Creator's Eye 社員発信! できたて情報! よもやま話 むらやま話・・・

« カメラと写真映像の情報発信イベント「CP+(シーピープラス)」 | メイン | HCJ2011開催中! 当社が出展してます。 »

アイデアとイデアル

日本語でアイデアって言うと、
ちょっとしたつまらない思いつき。
みたいなニュアンスがあるけれど、
スペイン語でidealというのは、
理想的な。
といったニュアンスになるのです。


これは、何かな?
と、思うに、
クリエイティブに対する社会的な位置づけ
そして、“知”に対する捉えかた
にあるんじゃあないかな?
と、思うわけです。


私が幼い頃というのは、
愚れててどうしようもないやつが、
社会復帰するステレオタイプとしての職業、
っていうのが、デザイナーだった訳で。
例えば、イタリアの建築家のように
クリエイティブとサイエンスの絶対的存在。
尊敬されるに足る存在。
というのとは、ホントに大きな隔たりがあった訳です。


その一端は、お前のせいじゃあないか!
などと言われてしまうと、
何も言えないのですが。。。


ただね、日本の“知”に関して言うと、
例えば、江戸時代の寺子屋。
当時の日本の識字率っていうのは世界一だったのです。
例えば、和算。
この考え方も、世界的にみても素晴らしい。
例えば、ノーベル賞の受賞者は全部門で世界8位。


決して日本人の文化レベルや“知”のレベルというのは
世界的に劣ってる訳ではないのです。
そして、やっぱりメイドインジャパン。
に対する品質への信頼は高く、
ジャパンブランドは健在であるといえます。
私たちが自ら、自分たちを卑下する理由は、
全くない訳です。


何が言いたいか?
というと、日本の民度は結構上がってるよ。
日本のクリエイティブって、
悪くないよ。っていうか、良いよ。
ビバ・アイデア!
もっと発想とかアイデアを大切にしようよ。
ってことなんです。


言い換えると、
「俺、結構良いアイデア持ってるんだよね。」
って、誰かが言った時、
つまらない思いつきを持ってる。
って、捉えるんじゃあなくって、
“理想的な何かをイメージしてる”
って、捉えても良いんじゃあないかな。
と、思うんです。


さらに、逆の言い方をすると、
“知”に対する正当性のある捉え方が出来ないと、
モノを中心にしたパラダイムから、
コトを中心にしたパラダイムの変遷には載って行けない。
新しいパラダイムに乗り遅れるよ。


って、コトなんだと思うんです。


Presented by“すみ”

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




Creator's Eye

カテゴリー

エントリー

バックナンバー

ライター紹介

  • ウェブマスター麻生
    • ・・・広報の視点で最新事例の紹介や会社リリース記事などを担当します。
  • 北海道産のフラヌール
    • ・・・好奇心のままさすらい、面白いものを見つけたらお知らせします。
  • 採用担当者なべ
    • ・・・人も会社も面白い事たくさん!働いて、見て聞いて考えて、色々書いてみます。
  • すみ
    • ・・・空間にまつわるヒト・モノ・コトについて、すみからすみまでお伝えします。
  • SWC
    • ・・・元空間デザイナーのフォトグラファーが、ワイドな視点で書き綴るフォトレポート、フォトエッセイ、フォトテクニックetc.
  • マーガレットあん
    • ・・・趣味は人間観察、日常に埋もれる小ネタを求めて日々奔走。楽しい話しお伝えしたいです。
  • 大坂一郎
    • ・・・おもに上方の日常の中から、いろいろとお伝えしたいと思います。

Copyright