従業員の活躍推進・次世代支援推進への取り組み

すべての従業員が活躍できる企業へ

これから私たちが目指す未来は、それぞれの個性を尊重し、様々な人々と共に考え行動していくことが大切であると考えます。当社は多様な価値観と、それぞれの個性を活かして、すべての従業員が活き活きと行動し、活躍できる環境を整えてまいります。

中でも、あらゆる世代が直面している育児・介護などにおいては、それぞれが活躍できる雇用環境のさらなる整備や、ライフサイクルを自分でコントロールできる職場環境の整備をおこなっていくことで、従業員全体の環境改善へ大きな効果を得ることができると考えており、次のような行動計画を策定し取り組んでまいります。

  • 1. 計画期間 2021年2月1日~2025年1月31日
  • 2. 目標1:採用した労働者に占める女性労働者の割合50%を目指す
    目標2:多様なライフサイクルに対応できる労働環境等の整備
  • 3. 取組内容
    • 採用計画の策定
      • 直近年度の採用者の調査
      • 採用人数の検討
      • 採用者数割合算出
    • 年次有給休暇の取得促進
      • 制度やルール等を整備しイントラネットによる周知
      • 「計画的年次有給休暇取得」の促進
        取得日数 年間7日以上を目指す
    • 子育て目的の休暇取得促進
      • 「子の看護休暇」の周知と取得促進
      • 「育児休業」の周知と取得促進
      • 社内報(WEB)に6か月間継続して掲載する
      • 育児休業取得率15%以上を目指す
  • 4. 実績報告
    • 2017年2月 アニバーサリー休暇の導入
    • 2021年4月 年次有給休暇の時間単位での取得の導入