその2さんどうぞ!!! 
 

E0009894-3%201.jpg 


「久世光彦展 時を呼ぶ声」が世田谷文学館で2009年9月19日から11月29日まで開催されています。 
久世光彦さんは「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」「ムー」など1970年代の人気ホームドラマを生み出した演出家として知られる一方、50歳を過ぎてから本格的に取り組んだ小説・エッセイの分野でも評価されています。 
この企画展で、ムラヤマは会場装飾の企画・提案からお手伝いをさせていただきました。 
 
「文学館」というと、文字ベースの大人しい展示をイメージされるかもしれませんが、会場では久世さんの自宅の書斎を忠実に再現した「書斎再現」をメインに、写真、映像が各所にちりばめられています。なんと久世さんの学生時代の成績表(!)まで展示されており、久世さんの作品に触れるだけでなく、久世光彦さんという「人間」にも深く迫る内容となっています。 
 
久世さんをご存知でない方にも、今回の展覧会をきっかけに久世さんの作品と、久世さんという人間の魅力を味わって頂けたらと思います。 
 
CC本部 プリティCCその2でした。 


DSCN1068%201.jpgE0009894-2%201.jpg
E0009894-4%201.jpgE0009894-5%201.jpg


詳しくは世田谷文学館「久世光彦展 時を呼ぶ声」web-siteまで。 
実績紹介では、弊社のミュージアムにおけるさまざまなプロジェクト実績をご紹介しております。
 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




Creator's Eye

カテゴリー

エントリー

バックナンバー

ライター紹介

  • ウェブマスター麻生
    • ・・・広報の視点で最新事例の紹介や会社リリース記事などを担当します。
  • 北海道産のフラヌール
    • ・・・好奇心のままさすらい、面白いものを見つけたらお知らせします。
  • 採用担当者なべ
    • ・・・人も会社も面白い事たくさん!働いて、見て聞いて考えて、色々書いてみます。
  • すみ
    • ・・・空間にまつわるヒト・モノ・コトについて、すみからすみまでお伝えします。
  • SWC
    • ・・・元空間デザイナーのフォトグラファーが、ワイドな視点で書き綴るフォトレポート、フォトエッセイ、フォトテクニックetc.
  • マーガレットあん
    • ・・・趣味は人間観察、日常に埋もれる小ネタを求めて日々奔走。楽しい話しお伝えしたいです。
  • 大坂一郎
    • ・・・おもに上方の日常の中から、いろいろとお伝えしたいと思います。

Copyright